TOP >作品データベース >ラブレス

ラブレス

みんなの感想/評価
「ラブレス」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
86%
  • 良い
    40
  • 普通
    6
  • 残念
    0
総ツイート数
1,321
ポジティブ指数90
公開日
2018/4/7
原題
Nelyubov
配給
クロックワークス、アルバトロス・フィルム、STAR CHANNEL MOVIES
上映時間
127分
解説/あらすじ
「父、帰る」「裁かれるは善人のみ」などで世界的に高く評価されたロシアのアンドレイ・ズビャギンツェフ監督が、失踪した息子の行方を追う身勝手な両親の姿を美しくも冷ややかな映像で描き、2017年・第7...
(C)2017 NON-STOP PRODUCTIONS - WHY NOT PRODUCTIONS
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • lonegothdog
    『ラブレス』劇場で鑑賞。子供の存在を省みず、夫婦がエゴをぶつけ合う冒頭から既に不快で不穏。そんな両親に気付かれまいと静かに慟哭する少年の痛々しさが胸に突き刺さる心地。荒涼とした風景の中、愛情を喪失し彷徨う男女の姿は何とも虚しい。秀作
    いいね

    良い
  • nagasumi_hasi20
    『ラブレス』彼の生きてた痕跡はあちこちにあるのに、あまりに辛い。 スマホばかり触ってる母親にイラっ。 子供がいなくなっても、警察ではなくてボランティアが動くんですね。
    いいね

    良い
  • snake954
    『ラブレス』みる。
    いいね

    良い
  • nagao_max
    『ラブレス』こんな素晴らしい居場所があると人は言うけれど息子にとって廃墟が最後の居場所だったのか。枝に引っかかった紐を取ろうとして少年は川に落ちた?母親が遺体を息子だと認めなかったのは、分からなかったのか、認めたくなかったのか…
    いいね

    良い
  • nogik_desu
    『ラブレス』家族の内戦を不条理ミステリー風に。虫唾が走る人間模様だが、その醜さをありふれたエゴイズムの本性として提示する。豊かな暮らしが至上価値となった中で「愛」の意味を問い、厳しい話だが演出が心に残る。骨太な才能を感じる!
    いいね

    良い
  • mattsuanko
    『ラブレス』#movie ついアレクセイの行方を知りたくなってしまう。 最初と最後に出てくるひも付き棒は何の象徴なのだろう?監督によるティーチイン希望😄
    いいね

    良い
  • brindledcat
    『ラブレス』出来ちゃった婚の末、離婚に至った夫婦の話。こんな終わらせ方って。。。子供が救われない(-_-;)
    いいね

    普通
  • h_itaba
    『ラブレス』両親が離婚するというだけで悲しいのに、どちらの親も子供を相手に押し付けようとしているとは。そして起こった事件とその結末が実に衝撃的。果たして彼らは、新しい伴侶を得て、幸せになれたのだろうか。これは、ずっと後を引く映画。
    いいね

    良い
  • 624ken
    ヒューマントラスト有楽町で『ラブレス』を鑑賞。両親からの愛がないことが分かってしまた少年は、もう行き場ないですね。ここまで両親が不仲になり、他に愛を見つけているなんてね。裕福そうな暮らしだが、ほんと空虚ですね。
    いいね

    良い
  • kryptonite_jpc
    『ラブレス』互いを罵倒しつつ一人息子の真剣を譲り合う離婚協議中の夫婦。その会話を聴き自分が愛されていないことを知り、嗚咽を堪え慟哭する息子の姿が目に焼き付く。ロシアの社会背景も人々の心の荒みと無関係ではないのだろう。
    いいね

    良い
  • Limawano55
    ラブレス・人の生活が確かにそこにある。冬が訪れてはいるが、ただただ寒い。比較的恵まれている家庭のようだ。おかしなのはこの夫婦だけの問題でもないことを臭わせながら子どもの慟哭を見る。やりきれないよ。見応えはある。捜索の団結力すごいね
    いいね

    良い
  • aienkien1959
    『ラブレス』ボリスとジェーニャは特殊な父と母なのか?ロシアの寒々とした雪景色の中にしか最後の居場所がなかった少年の切なさにシンクロしてつい涙が。親子関係も含めた人と人の非愛のグローバリズムの蔓延こそが恐ろしい。
    いいね

    良い
  • SARUCO1013
    『ラブレス』路上よりはマシだと、大人は言う。けれど針の筵の我が家より、お伽話の様な廃墟の方がどれだけ心休まったのか。森の描写がひたすら美しく、寒い国の降り積む雪の下に、子供は埋もれてしまったのか。それを踏み台に生きる大人が、虚しい。
    いいね

    良い
  • garancear
    『ラブレス』映像も内容も寒々しく氷点下のまま。女の嫌らしさが目立つが、妊娠=母性愛ではないだろうから子供を愛せない母親もいるだろうとは思う。男もおとなしいようで端々に夫婦お互い様という描写。市民捜索隊が凄く手慣れているが失踪が多いのだろうか。 #映画
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『ラブレス』冒頭の寒々しい雪景色。この寒々しさが最後まで続く。夫婦仲の悪さはまだしも、子供に愛情を持てない、表せない最悪の親。離婚も恋愛もいいけれど、この人たちは同じく過ちをしそう。自分たちに欠落しているものに早く気づいてほしい。
    いいね

    良い
  • nm_ikabutamodan
    『ラブレス』嫌気が差し憎み合い心に余裕のない夫婦。母の愛情を受けていないと言う母親は気性は受け継いでいるみたいで。まあ胸糞。でも決して他人事ではない。子供のことはともかくこんな状態の人は結構いるんだろう。利己的でなく相手ありきだ。
    いいね

    普通
  • magenta_wing
    『ラブレス』。見事なタイトル。その名の通り、愛の所在が感じられない。離婚する夫婦と、どちらも引き取りたがらない子供アレクセイ。彼の失踪から作中の寒さはどんどん増していき、その寒々しさを、ロシアの雪景色が幾重にも重複させていく。
    いいね

    良い
  • adabana_x_x
    『ラブレス』@横浜ブルク13 幸せを求めるあまり利己的になっている夫婦の姿は、少なからず自分にも当てはまるところがあるのではないかと考えさせられた。ラストの夫婦それぞれの姿と森のシーンがとても印象的だった。
    いいね

    良い
  • youpon0gou
    『ラブレス』寒々とした晩秋ロシアの森の風景。人々の心も同じように冷え切っていて、人を寄せ付けない。たとえ家族ですらも。この2人はまた同じ過ちを繰り返しそう。。後半のサスペンス的な展開は、目が離せなかった。 #映画
    いいね

    良い
  • tb_polkadots
    『ラブレス』‪鑑賞。離婚する両親が2人とも自分を必要としないと分かった時のアレクセイの気持ちを考えると胸が詰まる。自分の幸せしか考えない両親は人として大切なものが欠けている。寒々しい景色以上に心が凍る物語だった。#eiga
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...