TOP >作品データベース >心と体と

心と体と

みんなの感想/評価
「心と体と」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    11
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
81
ポジティブ指数100
公開日
2018/4/14
原題
Testrol es lelekrol
配給
サンリス
上映時間
116分
解説/あらすじ
長編デビュー作「私の20世紀」でカンヌ国際映画祭カメラドール(最優秀新人監督賞)を受賞したハンガリーの鬼才イルディコー・エニェディが18年ぶりに長編映画のメガホンをとり、「鹿の夢」によって結びつ...
2017 (C) INFORG - M&M FILM
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • kiyokiyo1222
    『心と体と』@シネマカリテ|木立で戯れる二頭の鹿のシーンを挟みながら物語は進行する。鹿の呼吸は、男女の息吹、心と体の不思議な結びつきが鹿の映像と連動する。幸福な時間が2人に訪れることを願いながら着地点を探る。鹿は神の使いって本当。
    いいね

    良い
  • fleur_eau
    『心と体と』互いに欠損を持つ者同士が共通点を見出し理解し合うという寓話であるが、まずは映像が魅力的。幻想的な夢に透明感ある空気感と鮮明な色彩が混然となって映像に力を与える。血の持つ意味にも着目。上司役が俳優ではないと知り驚き。
    いいね

    良い
  • polo1026
    『心と体と』他人とコミュニケーションを取るのが苦手な女性と、色恋からは身を引いた中年男性。毎晩みる互いの「夢」を通じて、距離を縮める2人は少女漫画の主役のようにキラキラ輝いている。はああ甘酸っぱい! #心と体と感想
    いいね

    良い
  • frodopyon
    <心と体と>マーリアのビー玉のような瞳は、草食動物や『シンプル・シモン』の主人公に重なる。コミュニケーションの方法が同じ夢を見ることという変わった設定で、夢の持つ意味がラストでふわっと溶ける感じが素敵。ひんやり透明な空気感も好き。
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『心と体と』その題材をこう描くのかってのが分かってきてマーリアの心が次第に見えてくるのがとても面白い。周りからはそう捉えられるちゃうが、本人はとても苦しんでいるのだな。夢の中の鹿と自然とマーリア役の女優さんが美しい。精神分析パートは可笑しかった。ラストが暗示する先が分からない。
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【心と体と】ASDに悩む女性と、一度は色恋を卒業した男性との、ピュアで不器用な恋愛関係。二人を繋げる夢が鹿目線で吸引力大。屠殺場の容赦なさ、コミカルさまで醸すリアルで淡々とした映像描写だが、映画らしい優しさもあって救われる。 #映画
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『心と体と』②人の本質を幻想的な夢と厳しい現実世界との対比によって表現される。内省的な夢の世界で踏み出せた一歩が現実世界で躍動する。不器用な2人の微笑ましい努力と勇気から絞り出させる「愛してる」の美しさ。さぁ、夢の続きを生きよう。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『心と体と』①心と体。2つのありふれた短い言葉でできている人間を深く豊かに捉える。コミニュケーションが不得手で人生に行き詰まる孤独な男女が唯一、自然に振る舞える場所「夢」を共有する寓意的なラブストーリー。見た目や上辺ではわからない
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『心と体と』Filmarks試写@映画美学校♪ http://filmarks.com/movies/73237/reviews/47627253
    いいね

    良い
  • mooovie
    『心と体と』を試写鑑賞。真冬の森にいる2匹の鹿、厳かなシーンかと思いきや食肉工場の血肉したたる牛。夢と現実の対比構造が特に印象深く心に刻まれる。そこに、不器用で恋愛下手な男女の一歩進んで二歩さがる的な駆け引きが何とももどかしく微笑ましい。プラットホームにたたずむ2人の画が綺麗。
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『心と体と』ハンガリーの鬼才イルディコー・エニェディ監督の18年振りの最新作は、体にハンデを持つ中年男と内気で潔癖症という心にハンデを持つ若い女性とのラブストーリーを、残酷な現実と美しい夢の世界を行き来しながら幻想的に描き出す。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • ausnichts
    「心と体と」(完全ネタバレ)おお、見応え充分のシリアス系…と、終わってみればラブコメ系!? #心と体と #はてなブログ https://t.co/iA3Xj7dFcX
    いいね

    良い
  • asapu918
    『心と体と』試写。夢のシーンである雪原に佇む鹿、現実シーンである屠殺場のギャップが、コミュニケーションに四苦八苦する主人公カップルの内面を象徴している。初めて恋愛に向き合おうとするヒロインの「恋の練習」がいじらしい。幸福感のあるラストも◎。ただ、実際の屠殺を見るのはキツかった…。
    いいね

    良い
  • hitoridaniels
    ここ最近、〈鹿〉がテーマとなっている映画をよく観る。「聖なる鹿殺し」「心と体と」「アルビノの木」。まぁ、今年は鹿年だから仕方ないか。ちなみにどれも良作❗
    いいね
  • haritoketo
    映画「心と体と」 見てきました。よかっです。。。余韻にひたる。
    いいね
  • odkysyk
    「心と体と」終わり。「同じ鹿の夢を見る、食肉加工場勤務の男女の話」っていうヤバそうなあらすじからは思いもよらない素敵な映画だった。てっきり「聖なる鹿殺し」的な内容だとばかり…。序盤は不穏に緊張していた空気が観客がマリアちゃんのことを理解していくにつれて徐々に解けていくのがいい。
    いいね
  • masato009
    『心と体と』しかも結果的には、くたびれた世界中の中年オヤジに勇気を与える素晴らしい内容(´∀`) ただし、そう聞いて鼻の下を伸ばすようなすけべオヤジはダメ。オヤジどもへの教訓は「どんなに風采が上がらなくても、常に懐の深い紳士たれ」。
    いいね
  • B612_ver1
    映画「心と体と」、主人公の2人を軸にして描いて行く中で、お互いの距離感を絶妙な形で映し出して行く面白さが最高で。 淡々としているのに、その距離感や人間模様がとても深みのある描き方をされていたのが、とても良かった♪
    いいね
  • mocchan24
    ハンガリー映画『心と体と』。観ているこちらに「じわぁ」と思いやりにも似た気持ちが込み上げてくる。人の身体には鮮烈な赤い血が流れているけれど、この世の人と人とのつながりには、もっと優しくやわらかな色合いの光が射している。ブダペストに… https://t.co/oCzy9JakMM
    いいね
  • takoniwa
    「心と体と」観てきた。 今年の暫定トップ5に入るくらい心が動かされた。この映画は実は幾つもの対比から出来ていて、まず一番分かりやすいのが夢と現実。それから、気配や空気という観念的なものと生々しいまでの現実。撮影も人の視点で捉えた手… https://t.co/yC82uXSlpc
    いいね