TOP >作品データベース >レディ・バード

レディ・バード

みんなの感想/評価
「レディ・バード」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
96%
  • 良い
    31
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
1,107
ポジティブ指数100
公開日
2018/6/1
原題
Lady Bird
配給
東宝東和
上映時間
94分
解説/あらすじ
「フランシス・ハ」「20センチュリー・ウーマン」などで知られる女優のグレタ・ガーウィグが、自身の出身地でもある米カリフォルニア州サクラメントを舞台に、自伝的要素を盛り込みながら描いた青春映画。「...
(C)2017 InterActiveCorp Films, LLC./Merie Wallace, courtesy of A24
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • dejidj2016
    『レディ・バード』自分自身を受け入れること&家族に感謝するは、なかなか照れ臭くて簡単そうで困難です。中年になっても、いや、一生できない人もいます。主人公の素直な生意気さと、若さ故の苦悩が胸に突き刺さります。素晴らしい作品!
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『レディ・バード』シアーシャローナンの表情が冒頭、中盤、ラストで全く違う。最初の頃は直情的でぶっきらぼう。段々と変化していくのが素晴らしい!思春期の揺れ動くし反抗的な感じ、共感。初恋の苦さもリアルな青春ストーリー。#映画.com
    いいね

    良い
  • su_sua_su
    『レディ・バード』鑑賞。 素晴らしい。この年頃ならではのもやもや感をスタイリッシュにユーモラスに描く。似たようなテーマの映画はあるけれどこの映画ならではの空気感がしっかりある。主人公の何もかもが愛おしくてたまらない。
    いいね

    良い
  • 7glue_bover8
    『レディ・バード』試写会鑑賞。田舎も学校も家族も…周りが全部嫌で、母親の押し付けよりも今の自分を受け入れてほしいのに、自分の理想程パッとしなくてもがく多感な17歳。色んな失敗を通して少しずつ大人になっていくユーモラスで心温まる作品。
    いいね

    良い
  • latertheword
    『君の名前で…』で偏愛するようになったシャラメ目当てだったけど期待は報われた。クレマの陽光に浸るすこやかなエリオに対し、カイルはサクラメントの暗い夜にあってうちがわからほのかに光を放つようなうつくしさ。登場の瞬間、はっと息を呑んだ。
    いいね

    良い
  • latertheword
    『レディ・バード』試写会。劇場も行く。行き場も居場所もなく焦燥する17歳の概念を煮詰めて生まれたレディ・バードにシアーシャが血肉を与えた。「ここじゃないどこかならもっと良い自分になれる」と思い詰めてた高校生の自分を思い出した。好き。
    いいね

    良い
  • m_k_ca
    『レディ・バード』周囲への不満、羨望、殊更母への反発を強く抱えた17歳の多感な少女をシアーシャがリアルに演じきっていた。10代後半のこじらせ具合も突き抜けていればその輝きも凄い! 家族を始め周りの人々の主人公への愛に暖かくなる一本
    いいね

    良い
  • sum_rit
    『レディ・バード』思春期特有の周囲にあるもの全部が嫌なものに見えて、自分と真逆にいる人に羨望を感じてそこに入りたくなってしまう現象が痛快に描かれていて、とてもリアル。思春期〜大人の間ってどうしてこんなにエモいの。好き
    いいね

    良い
  • kimityy
    『レディ・バード』試写会にて。決して恵まれているとは言えない境遇における多感な時期の少女の感情の移り変わりが見事に表現されており、共感しつつ面白おかしく観ることができました。等身大の女の子を演じたシアーシャ・ローナンの演技も見事。
    いいね

    良い
  • yoku3137
    『レディ・バード』住んでいる街や家族や学校、友達…何もかもに嫌気がさす、拗らせた時期を乗り越えられたのは、その嫌だと思ってたものがいつも温かく側に居てくれたから。同じような体験をしただけに共感度高かった。母の日前に観れてよかった。
    いいね

    良い
  • su_sua_su
    『レディ・バード』 試写会にて。素晴らしい。この年頃ならではのもやもや感をスタイリッシュにユーモラスに描く。似たようなテーマの映画はあるけれどこの映画ならではの空気感がしっかりある。主人公の何もかもが愛おしくてたまらない。
    いいね

    良い
  • svdb_roms
    『レディ・バード』 怒涛の90分。でも最後はホロリ。 エンドロール後の話を想像したくなる、素敵な映画でした。 あの空港のシーンは泣いちゃうよね。。。
    いいね

    良い
  • riki_sono
    『レディ・バード』途中からぼろぼろ泣けてしょうがなかった。高校最後の年、親との関係、学校、親友、彼氏、将来… 格別なことがあるわけじゃないんだけど、なんで10代終わりの数年ってこんなに特別で大切なんだろう。街並みと音楽がまたいい。
    いいね

    良い
  • Kechiburi0307
    ‪『レディ・バード』親と折り合いが付かなくなったり、周囲との関係や全てに嫌気がさしてしまったり。17歳とはそういうもので、全てに中指立てるみたいなシアーシャちゃんは”等身大のわたしたち”だった。‬ハロー、わたしはレディ・バード!
    いいね

    良い
  • wildest_monkey
    『レディ・バード』 ‪「ビックになりたい!いや、なる!」‬ ‪というイタい自尊感情から‬ ‪ガミガミママに反抗する田舎娘が 様々な初体験と理想との乖離に苦しみ ふと大切なものに気付く笑えて心温まる傑作!
    いいね

    良い
  • heath_and_
    誰でもレディ・バードのように痛い時期はある。これから迎える人も過去の思い出の人も真っ最中の人も誰もが共感してしまうのでは。監督本人の体験談がどれかは分からないけど、なぜ34才にしてこんなに素晴らしい映画を撮れるのか分かった気がする
    いいね

    良い
  • Saekorin
    田舎街サクラメントで家族・好きな人・友達・自分といろんなものに正面からぶつかっていって傷ついたり笑ったりしながら成長していく素敵な映画だった。終盤で名前を聞かれて名乗るシーンはかなりグッときたなぁ。
    いいね

    良い
  • RTAR_non_
    『レディ・バード』 なんでもっと早く見せてくれなかったの?!ってくらいとても良い作品でした 思春期を通り過ぎたたくさんの人に見て欲しい 親とぶつかったり、友達とすれ違ったり、好きな人にドキドキしたり ホントに素敵な映画👏
    いいね

    良い
  • vgs_9732
    『レディ・バード』 あとティモシー演ずるバンドマンの彼氏がクソだと気付いてキレても「でもプロムは一緒に行ってもいい?」って言うレディ・バードに笑ったし、その気持ちめちゃめちゃわかるなと思った
    いいね

    良い
  • vgs_9732
    思春期真っ盛りで痛々しくてレディ・バードが本当愛おしかった!最初の彼との関係も、レディ・バードらしくて好きだなぁ。バンドマン役のティモシー・シャラメは色気ムンムンでそりゃモテるよな!最後はウルっときた。私もお母さんに電話しよう。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...