TOP >作品データベース >ゲッベルスと私

ゲッベルスと私

みんなの感想/評価
「ゲッベルスと私」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    1
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
763
ポジティブ指数80
公開日
2018/6/16
原題
A German Life
配給
サニーフィルム
上映時間
113分
解説/あらすじ
ナチス政権の国民啓蒙・宣伝相ヨーゼフ・ゲッベルスの秘書を務めたブルンヒルデ・ポムゼルが、終戦から69年の沈黙を破り、撮影当時103歳にして初めてインタビューに応じたドキュメンタリー。1942年か...
(C)2016 BLACKBOX FILM & MEDIENPRODUKTION GMBH
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • ichiwheat
    【ゲッベルスと私】ナチスの中心近辺で働いてながらユダヤ人虐殺を知らなかった、というポムゼルの言葉には、納得できる状況発言が端々に窺えた。ホロコースト映画でよく見るのとは大分違うフッテージ映像が豊富に挿入され興味深く貴重。 #映画
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • shiraai_1397
    先週ローソンチケットでとったゲッベルスと私を見てきました。内容は、ナチスのゲッベルスの秘書を務めた女性ポムゼルの独白ドキュメンタリーでした。淡々と独白が続くなかにその当時のフィルムが挟まれ苦しい気持ちになりつつ、考えさせられました。
    いいね
  • jomonsugi10000
    「ゲッベルスと私」はね。なんとなくだけど「フォッグオブウォー」したじきのよう。でも似て非なる。マクナマラさんかたるべきことのこってる。インタビュアさんどこまでも妥協しない。引用される記録映像必然性ある。全体の構成ぎりぎり破綻してない。前者には、そのすべてが欠落してるとおもいます。
    いいね
  • 410murasame
    時間空いたからゲッベルスと私見てきた 考えさせられるわ
    いいね
  • siida15
    ゲッベルスと私、無関心は熱狂と同じくらい危険という感じがして怖かった〜
    いいね
  • jojo113sohara
    ナチス元秘書、103歳が独白 映画「ゲッベルスと私」https://t.co/d4yE91jxOB 『「ショル兄妹が抵抗した時はもう遅かった。自由と民主主義を脅かすものに、常に敏感であるべきだ。それが歴史の教訓だ」とバイゲンザマー』(本文より)
    いいね
  • talischolar
    ナチス元秘書、103歳が独白 映画「ゲッベルスと私」:朝日新聞デジタル https://t.co/DHxVG9S2t7  「自由と民主主義を脅かすものに、常に敏感であるべきだ。それが歴史の教訓だ」バイゲンザマー
    いいね
  • eiga6suki
    ナチス元秘書、103歳が独白 映画「ゲッベルスと私」 - 朝日新聞 https://t.co/1BKjY07Y0s
    いいね
  • botacou
    22日の朝日新聞大阪本社版夕刊に書いた記事がアップされました。すごみのあるドキュメンタリー映画です。/ナチス元秘書、103歳が独白 映画「ゲッベルスと私」:朝日新聞デジタル https://t.co/A9rcM4e7Qz
    いいね
  • asahi_bunka
    ナチス元秘書、103歳が独白 映画「ゲッベルスと私」 https://t.co/7pC3QXzDcu
    いいね
  • pucatavaco1
    『ゲッベルスと私』を読んでいるところ。…安倍首相の支持率、急にあがったので不気味。ガソリン代だっていきなり10円20円もあがることないのに。
    いいね
  • NShi
    クリスティアン・クレーネス他監督「ゲッベルスと私」 ナチスの宣伝相ヨーゼフ・ゲッペルスの秘書だったブルンヒルデ・ポムゼルさん(撮影当時103歳)へのインタヴィウのドキュメンタリー映画。彼女はインタヴィウの中で、何がなされているか知らされていなかった自分達にジェノサイドを
    いいね
  • uragetsu
    ほか、エムラン・メイヤー、サラ・ワイズ、グイド・ダレッツォ、ジョン・ロック、A・ゼーガース、G・Ch・リヒテンベルク、D・ヘラー=ローゼン、吉本隆明、宇田智子、内沼晋太郎。[注目新刊:ポムゼル『ゲッベルスと私』、『ライプニッツ著作… https://t.co/eFbWKoxOXY
    いいね
  • BARANEKO0409
    ゲッベルスと私──ナチ宣伝相秘書の独白 ブルンヒルデ・ポムゼル トーレ・D. ハンゼン 紀伊國屋書店 "悪の凡庸さ"(アーレント)とは アイヒマンよりもむしろポムゼルにこそ。 「なにも知らなかった。私に罪はない」 ゲッベルスの1… https://t.co/gJtEs8m1T1
    いいね
  • ukiyocchi
    帰宅したのでチラシ整理。 見に行きたい!ともらってた、岩波ホールの映画「ゲッベルスと私」。これは来月見に行けるはず…。 ゲッベルスの秘書だった女性が、103歳のときに69年の沈黙を破って語られる記憶の記録。当時の映像も交えて作られ… https://t.co/7lwWg3tuYV
    いいね
  • floydyoyo
    「ゲッベルスと私」を観た。「ハンナアーレント」と併せて観たい作品。 元ゲッベルスの秘書の女性が103歳にしてインタビューに応じるってだけでも凄いけど、一切の演出を排除したモノローグと、それに合わせた他国視点のアーカイブ映像が素晴ら… https://t.co/PDKDFpqzE6
    いいね
  • buri_piro
    🎦「ゲッベルスと私」が猛烈に観たい!! 今週は月火木が仕事( ・ө・ )
    いいね
  • yama_118
    ゲッベルスと私、見たいけどどこでやってんのか分かんねえ
    いいね
  • HIRO_warruins
    ゲッベルスと私を鑑賞。 FBページに感想をアップ。 ナチスの宣伝省で働いていたポムゼルは、とにかく当時は目の前のことに精一杯で、世の中が間違った方向に進んでいると気がつかなかったようだ。 これは現代にも通じるね。… https://t.co/UNSJ4xrO3d
    いいね
  • _sanko
    特集ワイド:「ゲッベルスと私」 全体主義描いた映画、続々公開 同じ過ちを犯さぬために - 毎日新聞 https://t.co/F1KZoLL5f0
    いいね