TOP >作品データベース >軍中楽園

軍中楽園

みんなの感想/評価
「軍中楽園」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
83%
  • 良い
    3
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
498
ポジティブ指数90
公開日
2018/5/26
原題
軍中樂園 Paradise in Service
配給
太秦
上映時間
133分
解説/あらすじ
台湾に実在しながら戦後40年にわたり公然の秘密となっていた娼館を舞台に、時代に翻弄された人びとの姿を、「モンガに散る」のニウ・チェンザー監督が描いた。1969年、中国と台湾の中間に位置する金門島...
(C)2014 Honto Production Huayi Brothers Media Ltd. Oriental Digital Entertainment Co., Ltd. 1 Production Film Co. CatchPlay, Inc. Abico Film Co., Ltd All Rights Reserved
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • aoyadokari
    『軍中楽園』後半はオヤジが若い娼婦に熱を上げて身を滅ぼす。大陸出身者で故郷には戻れない運命の悲哀。切ないドラマでそれは涙腺を刺激されけどやっぱ綺麗すぎる。最後にオヤジと殺された娼婦が大陸で餃子屋を開いているのは笑える。あとテレサ・テン(役者)の慰問にそういう時代だったのかと。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『軍中楽園』慰安婦の娼館を描いた鈴木清順の『春婦傅』と違うのは男目線のドラマになってしまったから批判というよりもノスタルジーに傾いてしまった。作りがファンタジーだしね。童貞の生真面目な青年が夫殺しの女に惹かれていく。前半は嫌々やらされている少女といじめられっ子の友人との逃亡劇。
    いいね

    普通
  • 624ken
    ユーロスペースで『軍中楽園』を鑑賞。1969年の台湾での娼館の話。男は、純情なものよね。主要な二人の女性は、謎めいていて魅力的だった。恥部のような場所かもしれないが、かけがえのない時間を感じる。切なさにじーんと来ました。よかった。
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【軍中楽園】本土との衝突間近にいる筈の兵士の緊迫感や、極秘の娼館で働く女性たちの鬱屈感は極力抑えられた演出。話は悲劇的だが、悲壮感よりも艶やかな色彩が目を惹き、寧ろ愛惜感が強い。イーサン・ルアンの人懐っこい表情が印象的。 #映画
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • asapu918
    『軍中楽園』試写。『モンガに散る』が良かったニウ・チェンザー監督が娼館を舞台に撮ったドラマ。個性豊かな娼婦たちに翻弄されながら成長していく青年が純粋で、観る側は親のような気持ちに。殺人から出産まで様々な事件が起きる。実在しながら40年間公然の秘密だったという史実が興味深い。
    いいね

    良い
  • shouyuu17
    ニウ・チェンザー『軍中楽園』。金門島にあった娼館を舞台に、軍人と娼婦が織りなす人間劇。悲しさと切なさと美しさに満ちた作品。暗い設定にもかかわらず鑑賞後ほのかな明るさを感じるのは、この時代をこうとしか生きられなかった娼婦と軍人たちに対する作者の敬意と共感があるからだと思う。秀作。
    いいね
  • ran_na
    『軍中楽園』生と死と性(セックス)は三つ巴の存在だなぁというのをしみじみ感じ、台詞そのものでは多くを語らない背景が登場人物それぞれの存在で意味を成すという、誰が主役云々というのではなく、当時の金門縣の複雑な環境を群像劇で言い表しており、俯瞰で観るような映画。制作の紆余曲折も含め。
    いいね
  • ogachinpa
    台湾映画「軍中楽園」観てきました。台湾の金門島にあった軍の慰安所の人間模様の物語。悲しくも、前を進む人々の横顔に号泣!良い映画なので、台湾好きな方に見て欲しいです。渋谷ユーロスペースにて上演中!
    いいね
  • kinocoffia
    ユーロスペースの会員になりつつ「軍中楽園」を観てきた。おもしろかった。中国ってなんかセクシーなんだよな。私にとって。この映画は舞台が娼館だったけどそういう意味だけじゃなく・・・。ヒトだけじゃなくて街並みとかも・・・。自分(日本)と、似て非なる、みたいなところに惹かれるのかな。
    いいね
  • fuimei65
    映画鑑賞第2弾は台湾映画「軍中楽園」。暗い題でしかも侯孝賢プレゼンツ鈕承澤監督となると単調でオサレで眠いというイメージ。ところが作りはポップで一瞬も眠くならないどころか映画に引き込まれた。久しぶりに見たイーサン・ルアンはやっぱり(⁈)好みじゃないけど適役。
    いいね
  • miffylover
    軍中楽園感想2。最初のほう、あれーちょっとテンポ悪いなーと集中力が切れかけたけど、主人公が狂言回しとしても動き出してからは惹きこまれました。途中どっからどう見てもカイチーおじさんがカイチーおじさんの声でカイチーおじさんがよく演じるよーな役柄で出てきたけど気のせいかなwww
    いいね
  • miffylover
    軍中楽園、まずは「やっと公開シタワァ…」という感想から。テーマがテーマだから、我が国のアレな人々への配慮で自粛でもしてたんですかね…(嘆息)本国でもニウたんが大陸籍のクルーに軍施設の撮影させたとかで物議を醸したり興業的にも振るわなかったり、なかなかの曰く付きムービー
    いいね
  • gon45
    「軍中楽園」1969年中台の緊張が続く台湾海峡に浮かぶ軍事最前線の金門島に実際にあった公設慰安所の話。虐げられた無名の人々を照らし出す。忘却されないよう、自国の負の歴史をドラマ仕立てで描く。素晴らしい台湾映画です。
    いいね
  • kazuri_ri_ri
    『軍中楽園』のパンフレットは軍中楽園を補完する歴史的な知識について詳しく書かれてはいるが登場人物の内面についてはほとんど触れていないのでちょっとがっかり……
    いいね
  • kikyo46492
    珍しく台湾映画を見た。「軍中楽園」という国共内戦後の台湾の金門島に置かれた娼館での話。「特約茶室」とか831部隊とか軍中楽園とか呼ばれたそんな施設があったことももちろん知らなかった。この「歴史的事実」を映画化した監督たちがすばらしいと思う。負の遺産に向き合うことが大切だと思う。
    いいね
  • jujunoshippo
    【軍中楽園】2013年3月以来、実に3年ぶりに鑑賞。豆導の丁寧な演出にうっとりする。あの時計を質に入れられたのはかいちー父ちゃんやったのねぇ。いきなり香港臭がうpで楽しかった。 特別感謝にレオンダイと共にパンちゃんの名前も確認。
    いいね
  • reikarou
    『軍中楽園』台湾に実在したという軍管轄の娼館を舞台に、そこに世話係として配属された若く真面目な兵士の成長を描く。面倒見のいい上官、いじめられている友、娼館で働く女たち、皆がしあわせを求め必死にあがいている姿が胸に突き刺さる。素晴らしい青春物語だった。これはグッときたなあ。
    いいね
  • veanuts
    「軍中楽園」階級の描写も興味深かった。特別な軍職だから「料理人である」と主張する。食事する上座のテーブルと下に別れている。主人公がノックする部屋は一つだけ。プライバシーもクソもないのに「自分を大切にしろ」って笑ってしまう。笑えない。
    いいね
  • sue_ooya
    シネマート心斎橋『軍中楽園』 侯孝賢の『風櫃の少年』に出てた人が侯孝賢に手伝ってもらって作ったとか。 主役のにいちゃん、昔の永島敏行に似すぎ。チェリオ風の「吉利果」ドリンクが傑作。あと、赤いパンツ。
    いいね
  • furutoh
    『軍中楽園』@ユーロスペース。国共内戦の最前線の離島、明日をも知れぬ身の上の国民党兵士たちにとって束の間の"楽園"たる娼館が舞台。大筋はありがちな"童貞物語"だが、ニウ・チェンザーが分断国家の痛みを交えて力技で有無を言わせず感情を揺さぶる、愚直さが心に響く力作。餃子食いたい…。
    いいね
    もっと見る Loading...