TOP >作品データベース >許されざる者

許されざる者

みんなの感想/評価
「許されざる者」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
91%
  • 良い
    31
  • 普通
    2
  • 残念
    1
総ツイート数
47
ポジティブ指数97
公開日
1993/4/17
原題
Unforgiven
上映時間
131分
解説/あらすじ
クリント・イーストウッドが、師匠であるセルジオ・レオーネ監督とドン・シーゲル監督に捧げた異色西部劇。1870年代の米ワイオミング。かつては無法者として悪名を轟かせたウィリアム・マニーだったが、今...
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • manakoujun
    今日の映画『許されざる者』クリント・イーストウッド主演。簡単に言えば過去に罪を持つ人々が悪い者退治する内容。ストーリーは単純だが、イーストウッド作品はいい味がを出していて好きですね。
    いいね

    良い
  • paranoiaquality
    『許されざる者』西部劇だけど終始居心地が悪く落ち着かないのは徹底して暴力は汚い物、人を殺すのはいけない事、復讐は卑劣な事というのを明確に押し出してくるから。過去の自分の映画を真っ向から否定するような作品をイーストウッドが撮るなんて。
    いいね

    良い
  • otonateikokua
    『許されざる者』難しそうだけど分かりやすい映画、正義が逆転
    いいね

    良い
  • haganenaruto200
    「グラントリノ」へ続く暴力否定の物語。
    いいね

    良い
  • Hawkwindhawks
    『許されざる者』リアル感を出したかったのだろうが、夜の場面が暗くてせっかくの銃撃戦等が良く分からず、全体的に不鮮明な印象が残る。散々殴られて退場するリチャード・ハリスをもっと見たかった。というわけで、佳作とは思うが名作かというと…
    いいね

    普通
  • wishgiver2
    『許されざる者』勝つことで正義だった保安官は負けて悪党となり、悪党だった主人公は勝つことで正義となる。そして人を殺すことは非道であると言い切る主人公。自らも「許されざる者」を自覚する主人公イーストウッドの演技が素晴らしい。
    いいね

    良い
  • holganicdreamer
    『許されざる者』★★★★☆年老いたガンマンが家族を養うために賞金首を仲間とねらう西部劇。約20年ぶりの鑑賞。独善的な保安官と対決することになるウィルもやはり過去に罪を犯した「許されざる者」なわけで、その自覚がにじみ出ているがよいです。
    いいね

    良い
  • nogiooooooooooo
    『許されざる者』 許されざる罪を背負う人がたくさん出るけどみんな自分の罪に気づいてない、目をそらしてる 自分の正義のためにぶつかり合うあつい映画だった
    いいね

    良い
  • itititit
    『許されざる者』渡辺謙版と比較の意味で再見。忠実に作っているのに驚く。許されざる者とは誰なのか。勧善懲悪の西部劇に異を唱えたような作りがユニークだけど面白いというのとは違う。まぁ、イーストウッドのガンマン姿を見られただけで満足だ。
    いいね

    良い
  • hrhtito
    『許されざる者』謙さんには悪いが、やっぱりこちらの方が主人公たちの行動がすんなりと腑に落ちる。何が違うのかなぁと考えてみて、「妻」の存在感の所以かと思い至る。全く登場しないにもかかわらず、その存在感がマニーの人間性を浮き彫りにする。
    いいね

    良い
  • coffee_pote
    『許されざる者』ラストがうーむ・・・クリントイーストウッドって西部の映画多いよな・・・・ あとどうでもいいけど、「許されざる者」って邦題の映画多いw #映画 #movie
    いいね

    良い
  • masaji0101
    『許されざる者』重いテーマです。イーストウッドがカッコよすぎる。★★★★☆
    いいね

    良い
  • paranoiafreaks
    『許されざる者』ちゃんとビル・ダゲットの人となりも描写してるところは日本版より良いと思うけど、ずっとよぼよぼで風邪までひいてたウィリアム・マニーがラストだけ急に強くなるのは「SWクローンの攻撃」の闘うヨーダ並にえっなんで?って感じだ。
    いいね

    良い
  • croaton0
    登場人物たちそれぞれの立場と理由が明確にされた構成と一種の因果応報的意味合いを含んだ内容にそれなりの深さを感じるも、個人的には“淡白”という印象の作品。でも終盤の単身殴り込んで雨のなか啖呵を切るマニーの姿は決して嫌いじゃない
    いいね

    普通
  • moruku36
    『許されざる者』勧善懲悪映画ではない。華やかな西部劇でもない。悪人が悪人として殺人を犯す映画。前半主人公がボロボロなだけに後半メチャかっこいい。日本版はどうなるのだろうか
    いいね

    良い
  • peppertochiji
    『許されざる者』久しぶりに観た。この作品のテーマ性とかについては語っている人はほかにいくらでもいると思うし、僕はそういうことは自分で観て感じることが大事だと思うので語る気はありません。とにかく観ろ。出演陣素晴らしすぎる。
    いいね

    良い
  • kyuku99
    グラントリノに通ずるものを感じました。両作とも無駄がなくて男らしくてカッコいいわ。
    いいね

    良い
  • yoko_f
    『許されざる者』オリジナルの方が後になった。ラスト以外、かなり忠実なアダプテーションだったんだ。日本版に比べるとスイッチ入ってからのマニーの狂気が抑制されていて、拍車のカチンカチンという音が生々しく響いてゾクゾクする。台詞もイイ!
    いいね

    良い
  • kiruria281
    西部劇というとやたら人を簡単に殺すイメージがあるが、それが主人公自ら向けるのを拒否しているのが珍しい。ストーリーは非常にシンプルだが、単純な勧善懲悪ではなく、訴えるテーマは深いところにある。『許されざる者』#movie
    いいね

    良い
  • tmcl_24
    『許されざる者』勧善懲悪に終始していないのが良い。マニーは「人を殺せばいつか殺される」こと、人を殺した時点で「許されざる者」になることを理解している。一人目の賞金首を殺した後、その仲間がマニーたちを非難する非難するシーンが印象的。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...