TOP >coco 映画特集 >『ノー・エスケープ 自由への国境』 coco 注目の映画
coco注目の映画
2017/5/2 Updated

ノー・エスケープ 自由への国境

正体不明の襲撃者。水なし、武器なし、逃げ場なし。希望はあるか

第89回アカデミー賞外国語映画賞メキシコ代表
第40回トロント国際映画祭 国際批評家連盟賞受賞

製作プロデューサーのアルフォンソ・キュアロンが、息子ホナス・キュアロンの脚本に瞠目し「とても面白いコンセプトだ。私もこんな映画を作りたい」と告げて作られたのが、第86回アカデミー賞7部門を受賞した世界的大ヒット作『ゼロ・グラビティ』。その『ゼロ・グラビティ』の原点と言える、ホナス・キュアロンが監督、共同脚本を務めた作品が、『ノー・エスケープ 自由への国境』だ。

メキシコ=アメリカ間の移民問題にいち早く目をつけ、構想8年をかけて完成した本作。奇しくもアメリカではトランプ政権が発足し、メキシコとの国境にいつ壁が作られるのか全世界から注目されている。

逃げ場の無い砂漠という空間で繰り広げられる衝撃の連続に、一瞬たりとも目が離せないソリッド・シチュエーション&サバイバル・エンタテインメント。“自由の国”アメリカへ、危険を冒してまで向かう理由とは?

まさにこの瞬間、どこかで起きているかもしれない驚愕の“事件”。思わず息をするのも忘れてしまう緊迫の88分間。命懸けの逃走劇の結末は如何に。

【原題】DESIERTO
【監督】ホナス・キュアロン
【プロデューサー】アルフォンソ・キュアロン
【出演】ガエル・ガルシア・ベルナル、ジェフリー・ディーン・モーガン
【上映時間】88分
【製作年】2015年
【製作国】メキシコ=フランス
【配給】アスミック・エース
5月5日(金)
TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー
coco 映画レビュアー
Yokoteen
1429movies / tweets
advertisement

follow us