TOP >試写会/プレゼント >『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』coco独占試写会70名様

『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』coco独占試写会70名様

作品名
しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス
試写日時
2018年2月26日(月)
18:30 開場 / 19:00 開映(上映時間:116分)
試写会場
松竹 本社 3階試写室
東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル3階
当選者数
70名様
応募締切
2018年2月18日(日)受付分まで
【ご注意】
※鑑賞後には必ずcocoからレビューを投稿下さいますようお願いします。
※当選連絡をDMで行う事がありますのでcoco公式Twitterのフォローをお願いします。
※当選者の発表は、当選者様のみへの発送をもって替えさせて頂きます。
カナダで最も有名な画家
モード・ルイスが教えてくれる、人生で大切な喜びとは──
小さな港町で、カナダの美しい四季と動物を色鮮やかに描き続けた画家モード・ルイス。その素朴ながら愛らしい絵は、今もオークションで500万円を超える値がつく、カナダで最も愛された画家である。そんな彼女を不器用ながらも献身的にサポートしたのが、夫のエベレット。孤独だった2人が運命的な出会いを経て、夫婦の絆と慎ましくも確かな幸せを手に入れた感動の実話が映画化!わずか4メートル四方の家で絵を描きながら暮らすモードを演じるのは、『シェイプ・オブ・ウォーター』で本年度アカデミー賞主演女優賞にノミネートされている実力派サリー・ホーキンス。妻への愛と尊敬の念を無骨に隠すエベレットに、『6才のボクが、大人になるまで。』などでアカデミー賞ノミネート常連組のイーサン・ホーク。一風変わった夫婦の愛を繊細に描くのは、『荊の城』のアシュリング・ウォルシュ。絵と夫の愛に包まれたモードの生き方が、「どんな人生でも自由な精神で楽しめば、素晴らしいことが待っている」と教えてくれる感動作が誕生した。
監督
アシュリング・ウォルシュ
出演
サリー・ホーキンス、イーサン・ホーク
配給
松竹
3月3日(土)
新宿ピカデリー、Bunkamuraル・シネマ、東劇ほか全国ロードショー!
応募する