cocoPR企画

レッド・ファミリー

TIFF2013観客賞受賞!キム・ギドク製作/脚本/編集 異色の感動作
東京国際映画祭2013<観客賞>受賞
各界著名人も絶賛
衝撃的な問題作を世に放ち続ける韓国の鬼才キム・ギドク。『サマリア』でベルリン国際映画祭銀熊賞(監督賞)、『嘆きのピエタ』でヴェネチア国際映画祭金獅子賞(作品賞)を受賞するなど、世界中で多くの栄誉ある賞に輝き、熱狂的なファンも多い。

そのギドクが製作/脚本/編集を担う『レッド・ファミリー』の監督を務めたのは、フランスで映画とデジタル・アートを学び、本作が長編デビュー作となるギドクの秘蔵っ子イ・ジュヒョン。完成した本作を観たギドクが「私が予想した以上の出来栄えだ」と唸ったほどの、新時代を担う才能だ。

本作は、昨年の第26回東京国際映画祭で上映され、圧倒的支持を集め観客賞に輝いた。また、本作をいち早く鑑賞した各界著名人からも絶賛コメントが多数寄せられており、放送作家の鈴木おさむは「一瞬もだれることなく、ずっと面白い。すごい映画をありがとう」、作家の樋口毅宏も「ふたつに引き裂かれた祖国の悲劇を、韓国映画はまたしても傑作に昇華させた」とコメントしている。
“家族”という普遍的テーマと
バランスの良いダーク・ユーモア
幸せそうに見えるが実は北朝鮮スパイが演じる擬似家族と、隣人であるケンカの絶えない韓国人ダメ家族。対照的な2つの家族の交流を軸に、シリアスでダークながらもユーモアをバランスよく配置し、現在の朝鮮半島における問題を浮き彫りにしていく。

キム・ギドクが南北統一を心から願い書きあげたという脚本。修正の段階でそこにユーモアと人間味を加えていったという。一見するとイデオロギーの対立といったシリアスで難解な話に思えるかもしれないが、本作は家族、ひいては人間といった普遍的テーマが主題となっている。

家族を想う気持ちはスパイといえども何も変わらない。北も南も、スパイもスパイでなくとも、人は皆何かの職業・立場である前に、感情を持つ同じ人間なのだ。

この秋、命を懸けた笑いと涙の”家族ごっこ”が、始まる。
命を掛けた笑いと涙の”家族ごっこ”
[試写会] 映画ファンの感想ツイート
試写で一足お先に見た『レッド・ファミリー』が思ってた方向と違ってすごく良かった。虚像によって家族というものの実像をあぶり出すだけじゃなくて、更にそこから一歩踏み込んだ秀逸なラスト。これもある意味ジル・ドゥルーズの「偽なるものの力能」と言えるのかな。
『レッド・ファミリー』観賞。選択と尊重と尊厳の物語。男女も夫婦も民族も「敬う」事が真の絆への近道。ラストの名演に号泣。
青山シアターオンライン試写で『レッド・ファミリー』鑑賞。一見良くある「疑似家族」モノ系コメディかと思いきや・・・。いやあ、終盤は眼玉が溶けるかと思うほど泣けた。予算の都合上か、場面によってはちょっと舞台劇的にも見えるのが惜しいが、脚本の完成度で言えば間違いなく本年度屈指の傑作。
maru ◖ฺ|´⌣`*|◗·˳♪˚♫@maru_a_gogo
『レッド・ファミリー』面白かった!どこまで本当で、どこから創作なのか謎だけど、重いテーマを韓国映画お得意のドタバタ、クドイ演技&演出で見せるので、逆に深刻になり過ぎず見れてよかった!ホメてます!!偽家族役の4人と、野うさぎの人の演技がすごかった!ラストは涙
韓国映画「レッド・ファミリー」オンライン試写会鑑賞。キム・ギドクが製作と脚本を手がけた社会派ドラマ。ユーモラスなんだが、妙に泣けて泣けてラスト近くは号泣でしたわ(T ^ T)北朝鮮の考えることってほんとエゲツない!針金が〜痛いよ〜!!
『レッド・ファミリー』をオンライン試写で観てしまった…というのも、素晴らしい映画だったのでスクリーンで観るべきだった。社会主義(北朝鮮)と民主主義(韓国)を比較しつつ“家族像”や“人間性”を浮き彫りにしていく。キム・ギドク製作・脚本。
GAGAさんのオンライン試写で「レッド・ファミリー」を観賞しました。去年の映画祭で観れず、公開を楽しみにしていた作品です。任務のため、偽りの家族を演じる工作員たちの切なさに泣けました。
もっと見る
韓国の鬼才 キム・ギドクの監督代表作
嘆きのピエタ
2013年6月公開
韓国の鬼才キム・ギドクが、第69回ベネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞したサスペンスドラマ。債務者に重傷を負わせ、その保険金で借金を返済させる非情な取立て屋のイ・ガンドは、親の顔も知らずに30年間...
(C)2012 KIM Ki-dok Film All Rights Reserved.
うつせみ
2006年3月公開
「魚と寝る女」「サマリア」のキム・ギドク監督が描く、寡黙な青年と人妻の奇妙な物語。チラシ配りをしながら空家を見つけては忍び込み、そこでしばらく過ごすという生活をしている青年が、ある家で夫に暴力を...
(C)Cineclick Asia
サマリア
2005年3月公開
「春夏秋冬そして春」のキム・ギドク監督が援助交際をモチーフに10代の少女2人の心の交流を描き、04年ベルリン映画祭銀熊賞を受賞。女子高生ヨジンは、親友チェヨンが援助交際をするのに抵抗を感じながら...
(C)Cineclick Asia
【原題】Red Family
【監督】イ・ジュヒョン
【原案/脚本/編集/製作総指揮】キム・ギドク
【出演】キム・ユミ/ソン・ビョンホ/チョン・ウ/パク・ソヨン他
【上映時間】100分
【製作国】韓国
【配給】ギャガ
10月4日(土)
新宿武蔵野館、他全国順次ロードショー
coco 映画レビュアー
croaton0
4120movies / tweets
advertisement

follow us