TOP >coco 映画特集 >映画『君はひとりじゃない』特集
cocoPR企画
2017/7/3 updated

君はひとりじゃない

ベルリン映画祭監督賞受賞!父と娘の止まった時間が動き出す愛と再生の物語
ポーランド発、女性俊英監督の優美な才能
イーグル賞主要4部門受賞作
第65回ベルリン国際映画祭で監督賞となる銀熊賞を受賞。ポーランドのアカデミー賞と言われるイーグル賞で主要4部門を受賞し映画祭を席巻した『君はひとりじゃない』は、ポーランドの俊英女性監督マウゴシュカ・シュモフスカが描く、父と娘の愛と再生の物語だ。その作品の評判はヨーロッパに留まらず、米批評サイト「ロッテン・トマト」でも88%の高評価を叩きだした。

公開に先駆けて行われたcoco独占試写会では、「ラストシーンに感動」「結末に涙」「最後の最後に優しい気持ちに」と、印象的なラストシーンを賞賛する感想が数多く寄せられた。
試写会 cocoレビュアーの感想ツイート

「心に染みる」「涙が溢れた」「優しい感動」
きっと笑顔になれる感動のラストシーン

『君はひとりじゃない』試写。大事な人を亡くした父と娘、そしてカウンセラー。喪失感は三者三様だが周りにどう思われようと、信じて救われるなら信じればいいのだ。ラストシーンは感動かつユーモアに溢れていた。朝日には笑顔が似合う。 #eiga
サチコロネ@sachikorone
『君はひとりじゃない』 あの結末をどう受け止めるべきか暫く悩んだ。そして自分の導き出した一つの可能性を当てはめると全てがしっくりいくと同時に涙が溢れた。なるほど深い話だ!父娘の確執再生をシュールな笑いも交え魅せてくれる。
『君はひとりじゃない』試写会にて鑑賞。妻に先立たれ関係性の壊れた夫と娘を超常現象をきっかけに再生していく。大切な人の死は誰しも乗り越えるのが大変だけれども、共に生きていく人がいるということが救いになることもある。心に染みる良作でした
『君はひとりじゃない』とても不思議な感覚、父娘の行き違い、そんな作品。ラストシーンはとても優しい気持ちになれる。セラピストって、大変だけど素敵な仕事だなぁと改めて感じる。
『君はひとりじゃない』を試写会で。観ていて、もしかしてこれ想像してたのと違う系?って思ってしまう不思議な展開だったんだけど、最後の最後、思わぬ優しい感動に主人公と一緒に笑ってる自分がいました。
『君はひとりじゃない』試写会にて。母を亡くした喪失感から、心が壊れうまく距離感がとれなくなった父娘の話。セラピーや霊媒、超常現象とか出てくるから途中まで〝ちょっと苦手な作品かも…〟って思ってたが、予想を裏切るラストで驚き。感動。
『君はひとりじゃない』亡くなった人と生きている人、何だか逆転してる?と思える場面がたくさん。他にもそこに映る人についてのトリックの様な映像があった。幾つか出てくる雨のシーンが記憶に残る。音楽を極力排除してのあのラスト、良かったです。
『君はひとりじゃない』ポーランド映画は初めてだが、なかなかユーモラスなヒューマンドラマで面白かったです。
『君はひとりじゃない』試写鑑賞。家族の死から父と娘が再生していく過程を独自の視点で描く家族ドラマ。まさかのホラー?って思う感じもありの笑ってしまう感じもあって、思っていた感じとは違っていたけどこれはなかなかシュールで面白かった!
『君はひとりじゃない』父と娘の間に横たわる大きな溝が、どうなっていくのかと興味をそそられた。予想とは違った展開だったけど、良かった。食べ物を撮る時など、上からのカメラアングルが多くてユニーク。
試写会にて『君はひとりじゃない』鑑賞。妻を亡くした父と母を亡くした娘の仲を取り持つすこしふしぎなセラピストのヒューマンドラマ…と思ってたら、ちょいちょい挟まれる抜けた感じのおかしみやインパクトのあるショットがとても好みだった!
ポーランド映画『君はひとりじゃない』試写会で鑑賞。 母を亡くした娘と父、そして降霊術を使うセラピストとの3人を真正面から捉えた作品。演技、アングル全てが正直で正確。監督の力量を感じました。
『君はひとりじゃない』@東宝東和試写室。喪失感と再生、何気に重いテーマを扱いながら冒頭からえっ?とさせられる不思議な感覚・・・突拍子もないがクスッとさせられるラストが素敵。
もっと見る

こんな映画が好きな人にオススメ
父と娘ならではの不器用な愛の物語

ファミリー・ツリー
「サイドウェイ」「アバウト・シュミット」のアレクサンダー・ペイン監督がジョージ・クルーニーを主演に迎え、ハワイで暮らすある家族に起こる出来事を描いたドラマ。祖先の土地を受け継ぎ、ハワイで妻と2人...
人生の特等席
2008年の監督・主演作「グラン・トリノ」で事実上の俳優引退宣言をしていたクリント・イーストウッドが、4年ぶりに銀幕復帰を果たしたドラマ。大リーグの伝説的なスカウトマンとして知られるガスは、年齢...
ありがとう、トニ・エルドマン
正反対の性格の父娘が織り成す交流をユーモラスに描き、ドイツで大ヒットを記録したヒューマンドラマ。陽気で悪ふざけが大好きなドイツ人男性ヴィンフリートは、ルーマニアで暮らす娘イネスとの関係に悩んでい...

母を亡くした娘、妻を亡くした父─
大切な人と向き合えていますか?

Introduction

妻を失い感情が表に出なくなった父親、母親を亡くし父親と自分の身体を嫌う娘、人々を治療しながらもぽっかりと空いた心を持つセラピスト。最愛の人の「死」を経験する登場人物たちが紡ぐのは心と身体の関係性、そして目に見えるものと見えないものの関係性。シリアスになりがちなテーマをシュモフスカ監督が繊細に、ときにはユーモアを交えて描き出す。3人が迎える結末に、大切な人は身近にいると気づかせてくれると同時に温かな涙があなたの頬を伝う。
【原題】Body/Cialo
【監督】マウゴシュカ・シュモフスカ
【出演】ヤヌシュ・ガヨス、マヤ・オスタシェフスカ、ユスティナ・スワラ
【制作年】2015年
【制作国】ポーランド
【上映時間】93分
【配給】シンカ
7月22日(土)
シネマート新宿、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開
coco 映画レビュアー
624ken
2859movies / tweets
advertisement

follow us