TOP >coco 映画特集 >映画『おとなの事情』特集
cocoPR企画
2017/3/6 updated

おとなの事情

世界中の映画祭で脚本賞・観客賞など16冠の栄誉!イタリア大ヒットの話題作
映画ファンにんまりの
ラストに仕掛けられた巧妙なトリック
イタリアのアカデミー賞に当たる第60回ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で、作品賞と脚本賞をW受賞。練りに練られた内容が話題を呼び、大ヒットを記録した『おとなの事情』は、夕食会に訪れた7人の仲間たちが、それぞれの携帯電話にかかって来た電話やメールを共有し合う“ゲーム”によって繰り広げられる、人間模様を描いたシチュエーション・ドラマだ。

公開に先駆けて行われたcoco独占試写会では、「作品賞・脚本賞W受賞も納得の面白さ!」といった声が続出。イタリア特有の明るいコメディ映画かと思いきや、重厚な人間ドラマや、ミステリー映画ファンなら思わずにんまりのトリックも仕掛けられており、より幅広い映画ファンが堪能できる試写会となった。
試写会 cocoレビュアーの感想ツイート

伊アカデミー作品賞/脚本賞
W受賞も納得の出来!
「脚本に唸る」「実に巧妙」「超面白い!」

ちなみ/hollynonny@holly_nonny
『おとなの事情』① 試写会にて鑑賞。最高に面白かった!!!既に職場の人5人くらいに進めてるww 緻密な脚本が本当に秀逸。どの瞬間も見逃さないぞ!と気合いを入れて鑑賞したので、物語の流れが変わるエピソードはだいぶ最初からピンときたけど、その誤解されてく様がお腹抱える程に面白かった
『おとなの事情』試写会で鑑賞。イタリアのアカデミー賞で作品賞・脚本賞を受賞とあったが観たら納得。凄く面白い! 携帯はなんでも知っている。 人々の隠された秘密が暴かれるというシリアスな題材も、重くならずに観れ、そして最期が秀逸。
『おとなの事情』この映画の最期が実に巧妙な作りで、まさに「観客をリスペクトし、皆さんの思いに映画を委ねる」と仰った監督そのままのラスト。 あのラストで、たった一本の映画が実に何通りもの違う解釈ができる。思わず唸らずにはいられない!
『おとなの事情』これは…大人に観てほしいです!脚本に唸る。削ぎ落としていてかなりスピーディーに進みますが、人生の陰の部分が浮き彫りになって切ない笑いが。 各国版のリメイクができそうな気がします。 スマホの全てを人に見せたら…
山本さやか@tokokonatsu
『おとなの事情』プライベートな自分、パブリックな自分、そして秘密の自分…。スマホ公開ゲームで秘密の自分が明かされたらどうなるか?いや明かされた方こそ人格が試されるのだ!超面白い、だけどちょっぴり胸が痛くなる作品。オススメ!
深雪ゆあ@ホームカミングがよかった@miyukichisama
『おとなの事情』 試写会で観賞。ホームパーティーに集まった大人たちが悪ふざけで自分の携帯をみせあうことになり……という聞くだけでニヤニヤものな一作。 期待通りのドロドロから驚きの展開まで盛り沢山。秘密って案外バレてるかもね。
『おとなの事情』試写鑑賞。イタリアのアカデミー賞で作品賞・脚本賞を受賞したコメディって全然コメディとは思えなかったけど凄く面白かった!スマホの中には秘密がいっぱいだよね。知らなくて良い事は知らないでいた方が幸せですわ(。>∀<。)
ねーちゃん@満月さん@miki_lovekiss
『おとなの事情』試写会 舞台でやったら、より面白くなりそうなトーク劇。 満月が全部見える頃には、それぞれの秘密も暴かれていく。 96分の中にぎゅっと詰まった内容は、流石イタリアで賞を取っただけある、巧みな脚本だとわかる。
『おとなの事情』緻密な脚本が光る作品。夫婦や親友という一番近くて親密な相手にも隠しておきたい秘密や関係がある。秘密が暴露される過程がスリリング。当事者じゃないことを幸せに思えた(笑)ラストの2パターンにいろいろと考えさせられた。
『おとなの事情』 7人の男女が満月の夜、夕食を食べながら楽しい会話..一人が思い掛けず「スマホを見せ合わせない?」と言い出す。爆笑なのは勿論私はあるパートにハマり涙が止まらなかった。世界中の映画祭で16冠も納得。3/18公開
『おとなの事情』愛の国イタリアの映画だからか、かなり際どい関係や表現があったけどジメッとしていないのがすごい。もし邦画に置き換えたらエグくて途中息が出来なくなりそう。『恋の渦』とか『At the terrace テラスにて』とか気まずさ半端じゃなかっ
『おとなの事情』👍✨コメディかと思いきや、後ろ暗いところなくても胃がキリキリの展開。個人のパーソナルでなくシークレットライフを描きたかった監督の言葉「これはコメディじゃないドラメディ」まさにその通り。自爆合戦の惨状に垣間見える親子…
『おとなの事情』を試写会で。出るわ出るわ、それぞれの秘密がボロボロと。スマホ見せ合いゲーム。このワンシチュエーションコメディ、笑えない。知らない方が幸せかもしれない事もありますね。このサプライズなラスト、私は好きです。全員の秘密を…
もっと見る

男と女、夫婦と夫婦、友情、家族──
オトナたちを唸らせる絶妙な駆け引き

おとなのけんか
トニー賞演劇部門の作品賞やローレンス・オリビエ賞の新作コメディ賞を受賞したヤスミナ・レザの舞台劇「大人はかく戦えり」を、「戦場のピアニスト」「ゴーストライター」のロマン・ポランスキー監督が映画化...
8月の家族たち
オスカー女優メリル・ストリープとジュリア・ロバーツが母娘役で初共演し、ピュリッツァー賞とトニー賞をダブル受賞したトレイシー・レッツの戯曲を映画化。オクラホマの片田舎。父親が突然失踪したことをきっ...
ビフォア・ミッドナイト
リチャード・リンクレイター監督、イーサン・ホーク&ジュリー・デルピー主演の人気ラブロマンスシリーズ第3作。列車の中で出会ったアメリカ人のジェシーとフランス人のセリーヌが、夜明けまでの時間を過ごし...

スマホの中に、人に言えない秘密はありますか?
イタリアのアカデミー賞で作品賞・脚本賞を受賞

Introduction

友人の家に夕食会に訪れた7人の仲間たちが、それぞれの携帯電話にかかって来た電話やテキストメッセージを共有し合うという“ゲーム”によって、繰り広げられる人間模様を描いたシチュエーション・ドラマである。現代人にとって、携帯電話、あるいはスマートフォンは、“個人の情報をすべて抱え込んだブラックボックス”。ときには、持ち主でさえも気づいていない秘密が、ここから流れ出てしまうこともある。では、この極めて現代的な端末を遊びに使ってしまった時、どんな危険を孕んでいるのだろうか?
【原題】Perfetti sconosciuti
【監督】パオロ・ジェノベーゼ
【出演】ジュゼッペ・バッティストン、アンナ・フォッリエッタ、マルコ・ジャリーニ、エドアルド・レオ、ヴァレリオ・マスタンドレア、アルバ・ロルヴァケル、カシア・スムトゥニアク
【上映時間】96分
【製作年】2016年
【製作国】イタリア
【配給】アンプラグド
3月18日(土)
新宿シネマカリテほか全国順次公開
coco 映画レビュアー
tweet_eiga
1418movies / tweets
advertisement

follow us