TOP >coco 映画特集 >映画『ダンケルク』特集
cocoPR企画
2017/9/4 updated

ダンケルク

究極の臨場感/究極のタイムサスペンス/究極の映像体験!ノーランが放つ3つの新体験

世界が嫉妬する才能クリストファー・ノーラン監督が
初めて実話に挑んだ99分間の究極体験

『ダークナイト』『インセプション』『インターステラー』と、新作ごとに圧倒的な映像表現と斬新な世界観で、観る者を驚愕させてきたクリストファー・ノーラン監督。彼が、初めて実話に挑んだ本作『ダンケルク』は、これまでの映画の常識を覆す、全く新たな究極の映像体験を突きつける。史実をもとに描かれるのは、史上最大の救出作戦。相手を打ち負かす「戦い」ではなく、生き残りをかけた「撤退」の物語だ。絶体絶命の地ダンケルクから生きて帰れるか、というシンプルで普遍的なストーリーを、まるで自らが映画の中に立っているような緊迫感と臨場感で体感させる。
公開に先駆けて行われたcoco独占試写会には、ノーラン監督の新作を待望する目の肥えた映画ファン60名が出席。試写会後のアンケートでは、92%の観客が「満足した」と回答する高評価を記録。特に「100点満点でその満足度を表すと?」の質問には、全観客の4割に当たる観客が「満点」と回答する、稀に見る熱量の高い試写会となった。
試写会 cocoレビュアーの感想ツイート
「度肝を抜かれた」「凄かった…」「ノーランの本気に涙」

ノーラン監督最新作はやっぱり凄かった!

とま✈空組11ケルク@saeki0327
あああ…『ダンケルク』やっぱりすごかった……
ダンケルク、いつものノーランと思っているとカウンターを食らうな。覚悟せよ、度肝を抜かれるってやつだ。
『ダンケルク』素晴らしかった!迫力の音と映像に包まれて、息もつかせぬ106分。異なる立場の人々が、生きて帰るため、同胞を救出するため、それぞれ最善を尽くそうとする。クリストファー・ノーランの映画で一番希望があって一番好き。
「ダンケルク」【試写会】 何から話せばいいんだろう。ノーランの本気を見た。内容というか映画に対して涙が出た。戦争映画なんて幾つもある。でもこんなのは初めて。ノーランにしか作れない。そしてCGには絶対できない迫力。どんなSFより凄い…
『#ダンケルク』見ました。あのね、すごくよかった。監督らしい時間と空間の構成、後味、でも徹底的にリアル。あまり喋らないし辛気臭いのにいい味出しすぎなキャラクターたち(トムハはずるい)みんなも時計のチクタク音に精神をやられて欲しい。
『ダンケルク』試写。予想以上。ノーランが実話ベースを撮るとどうなるか。画面や音がすごいだけじゃない。息苦しいや緊張感を文字通り強烈に叩きつけ、戦争の悲惨さを心に擦り込んでくる。絶対に大画面で見るべき。 監督最高傑作#ダンケルク
ワーナー試写室にて『ダンケルク』鑑賞終了 予想以上の感動に心震えています 久しぶりに『さよなら銀河鉄道999』『銀河鉄道999』を観たすぐ後だけに「ザ・コックピット/戦場まんがシリーズ」を思い…見たかったものが実写で美しく甦った傑…
『ダンケルク』 トム・ハーディー、マーク・ライランス、ケネス・ブラナー…だけではなく、若手の俳優たちの演技も素晴らしかった 今の時代に、よくこんなにいい面構えの若者を集めたものだなあ…と感心 兵士役が若い役者ばかりだったのも、戦場のリアリティを生んでいたように思う
とま✈空組11ケルク@saeki0327
『ダンケルク』やっぱり胸が苦しくなるほど緊張するし、息つく暇もなくて観終わった後はどっと疲れました。生き抜こうとする人々の姿、誰かを救おうとする人々の姿に時代もシチュエーションも関係ない。これは劇場で観なくてはいけない作品だと思う。
深雪ゆあ@ホームカミングがよかった@miyukichisama
『ダンケルク』 まさに観客が戦場に放り込まれる、という表現がぴったりで、可能であればIMAXで観てほしい……公開始まったら絶対にそっちで観に行きます!
榊正宗@10/27東北ずん子誕生日@megamarsun
『ダンケルク』観てきました。戦争の臨場感を出そうとした映画をすべて過去のものにしてしまう程のリアリティ。大げさな誇張はなく、張り詰めるようなノーランのいつもの演出に、緊迫感と同時に絶望感が…。娯楽映画ではありません。でも必見の傑作。
(故)三芳アサト@itkw89
『ダンケルク』試写会にて。陸海空の3視点に加えたもう一つの要素のお陰で目が反らせない・飽きない構成になっている。そこに監督特有の緊迫感のある演出が入るので此方まで叫び声を上げそうに。下手をしたらトラウマになる程、脳裏に焼き付く作品。
-\/(おみえんど)🎌🍶🎌@omiend
『ダンケルク』ノーラン節に実話を元とした重厚さが加わり、今までにない戦争映画だった!面白かった
もっと見る

こんな映画が好きなあなたに
『ダンケルク』はオススメ!

数多くの映画ファンが公開を待ち焦がれる『ダンケルク』は一体どんな映画か。試写会に参加した観客に「どんな映画が好きな人に本作はオススメ?」と質問してみたところ、『究極の臨場感』『究極のタイムサスペンス』『究極の映像体験』といった3つのジャンルに分類されるような名作が揃ってラインナップされる結果となった。まさに3つの究極を体験する映画が『ダンケルク』と言えるであろう。


29
ゼロ・グラビティ
25
インターステラー
24
マッドマックス 怒りのデス・ロード
17
アルゴ


8
エイリアン
8
タイタニック
7
マトリックス
6
ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル

海の町ダンケルクに追い詰められた英仏軍40万人
若き兵士トミーは絶体絶命の地から脱出できるのか─

Introduction

全米興収ランキング2週連続No.1、世界60カ国で初登場NO.1を獲得!早くもアカデミー賞最有力!『ダークナイト』『インセプション』のクリストファー・ノーラン監督が、豪華アンサンブルキャストと共に、史上最大の救出作戦の実話を描く最高傑作が誕生!

1940年、海の町ダンケルクに追い詰められた英仏連合軍40万人の兵士。背後は海。陸・空からは敵――そんな逃げ場なしの状況でも、生き抜くことを諦めないトミー(フィオン・ホワイトヘッド)とその仲間(ハリー・スタイルズ)ら、若き兵士たち。一方、母国イギリスでは海を隔てた対岸の仲間を助けようと、民間船までもが動員された救出作戦が動き出そうとしていた。民間の船長(マーク・ライランス)は息子らと共に危険を顧みずダンケルクへと向かう。英空軍のパイロット(トム・ハーディー)も、数において形勢不利ながら、出撃。こうして、命をかけた史上最大の救出作戦が始まった。果たしてトミーと仲間たちは生き抜けるのか。勇気ある人々の作戦の行方は!?

[究極の臨場感 ][究極のタイムサスペンス][究極の映像体験]――-360°全方位から迫る息もつかさない99分間!
【原題】Dunkirk
【監督】クリストファー・ノーラン
【出演】フィン・ホワイトヘッド、ハリー・スタイルズ、ケネス・ブラナー、キリアン・マーフィ、マーク・ライランス、トム・ハーディ
【制作年】2017年
【制作国】アメリカ
【上映時間】106分
【配給】ワーナー・ブラザース映画
9月9日(土)
全国ロードショー
coco 映画レビュアー
sa9237a
2332movies / tweets
advertisement

follow us