TOP >coco 映画特集 >映画『コール・オブ・ヒーローズ 武勇伝』特集
cocoPR企画
2017/5/22 updated

コール・オブ・ヒーローズ 武勇伝

アドレナリンだだ漏れ大活劇!燃えて萌える面白さ
ベニー・チャン × サモ・ハン
香港アクションの集大成
70年代から香港映画界のレジェンドとして活躍し、盟友ジャッキー・チェンと並び今も根強い人気を誇る“デブゴン”ことサモ・ハンがアクション監督を務めた『コール・オブ・ヒーローズ/武勇伝』は、巨匠ベニー・チャン監督とのタッグによる、香港アクションの集大成にして最高峰に挑んだ大作だ。

公開に先駆けて行われたcoco独占試写会では、「最高過ぎ」「予想をはるかに超える面白さ」と、高い期待を超えてきた内容に賞賛の声が続出。更に、ルイス・クー演じる“超”が付くほどの悪役に「あんなの北斗の拳にすら出てこない」「5億点のクズっぷり」と映画ファンが大いにザワつかせられた。
試写会 cocoレビュアーの感想ツイート

「最高オブ最高」「今年ベスト」
みんなの期待を遥かに超える面白さ!

もうね… 何がなんでも、皆さんにはね…… 「コール・オブ・ヒーローズ」を観ていただきたい! 最高過ぎたよ\(^o^)
『コール・オブ・ヒーローズ 武勇伝』ちょっと待って。何これ最高オブ最高だったんだけど!まず、戦う武器の数々がヤベェ。あんな物も武器になるのかとビックリしたわw 私の大好きなトンファー出て来て100億点でした。ありがとうございます
のぞこ@안남시민500@nozoooco
『コール・オブ・ヒーローズ 武勇伝』(原題:危城)めちゃくちゃ面白かった!!!!!家族、ファミリー、義兄弟、ド下衆い悪党、爆破などなど燃え&萌えがてんこ盛り!!別々だったはずの人生が交錯する瞬間の熱さに痺れる。リウ・カイチー最高!
黒須ユーキ Cross Yuki@skydog_gang
やばい。今年ベスト出てしまったわ。『コール・オブ・ヒーローズ 武勇伝』。全編過剰に次ぐ過剰なヒロイズム演出のビッグバンで熱い涙が廬山大瀑布。『ドラゴン×マッハ!』を祭りにしようとしてた人、『ローグ・ワン』『マグニフィセント・セブン…
試写で観た「コール・オブ・ヒーローズ 」(危城)が、予想をはるかに超えて面白くて、すぐにでも再見したいけどなんと6月まで待たねばならぬのか!!??ぐぬぬ…という気持ちです!らうち〜ん!かいちーさーん!…他も皆良かったよー!
manhemohankuyu@manhemo
『コール・オブ・ヒーローズ 武勇伝』凄かった。アクションも凄かったけど、ルイスクーの悪役っぷり。あんなゴミクズ北斗の拳にだって出てこないよ!ごりごりの大スターなのによくあんな役受けたと思う。
のりたま@pthtq
『コール・オブ・ヒーローズ 武勇伝』 期待以上のアクションで、120分もあっという間のとても楽しい映画でした!最高です!
『コール・オブ・ヒーローズ 武勇伝』いいね、いいねぇ〜。香港アクション映画かくあるべし。ヒロインと目星を付けた白先生の展開はショッキングでニューウェーブだったけれど、他はほぼ予想通り。カタルシスを感じた。たぶん脳内には何か出てた。
『コール・オブ・ヒーローズ 武勇伝』 試写会で観ました!実に期待通りかそれ以上の香港映画!話も分かりやすくて七人の侍、夕陽のガンマン、カンフーハッスル このへんの映画が脳裏に浮かぶような作品でした!
鉄鋼 8/20コミティアさ10a@tetzco
『コール・オブ・ヒーローズ 武勇伝』まじでウー・ジンとルイス・クー敵に回したくね~~~~!
『コール・オブ・ヒーローズ』ウエスタン味のある武侠アクション映画で面白かった!激しいアクションシーンが多いのにとても観やすいのは流石サモハン!今回のラウ・チンワンは人望厚いばかりじゃなく華麗なる鞭使い!ふは〜♡ 外道なルイスも流石!
『コール・オブ・ヒーローズ 武勇伝』昔の香港映画が迫力を増して戻ってきた。笑いもあって、アクションすごくて、楽しかった。これは人におすすめしたい!
『コール・オブ・ヒーローズ 武勇伝』香港映画最高!と叫びたくなるアクションのオンパレード。鞭も槍も酒壺の山でのアクションもどれも凝っててわくわくしました。大きい悪から潰されても正義を曲げない団長ラウチンと流れ者エディポンかっこよすぎ
もっと見る

こんな映画が好きな人にオススメ
血沸き肉躍る
痛快熱血アクション大活劇

マグニフィセント・セブン
黒澤明監督の傑作時代劇「七人の侍」(1954)と、同作を西部開拓時代のメキシコに置き換えてハリウッドリメイクしたウエスタン「荒野の七人」(60)という2つの名作を原案に描いた西部劇。「トレーニン...
キック・アス
同名人気コミックを「スターダスト」のマシュー・ボーン監督が映画化したアクション・コメディ。ニューヨークに住む少年デイブは「誰もがスーパーヒーローを好きなのに、なぜ、誰もスーパーヒーローになりたが...
ドラゴン×マッハ!
「マッハ!」シリーズのトニー・ジャーが、ムエタイの達人で正義心の強い看守を演じるアクション作品。香港で闇の臓器売買ビジネスを展開するホン・マンコンを逮捕するため、任務を遂行していた潜入捜査官チー...

これは正義のために命をかけた
英雄たちの物語

Introduction

70年代から香港映画界で俳優、武術指導、監督、プロデューサーとして様々な重要作品やヒット作に関わってきた香港映画界のレジェンド、サモ・ハン。日本では“デブゴン”の愛称で知られ、盟友ジャッキー・チェンと並び今も根強い人気を誇る彼の最新傑作を連続上映する<サモ・ハンis BACK!>!
 その第1弾はサモ・ハンが20年ぶりにメガホンを取り、自ら主演、アクション監督を兼ねて贈る愛と感動のアクション巨編『おじいちゃんはデブゴン』(5/27公開)。そして、その第2弾として公開されるのが、すでに本国で鑑賞されたファンの多くから“傑作!”の声が多数上がっているこの『コール・オブ・ヒーローズ/武勇伝』。
 本作ではサモ・ハンがアクション監督として、『新少林寺』『レクイエム/最後の銃弾』の巨匠ベニー・チャン監督と組み、映画史上初のアクションとスタントの連続でこれまでの香港アクションの集大成にして最高峰に挑んでいる。
【原題】危城/CALL OF HEROES
【監督】べニー・チャン
【アクション監督】サモ・ハン
【出演】エディ・ポン/ルイス・クー/ラウ・チンワン/ウ―・ジン/ユアン・チュアン/サモ・ハン
【制作年】2016年
【制作国】中国・香港
【上映時間】120分
【配給】ツイン
6月10日(土)より
新宿武蔵野館、シネマート心斎橋ほか全国順次ロードショー
coco 映画レビュアー
sa9237a
2291movies / tweets
advertisement

follow us