TOP >coco 映画特集 >映画『世界にひとつの金メダル』特集
cocoPR企画
2017/6/6 updated

世界にひとつの金メダル

世界の映画祭が感涙!フランスで200万人が泣いた感動の実話
エリート弁護士は華々しいキャリアを捨て
障害飛越競技に挑むが─
フランスで200万人が涙し大ヒットを記録した『世界にひとつの金メダル』は、エリート弁護士を辞め、ライダーとしてオリンピックを目指した男ピエール・デュランが競技馬ジャップルーと歩んだ情熱の人生を描く、実話を元にした感動の物語だ。製作費は35億円を超え、ロサンゼルス、ソウルと二つのオリンピックを完全再現。壮大なスペクタクルでクライマックスを飾る。

公開に先駆けて行われたcoco独占試写会では、その壮大なクライマックスに「予想以上にハラハラドキドキした」「結末に感動」「胸がいっぱいになった」といった感想が相次いだ。2020年の東京オリンピック開催に向けて、気持ちも昂ぶる一方だ。
試写会 cocoレビュアーの感想ツイート

「胸を打たれる!」「胸がいっぱいに」
ハラハラドキドキ感動のクライマックス

『世界にひとつの金メダル』日本ではあまり馴染みのない競技だけど、こんな感動の実話があったのか。馬のジャップルーがいい演技をしてる。ラストのソウルオリンピックの試合は、会場で一緒に応援している気分になって、ハラハラドキドキした。
a yellow bird@mn1770033
『世界にひとつの金メダル』 試写会行きました! フランスの五輪選手と競技馬が歩んだ感動の実話! 一度諦めた夢に再チャレンジし、苦しみ もがきながらも最後に栄光をつかんだ主人公の直向きな姿に胸を打たれます‼
『世界にひとつの金メダル』お金持ちのエリートが馬術競技‥‥なんて自分に縁もゆかりもなさげなテーマ。ところがすごくひきこまれてしまいましたよ!主人公の育ちのいい未熟さがリアルで、それを取り巻く人々の在り方がよくて、なんかいいもの観たなぁって気持ちで満たされました!
『世界にひとつの金メダル』予想以上にドキドキハラハラしたし、ピエールのおぼっちゃま気質にに腹たちながら夢中に。なんといっても奥さんがエライ!「15分後に一杯おごってね」と言える人間になりたい。馬術、おもしろい競技。
toe@とにかく映画が好きなんです@pharmacy_toe
『世界にひとつの金メダル』困難を乗り越え、人として成長しながら戦う姿はその結末が分かっていても感動する。大きな失敗や痛い思いをしないと成長できないのはもどかしいけど、それはその後の大きな幸福のための神様からのプレゼントかもしれない
『世界にひとつの金メダル』試写会にて鑑賞。「人馬一体」となった馬術の競技シーンが素晴らしかった(しかもノースタント!)。 「人生の選択を他人のせいにするな。」という主人公の父親のセリフが今の私に突き刺さった。観て良かった!
『世界にひとつの金メダル』始まりの光り輝く風景の美しさ 、馬の躍動感を感じるカメラワークに ドキッとしました。同じ一生なら、フランスの田舎のくらしが 良いな^_^なんて 思いながら観ました。障害飛越競技を知らなかったが 面白かった。
『世界にひとつの金メダル』凄いのが主演のギョームカネがスタント無しですべてこなしてる所。あの障害物競技は俳優さんがすべてやるの大変だったろうなって思った。だからこそリアリティがあって胸がいっぱいになった #世界にひとつの金メダル
『世界にひとつの金メダル』試写会で鑑賞。エリートだがある意味ダメ男な青年の成長物語。実話。障害飛越という日本ではあまり馴染みがない競技だったけど、カッコよかったな。競技馬ジャップルー役の馬が美しい。躍動感がすごかったです!
『世界にひとつの金メダル』試写鑑賞。馬術の障害飛越競技で、五輪の金メダルを獲得したピエール・デュランの実話に基づく話。諦めた夢を周りに支えられ、そして馬との関係も見直してのチャレンジする姿に感動です!ルー・ドゥ・ラージュが可愛い!
うちじゅん@uchi_jun703
試写会で『世界にひとつの金メダル』を観た。人間は誰も1人では成長できない。支えられ、切磋琢磨して、共に大きくなっていく。馬って本当に美しい生き物だな、とつくづく思わされた。
『世界にひとつの金メダル』逆境に負けない強いメンタルの主人公のスポ根物語だと思ったら、優しい家族や馬の世話係の少女にまでガツンといわれて目が覚めていく、甘々のオリンピック選手の話。馬が美しい。そして「障害飛越競技」知名度アップも!
『世界にひとつの金メダル』という映画を観てきました。馬術競技の馬の美しさがとても印象的で、主人公と父のやりとりやその周りの人間がよく描かれていて馬術という競技に関心を持てた。
もっと見る

こんな映画が好きな人にオススメ
涙を誘う感動の《実話》

LION ライオン 25年目のただいま
インドで迷子になった5歳の少年が、25年後にGoogle Earthで故郷を探し出したという実話を、「スラムドッグ$ミリオネア」のデブ・パテル、「キャロル」のルーニー・マーラ、ニコール・キッドマ...
博士と彼女のセオリー
ALS(筋萎縮性側索硬化症)という難病を抱えながらも最先端の研究に励み、現代の宇宙論に多大な影響を与える車椅子の天才科学者スティーブン・ホーキング博士の半生と、博士を支え続ける妻ジェーンとの愛情...
しあわせの隠れ場所
全米アメリカンフットボール・リーグNFLのマイケル・オアー選手の激動の半生を追ったマイケル・ルイスのノンフィクション「ブラインド・サイド アメフトがもたらした奇蹟」を映画化。米南部ミシシッピのス...

総製作費35億円
ロサンゼルス、ソウル、2つのオリンピックを完全再現

Introduction

フランスで200万人が涙し大ヒットを記録した『世界にひとつの金メダル』は、実話を基に描いた感動作だ。エリート弁護士を辞め選手<ライダー>としてオリンピックを目指した男ピエール・デュランと人間を信じない競技馬ジャップルーとの絆、そして彼らを見守る父との確執と愛情。度重なる挫折や逆境が彼らを襲いながらも成長していく、競技ならではの過酷な世界で夢をあきらめずに挑み続ける情熱を描く人生の物語だ。『ザ・ビーチ』『ヴィドック』のギョーム・カネが脚本・主演に挑戦し、本物の選手さながらのダイナミックさと臨場感とスター性で魅了する。セザール賞、リュミエール賞、ケベック映画賞などを受賞し、モントリオール国際映画祭正式出品して話題となった。製作費35億円を超える超大作は、ロサンゼルス、ソウルと二つのオリンピックを完全再現し、壮大なスペクタクルでクライマックスを熱狂的に盛り上げる。
【原題】Jappeloup
【監督】クリスチャン・デュゲイ
【出演】ギョーム・カネ、マリナ・ハンズ、ダニエル・オートゥイユ、ドナルド・サザーランド
【制作年】2013年
【制作国】フランス・カナダ
【上映時間】130分
【配給】レスペ
6月17日(土)
YEBISU GARDEN CINEMA、シネマート新宿他にて全国順次公開
coco 映画レビュアー
xxtonchiki
2878movies / tweets
advertisement

follow us