TOP >coco 映画特集 >映画『ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦』特集
cocoPR企画
2017/8/4 updated

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦

衝撃のラスト30分。ナチス・ナンバー3暗殺作戦に命をかけた男たちの物語
キリアン・マーフィ&ジェイミー・ドーナン
旬の2人が初共演
第二次世界大戦中、最も凄惨な史実の一つと言われるハイドリヒ暗殺事件を題材にした本作は、自らの命を犠牲にして、祖国のためにナチスに立ち向かった若き男たちの戦いを描く緊迫のサスペンスだ。本国チェコ・アカデミー賞では14部門にノミネートされる快挙。実力、人気と共に高いキリアン・マーフィとジェイミー・ドーナンが初共演を果たした。

公開に先駆けて行われたcoco独占試写会では、「オールタイムベスト」「傑作」と評する声のほか、凄惨な暗殺作戦を描いたシビアな内容に、「かなり凄い映画だった」「ズシリと重く響いた」と大きな衝撃を受ける観客が続出。また、主演を務めたキリアン・マーフィについて、「キリアン史上最高の演技」「キリアンの尋常じゃない色気」と大絶賛する声が数多く沸き起こったのも大きな特長だ。
試写会 cocoレビュアーの感想ツイート

「オールタイムベスト」「傑作」「必見の映画」
息もつけない衝撃のラスト30分

『ハイドリヒを撃て!』試写にて。いやぁ、凄い映画観せていただきました。ナチスの蛮行に立ち向かう愛国青年たちの闘い。ハラハラしながらラストの銃撃戦まで一気に突入。ズシリと重く響く映画でした。 #映画
シタマチ@映画ブログ運営@dt_batman
『ハイドリヒを撃て!』 下半期オールタイムベスト1作目に認定するほどの名作。邦題がダサくて話題にならないだろうけど、個人的には猛プッシュします。自国を守るため、ナチスドイツと戦ったチェコ人達に拍手。
ハイドリヒを撃て!非常に良かった。金髪の野獣と呼ばれた彼はヒトラーNo.3。その野獣を撃つためにチェコ入りするパラシュート部隊。そうそれが『ハイドリヒ暗殺計画』。ハイドリヒを撃てば終わるのか?撃った後はどうなるのか?その選択は正し…
『ハイドリヒを撃て!』 ナチス占領下のプラハ、隠密活動の息苦しさと激しく惨い銃撃戦のどれもが史実を元にした本当の話ということが胸に迫る。1カット毎に監督の美意識が徹底された言葉にならない美しさで必見の映画です
うちじゅん@uchi_jun703
試写会で『ハイドリヒを撃て!』を観た。ラスト30分の銃撃戦は圧巻。緊張で息もつけない。残酷な報復や戦に散る若者たちの最期はどこかドラマチックに描写される。ショーン・エリス監督が撮るからそう写るのかもしれない。
『ハイドリヒを撃て!』試写会で鑑賞。実話のストーリーも良いし、映画としての撮影描写も素晴らしい。久しぶりにいい映画でした。
ななお@DNK海組⚓@nanatan_brown
ハイドリヒを撃て!試写会から生還… 真面目な感想はまた後で書きますが、とにかくキリアンが尋常じゃない色気だだ漏れの美貌…… 全ショットそのまま静止画にすれば即写真集になるレベル… ショーンエリス先生の作画すごすぎ… 先生ありがとう… 日本公開してくれた配給さんもありがとう…
キャプチュード@uwfcaptured
『ハイドリヒを撃て!』ユーロライブ試写会。ナチスを扱う映画は多いが、これは歴史の重みとは別にラストの銃撃戦の凄さも相まって非常に観やすい出来。キリアンマーフィーが好きならきっと満足の1本。
「ハイドリヒを撃て!」はキリアンとジェイミーが出てることくらいしか知らなかったけど、シャルロット・ルボンやトビー・ジョーンズ、ハリー・ロイドなど他の出演者も豪華!あと、ラストシーンのキリアンの瞳がこの上なく美しかった。。
『ハイドリヒを撃て!』試写会。過度に煽情的でなく、前半は地味にも見えるけれど、そこが良い。同じ陣営にいても個々に温度差があったり、微妙に目指すところが違ったり、実話ベースなだけあってリアルだった。
『ハイドリヒを撃て!』既に『暁の七人』を観ていたので展開も結末もわかっているにもかかわらず、かなり引き込まれて観てました。前2作と比較しても劣る部分は全くなく、リメイク版としても大成功の傑作だと思います。
『ハイドリヒを撃て!』 かなり凄い映画だった。こんな凄い展開の映画だと思ってなかった。是非設備の良い映画館で観てください! #eiga
もっと見る

こんな映画が好きな人にオススメ
豪華英国俳優たちが魅せる!硬派なサスペンス

裏切りのサーカス
スパイ小説の大家ジョン・ル・カレの代表作を「ぼくのエリ 200歳の少女」のトーマス・アルフレッドソン監督、ゲイリー・オールドマン主演で映画化したスパイスリラー。1960年代のロンドン。ある作戦の...
キングスマン
「英国王のスピーチ」でアカデミー賞を受賞したコリン・ファース主演、「キック・アス」のマシュー・ボーン監督&マーク・ミラー原作によるスパイアクション。表向きは高級スーツ店だが実は世界最強のスパイ組...
イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密
「SHERLOCK シャーロック」のベネディクト・カンバーバッチ主演で、第2次世界大戦時、ドイツ軍が世界に誇った暗号機エニグマによる暗号の解読に成功し、連合国軍に勝機をもたらしたイギリスの数学者...

ナチス高官ハイドリヒ暗殺に挑む2人の男
揺るぎなき信念を胸に立ち上がる

Introduction

ナチス高官ハイドリヒ暗殺の史実を基に描いた緊迫のサスペンス。1942年第二次世界大戦直下、ユダヤ人大量虐殺の実権を握り、その冷酷さから「金髪の野獣」と渾名されたナチス高官ハイドリヒが、若き兵士たちによって襲撃される。フリッツ・ラング監督作『死刑執行人もまた死す』(43)、ルイス・ギルバード監督作『暁の七人』(75)でも描かれた暗殺作戦の、壮絶な逃走劇と衝撃的な報復の全貌を新たに描き、当時から75年の時を迎える2017年、ついに日本公開へ。主演は『ダークナイト』、『インセプション』で確かな演技力が評価されているキリアン・マーフィと、世界中で空前の社会現象を巻き起こした大ヒット映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』のジェイミー・ドーナン。実力・人気と共に高い二人が、今回ハイドリヒ暗殺を実行する兵士役で初共演を果たした。
【原題】Anthropoid
【監督】ショーン・エリス
【出演】キリアン・マーフィ、ジェイミー・ドーナン、ハリー・ロイド、シャルロット・ルボン、アンナ・ガイスレロヴァー、トビー・ジョーンズ
【制作年】2016年
【制作国】チェコ=イギリス=フランス
【上映時間】120分
【配給】アンプラグド
8月12日(土)より
新宿武蔵野館他全国順次公開
coco 映画レビュアー
WaseiG
3446movies / tweets
advertisement

follow us