TOP >coco 映画特集 >映画『ゲット・アウト』特集
cocoPR企画
2017/10/16 updated

ゲット・アウト

映画の常識を覆すサプライズ・スリラー、遂に日本上陸!
全米初登場NO.1大ヒット!
coco映画レビュアー満足度100%!
今まで誰も観たことがないオリジナリティ溢れる作品が現れた。終始“何かがおかしい”と感じさせるじわじわ来る“恐怖”と、あっと驚く“結末”が待ち受ける。

製作を手掛けたのは、『インシディアス』『ザ・ギフト』『ヴィジット』のジェイソン・ブラム。監督・脚本を務めたのは、アメリカのお笑いコンビ“キー&ピール”のジョーダン・ピール。世界的ヒットメーカーと大人気コメディアンが異色のタッグを組んだ、映画の常識を覆すサプライズ・スリラーだ。

公開に先駆けて行われたcoco独占試写会では「最高の映画体験ができた」「想像の斜め上をいく」と作品を称賛する感想が相次いだ。10月16日現在、cocoでのレビュー評価も満足度100%を記録している。全米初登場NO.1大ヒットも納得の内容と言えよう。
試写会 cocoレビュアーの感想ツイート

「全く新しい恐怖の形」「ヤバい」「驚愕の展開」
あなたはこの不気味さに耐えられるか!?

『ゲット・アウト』ヤバい!眠気も吹っ飛ぶ!!!完全なホラー映画だと思って見てたら裏切られた。怖いけど笑ってしまった。オープン二ング曲が迫ってくる感じもドキドキワクワクした。お薦めしたくなる1本でしたジョーダンピールファンになったよ。
『ゲット・アウト』面白かった!誰もあまり話したがらない現代社会の病理に鋭く切り込み、それを猛烈に皮肉りながらもエンターテインメントへと昇華させているのがとにかく痛快。観ながら思わずはっとさせられる。斬新なモダンサイコスリラーだった!
『ゲット・アウト』試写会にて鑑賞。 めっっっちゃ面白い!ホラーサスペンスとコメディがうまく融合していて、今までなかったような作品。何かがおかしくて不気味に進んで行くストーリー。オチがわかった時の気持ち良さ。また見に行きたい。
ジョーカーくん@eigalove_JOKER
常にハラハラさせる恐怖と、効果音を駆使したお化け屋敷のような驚きが見事にマッチしており最高の映画体験ができた。 現実的な入りであるのにいつの間にか異様な世界に足を踏み入れてしまうような感覚がする映画。 めちゃめちゃ面白いですよ!
『ゲット・アウト』 この映画は今まで観たホラー映画で最も新しい映画です!ホラーの成分と社会的な成分とコメディの成分を絶妙なバランスで配合させており、全く新しい恐怖の形を見せられたなぁと感動しました!
ゲット・アウトの試写を観てきました。やばい。これは最高に面白い。始終不気味なムードが観ている人をぞくぞくさせる。結末も最高。そして主人公の友達が本当におもしろい。もうすぐ公開ですのでグロ耐性ある人は是非観てくれ!
清水一哉 Kazuya Shimizu@Shimichin
『ゲット・アウト』@試写会。スリラー系なので、常に何かが起こる!と心構え持ち、常にあらゆる方向にアンテナを張り!主役クリスの友達の様に慎重な推理(笑)をしながら観進めましたが、その上を行く驚愕の展開&監督の衝(笑)撃のセンスに脱帽。
『ゲット・アウト』試写観賞。序盤、驚きで身体が飛び上がる。違和感たっぷりの笑顔や態度を見ていたら『トワイライトゾーン 超次元の体験』「こどもの世界」を思い出した。真相を知りたくてウズウズ、あっという間の104分間でした。
『ゲット・アウト』 この作品はですね、クレイジーです。みんな狂ってます。笑笑 「怖い」と言うか「奇妙」なお話だと思いました。😅
『ゲット・アウト』物語が進むにつれ、怖い、逃げたい、どうにかこの状況から脱したい。そんな気持ちで仕方なくなる。こんなに追い詰められるのに目が離せない映画は久しぶりで、肘掛けを爪でむしりそうになった。(観ればどういうことかわかります)
で~すけ@ストレンジャー・シングス2@dai_1976
『ゲット・アウト』試写会終了。ひたすら不穏なムードが漂う前半から、ことの真相が明確になってからの後半の怒涛の展開がもうねえ…。自分が容易に想像出来る範囲ではなかったですわ。恐怖も笑いのつるべ打ち。俺はメチャクチャ楽しめましたよ。
サチコロネ@sachikorone
「ゲット・アウト」(試写)面白かった!!
サチコロネ@sachikorone
『ゲット・アウト』サプライズスリラーというだけあって、予想外の場面で体がビクッとしてしまうこと3回(隣の人に絶対ばれていたと思う)。面白くあっという間の104分でした。表層に浮かぶものだけでは判断できない謎の空気感が恐怖倍増させます
もっと見る

こんな映画が好きな人にオススメ
心拍数限界!恐怖のサプライズ・スリラー

ドント・ブリーズ
サム・ライミ製作、リメイク版「死霊のはらわた」のフェデ・アルバレス監督による、全米でスマッシュヒットを記録したショッキングスリラー。強盗を企てた若者3人が、裕福な盲目の老人の家に押し入ったことか...
イット・フォローズ
捕まった者に死が訪れる謎の存在=「それ」に付け狙われた女性の恐怖を描いたホラー。低予算ながら斬新なアイデアでクエンティン・タランティーノから称賛され、全米で話題を呼んだ。ある男と一夜を共にした1...
ヴィジット
「シックス・センス」「サイン」のM・ナイト・シャマラン監督が、「パラノーマル・アクティビティ」「インシディアス」といった人気ホラー作品を手がけるプロデューサーのジェイソン・ブラムと初タッグを組ん...

じわじわ来る“恐怖”!あっと驚く“結末”!!
この映画、何かがおかしい・・・

Introduction

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家へ招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで気が滅入ってしまう。そんななか、どこか古風な黒人の若者を発見し、思わず携帯で撮影すると、フラッシュが焚かれた瞬間、彼は鼻から血を流しながら急に豹変し、「出ていけ!」と襲い掛かってくる。“何かがおかしい”と感じたクリスは、ローズと一緒に実家から出ようするが・・・。

製作を手掛けたのは、『インシディアス』『ザ・ギフト』『ヴィジット』のジェイソン・ブラム。また、監督・脚本を務めたのは、アメリカのお笑いコンビ“キー&ピール”のジョーダン・ピール。世界的ヒットメーカーと大人気コメディアンが異色のタッグを組み、じわじわ来る“恐怖”とあっと驚く“結末”が待ち受ける、今まで誰も観たことないオリジナリティ溢れる本作を作り上げた。低予算ながらも全米初登場でNO.1大ヒットを記録し、監督デビュー作にも関わらず米映画レビューサイトで99%大絶賛された、映画の常識を覆すサプライズ・スリラーが遂に日本に上陸する。
【原題】Get Out
【製作】ジェイソン・ブラム
【監督/脚本】ジョーダン・ピール
【出演】ダニエル・カルーヤ、アリソン・ウィリアムズ、ブラッドリー・ウィットフォード、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、キャサリン・キーナー
【制作年】2017年
【制作国】アメリカ
【上映時間】104分
【配給】東宝東和
10/27(金)
TOHOシネマズ シャンテ他、全国ロードショー
coco 映画レビュアー
624ken
2985movies / tweets
advertisement

follow us