frodopyon

さんのマイページ
frodopyon
つぶやいた映画
1,888 本
総ツイート
4,019 件
マイページ閲覧数
101,792 view
ウォッチしている
98 人
ウォッチされている
55 人
2016年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
スターされたスターした
frodopyonさんにスターした人(70人

MiuraYoh

youpon0gou

1224Lowtech

GD_momoco

ichiwheat

hinamyon

tsururuto

624ken

zyagaimotbti

_tsu_baki

abeq999

puffcafe

akafundosi

manatu14

besi_sake

koba84Q

mangababa58

yes_exclamation

trans_american

Pooh_kuru_san

Hanashi_Sagashi

kiruroi0321

atsucurry

GEKIEKI

mokomoko37

Yuji_SeP

eminokatamari

Raggedtiger_Mmy

uruoh

Yasui_Bun

onakapekopan12

esuaina

ssataka

▼ もっと他のユーザーを見る
  • 空飛ぶタイヤ
    <空飛ぶタイヤ>中小企業の社長の奮闘を描いた内容だけど、作品自体はキャストの豪華さなど、いかにも大企業が作った作品だな-、と。ディーン・フジオカと高橋一生って雰囲気が似ているような気がする。冷静で頭が良さそうで洗練されていて。
    いいね

    良い
  • ワンダー 君は太陽
    <ワンダー 君は太陽>最初はオギー、次はビアと人物紹介が続いていき、二重奏が三重奏になるようにストーリーに厚みが出てくるv ま、ちょっと優等生ばかりで現実離れしているけど(^^) パパ(O.ウィルソン)が大人ぶらなくてチャーミング♪
    いいね

    良い
  • 犬ヶ島
    <犬ヶ島(6)>回数を重ねるほど楽しくなる作品♪ 日本酒の名前で『野良猫』と『忠犬』発見。600円弱の寿司はラーメンが40円だと考えると超高級ってこと。人間とペットの似た者同士感が微笑ましい。犬の写真を飾っている各住居の温かみ。
    いいね

    良い
  • 30年後の同窓会
    <30年後の同窓会>「犬ヶ島」でチーフの声を担当してたブライアン・クランストンが、犬の遠吠えを実演して和太鼓のように手でリズムを取ってた♪ 声は甲高くて早口だけど、粗雑で反抗的で、実は気遣いの人という部分は、チーフに似てたかも^^ 
    いいね

    良い
  • 羊と鋼の森
    <羊と鋼の森>ピアノの音が好きな人は、是非映画館で、という作品。繊細な音を映像でも魅せてくれる。目指す音を憧れる文体に例える会話が良かったなー。上白石姉妹が姉妹役で共演。背の高さや個性の違いでダコダ&エル・ファニング姉妹を思い出す。
    いいね

    良い
  • ダリダ あまい囁き
    <ダリダ あまい囁き>美貌と才能とイイ男達との出会い。なのにタイミングの悪さ(プロポース場面の鏡の使い方、面白い)で歯車が狂い、三流の脚本家さえ躊躇する不幸続きの人生。"ヨランダ"は"ダリダ"にならなければ幸せになれたのかも…。
    いいね

    良い
  • 万引き家族
    <万引き家族(2)>『血の繋がった家族が本物の家族』という幻影から、その繋がりを持たない者も持つ者も逃れられずにいる。パチンコ屋や月命日の場面で、樹木希林がさらっと演じる『がめつさ』に、心がすっと寒くなる。それぞれが持つ裏の顏…。
    いいね

    良い
  • ビューティフル・デイ
    <ビューティフル・デイ>原題You Were Never Really Hereから、自分は途中からジョーの妄想を観ていただけなのかな?と思い付く。最も大切な人を亡くしたのは事実で、少女は大切な人のもう1つの姿。・・・いやいや^^;
    いいね

    良い
  • レディ・バード
    <レディ・バード(2)>観た人がレディ・バードの母親に好意を持ってくれたら、この作品のメインテーマは伝わったということなんだろうな^^ カイル(ティモシー・シャラメ)が見た目完璧で、言動不可解で、内面カラッポで、色々な意味で凄いv
    いいね

    良い
  • レディ・バード
    <レディ・バード>シアーシャ・ローナンの相手役がルーカス・ヘッジズとティモシー・シャラメ(豪華!)で、それぞれとの関係が拗れてからの決着の付け方が最高v 愛着を感じさせるサクラメントの風景、台詞より映像で表現する軽快な編集も好み♪
    いいね

    良い
  • スリー・ビルボード
    <スリー・ビルボード>強烈な個性の人々の予想外の行動が楽しい~(話は重いです^^;)。特に、主人公の元夫の現パートナー19歳の『空気を読まない天真爛漫さ』は、ある意味最強かも。演じてるサマラ・ウィービング、華があっていいね^^
    いいね

    良い
  • デッドプール2
    <デッドプール2>サノスが顎を整形して登場(違)。アベンジャーズネタも盛り沢山で、今度IWを観たらコメディに思えそうな悪寒^^; おまけ映像の台詞は「ホビット」のパロディだと勝手に思うことにする。中盤、美青年の無駄遣いもあるよ~。
    いいね

    良い
  • シング・ストリート 未来へのうた
    <シング・ストリート 未来へのうた(11)>爆音映画祭鑑賞。港でMVロケする場面、カセットデッキから流れる音質のチープ感&バランスの悪さ(ボーカル小さいし)まで再現してる。ラフィーナがコナーからもらったテープを聴いている表情、好き♪
    いいね

    良い
  • 万引き家族
    <万引き家族>ウチの常識は世間の非常識。うん、よくある^^; 本物の心の絆は信頼から生まれる。信頼は容易く裏切られる。そんな相反する想いを抱きつつ、ただその瞬間の想いだけは紛れもなく真実。そんな瞬間の積み重ねが優しくて、愛しくて。
    いいね

    良い
  • 少年は残酷な弓を射る
    <少年は残酷な弓を射る>赤い色が持つ威圧感が凄い。原題のWEを少年の親達と捉えると会話出来ない2人が怪物を育て上げたと解釈可能か。母親が部屋から見つけ出したCD-ROMが少年を象徴しているようで面白い。タイトルと中身、どちらが本音なのか。
    いいね

    良い
  • ゲティ家の身代金
    <ゲティ家の身代金>脚色はされていても実話!? 価値観ってのは千差万別だなと。『金を儲ける』のと『金持ちでいる』ことは根本的に違うということが、ゲティ氏の行動を見ていてよく分かりました!そして余程人間に裏切られたんでしょうね、とも。
    いいね

    良い
  • 孤狼の血
    <孤狼の血>孤狼が極道刑事、若手刑事はコオオカミ(仔狼)って感じ。いかにもなヤクザ映画。やっぱり、こーいうの苦手だわと実感。色々、えげつない。描写がいちいち生臭い。読めない固有名詞たくさん^^; 無精ひげはベビーフェイスの強い味方。
    いいね

    良い
  • ジオストーム
    <ジオストーム>『人工衛星で異常気象が頻発する地球全体の気象をコントロール』という設定自体が夢物語なので、何でもアリな気分で観ることが出来て楽しかった。宇宙にはやっぱり兄弟が似合うなぁ♪ と言いつつ、全然兄弟には見えなかったけど^^
    いいね

    良い
  • アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル
    <アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル>かなり事実を正確に制限しているらしいが、よく出来たブラック・コメディとしか思えない素晴らしいストーリー展開。ある意味、アンコンシャス・バイアスの被害者なのかな、トーニャは。印象操作、怖い。
    いいね

    良い
  • 犬ヶ島
    <犬ヶ島(2)>犬語を字幕版は英語、吹替版は日本語に翻訳。ニュースが英語に翻訳される事と、オリジナルが日本語のキャストは両Ver.同じ。吹替トレイシーは留学生っぽい日本語を話してた。後、エンドクレジットが吹替Verに。なるほどねぇ。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...