幻想的

を含む「夜は短し歩けよ乙女」のつぶやき
「夜は短し歩けよ乙女」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
84%
  • 良い
    83
  • 普通
    14
  • 残念
    1
総ツイート数
11,764
ポジティブ指数91
公開日
2017/4/7
配給
東宝映像事業部
上映時間
93分
解説/あらすじ
「四畳半神話大系」「有頂天家族」などで知られる人気作家・森見登美彦の初期ベストセラー作品で、黒髪の乙女に思いを寄せる冴えない大学生の物語をユーモラスに描いた「夜は短し歩けよ乙女」をアニメーション...
(C)森見登美彦・KADOKAWA/ナカメの会
 
  • goldendawn_
    『夜は短し歩けよ乙女』(続き) 実は湯浅政明監督の作品は初めてなのだけど、なるほど、これは独特だ。賛否両論というより、好き嫌いが激しい、という感じかな。アニメらしい、でもどこか童話のような幻想的な雰囲気を持ってる作風は、この原作に見事にマッチしていて、それも愉しかった。
    いいね
  • saruma_yuto
    映画「夜は短し歩けよ乙女」観ました。 まずストーリー構成は原作とは 違いました。 しかし原作のあの不思議で愉快な 雰囲気と愛すべきキャラクターを 見ることが出来て非常に良かった。 演出力に全振りしたような 幻想的な映画でした。 まさしくオモチロイ!
    いいね
  • yudutarou
    『夜は短し歩けよ乙女』ヒロインが幻想的な京都の夜をずんずん歩く映像は独特の美術と動きのテンポ、演じる花澤さんが絶妙でずっと見てたい気持ち良さだしそれだけでもよかったぐらい。彼女の歩みが停滞する後半は少し退屈に感じたけど充分満足だった
    いいね