TOP >2005eaglesマイページ

2005eagles

さんのマイページ
2005eagles
つぶやいた映画
132 本
総ツイート
163 件
マイページ閲覧数
2,102 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

2005eaglesさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
132 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 楽園(2019)
    サスペリア(2018)
    インクレディブル・ファミリー
    リメンバー・ミー(2018)
    マンガ肉と僕
    キャロル
    不屈の男 アンブロークン
  • ザ・ウォーク
    ボクソール★ライドショー〜恐怖の廃校脱出!!〜
    最愛の子
    白鯨との闘い
    殺されたミンジュ
    知らない、ふたり
    人生の約束
  • ブリッジ・オブ・スパイ
    友だちのパパが好き
    ベテラン
    ハッピーアワー
    007 スペクター
    グリーン・インフェルノ
    ガールズ&パンツァー 劇場版
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 楽園(2019)
      試写含めて最近観た日本映画がいちいち今年ベスト級で、脳と心が追いつかない…。 アイネクライネナハトムジーク。宮本から君へ。蜜蜂と遠雷。楽園。ラストレター。 どんだけ人の心を鷲掴みにして揺さぶってくんだよ。握力強すぎ。
      いいね
    • サスペリア(2018)
      サスペリア 今まで劇場で何百本と映画を観てきたが、その中でもトップクラスでヤバい映画だった…。いやー、凄かった。。 こういう映画が家族連れで賑わうシネコンの大画面で上映されることは大歓迎! 決してひとりで見ないでくださいって… https://t.co/YmJj9ikper
      いいね
    • サスペリア(2018)
      サスペリア 今まで劇場で何百本と映画を観てきたが、その中でもトップクラスでヤバい映画だった…。いやー、凄かった。。 こういう映画がどんどん増えることは大歓迎! https://t.co/6JBOU5ubzq
      いいね
    • インクレディブル・ファミリー
      「インクレディブル・ファミリー」期待通りめちゃめちゃ面白かったけど、エンドロールで声の出演:高梨雄平(東北楽天ゴールデンイーグルス)って書いてあって、ファッ!?ってなった。
      いいね
    • リメンバー・ミー(2018)
      リメンバー・ミー。 今までピクサー作品は全部観ているけど、これはピクサー史上最高傑作でしょ…。 素晴らしすぎて、ぐうの音も出ない。。
      いいね
    • キャロル
      「キャロル」"自分のために何をすべきなのかは分からないが、娘のために何をすべきなのかは分かる"と言い放つケイト・ブランシェットの強さと弱さのコントラスト。ルーニー・マーラは若いからまだ救いがあるが、彼女が今までに、そしてこれからも背負っていかなければいけないものの重さと大きさよ。
      いいね
    • キャロル
      「キャロル」自分の居場所を終始探し求め不安げな目をするルーニー・マーラ。初めて恋する乙女という意味ではアプローチは真逆ではあるが、こちらも傑作「ドラゴンタトゥーの女」に通ずるところがある。オープニングとエンディングでシンクロする車の窓から外を空げに見る姿に号泣。
      いいね
    • キャロル
      「キャロル」傑作。一見ハッピーエンドでもおかしくない場面なのだが、永遠に抜け出せない悲劇的なラスト。そこで見せるケイト・ブランシェットとルーニー・マーラの喜びと照れと諦めと覚悟が入り混じった表情。なんと切なく、なんと哀しき、恋と愛の物語なのか。
      いいね
    • 殺されたミンジュ
      「殺されたミンジュ」傑作。復讐の物語になると赦しや忍耐という言葉で丸く収めがちだけど、その安易な決着は思考を停止し、目の前の事象から目を逸らしているだけではないか。だが一方で、それに激怒すると疲弊していく。じゃあこの世をどう生きればいいのか。そんなキムギドクの魂の叫びが聞こえる。
      いいね
    • 不屈の男 アンブロークン
      「不屈の男 アンブロークン」回想シーンへの切り替えのぎこちなさがやや気になったが、それでもアンジェリーナジョリーの物語の舵取りも力強い。そしてイーストウッドの影響をモロに受けてることがわかるトーンと画作り。キャサリンビグロー然り、女性監督のほうが男らしい力作を撮っているのが面白い
      いいね
    • 不屈の男 アンブロークン
      「不屈の男 アンブロークン」鑑賞。一難去ってまた一難というサバイバル映画ではあるが、主人公と日本人将校が対峙するあの場面に山場を持ってきたコーエン兄弟の脚本が秀逸。木材ひとつ持ち上げる主人公の不屈の精神、そんな男を直視できない日本人将校。何故か「桐島」の屋上シーンを思い出した。
      いいね
    • 最愛の子
      「最愛の子」子供が誘拐されるまでの冒頭15分で心を鷲掴み。サスペンスフルに描きつつ、子供と両親の状況や暮らしっぷりを一切無駄なく描写する手際のよさ。そして細かいカット割りからの、息子を当てもなく探し回る父親の混乱を表すかのようにグルグル回り込む手持ちカメラ。以降ずっと泣きっぱなし
      いいね
    • 最愛の子
      「最愛の子」ひとつひとつのショットが実に映画的。登場人物が泣き崩れる様を引きで収める演出が続くが、各々の絶望が手に取るように分かる細かな演出の積み重ねを丁寧にしているため気にならず。一方、追う・追われる人間たちがひたすら走る場面の滑稽さ。そのバランス感覚が実に見事。
      いいね
    • 最愛の子
      「最愛の子」傑作。息子を誘拐された両親、同じ境遇の親たち、さらに誘拐した側の家族やその弁護士まで視点を的確に切り替えることで「正しさ」を一方通行的に押し付けない点が見事。また各々の視点から中国の社会・行政・司法へと問題点を拡げていき、ラストにはフィクションと現実をも繋いでみせる。
      いいね
    • ザ・ウォーク
      「ザ・ウォーク」エンターテイメントとしても一級品。恋人でも仲間でもなく「共犯関係」を築く人々のチーム感とまるでスパイ映画のような侵入・準備描写。もちろん見応えたっぷりの綱渡り場面も見事だが、その前段階ですでに手に汗握る丁寧な描写を積み重ねるロン・ハワードの手腕に改めて脱帽。
      いいね
    • ザ・ウォーク
      「ザ・ウォーク」傑作。9.11以降それを題材に強いアメリカを描いた映画は数多くあったが、これだけワールドトレードセンターに敬意と哀悼を表した映画があっただろうか。主人公のモノローグで過去を回想する(そこではタワーは建っている)作りも相まって、もうあの時間は取り戻せない寂寥感が漂う
      いいね
    • 白鯨との闘い
      「白鯨との闘い」物語の構造として連想するのは「ライフ・オブ・パイ」。事実は小説より奇なりとよく言うが、事実があまりにも壮絶すぎた場合、語り手や書き手はどのように作品化するべきなのか。ロン・ハワードとアン・リーが同じ海洋もので「フィクション論」を描いたのはとても興味深い。
      いいね
    • 白鯨との闘い
      「白鯨との闘い」鑑賞。海洋サバイバルアクションとして超一級品。海の主の重量感と神秘性はもちろん、前作「ラッシュ」を彷彿とさせる船長と一等航海士の関係性を手際よく見せるロン・ハワードの手腕は見事。ベテランの手にかかれば、ただ単に帆を立てるシーンでもこれだけスリリングになるのだ。
      いいね
    • ボクソール★ライドショー〜恐怖の廃校脱出!!〜
      「ボクソール★ライドショー~恐怖の廃校脱出!~」ただし白石晃士ファンとしては、あの霊体ミミズの大群の中にダイブする疑似体験をさせてもらっただけでも満足。基本は白石晃士自身がカメラを回しているが、一度怪物にカメラを奪われるなど視点移動の細やかな切り替わりが楽しかったりする。
      いいね
    • 知らない、ふたり
      「知らない、ふたり」本作の注目すべきポイントは所謂韓流イケメン俳優の新たな使い方を発明した点。カタコトでの告白や拙い字で綴ったラブレターなど萌えポイントは押さえつつ、男というキャラクターの中から純度の高い感情だけを無理なく抽出し、それだけで映画の世界観を成り立たせた手腕は見事。
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      624ken
      4347movies / tweets

      follow us