TOP >21hkrtkdマイページ

21hkrtkd

さんのマイページ
21hkrtkd
つぶやいた映画
190 本
総ツイート
428 件
マイページ閲覧数
5,006 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
2 人
2015年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
190 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 蜜蜂と遠雷
    パリに見出されたピアニスト
    レディ・マエストロ
    記憶にございません!
    トールキン 旅のはじまり
    COLD WAR あの歌、2つの心
    誰もがそれを知っている
  • ビューティフル・ボーイ
    バイス
    ビリーブ 未来への大逆転
    ふたりの女王 メアリーとエリザベス
    グリーンブック
    女王陛下のお気に入り
    メリー・ポピンズ リターンズ
  • 七つの会議
    ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー
    喜望峰の風に乗せて
    私は、マリア・カラス
    メアリーの総て
    ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
    ボヘミアン・ラプソディ
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 蜜蜂と遠雷
      『蜜蜂と遠雷』鑑賞。原作本のイメージを損なうことなく、長編を2時間の映画によくまとめていました。プロコフィエフやバルトークのピアノ協奏曲気に入りました!馬は何を暗示してるのかな?
      いいね

      良い
    • パリに見出されたピアニスト
      映画「パリに見出されたピアニスト」の主役、ジュール・ベンシェトリさんのインタビュー記事。先週の読売新聞。 https://t.co/oNOpmdvYNG
      いいね
    • パリに見出されたピアニスト
      『パリに見出されたピアニスト』鑑賞。色々ツッコミどころはあるが、それでも紆余曲折を経て、クライマックスの主人公の青年マチューが魂を込めたラフマニノフピアノ協奏曲第2番の演奏場面は心動かされる。なぜピアノを弾くのか、の答えがそこにある
      いいね

      良い
    • パリに見出されたピアニスト
      映画「パリに見出されたピアニスト」を観ます。
      いいね
    • レディ・マエストロ
      『レディ・マエストロ』女性・国籍による差別、貧富の差、セクハラ、パワハラ…LGBTも。今でも多かれ少なかれ世界中で起きている事が描かれているので、昔話と思えず、強く立ち向かうアントニアにエールを贈りたくなる。お涙頂戴でないのも良い。
      いいね

      良い
    • レディ・マエストロ
      『レディ・マエストロ』鑑賞。女性指揮者の草分けアントニア・ブリコの奮闘の半生を描く。女性は結婚して子供を産み育てるのが当然という時代のニューヨークでありとあらゆる困難を乗り越えてたくましく指揮者としても生きていく様には勇気づけられる
      いいね

      良い
    • 記憶にございません!
      『記憶にございません!』鑑賞。記憶喪失のダメ総理が生まれ変わっていくコメディで、政治の世界の話だが政治ドラマではないので誰でも笑って観られる。中井貴一、小池栄子、ディーン・フジオカのファンは必見。あり得ない話だけどほっこりする。
      いいね

      普通
    • トールキン 旅のはじまり
      『トールキン 旅のはじまり』鑑賞。トールキンの少年時代からホビットの冒険を書き始めるまで。言語に対する強い興味、WW Iに従軍時の悲惨な経験、高校から大学の3人の友人との絆、最愛の女性とのロマンスなどが指輪物語の創作へと繋がる。
      いいね

      良い
    • COLD WAR あの歌、2つの心
      『COLD WAR あの歌、2つの心』鑑賞。冷戦下のポーランドで作られた舞踊団で出会った男女が愛し合い離れ離れになり再会を繰り返す物語が白黒の映像と音楽で綴られる。歌声の美しさと二人の愛にいつも流れている切なさ悲しみが心に残る。
      いいね

      良い
    • 誰もがそれを知っている
      『誰もがそれを知っている』鑑賞。ハビエル・バルデムとペネロペ・クルスの夫婦共演で、誘拐事件のミステリということで観たかった作品。田舎の村の結婚式の最中起きた事件、大家族の誰が犯人なのか、愛憎とカネと過去が絡んで…真犯人は?
      いいね

      良い
    • バイス
      『バイス』3.11の同時多発テロでのチェイニー副大統領を見せてから、彼がいかにしてこのような副大統領になったかという構成はうまい。妻のリンさんがいなかったら、彼はどうなっていたことか。イラク戦争に突入する裏にはゾッとする。
      いいね

      良い
    • ビリーブ 未来への大逆転
      『ビリーブ 未来への大逆転』ルース・ギンズバーグが男女差別の法律は合衆国憲法違反である事を裁判で主張し認められるまでを描く。彼女無しでは現在の女性の社会における有り様は無かった!是非若い方々に見てもらいたい。
      いいね

      良い
    • ふたりの女王 メアリーとエリザベス
      『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』最初に結末を見せるのは歴史として周知の事実だからか。そこに行き着くまでを主にメアリーの視点から描く。時代劇だが、女性を蔑視する男性達という裏のテーマや、裏切りや嫉妬、複雑な愛と憎悪が興味深い。
      いいね

      良い
    • ビューティフル・ボーイ
      映画『 ビューティフル・ボーイ 』|2019年4月12日(金)全国ロードショー https://t.co/yutNCoXGp1 #ビューティフル・ボーイ
      いいね
    • グリーンブック
      『グリーンブック』数々のドン・シャーリーの演奏やカーラジオで流れているなど音楽もこの映画の楽しさ。かといって無理やり盛り上げるのではない。演出全体に言えるけど、観客の想像力や理解力を尊重していて、だからもう一度観たいと思うわけです。
      いいね

      良い
    • グリーンブック
      『グリーンブック』続き。ヴィゴの固そうな見事なお腹と豪快な食べっぷり、イタリア訛りなどに役作りの大変さを想像。本当に毎回徹底した役になりきりぶりが完璧!アカデミー賞作品賞の甲斐あって最も大きいスクリーンでヴィゴを観られて幸せ。
      いいね

      良い
    • グリーンブック
      『グリーンブック』当時のアメリカ南部の人種差別を見せつつ、黒人ピアニストと白人運転手のそれを超えて培われていく友情を描くロードムービー。翡翠色の美しい車と石、フライドチキンとカティサーク、ピアノの音色…もう一度観たくなる作品。
      いいね

      良い
    • 女王陛下のお気に入り
      『女王陛下のお気に入り』鑑賞。女優陣のぶつかり合いも激しく、ドロドロとした嫉妬や愛と憎しみ、駆け引きなど面白かった。痛々しく生々しい描写は苦手な人もいるだろう。意味不明な場面や演出もある。それでも怖いもの見たさ的な悪趣味が魅力。
      いいね

      良い
    • 七つの会議
      『七つの会議』鑑賞。半沢直樹や下町ロケットなどの流れをそのまま映画に。出演者も既視感あり過ぎで演出も似通っている。製作側の遊び心散見。観終わるとドーナツが食べたくなるのは間違いない。会社員の辛さ、組織の恐ろしさは伝わってくる。
      いいね

      普通
    • メリー・ポピンズ リターンズ
      『メリー・ポピンズ リターンズ』2D字幕版鑑賞。ミュージカル映画でかつアニメとの合成もあり、ダンス場面は舞台を見ているよう。夢のあるストーリーで確かにハッピーな作品。コリンが悪役は珍しい?何となくパディントンとかぶってる…。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....