TOP >370sanaマイページ

370sana

さんのマイページ
370sana
つぶやいた映画
148 本
総ツイート
169 件
マイページ閲覧数
2,736 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人
2017年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

370sanaさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
148 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 21世紀の資本
    世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ
    ジュディ 虹の彼方に
    ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像
    黒い司法 0%からの奇跡
    スキャンダル(2020)
    ミッドサマー
  • 1917 命をかけた伝令
    37セカンズ
    ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
    彼らは生きていた
    his
    ジョジョ・ラビット
    ラストレター
  • パラサイト 半地下の家族
    家族を想うとき
    【Netflix映画】マリッジ・ストーリー
    殺さない彼と死なない彼女
    T-34 レジェンド・オブ・ウォー
    ジョーカー
    帰ってきたムッソリーニ
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • プリデスティネーション
      『プリデスティネーション』。この映画はバーの会話で終わるのか?!と思いきや、怒涛の展開。そもそもこの話の発端はどこなのか…まさしく「卵が先か鶏が先か」。 最後に1本繋がって爽快感を得かけるも、いややっぱり「卵が先か鶏が先か」。
      いいね

      良い
    • トランス・ワールド
      Amazon primeで『トランス・ワールド』を観た。謎が明らかになるタイミングと過程がとても良いので、その後の展開にのめり込める。ほんと面白かったのだけど、なに話してもネタバレになる内容。観て良かったー!良作!!
      いいね

      良い
    • 恋は雨上がりのように
      友人のおすすめ『恋は雨上がりのように』をAmazon primeで観てみた。 大泉洋が「至極真っ当な45歳」なのがリアリティある。映画なら足を踏み外して欲しい気もするけど、多分大勢はこう振る舞うし、大泉洋演じる店長はとても優しくてなんだか泣ける。
      いいね

      良い
    • 21世紀の資本
      『21世紀の資本』。映画でわかるピケティ。経済学について無知な私でもよくわかる。1%の金持ちが秩序ある世の中を望むかどうかにかかってる、と理解したのだけれど、そんな世の中が来るのかな。21世紀は18世紀の超格差社会に戻る可能性の方が高いのではとぞっとした。
      いいね

      良い
    • 世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ
      『世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ』。公私ともにパートナーが言うように、彼の演説は広く様々な人の心に届く。私にも分かりやすいもの。土を耕し花を育て、学校をつくり家を建てる大統領。独房にいた時代がなければ浅ましい人間になっていたと。言葉の重みが違う。
      いいね

      良い
    • 新聞記者
      『新聞記者』。とにかく日本語の拙さが気になって話に入れない。シム・ウンギョンさんである必要あったかな。 現実にあったことを多く取り入れすぎて、どこまでがフィクションなのかがわからなくなってしまいそうで怖かった。洗脳されそうで。
      いいね

      残念
    • スキャンダル(2020)
      『スキャンダル(2020)』。女性の立場の低さに腹が立って腹が立ちまだ男性の壁は分厚いと悲しくなった。それでも圧倒的に良くなってるけど、このスピードじゃ私が死ぬ頃までにどこまで進んでくれるのやら。元の事件を知らないので完全に理解したとは言えないけれど、観て良かった。
      いいね

      普通
    • his
      『his』。絵空事でも綺麗事でもいいから、迅くん と渚と空ちゃんの3人で暮らして欲しかった…いや、この際フィクションなら空ちゃんの望む通り4人で暮らすラストとかでも良かった。ってそれはさすがにお伽話か。 だからこそ、最後の4人のシーンは暖かい気持ちになったなあ。
      いいね

      普通
    • 【Netflix映画】マリッジ・ストーリー
      『【Netflix映画】マリッジ・ストーリー』。別れた夫のほどけた靴紐を結んじゃうとか、彼が決められないランチを代わりに頼むとか、わかりすぎるほどわかる。好悪とは別の次元で近い存在になってるからね… 妻が自分の意思を持ちたい気持ちも、夫が理解できない顔するのもわかるし、切ない。
      いいね

      良い
    • ミッドサマー
      『ミッドサマー』ホラーというより気味の悪い映画。いつも流れてる半音ずれる歌声と、萌える緑や花冠の美しさが薄気味悪さに拍車をかける。 主人公ダニーはズルズル続く関係と決別し、失った家族の代わりに新しい「家族」を手に入れたわけだけど…洗脳されているうちは幸せなのかもね。
      いいね

      良い
    • ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
      『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』。コミカルなミステリー。遺書が公開されてからの展開はわくわくしながら観ちゃった。犯人の目星はつくんだけど、マルタちゃんに感情移入しながら観ると手に汗握るんだよね。 ダニエル・クレイグがちょっとダサくてかわいいのも見どころ!
      いいね

      普通
    • ジョーカー
      『ジョーカー』。これはすごい。アメコミの敷居の高さやシリーズものかと敬遠していて損した。持たざるものの反乱、近い将来絶対起きる。ここ最近面白いと思う映画は皆このテーマ。それだけ切実。
      いいね

      良い
    • ジュディ 虹の彼方に
      『ジュディ 虹の彼方に』。自分の中の空洞を埋められなくてもがいているのを見るのは心が絞られるよう。 映画自体は淡々と進むので多少退屈感もあるのだけど…最後のショーが圧巻!気づいたら泣いてしまっていたよ。自分で歌い切ったレネー・ゼルウィガー半端ない。
      いいね

      普通
    • 海街diary
      『海街diary』。四姉妹それぞれが輝いていて、何でもないシーンで泣けてきた。広瀬すずと桜のシーンでもう一度青春を味わいたくなった。
      いいね

      普通
    • ラストレター
      『ラストレター』。あまりにキモい福山雅治(褒め言葉!)に辟易しかけたが、豊川悦司の一喝でやっとスッキリした。とはいえこのキモさが岩井俊二な気もする。 コメディエンヌ松たか子はさすがの演技。ちょっと出てきた中山美穂は場末感が良かった。『ラブレター』思い出したよ。役者陣は全員秀逸!
      いいね

      普通
    • ジョジョ・ラビット
      『ジョジョ・ラビット』。お母さんの強さと格好良さ、キャプテンKの優しさ、呑気で愛らしいヨーキーに大泣きしてしまった。 少年らしく、理由なくナチに憧れユダヤ人への偏見を信じていたジョジョの瞳が、破壊されていく街を見て変わっていくのが切ない。
      いいね

      良い
    • アス
      『アス』。『ゲット・アウト』の方がシンプルでわかりやすくて好きだけど、この監督独特の怖さがたまらないことには変わりない。ミステリーゾーン的な怖さ。 小ネタがよくわからなかったので、観終わった後の答え合わせが楽しい。
      いいね

      普通
    • セブン・シスターズ
      『セブン・シスターズ』。「子供は1人まで(残りは冷凍処置)」という未来社会で産まれた7つ子は、生き延びるため1人の人生を各曜日でシェアして生きる。でもある日Mondayが帰宅しない。翌日Tuesdayも帰宅せず…。 アイディア勝負のSFだけど、最後まで見応えある映画だった!
      いいね

      良い
    • 家族を想うとき
      『家族を想うとき』。長時間労働の辛さは多少なりとも切にわかる。とにかく休んで!と思うけど生活保護がない国だから…と私も八方塞がりの気持ちで一杯になった。 日本もこれ以上社会福祉を切り詰めないで、自己責任なんて言わないで、と真に思う。
      いいね

      良い
    • パラサイト 半地下の家族
      『パラサイト 半地下の家族』。前評判通り面白い。特にラストが! 「金は心のシワを伸ばすアイロン」という言葉には悔しいけれど納得してしまう。お金は心の余裕。お金じゃないところに人生の良さがある!と断言したいけれど、お金さえあればある程度何でもできて悩みも解消するんだよね…
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....