TOP >4410_Kupaマイページ

4410_Kupa

さんのマイページ
4410_Kupa
つぶやいた映画
1,232 本
総ツイート
1,741 件
マイページ閲覧数
11,179 view
ウォッチしている
12 人
ウォッチされている
10 人
2018年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
1232 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり
    リチャード・ジュエル
    記憶屋 あなたを忘れない
    音楽
    巨蟲列島
    カイジ ファイナルゲーム
    パラサイト 半地下の家族
  • シライサン
    マニカルニカ ジャーンシーの女王
    ロバマン
    デビルズ・ソナタ
    ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋
    エクストリーム・ジョブ
    さよならテレビ
  • 月夜釜合戦
    劇場版 新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X
    燃えよスーリヤ!!
    仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション
    サイゴン・クチュール
    テッド・バンディ
    KILLERS キラーズ ~10人の殺し屋たち~
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 金の亡者たち
      『金の亡者たち』 韓国の証券街ヨイドを舞台にした金融サスペンス。不正に利益を得る仕組みを理解するには最低限の証券知識が必要だが、分かりやすく描く工夫が随所に見られる。欲望に取り憑かれた人間模様だけでもエンタメとして十分楽しめる。
      いいね

      良い
    • シライサン
      『シライサン』 予備知識は飯豊まりえが主演というだけで観たら、出来のよさに驚いたJホラーの快作。脚本・監督の安達寛高って誰? と思ったら、作家の乙一だと知り納得。呪いのロジックが明解かつ理不尽でよく出来ている。
      いいね

      良い
    • リチャード・ジュエル
      『リチャード・ジュエル』 爆破テロの被害を最小限に抑えた善意の警備員が、一転して被疑者にされる恐怖。最後まで毅然と戦い抜いた主人公と弁護士に尊敬の念を抱く実話ベースの社会派ドラマ。ただ事件を煽ったメディアの責任追及は今一つの印象。
      いいね

      良い
    • 記憶屋 あなたを忘れない
      『記憶屋 あなたを忘れない』 芳根京子の広島弁が、ただただカワイイ。 それ以外は正直褒めるところがない、日本映画のダメさを煮詰めたような作品。現時点で「カイジ ファイナルゲーム」を下回って、自分的には今年ダントツのワースト。
      いいね

      残念
    • イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり
      『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』 19世紀の英国を舞台に、気球による高度1万m越えの大飛行を成し遂げた男女の実話に基づくドラマ。当時の人にとって高度7000m以上は未知の領域で、命懸けで挑む2人の姿が胸を打つ。
      いいね

      良い
    • ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋
      『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』 政治の世界を舞台にしたS・セロンとS・ローゲン主演の格差カップルのラブコメ。国務長官(外務大臣)の仕事の大半が環境問題とはやや浮世離れしてるが、政治家をカッコよく描くのに成功している。
      いいね

      良い
    • 巨蟲列島
      『巨蟲列島』 レイティングは全年齢対象だけど、結構エログロがキツめでよくPG12にならなかったなぁと。 主人公の昆虫オタク少女の知識でピンチを潜り抜ける展開が続くが、色々とツッコミどころ多め。果たして続編はあるのだろうか?
      いいね

      残念
    • ロバマン
      『ロバマン』 吉田照美がロバの格好のスーパーヒーローになるという時点で出オチ感がハンパないが、実際に観ても予想通り良くも悪くも安定の河崎実クォリティーで脱力して楽しんだ。サンモニでお馴染み唐橋ユミの出演が個人的にはお年玉だった。
      いいね

      良い
    • マニカルニカ ジャーンシーの女王
      『マニカルニカ ジャーンシーの女王』 19世紀に英国の植民地支配に抵抗し「インドのジャンヌ・ダルク」と称されるラクシュミー・バーミーを描いた歴史スペクタル。女性版バーフバリとも言える波瀾万丈の物語が実話ベースなのだから驚く。
      いいね

      良い
    • ネバー・ダイ 決意の弾丸
      『ネバー・ダイ 決意の弾丸』 PTSDに苦しむ退役軍人のヴァンダムが、ギャングから足抜けしようとして追われる少年を助ける話。主演はヴァンダムだが、逃げる少年兄弟やギャングのボスにも視点を向けた、クライムノワール群像劇の佳作。
      いいね

      良い
    • カイジ ファイナルゲーム
      『カイジ ファイナルゲーム』 ギャンブルのゲーム性が今ひとつなのに目をつぶるにしても、政治や経済の描写がツッコミどころだらけでポリティカルサスペンスの緊張のカケラもないのはいただけない。ただの陰謀論で社会風刺のつもりは噴飯もの。
      いいね

      残念
    • サイゴン・クチュール
      『サイゴン・クチュール』 9代続くアオサイの老舗に育った娘が、気がつけば60年代から現代にタイムリープ。実家のアオサイ屋はすっかり廃れてしまっていたが、60年代の感性で現代のベトナムファッション界に旋風を起こすお話。
      いいね

      良い
    • 音楽
      『音楽』 音楽映画数ある中でタイトルでズバリ「音楽」とは、またデカく出たなぁと思わないでもなかったが観て納得! 音を鳴らしたいという衝動をここまでストレートに描くとは。初めてダブルベースとドラムでセッションするシーンが特に好き。
      いいね

      良い
    • 燃えよスーリヤ!!
      『燃えよスーリヤ!!』 主人公スーリヤは少年時代、無痛覚症ゆえ痛みとは何かを知るために痛そうなアクション映画を見まくる。そして偶々見た片足の空手家が百人組手を完遂する映像に感動して空手マンになることを夢見る。 そう、スーリヤが学ぶ… https://t.co/jcXV1tJeUb
      いいね
    • 燃えよスーリヤ!!
      『燃えよスーリヤ!!』 おバカなノリの空手アクション映画を予想していたら、無痛覚症の少年が成長して、恋と社会の矛盾に悩むわりとシリアスな話でたじろぐ。「燃えよドラゴン」オマージュ成分も少ないので、この邦題はちょっとどうかと思う。
      いいね

      普通
    • パラサイト 半地下の家族
      『パラサイト 半地下の家族』 2020年が始まってまだ10日めだけど、年間ベストはもうこれで決まりという気がする。格差問題というテーマの現代性と、エグい話をコミカルにソフィスティケートして描く語り口の見事さで完成度がハンパない。
      いいね

      良い
    • デビルズ・ソナタ
      『デビルズ・ソナタ』 謎の死を遂げた作曲家にルトガー・ハウアー! 彼の未公開作をこうやって観ることが出来たのが何よりも嬉しい。彼の娘役でフレイヤ・ティングリー。これぞホラーヒロインと言うべき美しさ。 #未体験ゾーンの映画を体験
      いいね

      良い
    • カンフーリーグ
      『カンフーリーグ』 カンフー映画のヒーロー4人が時空を超えて集結するというアツすぎる設定への期待度と、ぐだぐだのラブコメ展開での落胆の落差が大きい。まぁチウ・マンチェクのウォン・フェイフォンが見られたので良しとしよう。
      いいね

      普通
    • さよならテレビ
      『さよならテレビ』 東海テレビの報道番組の裏側に密着したドキュメンタリー。報道番組の意義は「権力の監視です(キリッ)」と言いながら、視聴率に一喜一憂する制作現場が皮肉に映る。矛盾を一身に背負って矢面に立つMCの福島智之が不憫。
      いいね

      良い
    • 虐待の証明
      『虐待の証明』 虐待されて育った女性サンアと、現在進行形で虐待やネグレクトを受けている少女との物語。警察や児相は何処も当てにならず。少女の境遇や心情を誰よりも理解出来ているのに、どうにも出来ないサンアのジレンマが切なく胸を打つ。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....