TOP >Clumsiest_sickマイページ

Clumsiest_sick

さんのマイページ
Clumsiest_sick
つぶやいた映画
104 本
総ツイート
123 件
マイページ閲覧数
781 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

Clumsiest_sickさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
104 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 痛くない死に方
    大コメ騒動
    夕陽のあと
    五億円のじんせい
    チワワちゃん
    LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て
    プレイルーム
  • 体操しようよ
    ここは退屈迎えに来て
    止められるか、俺たちを
    日日是好日
    音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!
    ブレス しあわせの呼吸
    泣き虫しょったんの奇跡
  • きみの鳥はうたえる
    スティルライフオブメモリーズ
    菊とギロチン
    ブリグズビー・ベア
    友罪
    モリのいる場所
    四月の永い夢
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 痛くない死に方
      「痛くない死に方」(高橋伴明監督)鑑賞。 在宅医師の河田は、末期がん患者・井上を担当する。在宅医療を選択したのに苦しみ亡くなってしまう。在宅医の先輩である長野浩平に相談した彼は、思わぬ事実を突きつけられる。 自分の思ってた事が映像… https://t.co/m1Ss7nwAy8
      いいね
    • 大コメ騒動
      「大コメ騒動」(本木克英監督)鑑賞。 1918年、富山の海岸に暮らすおかか(女房)たちは、毎日上がるコメの価格に頭を悩ませていた。ある事故をきっかけに、我慢の限界を迎えたおかかたちがついに行動に出る。 物語は面白いんだけどなんかダイジェスト感があったり設定がわからなかったとこも。
      いいね
    • 夕陽のあと
      「夕陽のあと」(越川道夫監督)鑑賞。 1年前に島にやって来て食堂で働く茜。島の名産物・ブリの養殖業を夫とともに営む五月。五月は、里子・豊和との特別養子縁組申請を控えていた。 生みの親と育て親、どっちが偉いもない。大切なものはなんな… https://t.co/xEaSQBOtuk
      いいね
    • 五億円のじんせい
      「五億円のじんせい」(文晟豪監督)鑑賞。 高月望来は難病を患っていたが5億円もの善意の募金により手術は成功し、健康に成長していった。17歳の高校生になった望来を待っていたのは5億円にふさわしい人間という期待であった。 面白かったし… https://t.co/dHjGMvk0t6
      いいね
    • チワワちゃん
      「チワワちゃん」(二宮健監督)鑑賞。 あるグループで「チワワ」と呼ばれていた女性がバラバラ遺体で発見される。しかし、仲間たちが気づいたのはチワワの本名も境遇を誰も知らないということだった。 本名も知らずに毎日騒いで遊んでた日々、そ… https://t.co/p9JnypqX6R
      いいね
    • LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て
      「LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て」(宅間孝行監督)鑑賞。 警察官の間宮は勤務中にもかかわらずデリヘル嬢・麗華との情事にふける。妻で婦人警官の詩織が踏み込んできた。 ワンシチュエーションでの展開が凄い上に 最後は?っ… https://t.co/SzhOscQP3M
      いいね
    • 体操しようよ
      「体操しようよ」(菊池健雄監督)鑑賞。 定年退職後、娘から突然、家事全般を任されてしまう道太郎。ひょんなことから地元のラジオ体操に通うことになった。 描写が色々古い気がしたり展開が予想通りだったりもするけどそれはそれでありなのかな。 人間って時間持て余すと色々考えてしまうよね。
      いいね
    • 体操しようよ
      キネカ大森で映画「体操しようよ」観て帰ろうとしたらスタッフとして片桐はいりさんが働いてた。 あまりに普通に清掃しててびっくりした。
      いいね
    • 日日是好日
      「日日是好日」(大森立嗣監督)鑑賞。 大学生の典子はいとこの美智子に誘われるがまま茶道教室に通い出す。それから20数年にわたり茶道教室に通いお茶や人生における大事なことに気がついていく。 形から入って後から中身が入ってくる。奥深い… https://t.co/N1eNxwSLE8
      いいね
    • 止められるか、俺たちを
      「止められるか俺たちを」(白石和彌監督)鑑賞。 1969年、何者かになることを夢みて若松プロダクションの門を叩いた少女・吉積めぐみを通し若松孝二ら映画人たちが駆け抜けた時代や彼らの生き様を描く。 ピンク映画の鬼才。時代の葛藤やおお… https://t.co/dD0IUL7WdI
      いいね
    • ここは退屈迎えに来て
      「ここは退屈迎えに来て」(廣木隆一監督)鑑賞。 東京で就職したが10年で地元に帰ってきてた「私」は、タウン誌で記事を書いている。ある日、勢いで高校時代に憧れの存在だった椎名くんと会いに行くことに。 オムニバス風だけど繋がってる、不… https://t.co/9jZEM29QLt
      いいね
    • 音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!
      「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」(三木聡監督)鑑賞。 ロック歌手シンはスター街道を突き進んでいるかに見えたが、実は彼の歌声は「声帯ドービング」という掟破りの方法で作られたものだった。 物語が飛んでなん… https://t.co/nuBhCCiGWG
      いいね
    • ブレス しあわせの呼吸
      「ブレス しあわせの呼吸」(アンディ・サーキス)監督鑑賞。 祝福され結婚したロビンとダイアナ。しかし、ポリオに感染したロビンは、首から下が動かなくなり、人工呼吸器が必要となる。ダイアナは自宅で看病する決意をする。 「苦労を楽しむ」というのはやっぱり大切。そして最後に鳥肌がたった。
      いいね
    • きみの鳥はうたえる
      「きみの鳥はうたえる」(三宅唱監督)鑑賞。 書店で働く“僕”と、一緒に暮らす失業中の静雄、“僕”の同僚である佐知子の3人は、夜通し酒を飲み、踊り、笑い合う。微妙なバランスの中で成り立つ日々は、いつも終わりの予感とともにあった。 若… https://t.co/FGxpssT67Q
      いいね
    • 泣き虫しょったんの奇跡
      「泣き虫しょったんの奇跡」(豊田利晃監督)鑑賞。 「しょったん」こと瀬川晶司は、プロ棋士を目指し奨励会に入会したが「26歳までに四段昇格できなければ退会」という規定に負け退会。しかし再びプロ棋士を目指す。 物語の流れはいいけど、し… https://t.co/y8n4LhM8hX
      いいね
    • プレイルーム
      ナリオ監督作品の短編映画『などわ』を含むオムニバス映画『PlayRoom』のオフィシャルHPが公開されました。 12月8日からシネマート新宿にてレイトショー公開。 https://t.co/cRdH6il2Is 俺はプロデューサ… https://t.co/8hsKq9fAQg
      いいね
    • スティルライフオブメモリーズ
      「スティルライフオブメモリーズ」(矢崎仁司監督)鑑賞。 怜は、偶然訪れた東京のギャラリーで写真家・春馬の写真に心を奪われる。翌日、怜は自身を被写体にした写真を撮影して欲しいと依頼する。 美しい映像と夢まるでのようなシーンの連続。性の儚さって考えたことないけど俺には難しすぎかも。
      いいね
    • 菊とギロチン
      「菊とギロチン」(瀬々敬久監督)鑑賞。 関東大震災の年、東京近郊に女相撲の「玉岩興行」がやって来る。会場にはこの地に流れ着いたアナキスト・グループ「ギロチン社」の若者の姿があった。 3時間以上の長編、なかなか見応えはあったけど所々… https://t.co/oWf0E1YdmD
      いいね
    • ブリグズビー・ベア
      「ブリグズビー・ベア」(デイブ・マッカリー監督)鑑賞。 両親と暮らす25歳のジェームス。子どもの頃から毎週届く「ブリグズビー・ベア」を見て育った。ある日、警察がやって来て、両親を逮捕する。両親は誘拐犯だったのだ。 自分の世界が突然… https://t.co/FHHyC0lxfm
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      mokomoko37
      2820movies / tweets

      follow us