TOP >Der_Manulマイページ

Der_Manul

さんのマイページ
Der_Manul
つぶやいた映画
513 本
総ツイート
2,760 件
マイページ閲覧数
4,573 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

Der_Manulさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
513 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • タイニー・ファニチャー
    追想
    2重螺旋の恋人
    インクレディブル・ファミリー
    未来のミライ
    グッバイ・ゴダール!
    アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!
  • 告白小説、その結末
    ブリグズビー・ベア
    祝福 オラとニコデムの家
    母という名の女
    万引き家族
    レディ・バード
    ビューティフル・デイ
  • デッドプール2
    ファントム・スレッド
    ゲティ家の身代金
    犬ヶ島
    イカリエ-XB1
    ダリダ あまい囁き
    アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • タイニー・ファニチャー
      公開中・近日公開を含めて「こじらせ女子」映画が続く? 最初『タイニー・ファニチャー』と『マイ・プレシャス・リスト』を混同していたよ。『若い女』は海外版ポスターの方が好きかな。 https://t.co/NjKATyooAu
      いいね
    • 追想
      本日は『追想』と『仮面/ペルソナ(2回目)』をハシゴ。『仮面/ペルソナ』は先週観た時寝そうになったので今週リベンジしたが開始10分くらいで再び睡魔が…おかしいなあ、好きなタイプの映画なんだがなあ。ドライヤーの『吸血鬼』も2回観て2回とも眠くなった。
      いいね
    • 2重螺旋の恋人
      【2重螺旋の恋人】ナイスな猫が2匹出るので猫好きにはお薦めかと。でもR-18+だけどね。
      いいね
    • インクレディブル・ファミリー
      【インクレディブル・ファミリー】前作で内気で暗い子から積極的で明るい子に成長した長女ヴァイオレットに新たな試練が…年頃の娘を思う父親ボブの空回りぶりに笑って泣ける。
      いいね
    • インクレディブル・ファミリー
      【インクレディブル・ファミリー】もう少し子供たちが成長してからの話かと思ったら、1作目のラストシーンからそのまま繋がっていたので、できれば1作目を予習してから劇場に行った方がいいと思う。
      いいね
    • インクレディブル・ファミリー
      【インクレディブル・ファミリー】『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』『トゥモローランド』と、しばらくアニメから離れていたブラッド・バード監督だが、やっぱりアニメの方がいいなあ。次回作もアニメにして欲しい。
      いいね
    • インクレディブル・ファミリー
      【インクレディブル・ファミリー】『Mr.インクレディブル』は1作で完成形で、いくら同じブラッド・バード監督でも下手に続編を作らない方がいいと思っていたのでちょっと不安もあったが、多くの設定や伏線を生かしてグイグイ引っ張る演出は健在で、あと1・2回は観たい面白さだった。
      いいね
    • 2重螺旋の恋人
      【2重螺旋の恋人】フランソワ・オゾン監督の新作は双子の精神科医と関係を持つ女性、ということでオゾン版『戦慄の絆(クローネンバーグ)』かと思いきや、手塚治虫みたいな展開が(作品名はネタバレになるので伏せます)。
      いいね
    • インクレディブル・ファミリー
      本日は『2重螺旋の恋人』と『インクレディブル・ファミリー』をハシゴ。木曜日に夏風邪引いたが会社帰りにソッコー医者寄って薬処方してもらい何とか症状を抑える。家で寝ていてもエアコン無いから風邪+熱中症で却って危険と判断。
      いいね
    • 未来のミライ
      【未来のミライ】キャラクターは前作の『バケモノの子』同様、「貞本義行風」だが貞本氏の手になるものではない。キャラクターデザインのクレジットも前作同様なし。そのせいか、今作は前作以上にメインキャラも脇役キャラも皆同じような顔に見えた。曾祖父だけはえらくカッコ良かったが。
      いいね
    • 未来のミライ
      【未来のミライ】確かにご都合主義な点・描写不足な点が多かったと思うが、他の人のツイートをチェックすると、貶す人はボロクソに酷評しているな…。
      いいね
    • 未来のミライ
      【未来のミライ】『ボス・ベイビー』や『ソング・オブ・ザ・シー海のうた』だとお兄ちゃんが成長するために色々冒険するんだけど、本作だと成長のきっかけがグッドタイミングで次々と向こうからやって来る「受け身」「ご都合主義」に見えるきらいがあった。
      いいね
    • 未来のミライ
      【未来のミライ】建築家のパパが設計した家は超モダーンだが、デザイン重視でバリアフリーの流れには完全に逆行。年老いたり事故や病気で車椅子生活になったらとても生活できないと思う、というか妊婦さんや幼児にも危険な気がする。
      いいね
    • 未来のミライ
      【未来のミライ】細田守監督最新作。下の子が生まれて親の愛情を独占できなくなった男の子の成長をファンタジータッチで描いた点では『ボス・ベイビー』や『ソング・オブ・ザ・シー海のうた』と共通する。面白かったし後味爽やかだったけど、後者2作と較べるとやや説明的で薄味か。
      いいね
    • 未来のミライ
      本日はTOHOシネマズ日本橋で『未来のミライ』を観た後、台湾文化センターで『幸福路上(オン ハピネス ロード)』上映会に行き、〆は東京ステーションギャラリーで『生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。』展へ。
      いいね
    • グッバイ・ゴダール!
      【グッバイ・ゴダール!】終盤のジガ・ヴェルトフ集団での『東風』撮影シーン。いちいちスタッフの民主的な議論と多数決で撮り進めるが当然上手くいかない。以前読んだファスビンダーのインタビュー集での「アンチテアーター」のくだりを思い出した。
      いいね
    • グッバイ・ゴダール!
      【グッバイ・ゴダール!】この辺が自分がゴダールに馴染めない点の一つかな。同じ左翼でも「警官や軍人こそ真のプロレタリアートだ」と言ったパゾリーニの方が好き(映画作品も)。…でも「赤い貴族」と言われたヴィスコンティもゴダールより好きだぞ。どうなっているんだ、俺?
      いいね
    • グッバイ・ゴダール!
      【グッバイ・ゴダール!】あくまでもこの映画での印象だが、ゴダール(とその周辺)ってやはり「ブルジョア左翼」だと思った。高級アパルトマンに貼られた毛沢東像とか別荘のシーンとか見ると特にそう感じる。口論相手に「実際の労働者とか農民とか知らないくせに!」と言われた時には笑った。
      いいね
    • グッバイ・ゴダール!
      【グッバイ・ゴダール!】多くの映画監督やシネフィル達に崇拝されるゴダールだが、この映画では常に革命を口にするくせに妻に対しては旧来の保守的な夫でしかなく、しかも嫉妬深い、結構情けない男として描かれる。日本でもリベラルを謳う割に女性には保守的な態度しか取れないオッサンいるよね。
      いいね
    • グッバイ・ゴダール!
      【グッバイ・ゴダール!】スレンダー美女のステイシー・マーティンはアンヌ・ヴィアゼムスキーとはちょっとタイプが違う気もするが、60年代ファッションもキマってとてもキュート。『ニンフォマニアック』同様、堂々とした脱ぎっぷりも清々しい。
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....