TOP >FrankBaragonマイページ

FrankBaragon

さんのマイページ
FrankBaragon
つぶやいた映画
23 本
総ツイート
38 件
マイページ閲覧数
118 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

FrankBaragonさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
23 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 悪の偶像
    ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語
    ANNA/アナ
    ジョーカー
    ダンスウィズミー
    トイ・ストーリー4
    ブラック・クランズマン
  • アリータ:バトル・エンジェル
    ファースト・マン
    未来のミライ
    リメンバー・ミー(2018)
    15時17分、パリ行き
    シェイプ・オブ・ウォーター
    さよならの朝に約束の花をかざろう
  • パディントン2
    キングスマン:ゴールデン・サークル
    スター・ウォーズ/最後のジェダイ
    散歩する侵略者
    新感染 ファイナル・エクスプレス
    ハクソー・リッジ
    レイルロード・タイガー
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 悪の偶像
      『悪の偶像』鑑賞。傑作。一番キレてた時のポン・ジュノを現代的にしたような作風。ちょっと真面目すぎてすぐには売れなさそうだが今のうちから買い支えたいと思うくらいには面白かった。韓国映画にしては役者力頼りでない点も印象良し。殺人の追憶や母なる証明のファンは絶対見なきゃダメですよ。
      いいね
    • ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語
      『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』鑑賞。傑作。今映画館にいくならこれかANNAを見ておけば間違いないでしょう。既婚者の描き方に悪意がある独身非モテ監督という意味ではこの監督女版押井守なんじゃないかと思ったり。
      いいね
    • ANNA/アナ
      『ANNA/アナ』全く期待せずに見たら予想外に傑作だった。脚本が厚い。ベッソンなんてどーせまたエロビデオ映画だろと思ってるそこのあなた。今作は骨太です。骨太の脚本にキレッキレの画面。最近女アクション映画って玉石混交で色々あったけど… https://t.co/0R7IUvjpcn
      いいね
    • ANNA/アナ
      昨日見た映画雑感。近所のシネコンが再開したので久々に満喫してきました。見たのは『デッド・ドント・ダイ』、『パリの恋人たち』、『PMC ザ・バンカー』、『ANNA/アナ』の四本。おススメ度はANNA>バンカー=パリ>>デッド。デッド… https://t.co/ER5TERswCX
      いいね
    • ANNA/アナ
      『ANNA/アナ』鑑賞。私的2020年ベストかつリュックベッソン史上最高傑作。これから見に行く皆さんは極力この映画のポスターや予告編を見ずにいったほうがいいですよ。ネタバレ完全ゼロ状態で見るのが一番楽しめます。見るって決めた人はいますぐSNSでミュートワードに入れてほしいくらい。
      いいね
    • ジョーカー
      『ジョーカー』どうしても時勢を見てからバット当てにいってる感は否めなかったですね。時代の空気を反映”させようとした”映画とでも言おうか。一つ一つの表現がすごく記号的なんですよ。「プアホワイト映画」ではなく「プアホワイトじゃない人がプアホワイトを外から見て批評した映画」という感じ。
      いいね
    • ダンスウィズミー
      『ダンスウィズミー』映画ってなんだ。ミュージカルってなんだ。映画を見てあそこがここがリアリティがないよとツッコミを入れたことがある全ての人に見て欲しい。これはあなたのための映画です。
      いいね
    • ダンスウィズミー
      『ダンスウィズミー』この映画をまだを見ていないそこの君は、普段映画なんて見ないだろうか。それとも硬派気取りでマイナーな名作を発掘しては一人悦に入っているだろうか。そのいずれだとしても君は決して悪くない。
      いいね
    • トイ・ストーリー4
      現代社会において『トイストーリー4』は実は保守だし権威主義的なんですよね。『天気の子』の方が革新だし前衛、アバンギャルド。
      いいね
    • トイ・ストーリー4
      映画的体験として『天気の子』の方が『トイストーリー4』よりも優れているのは言うまでもないでしょうね。知っている感覚に共感する「あるある」なんぞではなく、知らなかった感覚に共感してしまう「ワンダー」を求めて我々は映画を見るのだ。新海誠は正しい意味で前衛である。
      いいね
    • ブラック・クランズマン
      『ブラッククランズマン』この作品が萌えキャラスパイクリーの愚直で純粋な怒りによるものである事を願いたいが、もしもオスカーを意識してユダヤ人、それも(被害者意識と復讐の連鎖を推進する)親イスラエルユダヤ人の共感を得ようという意図があ… https://t.co/mDvCZ30Uxr
      いいね
    • アリータ:バトル・エンジェル
      二回目を見てきて実は『アリータ』こそが真の意味で意識が高い映画なのだと思うようになってきた。なぜか?キャメロンやよく名前の挙がるブロムカンプは間違いなく政治的にもSF的にも意識高い系なのだが、スラムというものをどうしようもなく外側から見ている。
      いいね
    • ファースト・マン
      デイミアン・チャゼルの新作『ファースト・マン』からどことなくMAKE AMERICA GREAT AGAINのにおいを感じる。完全に陰謀論だが米政府が企画段階から一枚かんでたりして。本当は着陸してないけどでっち上げた月面着陸の正当性を強化するために。
      いいね
    • 未来のミライ
      ふと頭に浮かんだ超穿った見方だけど『未来のミライ』って川村元気が政府のお偉いさんから少子化対策にハッピーな子育て映画(父親も子育てに参加するやつ)作ってよ!ってオーダー受けて細田に作らせたのでは。んで完成してみたら細田の人間不信が隠しきれずホラー映画になっちゃったと。
      いいね
    • 未来のミライ
      『未来のミライ』試写で愛国映画とか言われてたけどそんなことはなかったですよ。思ってたより良かった。ちょっとギャグが寒いけど。個人的にファミリー映画としてはリメンバーミー以上オトナ帝国以下。細田守は宮崎作品の中ではトトロが一番好きなんだなというのがよく分かる。
      いいね
    • 15時17分、パリ行き
      自然科学も精神分析も政治も宗教も、同じことを異なる経路でやってるだけなんだよな。「15時17分、パリ行き」と「スカイ・クロラ」を比較するとそれがよくわかる。
      いいね
    • 15時17分、パリ行き
      「15時17分、パリ行き」鑑賞。一見無意味な毎日の歩みのその先。押井守の「スカイ・クロラ」をSFからキリスト教の話に読み替えてカタルシスまで描いたような作品と言えるかもしれない。「スカイ・クロラ」は左翼が考えに考え抜いた末の一周回… https://t.co/Yes2LQiZbo
      いいね
    • リメンバー・ミー(2018)
      「リメンバー・ミー」これがアカデミー賞長編アニメ映画賞受賞とは…オスカーの凋落も度し難いな。ブラックパンサー然り、これまでになかったマイノリティ舞台のジャンル映画というだけで内容に関わらず高評価しないと魔女狩りに遭うハリウッドのポリコレナチスぶりが浮き彫りになってきたといえよう。
      いいね
    • リメンバー・ミー(2018)
      「リメンバー・ミー」好きな人には申し訳ないが私はちょっとダメでした。邦題にもなってる主題歌が先祖が子孫に忘却を許さない呪いの歌に聞こえてしまうなw。毒親お手軽免罪ポルノ映画といえる。上の世代が正当化されているので親は気分いいだろうがこれを子供に見せるのは呪詛であり虐待である。
      いいね
    • さよならの朝に約束の花をかざろう
      洋画の名作ラッシュのはずなんだけど、それらが霞んでしまいかねないくらい「さよならの朝に約束の花をかざろう」がよかったんですよね。その他の岡田磨理脚本作品にはそんなにハマらなかったのに。 #さよ朝
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....