TOP >GD_momocoマイページ

GD_momoco

さんのマイページ
GD_momoco
つぶやいた映画
2,085 本
総ツイート
2,150 件
マイページ閲覧数
40,647 view
ウォッチしている
23 人
ウォッチされている
37 人
2017年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
2085 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • アメリカン・アニマルズ
    リアム16歳、はじめての学校
    ある少年の告白
    シャザム!
    キングダム
    ビューティフル・ボーイ
    芳華-Youth-
  • ハンターキラー 潜航せよ
    バイス
    Be With You ~いま、会いにゆきます
    記者たち~衝撃と畏怖の真実~
    ダンボ(2019)
    ビリーブ 未来への大逆転
    ブラック・クランズマン
  • バンブルビー
    探偵なふたり:リターンズ
    ふたりの女王 メアリーとエリザベス
    キャプテン・マーベル
    君は月夜に光り輝く
    運び屋
    スパイダーマン:スパイダーバース
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • キングダム
      『キングダム』原作未見。山崎賢人と吉沢亮の共演は、甲乙つけがたいほどどちらも良かった。長澤まさみのサプライズ!本郷奏多のヒールも頑張ったし大沢たかおはびっくりなキャラだった。突っ込みどころ満載だったけど見応えはあり。続きが気になる
      いいね

      良い
    • ある少年の告白
      『ある少年の告白』未だにこのような矯正施設がある事に驚き。この映画の題材になっていることも、神も、自分の心の中にいる皮肉。エガートンもドランも、矯正施設にいる人それぞれのドラマも知りたくなった。車窓から腕を伸ばしたくなる。
      いいね

      良い
    • アメリカン・アニマルズ
      『アメリカン・アニマルズ』観て感じたのは価値について。画集にしろ彼ら自身の価値って一体誰が決めたもの?それでいいの?と。シリアスだけど抜けのある部分もあり、本人たちと役者が再現した板挟み映像も良く、もう一度観ると視点が変わるかも。
      いいね

      良い
    • ビューティフル・ボーイ
      『ビューティフル・ボーイ』常に依存が伴う薬物を断ち切るための本人と家族の苦悩。愛する心配することは形に見えない分、その大きさも分からないのだな。血の繋がりが無くても家族だなと思いグッと来るシーンあり。ティモシーは逆光が似合うな。
      いいね

      良い
    • 芳華-Youth-
      『芳華-Youth-』戦争がそこにありながらも美しいシーンが多々あり。文芸工作団の公演もだけれど、魔法瓶、カップ、カセットなどの小道具も好き。「あの頃」を思い返すに付き纏う香りが、タイトルにも劇中にも出てくることご印象的。良かった。
      いいね

      良い
    • シャザム!
      『シャザム!』最高に面白かった!場内何度も笑いと拍手に包まれとにかく最後の最後まで楽しめる!見た目と中身のギャップにやられ家族に泣かされ。観終わったら何につけてもシャザム !を連呼してしまうからご注意を(笑)今年のベストに入るはず!
      いいね

      良い
    • Be With You ~いま、会いにゆきます
      『Be With You ~いま、会いにゆきます』涙。風景やバックグラウンドなどオリジナルの上行く内容。キャストが皆んな良くて雰囲気ぴったり。カメオ出演もあるからお楽しみに!コ・チャンソクのコミカルシーンと、ジソプの肩幅がステキ!
      いいね

      良い
    • ハンターキラー 潜航せよ
      『ハンターキラー 潜航せよ』ネイビーシールズがめちゃカッコいい!潜水艦の戦いはまさに団体戦のようだったし密室で音が頼りになるだけでなく、振動などの緊張感あり!バトラー演じる頼れるキャプテンに全身を預けて観たって感じ。心地良い疲労感。
      いいね

      良い
    • バイス
      『バイス』政治とはある意味ショーだと思う。舞台は国。主演助演の配役の良し悪しで決まる部分が大きいなと。予告では想像しなかったエイミーアダムスが素晴らしい。家庭人としての顔も見られエンタメ性あり。当の本人はどんな感想をお持ちかな?
      いいね

      良い
    • ダンボ(2019)
      『ダンボ(2019)』ダンボはパステルカラーが似合うと思っていたがティムバートンの色付けになっても全く色褪せない名作。ダンボの視界を通して飛ぶシーンの観客の表情や景色が特に素敵。ベイビーマインが脳内リフレイン。空飛ぶダンボに乗りたい
      いいね

      良い
    • 記者たち~衝撃と畏怖の真実~
      『記者たち~衝撃と畏怖の真実~』面白かった!兎角ウザがられるマスコミではあるが、私たちは真実を知らなければならないのだ。その真実を伝えるべき人の重要性や泥臭く情報に辿り着くまでが丁寧。若き兵士の言葉も観客に確実に届くはず。
      いいね

      良い
    • ビリーブ 未来への大逆転
      『ビリーブ 未来への大逆転』トイレ問題がここでも付き纏うとはね。とにかくこのファミリーが素敵!国が思う平等と人々が感じるそれは不平等だと言うこと、当たり前とは何なのか?を考えた。ラストの言葉に心から拍手を送る。とても勇気付けられた。
      いいね

      良い
    • ブラック・クランズマン
      『ブラック・クランズマン』黒人だけでなく、女性への差別も込められている。監督が一番訴えたかったのはラストシーンではないか?私はそう受け止めた。なんちゃらファーストが全くそうではない言ってる人がファーストな今に対する喧嘩作品だと思う。
      いいね

      良い
    • 君は月夜に光り輝く
      『君は月夜に光り輝く』センス良い物が溢れ病室とは思えない場所や、カラッと明るく生きるまみずとは、想像付かない病気。二人の演技も良いし頑張ってるけど…なんか違う。お涙頂戴を期待したのではないのだが、もう少しやりようがあったと思う。
      いいね

      残念
    • キャプテン・マーベル
      『キャプテン・マーベル』パワーがどんどんと上がって行くのと同期するような期待感!強い強い!カッコいい。猫可愛い!曲も良し。次にまた続くのねという高まる期待!思わず右手を見ちゃったくらい。予告シーンを本編で観てさらに凄いと思った!
      いいね

      良い
    • ふたりの女王 メアリーとエリザベス
      『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』果たしてメアリーとエリザベス、どちらも幸せそうじゃなかったと。誰かと何かを比べてたらキリが無いの典型。嫉妬や王座への執着などドロドロ。何故だかエリザベスに寄り添ってしまう自分が。マーゴット良い!
      いいね

      良い
    • 探偵なふたり:リターンズ
      『探偵なふたり:リターンズ』イ・グァンスの投入がそれぞれの魅力をさらに引き出していると思う。3人ともどこか抜けてるのに各々の強みを持ち、しかもそれが結構カッコいいの!3000万ウォン!に思い切り笑ってしまった。ラストのオチも好き!
      いいね

      良い
    • 君の結婚式
      『君の結婚式』高校時代からのエピソードに初々しさを感じ、大人になっても決定的なタイミングを逃し続ける二人を見守り続けた。そう、何事もタイミングが大切だよね。運命の赤い糸ってあるんだなぁと考えたり。ようやく大人になれたウヨンに拍手!
      いいね

      良い
    • 運び屋
      『運び屋』今は亡き父親も仕事仕事で花も好きだったので、夏休みの思い出もそんなにない私にとっては結構ズシリときてしまい、遅咲き…というもの含めて娘の台詞ひとつひとつがとても重くてね。父親に観せたかったな。イーストウッドはやはり凄い!
      いいね

      良い
    • スパイダーマン:スパイダーバース
      『スパイダーマン:スパイダーバース』もしかしたら自分の隣にもヒーローがいるかも?!みたいな期待を持たせてくれる。パラパラっとコミックのページをめくってるみたいなのに最新映像で感じる臨場感!こういうスパイダーマンも良い!と全力で思った
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....