TOP >Hanashi_Sagashiマイページ

Hanashi_Sagashi

さんのマイページ
Hanashi_Sagashi
つぶやいた映画
1,128 本
総ツイート
1,186 件
マイページ閲覧数
10,430 view
ウォッチしている
4 人
ウォッチされている
4 人
2018年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
1128 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • アンチグラビティ
    ランボー ラスト・ブラッド
    エジソンズ・ゲーム
    グッド・ボーイズ
    ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語
    ANNA/アナ
    デッド・ドント・ダイ
  • 許された子どもたち
    ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
    ジュディ 虹の彼方に
    レ・ミゼラブル(2020)
    黒い司法 0%からの奇跡
    初恋(2020)
    チャーリーズ・エンジェル(2020)
  • スキャンダル(2020)
    ミッドサマー
    シェルブールの雨傘
    1917 命をかけた伝令
    37セカンズ
    ザ・ピーナッツバター・ファルコン
    犬鳴村
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • アンチグラビティ
      『アンチグラビティ』前半はちょい紀里谷映画連想させる、中二男子御用達テイストにかなりワクワクさせられたが…「安いロマンス」「活かしきれなかった設定」「後半の失速」と、残念な点まで散々見てきた類いのものでした…嫌いにはなれないけどな!
      いいね

      良い
    • 時をかける少女
      『時をかける少女』んー…世代ではないと、この学芸会的なやりとり・台詞回し、やっぱキツいっす…。 大きく話が動くのも遅くて退屈したが、それでもクライマックスのお別れ、ラストの廊下でのすれ違いは切なかった。
      いいね

      普通
    • HOUSE
      『HOUSE』噂は聞いてたけれど、百聞は一見にしかず… ホームセンターのペンキと接着剤で作られた、ニオイに頭やられそうな印象の作品でした。 あらすじそのものは王道なホラーなんだけど、話よりも画面を弄る「手」が見えてくるようで不安に…
      いいね

      良い
    • 許された子どもたち
      『許された子どもたち』見応えは凄かったし、「機会を逸してしまった」スッキリさせないラストも納得。 だが、半年後の暮らしで周囲にいる人間が「天使が一人、それ以外は全員正義をおもちゃにする餓鬼」という極端な構図にモヤモヤしてしまう。
      いいね

      普通
    • 先生を流産させる会
      『先生を流産させる会』腹立たしい・酷い行為に対する「怒り」と、問題を抱えている生徒(子供)に対する「教育」の違いについて、『自分がこの先生の立場だったら果たして…』と、考えさせられる。 先生方や親御さんにこそ観てほしい作品。
      いいね

      良い
    • AKIRA
      『AKIRA』原作うろ覚え。のっけから都市の、バイクの、超能力の、破壊の、描き込みにくらくらさせられる。映画だと超能力周りの凝りすぎてる設定は、後半持て余してる様にも見えてしまうが…その辺スッキリさせた「クロニクル」の方が好みかも。
      いいね

      良い
    • ランボー ラスト・ブラッド
      『ランボー ラスト・ブラッド』最終回として見事だった前作の次の一本…と思うと、正直困惑させられる。「96時間」系ジャンル映画への落とし込みに、衒いがなさすぎる…! けど、だからこそ、全く同じプロットで、あと1〜2本観たくもなる…!
      いいね

      良い
    • 風の谷のナウシカ
      『風の谷のナウシカ』スクリーンでは初めて。王蟲や戦艦といった巨大なモチーフの迫力はもちろん、「これ運んでくださるー?」直後、飛び立った峡谷に思わず息を呑んだ。 同時にやってる「もののけ姫」と通底する要素を見るのも面白い。
      いいね

      良い
    • ランボー 最後の戦場
      『ランボー 最後の戦場』「暴力」に対する向き合い方に、1作目に通じるものが戻ってきた様。徹底した容赦の無さだからこそ、試される・あぶり出される人間の(善性の)限界と可能性。シリーズ幕引きとしてこの上ないと思うが、果たして5作目は…?
      いいね

      良い
    • グッド・ボーイズ
      『グッド・ボーイズ』幼稚な世界にダーティーさが混じり始めるお年頃。3人組の珍騒動、けど実は抱えている問題は3人それぞれ違ってたね…「何れは一緒ではなくなる」事を切なくも肯定的に描いたドラマが、ド下ネタギャグの内側に確かにありました!
      いいね

      良い
    • エジソンズ・ゲーム
      『エジソンズ・ゲーム』伝記漫画読んだ事なくてこの争いも知らなかった為「果たして勝つのはどっちだ!?」と(恥ずかしながら)観れました。 けれど話はダイジェスト感が否めず、ちょい期待していた“人格破綻してる天才”描写も物足りない…
      いいね

      普通
    • ランボー3/怒りのアフガン
      『ランボー3/怒りのアフガン』苦み・重みはすっかり除去されてアイドル映画になっちゃった。 ヘリに戦車に火薬の使用は景気が良いが、一本調子な話はかなり退屈… ミリオタだったら武器や戦闘ヘリにもーちょいアガったかしら。
      いいね

      残念
    • ランボー/怒りの脱出
      『ランボー/怒りの脱出』「末端」「使い捨て」の悲劇・怒り、は分かるけど…そもそもの趣旨や救出の手口は「当時のアメリカのひとつのムーブメントだったのね」と、引いた目で見てしまう。 娯楽残酷アクションとして割り切れば、別にいっか。
      いいね

      普通
    • ランボー
      『ランボー』大暴れの過剰さは帰還兵のPTSDにファンタジーを抱き過ぎな気もするが、そこに説得力を与えてしまうスタローンの体の張りっぷりが凄い。一方、味方の被害を省みず敵を仕留める事に固執する保安官の暴走は、戦争の泥沼化そのものの様。
      いいね

      良い
    • ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語
      『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』現在・過去を行き来する構成は少し忙しないが、場面の並びの意図は見事に効いてる。1本だけでも直前に過去作見ておいて良かった。「え、結局くっつくの?」と思わせ、一捻りさせたラストも巧い!
      いいね

      良い
    • ウルフ・オブ・ウォールストリート
      『ウルフ・オブ・ウォールストリート』「クズ株なんか買わねーし、怪しいセミナーにも近づかないもん! …けど大金はそりゃ欲しいっスね〜 ペンの売り方は特に思い浮かばないけど…」 …やっぱラストカットで映る連中は俺の事か…意地悪…
      いいね

      良い
    • ウルフ・オブ・ウォールストリート
      『ウルフ・オブ・ウォールストリート』「沈黙」「アイリッシュマン」の様な“重厚さ”より、こういう“軽薄さ”の方が個人的には惹かれちゃうw 自分なんぞとは別世界の人物だけど、勝算ないのに意地で引退撤回してしまう姿には、ちょいシンパシー…
      いいね

      良い
    • バルカン超特急
      『バルカン超特急』“興味を引っ張るとはこういう事だ!”と、見せつけられた気分。 ミステリーが犯人の自白でサスペンスに切り替わる瞬間や、活劇で盛り上げにかかるクライマックス。 80年以上昔の作品にして、凄い達者な作りだな、と。
      いいね

      良い
    • 彼らは生きていた
      『彼らは生きていた』「行った事のない者には戦場の現実など分からんのだ」という最後の方のインタビューからのバトンのようにも思えた。とはいえ白兵戦の真っ只中までは想像し難いが… 却って非現実的に見えてしまう地雷の迫力が凄まじかった。
      いいね

      良い
    • ANNA/アナ
      『ANNA/アナ』黒髪ショートボブ・セクシー下着姿に、監督の本音のフェチが見えた気が。 「ルーシー」はバックボーン全省きに驚いたが、描いたら描いたで鈍重になっただけでした。 携帯・PC普通に登場問題は…鑑賞中気にならなきゃOKか?w
      いいね

      残念
      もっと見る Loading...
      Loading.....