TOP >Hanashi_Sagashiマイページ

Hanashi_Sagashi

さんのマイページ
Hanashi_Sagashi
つぶやいた映画
605 本
総ツイート
646 件
マイページ閲覧数
4,522 view
ウォッチしている
5 人
ウォッチされている
4 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
605 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • プーと大人になった僕
    愛しのアイリーン
    ザ・プレデター
    1987、ある闘いの真実
    MEG ザ・モンスター
    ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男
    判決、ふたつの希望
  • アントマン&ワスプ
    タリーと私の秘密の時間
    ペンギン・ハイウェイ
    ブッシュウィック 武装都市
    オーシャンズ8
    スターリンの葬送狂騒曲
    ミッション:インポッシブル フォールアウト
  • インクレディブル・ファミリー
    ウインド・リバー
    未来のミライ
    インフィニティ
    ジュラシック・ワールド 炎の王国
    菊とギロチン
    バトル・オブ・ザ・セクシーズ
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • エクス・マキナ
      『エクス・マキナ』話もビジュアルも音楽も雰囲気も「好き」という主観以上の言及がし辛いw パンフで読んだ「お見合い」という表現は言い得て妙。 抑圧の父親と下心のオタク、両者の掌からスルリと逃げ去って行くラストにケイレブな自分は苦笑いw
      いいね

      良い
    • 母なる証明
      『母なる証明』「笑わそうとしてんのか…?」と戸惑うユーモアや、中盤以降の予測不可能なハラハラ感など、形容し難い魅力満載。 ラストの「罪に蓋をする」選択は…「誰しも大なり小なり身に覚えがある事なのでは…?」と、思ってしまう。
      いいね

      良い
    • レヴェナント 蘇えりし者
      『レヴェナント 蘇えりし者』もう少しだけ短くできなかったかな…? 序盤の先住民と熊、二つの襲撃場面はやっぱ凄かったけど、後半の馬寝袋の頃には「まだ着かねぇのか…」と、こちらも疲れてくる。長時間の「彷徨い」は、逃走・追跡と比べキツい…
      いいね

      良い
    • アバウト・タイム 愛おしい時間について
      『アバウト・タイム 愛おしい時間について』良くも悪くも「甘い」印象だけど、それでも可愛らしい一作。 序盤で「知的そうな」お父さんが、能力の告白をする場面がもう面白いw
      いいね

      普通
    • 1987、ある闘いの真実
      『1987、ある闘いの真実』なんか…現代日本で平和ボケにどっぷり浸かって生きてるのがちょい恥ずかしくなってしまう… 韓国映画に弱くて(歴史にも)、主要人物の顔と名前の把握にちょい苦労したけど、ぜひ観ておいた方が良い一本だと思います。
      いいね

      良い
    • スカイ・クロラ The Sky Crawlers
      『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』死んだ顔の歓迎パーティとボーリング以外の全場面の、意図的なつまらなさ…もとい低体温な感触は残念ながら合わず。同じようなテーマをもっと面白く語れている作品はいくらでもありそうなので…
      いいね

      残念
    • ノア 約束の舟
      『ノア 約束の舟』自分の現実と結びつけようがない話で、どういう気分になればいいかも分からない。説明のないアイテムや現象の数々も、困惑のうちに置いてかれた。 方舟・動物の見応えも、ジョン・ヒューストンの「天地創造」の方が強かったなー。
      いいね

      残念
    • her 世界でひとつの彼女
      『her 世界でひとつの彼女』寓話めいてて好きだなー。サマンサ初登場シーンは「こんなのにハマったら人間終わりだ!」「くそっ、俺も超欲しい!」の応酬w 書類にサインされる瞬間の、カラーコーン被ってふざけ合ってた一瞬の回想に何故か涙…
      いいね

      良い
    • プレデターズ
      『プレデターズ』「これはスバラシイ…」 期待値低かったけど個人的には1作目とタメ張る面白さ。ゲーム的な序盤のセッティングにチョロく引き込まれたw 終盤の“人間らしさ”を巡る展開は、もっとハードに突き詰めていれば傑作になり得たかも…!
      いいね

      良い
    • 愛しのアイリーン
      『愛しのアイリーン』「意地悪なドラマ」なんかに到底収まりきらない吉田恵輔節に圧倒された。終盤の展開や脇役の背景など、まだ飲み込みきれてないけど凄まじい見応え。木野花演じる主人公母の、歪んだ愛とレイシズムをむき出しで突き進む姿が圧巻。
      いいね

      良い
    • ザ・プレデター
      『ザ・プレデター』うーん…もっとシンプルなプロットでいいと思うんだけどなー。 「おっ、今回はそうくるか」という要素は色々見受けられるけど、面白さには直結せず単にとっ散らかってる印象。 「ヤツから生き延びて帰れるかな?」展開まで遅い…
      いいね

      残念
    • プーと大人になった僕
      『プーと大人になった僕』「劇画・オバQ」を彷彿する切なさ。昔と変わらないプーに「今忙しいから静かにしてろ!」なんて言いたくないよ〜… 喋って動いてる様子を、他の大人達も認識しちゃうのは、イマジナリーフレンドの域を越えちゃってません?
      いいね

      普通
    • エイリアンVSプレデター
      『エイリアンVSプレデター』2004年時点での両者のブランド力からしたら、まぁ期待には応えられたんじゃね? 破られるの前提な、ウッズさんの3つのお約束確認はもはや親切なジョークだw 「こいつは爆弾だ」のジェスチャーも笑っちゃったw
      いいね

      良い
    • プレデター2
      『プレデター2』「警察とギャングが争っている都会」という、ありきたりなフォーマットに落とし込んだら、なんだかプレデターが“一風変わった殺人鬼”くらいの印象になっちゃった。 最終決戦もやたら長く感じたけど、ラストは嫌いじゃないです。
      いいね

      普通
    • プレデター
      『プレデター』話もクリーチャーも「エイリアン」マッチョ風味。 中盤、サソリの死骸を拾う「手」が映る場面にゾッとしたなー… 怪我を治療する様子や、シュワの雄叫びを聞いた時の反応は、見た目に反してスゲー人間っぽくてちょい笑えるw
      いいね

      良い
    • ピクセル
      『ピクセル』「ゲーム愛」よりも「負け犬オタの自己愛」の方が強く感じて、自分も間違いなくそちら側に属するためか、自分自身が甘やかされまくっているようなプロットに変な失望感が。 ボンクラ大統領による話のハードル提示は嫌いじゃないw
      いいね

      普通
    • 47RONIN
      『47RONIN』初めて観た時は話の筋キチンと把握できなかったので、雰囲気で「そこまで悪くないんじゃ…?」と思えたけど、ちゃんと話を追うと、やっぱカタルシスは明らかに外しちゃってるなー。 ファンタジージャパン描写は憎めないけど…
      いいね

      残念
    • MEG ザ・モンスター
      『MEG ザ・モンスター』サメちゃん観にきたんですけどー! 味気ないヒロインの家族ドラマとかどうでもいいんですけどー! もっとサメちゃんの出番優遇してくださいよー! 予告で期待したビーチ襲撃場面もすげー食い足りないんスけどー! 
      いいね

      残念
    • ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男
      『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』恥ずかしながら知識ゼロで鑑賞。「物語的においしい」人物像のコントラストだなー、と。 試合シーンの熱は凄まじく、観終わったら2人とも好きになったけど、事件の特にないドラマパートは正直少し退屈…
      いいね

      普通
    • タリーと私の秘密の時間
      『タリーと私の秘密の時間』何重の意味にも切ないクライマックスにやられた… 確かに時々「不自然さ」見せる人だったけど、そこまで観客に気付かせない演出も上手かった。 夫が挨拶に下りてこない件も「この男ならあり得るかも…」と思ってたw
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....