TOP >Hawkwindhawksマイページ

Hawkwindhawks

さんのマイページ
Hawkwindhawks
つぶやいた映画
758 本
総ツイート
758 件
マイページ閲覧数
5,466 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
1 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
758 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • インデペンデンス・デイ:リサージェンス
    アイアムアヒーロー
    I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE
    ラブ&マーシー 終わらないメロディー
    ターミネーター:新起動/ジェニシス
    アリスのままで
    マッドマックス 怒りのデス・ロード
  • ピクニック
    ジェームス・ブラウン〜最高の魂を持つ男〜
    セッション
    バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
    WILD CARD ワイルドカード
    シン・シティ 復讐の女神
    ストックホルムでワルツを
  • フューリー
    エクスペンダブルズ3 ワールドミッション
    アンダー・ザ・スキン 種の捕食
    ジャージー・ボーイズ
    マザー
    リスボンに誘われて
    フランシス・ハ
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 女性上位時代
      『女性上位時代』カトリーヌ・スパーク主演のお色気コメディ。欲求不満の未亡人という役柄のせいか、あまり笑顔を見せないのがちょい残念。
      いいね

      普通
    • カンバセーション 盗聴
      『カンバセーション 盗聴』監督がコッポラなので評価が甘くなるのは分かるけど、どこまでが主人公の妄想なのか、現実なのかハッキリさせないまま続いていく好きじゃない構成。
      いいね

      残念
    • 喝采
      『喝采』グレース・ケリーが演技開眼し、オスカーも受賞した作品。当時25歳位なのに三十路過ぎ風の老けキャラで登場するが、ラストのドレス姿はいつもの華やかさ。落ち目で酔いどれ役者のクロスビーも上手い。
      いいね

      普通
    • ストックホルムでワルツを
      『ストックホルムでワルツを』美人ジャズ歌手の半生記だが、一番のテーマは父親と一人娘の確執と愛情。本業は役者ではなく歌手らしい主演のエッダ・マグナソンが美しい。
      いいね

      良い
    • 大列車作戦
      『大列車作戦』大戦が終戦する直前のフランスが舞台なのに、フランス軍や連合軍兵士が一人も出てこないという変わった戦争作品。ドイツ軍に抵抗するのは一般人である鉄道職員という無茶な設定だが、列車衝突や脱線シーンは迫力あり。
      いいね

      良い
    • 午後の曳航
      『午後の曳航』美しい海と音楽、そして残酷な結末。
      いいね

      良い
    • 最高の人生の見つけ方
      『最高の人生の見つけ方』命が残り僅かなので世界一周旅行だ!という辺り、いかにも金持ちの発想なので貧乏庶民としては何だかなあという感じ。モーガンの手紙であっさり娘に会いに行くニコルソンもねえ…
      いいね

      普通
    • 愛の嵐
      『愛の嵐』何度も観た作品だが、アパート籠城からラストまでは全てが名場面といっていい傑作。それにしても、強く惚れあった男女ほど面倒な生き物はいない。
      いいね

      良い
    • ハーレーダビッドソン&マルボロマン
      『ハーレーダビッドソン&マルボロマン』キャストは良いのに結局ドンパチに終始。ラストに助っ人に来るヘリコプターも、いつ手なづけたのか省略というアバウトさ。「ダサく生きるより、クールに死のうぜ」というセリフは格好いいけど。
      いいね

      普通
    • バタリアン
      『バタリアン』今では当たり前のゾンビ・パロディの最初期傑作。走ったりするのはともかく、喋るゾンビはさすがに反則だが許してしまうほどノリが良い。ホラーとしてもコメディとしても水準以上の出来。
      いいね

      良い
    • ブレーキ・ダウン
      『ブレーキ・ダウン』前半の失踪ミステリーに後半の怒涛のカーアクションと、バランスの取れた構成の佳作。序盤は弱っちいカート・ラッセルが、無敵の男に徐々に変貌する様がいい。最後に悪党の息の根を止めるのが奥さんというのがグッド。
      いいね

      良い
    • WILD CARD ワイルドカード
      『WILD CARD ワイルドカード』ギャンブル依存症という弱点はあるが、いつもの最強キャラのステイサム。今回はクレジットカードや食事用ナイフを武器に、ステイサム作品最弱のチンピラ達を蹴散らすという工夫あり。
      いいね

      良い
    • 黒帯ドラゴン
      『黒帯ドラゴン』空手家なのに決闘シーンではカンフーみたいな動きで、表情もブルース・リーに似せているジム・ケリー、グッジョブ。良く見るとなかなかのイケメンだったのね。
      いいね

      普通
    • 荒馬と女
      『荒馬と女』モンローとゲーブルお互いに最後の作品。白黒なので目立たないが、二人共外見の劣化を感じてしまう。この手の娯楽性のない作品にやはりモンローは全く合わず、魅力的なはずの例の舌足らずな喋り方も、何やらウザく聞こえてしまう。
      いいね

      残念
    • バッファロー’66
      『バッファロー'66』久しぶりの再鑑賞で、クリスティーナ・リッチがこんなに太目だったとは(笑)そのリッチがキング・クリムゾンで踊ったり、ストリップ・バーとエンドロールでイエスが使われていたりと、音楽のセンスが良いのか悪いのか…
      いいね

      良い
    • 恋愛小説家
      『恋愛小説家』名優ニコルソンがこんなC調のラブコメに出ていたとは。前半でいい味出していた犬も後半はあまり出てこなくなるし、切れ味のある芝居が心情だった役者も老いるとこうなってしまうのかと思うと残念。
      いいね

      残念
    • 情事
      『情事』前半の海に囲まれた島からの娘の失踪はミステリーっぽくてなかなかいいが、後半からはグタグタ感が増して退屈。モニカ・ヴィッティは綺麗だけど、それだけで2時間以上観ているのはキツい。
      いいね

      残念
    • シャフト
      『シャフト』久々の再鑑賞。悪役のチンピラがクリスチャン・ベールだったのはすっかり忘れていた(笑)叔父さん役で出ているオリジナル・ジョン・シャフトの、リチャード・ラウンドツリーを後半も活躍させて欲しかったところ。
      いいね

      普通
    • サムライ
      『サムライ』ドロンが31歳位の時の作品で、究極のイケメンぶりを見せてくれる殺し屋もの。終始無表情の一匹狼を徹底し凄みも半端ない。出番は少ないが、共演のナタリーも実に美しい。
      いいね

      良い
    • 隣の女
      『隣の女』トリュフォー監督の直球メロドラマで、最後は無理心中。どこにサスペンス色があるんだと文句を付けたくもなる。会うと畜生並に発情するこの二人の不倫カップル、よーやるわという感想のみ。
      いいね

      残念
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      xxtonchiki
      3397movies / tweets

      follow us