TOP >JJ8423マイページ

JJ8423

さんのマイページ
JJ8423
つぶやいた映画
14 本
総ツイート
25 件
マイページ閲覧数
591 view
ウォッチしている
3 人
ウォッチされている
1 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
14 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • きみと、波にのれたら
    ブラック・クランズマン
    運び屋
    岬の兄妹
    映画コラショの海底わくわく大冒険!
    迫り来る嵐
    マイ・サンシャイン
  • 映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険
    きみの鳥はうたえる
    劇場版 のんのんびより ばけーしょん
    センセイ君主
    咲 Saki 阿知賀編 episode of side-A
    映画 中二病でも恋がしたい! Take On Me
    ヒロイン失格
    × 絞込みを解除する
    • きみと、波にのれたら
      「きみと、波にのれたら」楽しみすぎる🥺✨💗💗
      いいね
    • 岬の兄妹
      『岬の兄妹』は蛇口から垂れる水をお椀で飲むカットが特によかった。流れ続けていた水の音が止み、一瞬だけ劇場が無音になる。妹を流産させようと決意するあの瞬間を、冷たく浮き彫りにする演出。
      いいね
    • 岬の兄妹
      『岬の兄妹』生活感を演出する画の連続の中、ふっと美しい一瞬が挿入される。ファンタジー映画のような感触。 生々しい役者の佇まいを見せるロングの画&生活音。幻想的な一瞬を見せるアップの画&音楽。その両者の使い分けが凄く良かったです。。
      いいね
    • 岬の兄妹
      『岬の兄妹』最高でした。。。
      いいね
    • ブラック・クランズマン
      『ブラック・クランズマン』室内シーン全般が良い。目くばせ、表情、執拗な切り替えしなど、内面描写に終始したカット割りになってる。そしてラスト、部屋を出た直後のドリーショット、窓の外で燃える十字架……「内」から「外」を見せることで、この「映画」がまだ終わってない事を予感させる演出
      いいね
    • ブラック・クランズマン
      『ブラック・クランズマン』も観た。『國民の創生』をエンタメとして楽しむKKKメンバー、映画に正しさを求めるブラックパンサー党幹部、それらの“映画”観に対して、スパイク・リー監督はラスト、映画的手法をかなぐり捨てて殴りかかってくる。物語を終わらせない、その怒りと決意。
      いいね
    • ブラック・クランズマン
      『ブラック・クランズマン』室内シーン全般がよかった。目くばせ、表情、執拗な切り替えしなど、内面描写に終始したカット割り。そしてラスト、部屋を出た直後のドリーショット、窓の外で燃える十字架……「内」から「外」を見せることで、この「映画」がまだ終わってない事を予感させる演出。
      いいね
    • ブラック・クランズマン
      『ブラック・クランズマン』すごくよかった。 『國民の創生』をエンタメとして楽しむKKKメンバー、映画に正しさを求めるブラックパンサー党幹部、それらの“映画”観に対して、スパイク・リー監督はラスト、映画的手法をかなぐり捨てて殴りかかってくる。物語を終わらせない、その怒りと決意。
      いいね
    • 運び屋
      『運び屋』終盤、護送車の中のやりとりもすごくよかった。序盤の活き活きとした(時に落ち着きのない)画面とは対照的な落ち着いた画面。妻の最期を目にし、自らの罪を知ったうえで、「外」から「内」へ入ることを決意するシーン。その後のラストシーンを彩るデイ・リリー(罪)の美しさがまた泣ける…
      いいね
    • 運び屋
      『運び屋』。「外にしか生きられない」「時間は戻らない」と言わんばかりにひたすら往路のみを映し続ける画面。主人公が最後に踏み出す一歩が「前進」のイメージを持って描写されているのにも感動した。死への前進(刑期・時間)と花(仕事・家族に… https://t.co/idZr6JBtmJ
      いいね
    • 運び屋
      『運び屋』。「時間がすべてなんだ」の台詞がとにかく良かった。
      いいね
    • 運び屋
      『運び屋』近年のイーストウッド監督のなかではいちばん好きかも。映画というジャンルに対する実験を脇に置き、ひたすら映画に徹した作品。死体(死=時間)と花(仕事)、2つのモチーフがラストカットでついに重なり合う、あの演出が良い。
      いいね

      良い
    • マイ・サンシャイン
      今日は『マイ・サンシャイン』を観てきました。鬱屈した心、虐げられた存在が暴力に至るまでをスピィーディに、かつ窮屈に見せていく編集が絶妙。心情のテンポに沿った、ものすごく感情的なフィルム。最高でした…。
      いいね

      良い
    • 映画コラショの海底わくわく大冒険!
      『映画コラショの海底わくわく大冒険!』。深海魚の描写に「しんかい6500」のディテール描写、小出しにされる専門用語…観ていて知識欲が刺激されるワクワクな映画でした。なによりコラショやキッズたちがかわいい…!
      いいね
    • 映画コラショの海底わくわく大冒険!
      『映画コラショの海底わくわく大冒険!』。深海魚の描写に「しんかい6500」のディテール描写、小出しにされる専門用語…観ていて知識欲が刺激されるワクワクする映画でした。規模の大きな話を身近なスケールの問題に着地させるストーリー運びも… https://t.co/O0zJcz3gaa
      いいね
    • 映画コラショの海底わくわく大冒険!
      今日は『映画コラショの海底わくわく大冒険!』を観てきました。
      いいね

      良い
    • 迫り来る嵐
      『迫り来る嵐』。 雨音が印象的な映画。 謎が深まるにつれ、怒り狂うように降る雨。その雨が視界を覆い、耳を塞ぎ、主人公を狂わせていく…。そして明らかになる「嵐」(主人公を突き動かすもの)の正体。雨(怒り)ではなく雪(幻の栄光)…。… https://t.co/6diPbMl047
      いいね
    • 迫り来る嵐
      『迫り来る嵐』最高だった…
      いいね
    • 咲 Saki 阿知賀編 episode of side-A
      『咲-Saki-阿知賀編episode of sideA』繰り返される回想や説明、それらを見事にさばいていくカット割りと編集のスピード感。人物も舞台もほとんど動かないのにかかわらず、アクション映画として仕上がっている。見ていてとにかく気持ちが良かった。大好きな映画。
      いいね

      良い
    • きみの鳥はうたえる
      『きみの鳥はうたえる』は個人的に「完ぺきだ…」と思った映画でした。 何かが起こりそうな予兆、物語が動く直前の瞬間だけをひたすら拾い続ける画面、編集…。 登場人物の先行き不安定な設定と、演出がきれいにシンクロしていた。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....