TOP >Keita_Tokajiマイページ

Keita_Tokaji

さんのマイページ
Keita_Tokaji
つぶやいた映画
31 本
総ツイート
41 件
マイページ閲覧数
85 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

Keita_Tokajiさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
31 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • アンコントロール
    全員死刑
    ゲット・アウト
    ブレードランナー 2049
    アトミック・ブロンド
    海底47m
    バイバイマン
  • ジョン・ウィック:チャプター2
    聖ゾンビ女学院
    皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ
    グリーンルーム
    ホワイト・バレット
    手紙は憶えている
    ロスト・バケーション
  • オマールの壁
    ディーパンの闘い
    グリーン・インフェルノ
    ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲
    キングスマン
    ジュラシック・ワールド
    チャイルド44 森に消えた子供たち
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • アンコントロール
      『アンコントロール』というデンマーク映画を観たのですが、ジャンルとしては限定空間サバイバルポリスアクションなのに全編ホラー以外の何物でもない不穏さと緊張感がずっと続き、キャラクターの役割逆転というひねりもあり、ジョン・カーペンター門下生の最優秀教え子みたいな作品だった。
      いいね
    • ゲット・アウト
      『ゲットアウト』、ホラーと黒人コメディの組み合わせはこれまでなかった、と思う。うまくいってた。一番良いのは主人公の友達のデブちんが警察に相談しにいくシーンで、ここは100%コメディだった。
      いいね
    • ブレードランナー 2049
      『ブレードランナー2049』、あぁやっぱり空撮っていいなぁと何度も思いました。ブラスターと飛行艇の存分な活用が、リドリー版オリジナルで感じた不満を解消してくれた。ディストーションをかましたシンセサイザーの使い方でハンス・ジマー若々しいなと思った。#ブレードランナー2049
      いいね
    • 全員死刑
      『全員死刑』は遊佐さん継田さん西村さん千葉さんと、お世話になっていたりお世話になった人がたくさん関わっていて、小林監督は実にめぐまれたスタートを切ったと思います。
      いいね
    • アトミック・ブロンド
      『アトミックブロンド』半分くらいまで「こりゃ外れだったな」と思いつつ見ていたが、機密情報を頭に入れた男が撃たれて大出血しているのによろよろ階段を上ってきて主人公に「2人来たぞ」と教えてくれた所から至福の流れになった。しかもこの男、主人公が死闘の最中にガムテープで止血してて 最高。
      いいね
    • 海底47m
      『海底47m』、夏の夜にひんやりとしたがら空きの映画館で「楽しいバカンスになるはずだったのに絶体絶命」系のホラー映画を観ることの楽しさを改めて教えてくれます。この手の映画を観る度に自分の作品ももっとシンプルで力強いものにしなければと思います。錯綜系群像劇は失敗しやすい。
      いいね
    • バイバイマン
      『バイバイマン』を観て思ったんですが、バイバイマンを「孤独死するかもしれない」とか「年金もらえずホームレスになるかもしれない」みたいな「不安」に置き換えると、考えまいとしてもそのことしか考えられなくなったあげくにとち狂った暴発的行動に出てしまうというのは結構説得力あります。
      いいね
    • ジョン・ウィック:チャプター2
      『ジョン・ウィック チャプター2』、同一人物による複数の場所での殺し屋返り討ち描写を順番に見せるのではなく並列で見せてしまうあの編集、自由で良いです。
      いいね
    • 皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ
      『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』、特撮超人ヒーローが出てきても血の匂いがプンプンのイタリアンクライムヴァイオレン映画であり、そこが良い。私はあの高利貸し軍団が憎めない。無礼者には金貸さないってまっとうじゃありませんか。
      いいね
    • 聖ゾンビ女学院
      5/27公開の虹コン主演『聖ゾンビ女学院』(劇伴 戸梶圭太)に「虹コンの反乱を助けるなんかいい味出してる小柄なハゲの役者がいるなぁ」と思ったら、それはワニ完才氏です。かつて私の自主映画に欠かさず出演してもらい、バラバラに刻まれて宅配便で送られたり(でもまだ生きてる)もしました。
      いいね
    • 聖ゾンビ女学院
      本日、私がまさかの映画音楽家になった虹コン主演『聖ゾンビ女学院』の完成披露試写会でした。私が作った電子音楽を含め、すべてがしっかりと細かいところまで行き届いた映画品質に昇華しておりました。27日の公開初日にまた観ます!
      いいね
    • 聖ゾンビ女学院
      昨日のことになってしまいましたが、虹のコンキスタドール、メジャーデビューおめでとうございます。主演映画『聖ゾンビ女学院』のヒットを切に願っております。
      いいね
    • 聖ゾンビ女学院
      おお、予告編にもちょっと私の電子音楽使ってもらえていて嬉しいです。5月公開! アイドルグループ・虹のコンキスタドール初主演映画『聖ゾンビ女学院』予告編 https://t.co/IKlzvre2oO
      いいね
    • グリーンルーム
      『グリーンルーム』最大の敵が、勝ち目なしと悟るとぷいっと背を向けて歩き出すという、ある意味ひどく子供じみた行動に出るのが上出来の演出でした。
      いいね
    • グリーンルーム
      『グリーンルーム』、戦術脱出映画として屈指の出来でした。パンクバンドライブシーンでスローモーションにしてバンドの音を消してアンビエント流すってなかなか大胆な試みだよ。
      いいね
    • ホワイト・バレット
      ジョニー・ト―監督『ホワイトバレット』。あの野郎絶対殺す!→撃つ→銃が誤作動→撃つ→また誤作動→運命の導きを感じる?→結局助ける、というところにこの監督の「大人」を感じた。引き金を引く前に思いとどまらせなかったのが素晴らしい。
      いいね
    • 手紙は憶えている
      そういえば来週末に『手紙は憶えている』が公開されますね、ラストのどんでん返しよりも、人種差別主義者で離婚二回の中年保安官捕と過ごす午後のひとときのあの素晴らしいシーンを楽しんでほしいです。
      いいね
    • 手紙は憶えている
      試写で『手紙は憶えている』を観させていただいたのですが、地味な大傑作と呼びたいです。個人的には元ナチだった父親を誇りにしている離婚歴二回の中年保安官補のキャラが大好きです。あの嫌な緊張感に満ちたシーン最高です。
      いいね
    • ロスト・バケーション
      『ロスト・バケーション』観ました。 ①登場人物の数は必要最低限。 ②大切な情報はさらっと冒頭に提示。 ③自分勝手な行動が起こした結果は全部自分で責任を負う。 ④劣等感とかわだかまりの解消はあくまでついでの扱い。 というわけで私が好きなタイプの作品です。アカデミー賞助演海鳥賞。
      いいね
    • オマールの壁
      『オマールの壁』、観客をそこそこミスリードした感じ結末が良い。甲乙つけがたい卑怯者のどちらを撃ち殺すか考えたら、まぁ確かにこっちだなと。
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      akafundosi
      2102movies / tweets

      follow us