TOP >Kubric2001マイページ

Kubric2001

さんのマイページ
Kubric2001
つぶやいた映画
669 本
総ツイート
717 件
マイページ閲覧数
5,526 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
669 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ヒトラーに盗られたうさぎ
    アーニャは、きっと来る
    家なき子 希望の歌声
    泣く子はいねぇが
    フード・ラック!食運
    水上のフライト
    ストックホルム・ケース
  • 461個のおべんとう
    おらおらでひとりいぐも
    PLAY 25年分のラストシーン
    ザ・ハント
    パピチャ 未来へのランウェイ
    罪の声
    レディ・マクベス
  • 空に住む
    キーパー ある兵士の奇跡
    朝が来る
    靴ひも
    スパイの妻
    博士と狂人
    薬の神じゃない!
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • アーニャは、きっと来る
      『アーニャは、きっと来る』ピレネー山脈が美しいこと。珍しくドイツ兵がそこまで悪人に描かれていないのに好感。この時代の色々な所で人々が手を尽くし危険を感じながらもユダヤ人を助ける話には、人として嬉しく思うけれど少しだけ平板な作りかな。
      いいね

      普通
    • PLAY 25年分のラストシーン
      『PLAY 25年分のラストシーン』25年間撮りためた映像を編集した青春成長恋愛物語。不器用さも喧嘩時も悪ふざけした時も、事実の力で伝わるけれど、彼らの生活から消えた人達はどう感じるのかと少し心配。常にカメラを回す友人は私は厭だな。
      いいね

      普通
    • 泣く子はいねぇが
      『泣く子はいねぇが』後で思えば、冒頭のポトンと落ちる正月飾りがこの男を象徴していた。頼りない、先を考えない。早く大人になりなよ。逃げるなよ。それでも寄り添う友人がいるのは幸運。ラストのなまはげ仮面の下での雄叫びは覚悟の表れですよね。
      いいね

      良い
    • ヒトラーに盗られたうさぎ
      『ヒトラーに盗られたうさぎ』まだ戦前だから兵士も出ないし、陽光で暗さはない。でも迫ってくるナチスから逃れ先の見えない生活を強いられる家族を、9歳の娘の目で描き、前向きで瑞々しい感性に清々しさと勇気を貰う。子供は親が思うより大人だな。
      いいね

      良い
    • 生きちゃった
      『生きちゃった』言葉にしないと伝わらず、言葉を求める人。そして優しさともとれるが、弱さとも狡さともとれる言葉にしない人。ラストの、全エネルギーをかけたあの叫びをどうして小出しに出来なかった?主要三人の濃密な演技が息苦しい程でした。
      いいね

      良い
    • フード・ラック!食運
      『フード・ラック!食運』グルメサイトやリポーターをチクリとしつつ、料理人達の熱い思いに、そこに母息子物語絡め思わずホロリ。美味しい笑顔は母にとって最高のエネルギーです。焼肉を食べたくなること間違いなし。空腹時は観ない方がいいですよ。
      いいね

      良い
    • 水上のフライト
      『水上のフライト』下肢不自由になったアスリートの復活物語。気の強さ、一瞬素で頑張る顔をのぞかせる中条さん、好感がもてます。話は予告以上でも以下でもない(褒めてます) あまりに大道過ぎて、学校で観賞するようなこそばゆさは否めないかな。
      いいね

      良い
    • おらおらでひとりいぐも
      『おらおらでひとりいぐも』独居老人74歳の日常あるある。心の中の3人衆も楽しく、笑いもある。孤独ととるのか自由ととるのか、そこは大いなる自由と捉えたい。でも、少し老けすぎじゃない?晩婚高齢出産でもないのに娘の年齢とかも少し違和感。
      いいね

      普通
    • 家なき子 希望の歌声
      『家なき子 希望の歌声』世間には善い人も悪い人もいるし、旅芸人の親方ヴィタリスや、育ての母親のように深い愛情で助け見守る人もいる。苦しさ悲しみの先に幸があって良かった。美しい景色、衣装、忠実愛らしい動物も見所。子供たちにぜひ。
      いいね

      普通
    • 461個のおべんとう
      『461個のおべんとう』意地でも何でもいい。続けることが大事。それで父子の間は埋まっていったのだから。何でも楽しんでしまうお父さんに、イノッチがあまりにはまっていて観ているこちらも楽しくなる。銅製の卵焼き器がほしくなりました。
      いいね

      良い
    • ストックホルム・ケース
      『ストックホルム・ケース』ストックホルム症候群の語源になった事件がベース。とても興味ある現象だけど、ややコミカルに纏めたためか、事件までの背景が簡略化されているためか、弛い感じで纏まってしまい少し残念。イーサンもノオミも良いのにな。
      いいね

      普通
    • ザ・ハント
      『ザ・ハント』あり得ないヒエラルキーの中の人間ハント。皮肉もチラホラ、グロさもなかなか。でもどこか、特に最後のバトルは女性ならではの理解と笑いも。難しい事を考えずに映画として楽しめ、最後はスカッと。キャビアの話の回収は嬉しい。
      いいね

      良い
    • パピチャ 未来へのランウェイ
      『パピチャ 未来へのランウェイ』暗黒10年のアルジェリア。女は家で祈っていろ。仕事は男の許しが必要。外国語の勉強は不要。さらに性欲抑制の為に臭化カリウム入り食事は驚くばかり。その中夢も母国をも捨てず戦う姿が物凄い熱量で押し寄せます。
      いいね

      良い
    • 罪の声
      『罪の声』知らぬ間に犯罪に加担していた事を知る怖さ。35年の時を埋めていく新聞記者と声の主の丁寧な調査は、パズルを埋めていくよう。事件の真相はちょっと意外には感じたけれど、学生運動と昭和の総括でした。多彩な出演者も楽しめます。
      いいね

      良い
    • 空に住む
      『空に住む』タワマン39階まさしく雲の上。そう雲の上のお話。主人公のふわふわ揺れ動く心情と、明確化されない悩みに飲み込まれ、地に足つけて踏み出すまで時間がかかった。壁の無い寝室、常に留めのない笑顔を振り撒く叔母さんが気になる。
      いいね

      普通
    • ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ
      『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』サンフランシスコの歴史もサラッと読んだ。なるほど。過去のことは分かった。でも、感情や思い入れだけでこのようなことをするのは作品として?でした。何が伝えたいのか少し疑問でした。
      いいね

      普通
    • キーパー ある兵士の奇跡
      『キーパー ある兵士の奇跡』戦争責任は誰まで、そしてどこまで負わないといけないのでしょう。救えなかった幼子の命の重みを常に感じながら、自らの過去への赦しと、元ナチス兵を受け入れるイギリス国民の許し。葛藤と素敵な恋愛物語と共に感動的。
      いいね

      良い
    • レディ・マクベス
      『レディ・マクベス』見覚えある絵画の様な屋敷で幽閉状態の若妻。常に画面中央に位置する彼女の瞳は失望、悦びそして悪と変化。抑圧の結果の反動か、内なるものが目を覚ましたのか。フローレンス・ピューが圧巻の演技。音楽が無いのも効果的でした。
      いいね

      良い
    • 朝が来る
      『朝が来る』不妊の結果養子をとる夫婦と、養子に出す若い親。デリケートな話だし、観る側も受け取り方は様々かと。河瀬監督は、あの長めの間と光の使い方で想いを伝えたがるが、今回はなぜかそれがあざとく感じてしまった。原作はどうだったのかな。
      いいね

      普通
    • 薬の神じゃない!
      『薬の神じゃない!』前半の、背に腹的からウハウハの緩い流れから、後半の見た目もビシッとして社会派ドラマに変わる流れが凄まじかった。国は薬は誰の為の物かを考えるべき。実話ベースで、今の中国でここまでの作品を発表出来るようになったのね。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      GD_momoco
      2299movies / tweets

      follow us