TOP >Kubric2001マイページ

Kubric2001

さんのマイページ
Kubric2001
つぶやいた映画
440 本
総ツイート
470 件
マイページ閲覧数
3,689 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
440 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 風をつかまえた少年
    守護教師
    よこがお
    アルキメデスの大戦
    ペット2
    存在のない子供たち
    工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男
  • 天気の子
    さらば愛しきアウトロー
    ハッピー・デス・デイ 2U
    シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢
    ワイルドライフ
    ゴールデン・リバー
    Girl/ガール
  • ニューヨーク 最高の訳あり物件
    COLD WAR あの歌、2つの心
    ハッピー・デス・デイ
    凪待ち
    スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム
    新聞記者
    アマンダと僕
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 守護教師
      『守護教師』UFOキャッチャーで⤴️る姿も、正義感バリバリで筋肉使う姿も変わらずドンソクはいい。ユジンは高校生故か、自ら黒い部分に足を踏み入れて行くじれったさ。それにしても韓国の賄賂の横行、隠蔽は相変わらずですな。#eiga
      いいね

      普通
    • 風をつかまえた少年
      『風をつかまえた少年』実話。勉強はいいから耕せと言う父。でも、飢饉を救ったのは結局勉強だった。学校に行かせたくて頑張った父だが、それも叶わなくなり、政府の在り方と共にアフリカの実情を突きつけられた。夏休み、学生に観てもらいたい作品。
      いいね

      普通
    • 工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男
      『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』中盤から俄然面白くなる。実在の工作員、でもフィクションと言うがどこまでが事実かと考えるとハラハラ。駆け引きに次ぐ駆け引き、そして裏もあり。ラストの国を越え、会話無き友情シーンは胸熱
      いいね

      良い
    • よこがお
      『よこがお』確かに筒井真理子さんはシャーロット・ランプリングかも。静かにでも激しく観ている人の感情を揺さぶり掴んでゆく。誰がおかしいではなく、皆が持つ様々な感情をどう表現するか、しないか、また表裏一体な感情のえげつなさも恐ろしい。
      いいね

      良い
    • アルキメデスの大戦
      『アルキメデスの大戦』菅田将暉さん柄本佑さん二人共はまっていた。嬉々として計算し、奔走する流れは楽しく進むが、軍内での争いと薄い内容になったな思っていたら、この作品の本質は最後だった。敗戦を見越し落とし処のため、結局戦争に荷担か。
      いいね

      普通
    • ハッピー・デス・デイ 2U
      『ハッピー・デス・デイ 2U』前作にSF要素を加えまたまたタイムループ。ツリーも一段と逞しくなったようだし、仲間も増えている。お母さんへの想いも絡むが前作ほどのドキドキ感やハラハラ感は減少。続編の難しさでしょうね。#eiga
      いいね

      普通
    • 存在のない子供たち
      『存在のない子供たち』ドキュメンタリーかと思うような、貧困層の子供達の負の連鎖の厳しい現実をつきつけてくる作品だった。子供は神様の贈り物と言う母親の、贈り物の意味は私達のとは根本的に違う哀しさ。苦しい観賞だがラストは少しばかり光が。
      いいね

      良い
    • ペット2
      『ペット2』3つの話が同時進行し、ちゃんと収まる手腕はなかなか。かわいく愛らしいのもいればなかなかの策略家もいる動物たち。使命感に燃えるマックスの姿は確かに少し前のサラリーマン的かも。でも、大人が観るにはちょっと物足りないかも。
      いいね

      普通
    • クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代
      『クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代』エゴン・シーレの変態的とも言える女性の描き方が興味深かった。いい男ゆえにできた部分もあるんだろうな。芸術に女性と色気は不可欠か。当時のオーストリアの様子と共に、観光気分も味わえます。
      いいね

      良い
    • 天気の子
      『天気の子』ただ、帆高が家出した理由が分からず、その部分では少しもやもやが残ります。そして、スポンサータイアップがたくさんあるのは承知だが、露骨に商品名が不自然に描かれ、現実に戻される部分は残念です。
      いいね
      評価
      なし
    • 天気の子
      『天気の子』このSFファンタジーのストーリーを受け入れられるかどうかは置いておいて、ひたすら一途になれる帆高がただただ眩しかった。もう私は味わうことはないだろうと。丁寧な画も音楽も良かったし、よく知る街がきちんと描かれ萌えます。
      いいね

      良い
    • ハッピー・デス・デイ
      『ハッピー・デス・デイ』タイムループ物のホラーと構えて観ていたけれど、良い意味で裏切られた感じ。少しだらしない女子大生が、何度も死にながらも少しずつ成長するのも微笑ましい。ドキッとはするけれど笑いもくれる青春学園物でした。楽しい🎵
      いいね

      良い
    • COLD WAR あの歌、2つの心
      『COLD WAR あの歌、2つの心』音楽は文句なしにいいし、モノクロ故の情感も伝わる。常に不機嫌そうなズーラもいいけれど、結局ヴィクトルとの主導権争いに終始した感じで、冷戦下だから絵になるが話自体は普通かも。監督の両親の話なのね。
      いいね

      良い
    • ゴールデン・リバー
      『ゴールデン・リバー』金採掘の争いかと思いきや、殺し屋兄弟の話だった。原題の方がいい気がする。家庭問題が流れ、考え方の違いに折り合いをつけながらも弟を支える兄J・C・ライリーが好演。そして、二人の帰る家、人があって本当に良かった。
      いいね

      良い
    • ワイルドライフ
      『ワイルドライフ』息子目線だが、三人の心情が丁寧に描かれ伝わってくる。家族が崩壊していく様なんて、お母さんの女の顔なんて見たくなかっただろうに。ラストは最後の記念ではなく家族修復への一縷の望みと思いたい。初監督作品とは思えない出来。
      いいね

      良い
    • さらば愛しきアウトロー
      『さらば愛しきアウトロー』レッドフォード老けました。深く数多い皺が悲しく、哀愁漂い、でもやはりダンディーで素敵。途中、昔の映像や若い時の写真が出るがカッコいい。「楽しく生きる」の役に共感できたかな。引退作で納得です。有終の美に。
      いいね

      良い
    • シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢
      『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』皆人生難有り、不調だし癖もある。水着姿もイタイけれど、やり抜くことで違った景色が見られると教えてくれるスポ根物。笑いながらも最後はかなり感動。自分も何かこれからでも始めなきゃと思った。
      いいね

      良い
    • スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム
      『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』マーベル作品はあまり興味が湧かないけれど、スパイダーマンだけは楽しい。ヒーローとしての成長と学園物としての胸キュンも味わえ、親しみを感じる。苦悩顔をするジェイク・Gが好きだが、こちらもいい。
      いいね

      良い
    • ニューヨーク 最高の訳あり物件
      『ニューヨーク 最高の訳あり物件』40才でブランド立ち上げ、高いヒール履いてスタイルを常に意識するのも、家庭に入っていた中年女性が再び職を得て社会復帰するのも辛く、笑いよりも女の生きづらさを思ってしまった。ラストは丸く収めたな。
      いいね

      普通
    • Girl/ガール
      『Girl/ガール』家族も認め、手術も決まっているし、バレエ学校にも入れた。それでも才能の壁に同級生の好奇心、テーピングに水分の我慢諸々現実は厳しく、観ていて苦しくなる。そして衝撃の最後は、解っていた気でいた自分が恥ずかしくなった。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....