TOP >Kubric2001マイページ

Kubric2001

さんのマイページ
Kubric2001
つぶやいた映画
544 本
総ツイート
585 件
マイページ閲覧数
4,504 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
544 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~
    1917 命をかけた伝令
    グッドライアー 偽りのゲーム
    前田建設ファンタジー営業部
    ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
    男と女 人生最良の日々
    嘘八百 京町ロワイヤル
  • AI崩壊
    9人の翻訳家 囚われたベストセラー
    無垢なる証人
    ロマンスドール
    イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり
    リチャード・ジュエル
    私の知らないわたしの素顔
  • ジョジョ・ラビット
    ラストレター
    フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて
    ダウントン・アビー
    フォードvsフェラーリ
    パラサイト 半地下の家族
    テッド・バンディ
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 1917 命をかけた伝令
      『1917 命をかけた伝令』単純な話なのに長回しで溢れる臨場感で前半は緊張。皆の気概が伝わる。アカペラの『Wayfaring Stranger』の切なさ、織り込まれたエピソードも良く、何を信じ求め戦ったのか、戦争の愚かさがひしひし。
      いいね

      良い
    • グッドライアー 偽りのゲーム
      『グッドライアー 偽りのゲーム』ヘレンですもの、簡単にはいかないと分かってはいたが、ここまで手が込んでいたとは。簡単に預金が動かせる驚きと、動機の恨みが頗る深い。男たちよ乙女心を甘く見るな、ですな。老練二人で見応え充分でした。
      いいね

      良い
    • グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~
      『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』ケラリーノさんの戯曲を映画化したせいか、どうも舞台を見せられている感覚になる台詞と展開が気になった。小池栄子さんは美しいしけれど、わざわざダミ声にしたり、がさつさは無理があるし、必要かな?
      いいね

      普通
    • 男と女 人生最良の日々
      『男と女 人生最良の日々』あの『男と女』と同じ監督キャストで53年後を描くなんて、なんて素敵なんでしょ。老いて良いことばかりでなく哀しくもあるけれど、あの曲で昔の映像が織り混ぜられるとしばし夢の世界へ。そして現実を受け止めようと。
      いいね

      良い
    • 嘘八百 京町ロワイヤル
      『嘘八百 京町ロワイヤル』中井貴一と佐々木蔵之介のやり取りも磨きがかかり、しっかり人情もあり、話も読めるのに飽きさせない楽しさ。そして個人的には塚地さん演じるの学芸員が最高。そして中井貴一さんの老眼鏡が気になる。
      いいね

      良い
    • AI崩壊
      『AI崩壊』AIに精通している人は何かと言いたい点もあるかと思うが、ひょっとしたらあるかもののレベルの危機を感じながら、アナログな私は充分楽しめた。長寿社会と出生率低下は危険な発想にも繋がるかもしれない。娘のくだりはちょっと満腹感。
      いいね

      良い
    • 私の知らないわたしの素顔
      『私の知らないわたしの素顔』年下彼氏にフラれ、年齢を偽りバーチャル恋愛にのめり込むイタイ50女の話かと思えば、そこに乗せてくる新たな話、嘘、真実がじわじわと押し寄せゾクゾクしてしまった。恐いのは若さと恨みと嫉妬かな。
      いいね

      良い
    • 前田建設ファンタジー営業部
      『前田建設ファンタジー営業部』いやぁ面白かった。マジンガーZも懐かしかしい。萌えポイントが見つかり、オタク熱が伝播し、皆が大真面目に格納庫作ろうとするんだから、何やってるのよ、と思いながらもこんな熱い仕事出来たら最高じゃない。
      いいね

      良い
    • 無垢なる証人
      『無垢なる証人』発達障害は精神病なのか、証言が認められるのかと少々きつい現実を突きつけられる。自閉症にも色々あるが稀有な能力にも驚かされる。心を通わせ、本来の良心に目を向ける弁護士の決断も立派。法廷物だけはない奥行きがすごい。
      いいね

      良い
    • 9人の翻訳家 囚われたベストセラー
      『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』地下のシーンが多くて暗いシーンが多いし、整然と並べられた机もあって息苦しさ、緊張感が漂っていた。お金と綿密な計画とデジタルな仕掛けだけど、動機はとても心情的でそのギャップに少しだけ違和感。
      いいね

      良い
    • ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
      『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』真相は早い時点で分かってしまうけれど、そこからの回収が楽しく、容疑者とされる人物が案内役になるのも面白い。個性溢れる役者陣の大袈裟な位の表情も目をひく。でも、一番の謎は大作家の行動でしょ。
      いいね

      良い
    • ジョジョ・ラビット
      『ジョジョ・ラビット』ポップでキュートで少しシニカルなファンタジー。「踊る」の一語に正義と希望と明るい未来を詰めたお母さんの素晴らしさ、最後のサム将校のカッコよさ、ヨーキーとの変わらぬハグ。妄想アドルフも吹き飛び見事なラストと余韻!
      いいね

      良い
    • ロマンスドール
      『ロマンスドール』工場見学の様な楽しさはあった。ピエール瀧もきたろうも良かった。中盤までは楽しめたけれど後半は商魂逞しいただの変態の話では?それを夫婦の尊い愛みたいな体で押しつけてきて鬱陶しかった。職人、経営の話にした方が面白そう。
      いいね

      残念
    • フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて
      『フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて』デニムにピーコート姿がさまになってカッコいいおじさん達。漁師には接がれた歌があり、絆があり、皆が集まるパブがある。実話だから、良い結果になる確信と共に、ほのぼの観られます。
      いいね

      良い
    • リチャード・ジュエル
      『リチャード・ジュエル』実話ベース。本当に冤罪はこうして作られんだと恐怖。煽り記者に結果ありきのFBIの捜査。「言うな」と弁護士に言われても話してしまうリチャードの真面目さ人の好さ、処世術の無さも悲しい。地味だけどじわりと響く。
      いいね

      良い
    • イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり
      『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』科学者の探究心ゆえか、ジェームズは少し頑固すぎない?後半俄然面白くなり、高い所が苦手な私にはビクビクするシーンが沢山。ほとんどが気球のシーンで映画より舞台を観ている感覚に近いかも。
      いいね

      普通
    • パラサイト 半地下の家族
      『パラサイト 半地下の家族』予想だにしなかった展開、可視化できない匂いをパワーワードに据えるあたり、テンポの良さも良かった。 でも、終わり方は残念かと。この家族の狡猾で小賢しさばかりがフィードバックされた気分に陥ってしまいました。
      いいね

      良い
    • フォードvsフェラーリ
      『フォードvsフェラーリ』低いアングルの走行シーンは臨場感溢れ、是非とも大画面でと思う。車を介しての男の友情信頼も響くし、レース終盤の男の子が大人になるのもいいよね。平日昼間でも男性が半分以上って、やはり車って男のロマンなんだなぁ。
      いいね

      良い
    • ラストレター
      『ラストレター』なんだろう、どこか薄いフィルターがかかっているような、あるいは編集されたテレビの密着物を見させられているような感覚。そしてトヨエツのシーンから急に映画になった感じだった。素敵なお話だけど、留めの足りない書みたい。
      いいね

      普通
    • ダウントン・アビー
      『ダウントン・アビー』TVシリーズ未見でも充分楽しい。景色、屋敷調度品、貴族達の本音にゴタゴタも全く違う世界だからか新鮮。また、王室の衣装係の気持ちも分かるが、誇りを持って従事し、画策する使用人達がまた素敵。貴族も財布は大変なのね。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....