TOP >Kubric2001マイページ

Kubric2001

さんのマイページ
Kubric2001
つぶやいた映画
728 本
総ツイート
779 件
マイページ閲覧数
6,169 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人
2019年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
728 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ファーザー
    海辺の彼女たち
    グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告
    ブックセラーズ
    SNS 少女たちの10日間
    約束の宇宙
    アンモナイトの目覚め
  • ドリームランド
    ザ・バッド・ガイズ
    BLUE/ブルー
    ザ・スイッチ
    椿の庭
    砕け散るところを見せてあげる
    街の上で
  • ホムンクルス
    JUNK HEAD
    スプートニク
    旅立つ息子へ
    水を抱く女
    テスラ エジソンが恐れた天才
    SLEEP マックス・リヒターからの招待状
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ファーザー
      『ファーザー』②時系列の乱れは勿論、人の顔が判別できない、自分が何処にいるか分からない。時に高いプライドも顔を出す。時に頭もシャンとする。そんな不安定でな様子、ラストの退行現象を表す時のA・ホプキンスの演技はもう神かかっているよう。
      いいね
      評価
      なし
    • ファーザー
      『ファーザー』①認知が進むアンソニーから見る世界と現実の世界が織り混ざって進むお話ゆえ、少々混乱するもそれはアンソニーと共に認知症の経験を味わうことに。今は娘アンの側だけど、いずれアンソニー側になるかもと思うと、何とも苦しく悲しい。
      いいね

      良い
    • 海辺の彼女たち
      『海辺の彼女たち』技能実習生の実態。正直目新しい内容ではないが、少ない台詞に拙い日本語、ドキュメンタリー風の作りで、情報ではなく彼女達の心情が押し寄せてくる様でした。最後は、選択肢が有るわけではなく決断するだけだったのが悲し過ぎ。
      いいね

      良い
    • SNS 少女たちの10日間
      『SNS 少女たちの10日間』3人の女優が12歳と偽っての検証ドキュメンタリー。まぁ、支配欲にまみれたキモい男達が想像以上にわんさか。成人女優とてキツイ日々で、善き青年登場で思わず涙するシーンが印象的。運営サイトにも責任課さないと。
      いいね

      良い
    • ザ・スイッチ
      『ザ・スイッチ』スクールカースト底辺のJKと殺人鬼の入れ替わり物。冒頭の日付ネタから始まる笑いも沢山で、グロいシーンが上手にミックスされ、スプラッター苦手な私も存分に楽しめました。入れ替わったJKの体に一切興味を示さない殺人鬼にもw
      いいね

      良い
    • グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告
      『グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告』部屋を巡って孫とのかわいくも激しい戦い。その中で仕事への思いに戦争について語る言葉に実は重みが。デ・ニーロが今まで演じてきた役も踏まえ、とっても微笑ましく平和な気持ちになれまます。
      いいね

      良い
    • ザ・バッド・ガイズ
      『ザ・バッド・ガイズ』ドンソクさんが囚人服でミシンをかけているだけで、さらにはBGM付き人工呼吸シーンは笑える。この人達も罪人だけど、さらなる悪人を懲らしめる痛快さ。そして彼が出ていると、激しくやりあってもどこか安心なのよね。
      いいね

      良い
    • ドリームランド
      『ドリームランド』1930年代の痩せた土地に砂嵐のテキサスが舞台。閉塞感の中ここではない何処かを夢見ている少年ユジーンに美しい犯罪者。挟まれる海や空も美しいが決してドリームランドには見えない哀しさ。切なくやるせなく美しい物語でした。
      いいね

      良い
    • 約束の宇宙
      『約束の宇宙』ママさん宇宙飛行士ってこんなに居たのね、とERで。宇宙に向けての精神的肉体的な苦労だけでなく、夢を実現するために女性は母性にも克たなくてはいけないのね。なんてこった。でも、ルールより母性が勝ってしまうのはどうなの。
      いいね

      普通
    • 街の上で
      『街の上で』良い意味でこのポスターのイメージと内容は違っていた。下北沢に本当に居そうな人達、その人達の繋がりも興味深いけれど、世代の違いかな、そう考えるんだぁそういう思考回路になるんだと、少しの驚き発見と共に笑いありの会話劇でした。
      いいね

      良い
    • ブックセラーズ
      『ブックセラーズ』試写。ディーラー、書店主にコレクターと様々な人が登場し本への愛を語り、稀少な本も登場。本好きな人には堪らない作品かと。コレクター達は、デジタルでは得られない、本自体の物語を買うという姿勢が素敵。ERも是非最後まで。
      いいね

      良い
    • BLUE/ブルー
      『BLUE/ブルー』勝てないのに、パンチドランカーなのに、女の子にいいとこ見せたかっただけなのに。三者三様の生きざま、伝わる心情をを見ていると、男ってのは・・と半ば呆れ、そしていとおしくなってしまう。淡々としているが熱い余韻です。
      いいね

      良い
    • 椿の庭
      『椿の庭』移ろいゆく四季に小さな生き物達。馴染んだ家と庭を手放す哀しさ辛さが台詞ではなく、丁寧な画で伝わってくる。退屈に感じる人も多いかもだが、年齢を重ねた私には響きました。そして富司純子さんの全ての所作が美しかった。
      いいね

      良い
    • JUNK HEAD
      『JUNK HEAD』ERに並ぶ掘堀堀・・もうおかしいでしょ。何から何までを1人で7年の歳月をかけてやってしまうなんて。人間の欲を突き詰めるとこんな世界になるのかもと思うシュールな設定も不気味キャラもくせになりそう。この情熱は圧巻。
      いいね

      良い
    • アンモナイトの目覚め
      『アンモナイトの目覚め』母は病み、男社会で片隅に追いやられた古生物学者と、心に傷を負う若い妻、これを演ずる二人の女優の見応えある演技。波や風雨に雷の自然の音と共に孤独に嫉妬に熱情、無粋に繊細等が押し寄せてきては共鳴するようでした。
      いいね

      良い
    • SLEEP マックス・リヒターからの招待状
      『SLEEP マックス・リヒターからの招待状』屋外に聖堂に並んだベッド。眠りのための200枚の楽譜8時間に及ぶ演奏の労力と充足感。聴き手側もトランス、新鮮と捉え方も様々だけど、睡眠中の新たな感覚があるみたい。是非良い椅子の劇場で。
      いいね

      良い
    • きまじめ楽隊のぼんやり戦争
      『きまじめ楽隊のぼんやり戦争』理由も分からず、川向こうの町と9時5時で戦争をし、登場人物は表情を抑えた動きと話し方。この町に道徳や倫理は有るのか無いのか、とてもシュールで不気味でシニカルで最後は訴えてくる。見る人を選ぶ作品かなと。
      いいね

      普通
    • ホムンクルス
      『ホムンクルス』原作が漫画のせいか、左目で見える姿はどうしても違和感。話は面白いけれど、少し粗いと言うか無理やり収めたって感じは拭えない。それでも安定の綾野剛と、成田凌のちょっといっちゃっている演技のオンオフだけでも楽しめました。
      いいね

      普通
    • 旅立つ息子へ
      『旅立つ息子へ』障害を持った子を抱える家庭では、大なり小なり葛藤があることでしょう。子の幸せを願っても方法は違う。それ故の親子の逃避行。子離れ出来ないだけでは片付けられない父親の移ろい行く表情が涙腺を刺激するも、結末は爽やかでした。
      いいね

      良い
    • 水を抱く女
      『水を抱く女』主人公のウンディーネは、愛する男に裏切られた時、相手を殺して水に還らなければいけない水の精の名前らしい。その通り、儚く切なくミステリアスそしてダークなファンタジーでした。恋は人を狂わせ、何をさせるか分からないものね。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      xxtonchiki
      3385movies / tweets

      follow us