TOP >LUCKYCL06401923マイページ

LUCKYCL06401923

さんのマイページ
LUCKYCL06401923
つぶやいた映画
123 本
総ツイート
127 件
マイページ閲覧数
1,096 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

LUCKYCL06401923さんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
123 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • PLAN75
    メタモルフォーゼの縁側
    FLEE フリー
    オフィサー・アンド・スパイ
    犬王
    トップガン マーヴェリック
    チップとデールの大作戦 レスキュー・レンジャーズ
  • ハケンアニメ!
    バブル
    流浪の月
    シン・ウルトラマン
    マイスモールランド
    死刑にいたる病
    ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス
  • パリ13区
    カモン カモン
    マリー・ミー
    ハッチング―孵化―
    とんび
    キャスティング・ディレクター ハリウッドの顔を変えた女性
    TITANE/チタン
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • メタモルフォーゼの縁側
      『メタモルフォーゼの縁側』BL漫画を楽しむ女子高生と夫に先立たれたひとり暮らしの老婦人。この交流がこんなにも心温まるなんて。うるさすぎる日本映画に飽き飽きしていたので、こういうコミュニケーションだけの静かな映画が心地よかった。
      いいね

      良い
    • PLAN75
      『PLAN75』…75歳以上の⾼齢者に自ら死を選ぶ。しかしそこには社会が下した実質的な死の制裁という現実が存在する。邪魔な者は排除する。そうした社会が行き着く先は何だろうか。次は高齢者ではない。対象は拡大し続けるのだ。
      いいね

      良い
    • 流浪の月
      『流浪の月』…15年で人間は何か変わって、何が変わらないのかを考えさせる。それにしてもこの映画は俳優の演技で成り立っている。俳優にこそ称賛を送らないといけないのだが、この映画の演技で何か賞をとらないとおかしいのではないか。
      いいね

      普通
    • ハケンアニメ!
      『ハケンアニメ!』…最も成功したアニメの称号=「覇権」を取るため日夜熾烈な闘いが繰り広げられているという世界観のもとに集う熱意。この映画はその熱意でできている。邦画らしいワンプッシュな作品だった。
      いいね

      普通
    • FLEE フリー
      『FLEE フリー』…アフガニスタンで生まれ育っただけでなぜこれほどまでに苦しい思いをしないといけないのか。理不尽な世界。つい最近も日本では同性愛を揶揄するコメントを企業のSNSアカウントがしていた。繋がっている問題だ。
      いいね

      良い
    • 犬王
      『犬王』…唯一無二のエンターテイナーとして人々を熱狂させていく存在はまるでこの日本映画のありきたりな業界を破壊していくかのような体現者でもある。これほどまでに独創的な尖ったアニメーションを作れるというのはそれだけで価値がある。
      いいね

      良い
    • オフィサー・アンド・スパイ
      『オフィサー・アンド・スパイ』…映画は時代を映す鏡である。同時に監督を映す鏡でもある。監督がこのような題材を選ぶということは偶然ではない。その意味はきっと真面目で優秀な人ならすぐに推察できるものだろう。そうでなければ愚かだ。
      いいね

      残念
    • チップとデールの大作戦 レスキュー・レンジャーズ
      『チップとデールの大作戦 レスキュー・レンジャーズ』…とりあえず楽しそうにしているので、ふざけまくりの映像が見たい人はこれでしゅうぶん。ネタがわからなくても勢いでなんとかなる。チップとデールの可能性は無限大なのであった。
      いいね

      良い
    • トップガン マーヴェリック
      『トップガン マーヴェリック』…トム・クルーズがトム・クルーズしているだけで感動する。表舞台から遠ざかっていたマーヴェリックが帰ってくる。あなたはいつまでも私たちにとってはトップガンだ。ずっと空高く飛んでいってほしい。
      いいね

      良い
    • ハッチング―孵化―
      『ハッチング―孵化―』…おぞましいホラーか、それとも新しい関係性の芽生えだろうか。卵は大きくなりはじめ遂には孵化する。卵から生まれたそれは幸福な家族の仮面を剥ぎ取って、しまいには家族に何をもたらすのか。それは観客の想像力を試す。
      いいね

      良い
    • マリー・ミー
      『マリー・ミー』…ジェニファー・ロペスの神々しい姿を見ていたら、いつの間にかみんなハッピーになっていたというような映画でした。世界的ポップスターと平凡な数学教師の恋と結婚なのに、観客まで幸せにできるなんて、やっぱりスゴイ人。
      いいね

      良い
    • マイスモールランド
      『マイスモールランド』こういう映画に日本人なら観るべきと評価するのはあまりに言葉が雑すぎるかもしれないが、そういうふうに言わせてほしいと思ってしまう。それくらいしかできない自分が申し訳ないと反省するし、無関心は最大の差別なのだから。
      いいね

      良い
    • ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス
      『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』マルチバースで本格的に遊び始めたMCUは真面目になりすぎないバランスで観客にエンタメを提供する。これくらいの遊び方で最初はいいのではないか。予測つかないのも楽しい。
      いいね

      良い
    • シン・ウルトラマン
      『シン・ウルトラマン』脚本の粗さが気になる。それを無かったことにできるほどの脳内妄想で補えてしまうオタクなら気にしないだろう。つまりこれはオタクに依存して頼り切っている馴れ合い状態で成立しているので単体としてはイマイチだ。
      いいね

      残念
    • キャスティング・ディレクター ハリウッドの顔を変えた女性
      『キャスティング・ディレクター ハリウッドの顔を変えた女性』ハリウッド映画で黒人が登場するのはポリコレのせいだとぬかすような輩はこのドキュメンタリーを見た方がいいだろう。キャスティングはそんなに甘くない。歴史を学ぶべきだ。
      いいね

      良い
    • バブル
      『バブル』世界観設定もアニメーション表現もユニークなのに、ストーリーがとんでもなく平凡でありきたりで、何度見たかもわからない男女のセカイ系青春。もう日本はいい加減にこの構図から卒業しないとこの先の未来はないのではないか。
      いいね

      残念
    • カモン カモン
      『カモン カモン』人が人を尊重するということの難しさ、尊さ、未来への希望…そういうものがたくさん込められている。論破ばかりを重視する今の日本にも切実なテーマである。もっと人に寄り添い、苦しんでいる人の声を聞いていこう。
      いいね

      良い
    • TITANE/チタン
      『TITANE/チタン』歪すぎるモンスター映画と言えるかもしれない。交通事故により頭蓋骨にチタンプレートが埋め込まれた主人公という設定からは想像もつかないようなことが連続し、私たちの常識が揺さぶられていく。理解は必要ない映画だ。
      いいね

      良い
    • パリ13区
      『パリ13区』素晴らしい演出と抑えの効いたストーリーテリング。これぞ巧みではないだろうか。ジャック・オディアール監督の手腕も良いのだが、脚本家の成果も大きいのだろう。それぞれが互いの良さを引き出し合っている。調和のとれた良作だ。
      いいね

      良い
    • とんび
      『とんび』邦画の平凡さをどう語ればいいのかわからないが、もしそのような普通のフォーマットがあるのだとしたら、このような映画のことをいうのではないだろうか。人情という言葉に頼ってしまう日本映画の性質が見て取れる。
      いいね

      普通
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      ichiwheat
      5381movies / tweets

      follow us