TOP >MASAMEGUROマイページ

MASAMEGURO

さんのマイページ
MASAMEGURO
つぶやいた映画
74 本
総ツイート
86 件
マイページ閲覧数
490 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

MASAMEGUROさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
74 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 犬ヶ島
    SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬
    パティ・ケイク$
    レディ・プレイヤー1
    BPM ビート・パー・ミニット
    シェイプ・オブ・ウォーター
    リバーズ・エッジ
  • RAW 少女のめざめ
    ダンケルク
    散歩する侵略者
    ハクソー・リッジ
    20センチュリー・ウーマン
    マンチェスター・バイ・ザ・シー
    ゴースト・イン・ザ・シェル
  • ボヤージュ・オブ・タイム
    ラ・ラ・ランド
    ホームレス ニューヨークと寝た男
    タンジェリン
    グッバイ、サマー
    ストリート・オーケストラ
    シン・ゴジラ
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • BPM ビート・パー・ミニット
      浅田さんが『BPM ビート・パー・ミニット』を語る。見たいが京都なので行けないな。:【緊急】浅田彰さんトーク決定!『BPM ビート・パー・ミニット』 ‹ イベント ‹ https://t.co/EnYs3zFM6y
      いいね
    • レディ・プレイヤー1
      スピルバーグ監督『レディプレイヤー1』を観る。VRが大きな比重を占める近未来でVRと現実の両方でのスリリングな冒険譚。VRの魅力と危険性をスピルバーグはノリノリの映像力で描き、映画こそが最高のVRと言わんばかりの仕上がり。スピルバ… https://t.co/aHuwONPBHA
      いいね
    • SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬
      5月26日、鋤田正義さんと新宿・紀伊国屋本店でトークします。ドキュメント映画「SUKITA 」を巡る内容です。この映画、YMOの3人からジャームッシュ、ポール・スミスなど凄い顔ぶれが鋤田写真のことを語っているカルチャー好きど真ん中… https://t.co/8rCBQko8ue
      いいね
    • 犬ヶ島
      ウェス・アンダーソン監督『犬ヶ島』試写を観る。全編ストップモーション・アニメーションで製作に4年というのがよくわかる力作。近未来の日本を舞台に、少年と犬たちの冒険を描き、アンダーソンの美意識満載の誰も見たことのない映画に仕上がる。黒澤明へのオマージュもグッとくる。必見!
      いいね
    • SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬
      「SUKITA」絡みで鋤田正義さんはいくつかトークをやる予定です。公式サイトでチェックしてください。 https://t.co/MoINSyOoRd
      いいね
    • SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬
      映画『SUKITA』公式ブックが届く。写真家・鋤田正義さんのドキュメンタリーで、坂本龍一、布袋寅泰、MIYAVI、ジム・ジャームッシュ、ポール・スミス、山本寛斎らが鋤田さんとの仕事を語るカルチャー好きにはたまらない内容。そのブック… https://t.co/E6phWeLueO
      いいね
    • RAW 少女のめざめ
      仏女性監督ジュリア・デュクルノーの『RAW〜少女のめざめ〜』を観る。ベジタリアンの少女が獣医大学に通い出すところから肉食と性に過剰な興味を持ち変容していく様をスリリングに描く。同じフランスのギャスパー・ノエを彷彿させる美学的グロさを持つがより美意識が高い。ラストのインパクト大!
      いいね
    • リバーズ・エッジ
      行定勲監督の『リバーズ・エッジ』を観る。岡崎京子の名作漫画が持つエッジさと叙情性をいかに映像言語に変換するかという難問にかなり応えた仕上がり。日本のヤワな青春映画を粉砕するヒリヒリするようなリアリズム。2010年代が未だに「平坦な戦場」だと感じさせる現在性。
      いいね
    • パティ・ケイク$
      メルボルン往復で機内で見た日本未公開『パティ・ケイク$』が傑出した出来。ニュージャージーでどん底ライフを送るデブ女性ラッパーの話だが、最後に見事な盛り上がりを見せる。アメリカの底辺を毒もユーモアも満載で描く白人女性版「サイタマノラ… https://t.co/vPAC0TO9QA
      いいね
    • BPM ビート・パー・ミニット
      ロバン・カンピヨ監督『BPM ビート・パー・ミニット』試写を観る。カンヌ・グランプリ受賞作で、90年代のパリを舞台にエイズ撲滅のための活動団体ACT UPのゲイ・カップルを主人公に描く。日本では些細なドラマばかりがもてはやさせるが… https://t.co/ccQ4KmfLpD
      いいね
    • シェイプ・オブ・ウォーター
      『シェイプ・オブ・ウォーター』試写を観る。ギレルモ・デル・トロ監督だけに期待したが期待以上。60年代を舞台に水性人間と唖の中年女性とのロマンス。往年ハリウッド映画調のトーンとミュージカル音楽がハマり、今のVFXを用いた完璧な仕上げ。中年女性の性欲を正面から描いているのも今っぽい。
      いいね
    • ダンケルク
      「ダンケルク」 TOHOシネマズ 新宿のIMAXで観る。クリストファー・ノーラン監督ならではの徹底したリアリズムで描くダンケルクの撤退作戦。3つの視点の時制をひとつにまとめた練りに練られた脚本と編集力の見事さ。そしてIMAX撮影による極限のリアリティ。映画の次元が一段と上がった。
      いいね
    • 散歩する侵略者
      黒沢清監督『散歩する侵略者』試写。前川知大の戯曲を映画化し、突然宇宙人と言い出す夫と周囲の異変をアクション多めに描く。宇宙人と言い出した夫=松田龍平の妻を演じる長澤まさみが疑念と慈悲深い愛情の両極に揺れる役を好演。黒沢清史上最大の火薬量にも関わらず、切ないエンディングは彼女の力。
      いいね
    • 20センチュリー・ウーマン
      『20センチュリー・ウーマン』を観る。1979年米西海岸の個性的な母と息子の物語を監督マイク・ミルズならではの見事な映像美と的を得たキャストで描く。パンク/ニューウェイヴの音楽が重要な役割を果たし、個人的にはハマる。しかしミルズにはそろそろ家族以外の映画も作って欲しいとも思う。
      いいね
    • ハクソー・リッジ
      「ハクソー・リッジ」を観る。メル・ギブソン久々の監督作は沖縄戦を舞台に、さすがのマックス・ハイテンションな仕上がり。主人公が絶対に銃を持たない衛生兵のため、戦争映画ではあってもアクション映画ではない。ギブソン映画は、極限状態における人間性を容赦なく描くが、この映画には救いがある。
      いいね
    • ゴースト・イン・ザ・シェル
      「ゴースト・イン・ザ・シェル」を観る。漫画原作や押井守のアニメ版へのリスペクトを感じるスケール感と緻密さに満ちた見事な仕上がり。スカーレット・ヨハンソンが本来持っているフィジカルな魅力と疎外感がこの役にはまっている。
      いいね
    • マンチェスター・バイ・ザ・シー
      『マンチェスター・バイ・ザ・シー』試写を観る。アカデミーの主演男優賞と脚本賞に輝く本作は、兄を突然失い、過去に自らの過ちで悲劇を生んだ男の再生の話。主演ケイシー・アフレックもいいが、元妻役のミシェル・ウィリアムズが感情の爆弾のような演技。二人の会話シーンは映画史に残る名シーン。
      いいね
    • ラ・ラ・ランド
      デイミアン・チャゼル監督『ラ・ラ・ランド』を観る。女優を夢見る女性とジャズクラブを持つことを夢見るピアニストのミュージカル、と説明すると甘ったるい展開になるかと思うがさにあらず。めくるめくカメラワークで映画の魔法に満ちた2時間の後に残るビターさ。これがこの映画の現在性。
      いいね
    • タンジェリン
      映画「タンジェリン」を観る。LAダウンタウンの二人のトランスジェンダーの娼婦の一日を描く。ダーティートーク満載でLAのヤバいリアリティ溢れる内容。全編を3台のiPhone5sだけで撮影しており、低予算でもこれだけ面白い映画ができるという最新事例。
      いいね
    • ホームレス ニューヨークと寝た男
      今スマッシュヒットしている映画『ホームレス ニューヨークと寝た男』のオフィシャルハンドブックで、僕と主演のマーク・レイの対談が掲載されてます。チェックを! https://t.co/htIR7TLrjR
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....