TOP >MioCastelloマイページ

MioCastello

さんのマイページ
MioCastello
つぶやいた映画
80 本
総ツイート
89 件
マイページ閲覧数
6,520 view
ウォッチしている
6 人
ウォッチされている
1 人
2017年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
80 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • イエスタデイ
    ジョーカー
    ジョン・ウィック:パラベラム
    蜜蜂と遠雷
    アド・アストラ
    アス
    ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
  • ロケットマン
    メランコリック
    トイ・ストーリー4
    新聞記者
    プロメア
    アメリカン・アニマルズ
    レプリカズ
  • バースデー・ワンダーランド
    アベンジャーズ/エンドゲーム
    愛がなんだ
    運び屋
    グリーンブック
    アリー/ スター誕生
    暁に祈れ
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • イエスタデイ
      『イエスタデイ』ビートルズは高校時代に全てのアルバムをチェックした。然るべき時期に通っておくべき道をしっかり歩んできたおかげでこの作品も泣き笑い踊りながら存分に楽しめた。高校時代の友人に感謝。応援上映でヘイジュードを大合唱したい。
      いいね

      良い
    • ジョーカー
      『ジョーカー』クリームのホワイトルームの使われ方が強烈にカッコ良くて思わずスゲェと唸ってしまった。そこからエンディングまで鳥肌が立ちっぱなしだった。自分があの場に居合わせたら間違いなくジョーカーに歓声を上げただろう。それが恐ろしい。
      いいね

      良い
    • ジョン・ウィック:パラベラム
      『ジョン・ウィック:パラベラム』それを言ったら野暮だがあの設定ではイタリアンマフィアもロシアンマフィアも全てのアンダーグラウンドが皆アラブの王様に忠誠を誓う小物に見えてしまう。裁定人役の小娘のお呼びじゃない感にもイライラさせられた。
      いいね

      普通
    • ジョーカー
      『ジョーカー』とんでもないものを観せられた。インパクトはダークナイトに匹敵。ホアキンが無事でありますようにと祈らずにはいられない。
      いいね

      良い
    • 蜜蜂と遠雷
      『蜜蜂と遠雷』歓声と雨音をシンクロさせたエンディングの映像表現は確かに素晴らしかった。決して悪くはない。しかし同日公開のジョン・ウィックとジョーカーを差し置いてまでチョイスした自分の直感が正しかったという満足感までは得られなかった。
      いいね

      普通
    • 蜜蜂と遠雷
      『蜜蜂と遠雷』原作を読んで以来脳内で鳴り響いていたピアノを楽しみにしてたのに初っ端のBGMがベースで落胆。更にマサルのジョギングシーンもヴァイオリン…。映像化が困難な作品に臨んだ気概は感じるが随所に妥協や逃げが感じられた。惜しい‼
      いいね

      普通
    • アド・アストラ
      『アド・アストラ』同時期に公開された『ワンハリ』のブラピが圧倒的なのでそれと比べるとどうしても分が悪い。公開順が逆だったらブラピの円熟味を増した演技はもっと評価されていただろう。『ワンハリ』の割を食って損している気がする。
      いいね

      良い
    • プロメア
      『プロメア』人類が全滅する位ならせめて1万人だけでも生き残る道を模索するのは決して間違えではない気がするのだが…。まぁそれを言ったらお仕舞いなのも充分承知の上なのだが…。娘の同伴だったのだか若者の感性を窺う事が出来たのは収穫です。
      いいね

      良い
    • メランコリック
      『メランコリック』銭湯で働くココリコ田中とハンドボールの宮﨑大輔が、銭湯の主人ベンガルを駆逐し銭湯を手に入れるというコメディー。「銭湯の仕事も大変なんですねぇ」というココリコ田中父親のコメントに劇場が大爆笑に包まれた。
      いいね

      良い
    • アス
      『アス』人間とは何ぞやを考えさせられる作品。劇中ではジンクスを気にしつつ直感で行動出来る決断力があり、強さと(クローンとは言え娘にとどめを刺せない)優しさを合せ持つ母親が最も人間臭く描かれている。だがしかし衝撃のラストで・・・。
      いいね

      良い
    • ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
      『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』とにかくブラピの格好良さが全開の作品。屋根の上で意味もなく上半身裸になるサービスカットは、呆れてもう笑ってしまうしかなかった。
      いいね

      良い
    • ロケットマン
      珠玉の名曲の数々を聞くだけでも価値あり。ユアソングで泣きクロコダイルロックで浮きロケットマンで沈む。ただどうしてもクイーンの二番煎じ感は拭えない。今稼がずにいつ稼ぐの的思惑が、劇中の悪徳マネージャーの姿勢と完全にダブり透けて見える。
      いいね

      良い
    • トイ・ストーリー4
      小学生の娘との前作鑑賞は大切な父娘の想い出。今回高校生になった娘を誘ったがあっさり断られ1人寂しく鑑賞。ウッディ旅立ちの章的な内容も自分には子供の巣立ちの章に思えてならなかった。世界中で同じく感傷的になって泣いた親も大勢いるはず。
      いいね

      良い
    • 新聞記者
      『新聞記者』国が全てを操ってるならこれは公開されていない筈。通夜で遺族を取囲むマスゴミと自分たちは違うと思っているらしいが同じ穴の貉に他ならない。全てが憶測で話が展開していく。騙される奴が馬鹿なのか騙す奴が悪なのか。今年最低確定。
      いいね

      残念
    • 愛がなんだ
      心のザワつきが治まらず直ぐに小説を読む。だが映画が原作を軽く凌駕する出来で益々心がザワつく事態に。一番心に残るのはナカハラ君とテルコの別れの場面。ナカハラ君の精一杯の自己主張だったであろう唾棄が物悲しくいつまでも頭に残る。
      いいね

      良い
    • アメリカン・アニマルズ
      『アメリカン・アニマルズ』今年ベスト。「レザボアドッグス」や「オーシャンズ11」が好きで、伊坂幸太郎の「オーデュポンの祈り」を読んだ事があるなら当然の反応かも。4人が誰も死なないのも悪くない(獄中で慰み者にはされただろうが...)
      いいね

      良い
    • アメリカン・アニマルズ
      『アメリカン・アニマルズ』何者にもなれない焦燥感が引起こす若者たちの暴走。彼らの気持ちが痛いほど分かるだけに他人事ではない。彼らがアニマルズに落ちぶれたのは偶々かそれとも必然か?少なくとも葉っぱの吸い過ぎだけでない何かがある筈だ。
      いいね

      良い
    • レプリカズ
      『レプリカズ』キアヌの哀しそうな表情が堪らなく好きな人は満足できるはず。
      いいね

      普通
    • バースデー・ワンダーランド
      『バースデー・ワンダーランド』改めて俳優が声優を務めることの是非について考えさせられた。その俳優の芸の肥やしにもなるし、商業的にもプラスなのだろう。しかし肝心の作品のクオリティを犠牲にして良い筈がない。お陰で爆睡だった。
      いいね
      評価
      なし
    • アベンジャーズ/エンドゲーム
      『アベンジャーズ/エンドゲーム』シリーズを殆ど観ていないので作品を評価する資格がないのは自覚している。同じ阿保なら踊らにゃ損だと挑戦。がしかし、上映前のこれでもかという怒涛の予告編を見せられた段階で自分にはやはり無理だと悟った。
      いいね
      評価
      なし
      もっと見る Loading...
      Loading.....