TOP >MioCastelloマイページ

MioCastello

さんのマイページ
MioCastello
つぶやいた映画
95 本
総ツイート
108 件
マイページ閲覧数
8,619 view
ウォッチしている
7 人
ウォッチされている
2 人
2018年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
95 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • TENET テネット
    カセットテープ・ダイアリーズ
    ポップスター
    21世紀の資本
    三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実
    弥生、三月 -君を愛した30年-
    一度死んでみた
  • スキャンダル(2020)
    ミッドサマー
    グリンゴ/最強の悪運男
    ハスラーズ
    ラストレター
    ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋
    CLIMAX クライマックス
  • イエスタデイ
    ジョーカー
    ジョン・ウィック:パラベラム
    蜜蜂と遠雷
    アド・アストラ
    アス
    ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • TENET テネット
      『TENET テネット』途中から理解する事は半ば放棄。頭で考えるより頭をぐにゃぐにゃにしたて観たほうが楽しめると思う。
      いいね

      良い
    • カセットテープ・ダイアリーズ
      一連の音楽映画のトドメの感が漂う大御所登場。あの時代の洋楽を聴き育ってきた世代には最近の映画ムーブは天国のよう。ただ次世代で映画の題材になりそうなタレントが見当たらないと感じるのはロックが死んだからか?それとも自分が年老いたからか?
      いいね

      良い
    • ポップスター
      『ポップスター』微妙にダサい。N.ポートマンとSiaのコラボと聞けば誰だってあの印象的なディオールのCMを連想してしまう。芸能界が題材なら幾らでもあの超絶ファッショナブルCM路線で作品を撮れたはずなのにどうしてこうなったのだろうか?
      いいね

      残念
    • 21世紀の資本
      『21世紀の資本』本作にもアンティファの旗が振られるシーンがあった。コイントスで負組となった大衆が勝組に昇格する手段は少なくとも破壊活動ではないはずだ。起業して一発当てるか、逆説的だがGAFA等の株を買い昇格する位しかないのでは?
      いいね

      良い
    • AKIRA
      『AKIRA』世間には時代を超えて押させておくべき金字塔的作品がいくつか存在するがこの作品もそういった作品のうちのひとつ。IMAXで初鑑賞。ブレードランナーの影響を色濃く受けるシドミード的世紀末感は現代においても全く色あせていない。
      いいね

      良い
    • 一度死んでみた
      『一度死んでみた』ヒャダインという人が多分5分位で適当に作ったであろう主題歌。映画を観た日は頭の中でリフレインしていたのに朝起きたら全て忘れていた。こんなに中身が無い(魂が無い)曲を作れるとは彼はちょっと普通ではない。(褒めてます)
      いいね

      良い
    • 弥生、三月 -君を愛した30年-
      卒業式でサンタが弥生の手を握っていたら全く違う展開だったはず。逆に簡単に付き合っていたら数年で別れたに違いない等々勝手に妄想。初恋が淡く美しいのはそれが成就しないからこそ。セピア色の想い出は美しいままにしておきたいと思わなくもない。
      いいね

      良い
    • 三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実
      人間いくらIQが高くても歳を重ねないと見えない境地が確かにある。だからこそ世間は若気の至りに寛容だ。しかし50年も歳を重ねてあの時代を総括すらできない輩は救いようがない。詭弁を用いて負けを認めない彼らこそが哀れなオナニズムに見える。
      いいね

      良い
    • ハスラーズ
      『ハスラーズ』ジェニファーロペスのポールダンスと超絶美女リリ・ラインハートを観れただけでも元は取れたと思う。
      いいね

      良い
    • グリンゴ/最強の悪運男
      『グリンゴ/最強の悪運男』世間的な評価は「Sgt.ペパーズ…」や「アビーロード」に劣るかもしれない。最高傑作かと聞かれたら首を傾げるかもしれない。でも自分がビートルズのアルバムで一番好きなのは「レットイットビー」だ‼
      いいね

      普通
    • ミッドサマー
      『ミッドサマー』文化伝統と言われても許容できるのはシュールストレミング(ニシンの塩漬け)まで。世間にはダイバーシティという言葉を免罪符に自らに都合の悪い矛盾まで正当化させたい思惑があるのではないか?ならば捕鯨や姥捨山もOKですよね?
      いいね

      普通
    • スキャンダル(2020)
      『スキャンダル(2020)』豪華3大女優をキャスティングし日本版テレビCMには本編には全く流れないビリー・アイリッシュを流す念の入れよう。そりゃあ皆んな観に行くよね。でもこれをポピュリズムと言わず何と呼べば良いのだろうか?
      いいね

      残念
    • グリンゴ/最強の悪運男
      『グリンゴ/最強の悪運男』医療用大麻をめぐるビジネスの思惑やメキシコとの格差を伺い知れたのは収穫。どんな作品でもC.セロンは一番強くてカッコいい。
      いいね

      普通
    • ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋
      『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』鑑賞前にロクセットの女性ボーカルの訃報は聞いていた。まさかこの作品にあの曲が採用されているとは知らなかったが、プリティウーマンを観た世代なら格別な思いがあった筈だ。
      いいね

      良い
    • ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋
      S.ローゲン演じるジャーナリストは自分のポケットの中身と同様デタラメなのに親友の政治信条も認めない狭量さを併せ持つ。自分の支持政党を親友に告げれられない状況にまで至っている米国の分断をコミカルかつ的確に表しており非常に興味深い。
      いいね

      良い
    • ラストレター
      『ラストレター』豊悦のクズ男っぷりに腸が煮えくり返る。(忌々しいが最上級の誉め言葉だ)そして何より森七菜の存在に驚愕した。あの広瀬すずの妹役を演じられるのは彼女しかいないと思う。
      いいね

      良い
    • CLIMAX クライマックス
      『CLIMAX クライマックス』「俺のアナコンダ」などとほざく小馬鹿だけだったら皆んなハッピーだったのに。(確かにデカいゲルマン系だったが)本物の馬鹿がベルリンから来てるなど誰も考えない。あのタイミングで目薬を指す気がしれない。
      いいね

      良い
    • CLIMAX クライマックス
      『CLIMAX クライマックス』ポリコレ完全無視。シラフで観ても時間の無駄。分かる人だけに伝わる凄さ危なさ恐ろしさ。ちょっとしたキッカケで場に充満する負のエネルギー。閉塞空間でのバッドトリップは伝播する。贔屓目に言ってワンハリ超え。
      いいね

      良い
    • イエスタデイ
      『イエスタデイ』ビートルズは高校時代に全てのアルバムをチェックした。然るべき時期に通っておくべき道をしっかり歩んできたおかげでこの作品も泣き笑い踊りながら存分に楽しめた。高校時代の友人に感謝。応援上映でヘイジュードを大合唱したい。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      sa9237a
      3437movies / tweets

      follow us