TOP >MiuraYohマイページ

MiuraYoh

さんのマイページ
MiuraYoh
つぶやいた映画
424 本
総ツイート
618 件
マイページ閲覧数
6,344 view
ウォッチしている
3 人
ウォッチされている
2 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
424 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ある少年の告白
    バイス
    運び屋
    アクアマン
    デイアンドナイト
    クリード 炎の宿敵
    アリー/ スター誕生
  • イコライザー2
    クワイエット・プレイス
    スカイスクレイパー
    判決、ふたつの希望
    タリーと私の秘密の時間
    ミッション:インポッシブル/フォールアウト
    ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
  • カメラを止めるな!
    万引き家族
    レディ・バード
    ファントム・スレッド
    華氏451
    レディ・プレイヤー1
    パシフィック・リム:アップライジング
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ルパン三世
      『ルパン三世』アジア内多国籍なキャストなのに日本語吹替えってバランスの悪さが最後まで拭えず。アクション全般が速めカット切替なのはいいけど、何がどうなったのか見づらい所が複数。夫婦ネタを2回やったのも妙に気になる
      いいね

      残念
    • デトロイト
      『デトロイト』モーテルの件での異常なまでの緊迫感に胸がキリキリ。滑稽ともとれるほど制御不能な事態にどんどんなっていく。特にJ・ボイエガ演じる警備員の立ち位置に感情移入。負の気分も歌が鎮めてくれる。
      いいね

      良い
    • サハラ戦車隊
      『サハラ戦車隊』戦時中に作った戦争映画だからか、わかりやすい米アゲ独サゲではある。とはいえ、敵味方多国籍な集団の話なのが意外で、イタリア人捕虜が物語的にいいアクセント。
      いいね

      普通
    • アメリカン・バーニング
      『アメリカン・バーニング』アメリカ近現代史を背景にした家族崩壊もの。キャストがいいから個々の場面は見入るけど、父親の不憫さが際立ちすぎて全体としてぼやけた印象。
      いいね

      普通
    • シンクロナイズドモンスター
      『シンクロナイズドモンスター』ゆるいコメディタッチもある変化球な怪獣ものかと思いきや、後半には人の多面性を絡めたヒューマンドラマへと。話運びに強引さもあるけど、見入った。酒に吞まれるな。
      いいね

      良い
    • 仮面の男
      『仮面の男』三銃士もの。華やかさとか渋かっこいいダルタニアンとか、ディカプリオの美しき存在感等で観てられるけど、話運びや戦闘シーンなんかの作りの緩さが気になる。
      いいね

      普通
    • クワイエット・プレイス
      『クワイエット・プレイス』映画館で観たかった。静寂の時間が長く緊張感が続く。また、それが打ち破られる時の恐怖。このホラースリラー的な娯楽性もありつつ、小さな家族の話としても楽しめた。ラストショットが好き。
      いいね

      良い
    • 愛の亡命
      『愛の亡命』イデオロギーか愛かのラブストーリー。レベッカ・ファーガソン力で持っていかれる。静謐な作りもいいけど、もうちょっと心情をじっくり追いかけたかった。「なぜ心変わりしたのか?」って箇所が複数。
      いいね

      普通
    • カメラを止めるな!
      『カメラを止めるな!』前半のあえての拙さ部分が(何かしらの展開の予感はありつつも)気になってしまった。後半は答合わせ的な部分もドラマとしても楽しめた。エンドロールまでのカタルシスがしっかり。
      いいね

      良い
    • スカイスクレイパー
      『スカイスクレイパー』細かいことは抜きに、バカな無茶と粘着テープがあれば何でも出来る。ハンディがハンディではないし、困ったときは再起動でOK。タワーも人も再起動できる。
      いいね

      良い
    • 禁じられた遊び
      『禁じられた遊び』初見。思ってた以上にあの悲しいメロディが頻繁に流れる。無邪気に虫を殺したり十字架を盗んだりする少年、戦争だけでなく隣人と諍い続ける大人たち、純真な戦争孤児の少女、これらの対比に〈争い〉へのアイロニーを見る
      いいね

      良い
    • 雨に唄えば
      『雨に唄えば』歌もいいけどダンスに見入る。加えて、コズモ役の人の顔芸。この人、器用すぎる。ニナの声をめぐる話にはうっすら不快感がなくはないけども、コミカルさ優先なんだろう。あの声を作って演じきってるのもすごい
      いいね

      良い
    • ロスト・バケーション
      『ロスト・バケーション』女性独りの鮫パニックもの。広い海を限定空間に仕立てて、特に武器もなく、しっかりハラハラさせてくれる作り。干潮満潮の時間表記、泳げる秒数計算がタイムリミット的な効果も。主演のサーファーらしさもいい。
      いいね

      良い
    • ある少年の告白
      『ある少年の告白』地味めな作りながら〈矯正施設〉の不快感たるや。最後のクレジットに驚き(その人の話も気になった)。ジャージ姿キッドマンがかっこいい。繰り返される〈車外へ出す手〉が印象的
      いいね

      良い
    • トランス・ワールド
      『トランス・ワールド』ミニマムな作品ながら、いくつかのジャンル要素をかすかに匂わせつつ、とある1つの設定で持っていかれる。習作感はあるけど、楽しめた。
      いいね

      良い
    • ブリザード 凍える秘密
      『ブリザード 凍える秘密』ティーン向けホームスリラーかな。主人公の周りが見えていない、または見ないようにしてる感はなんとなく。
      いいね

      普通
    • ドクター・ストレンジ
      『ドクター・ストレンジ』エンシェントワンにまずは惹かれる。幾何学的なだまし絵的な空間での戦闘が楽しい。画的な楽しさはあるけど、理屈を気にし出すとモヤる。クライマックスの解決も、面白いけどモヤる。マントかわいい。
      いいね

      良い
    • バイス
      『バイス』限りなく本人に見た目を寄せた政治家評伝映画。堅苦しさはなく、おふざけが入った作り。可笑しいけど、心底怖い。計3回来るエンディングそれぞれに可笑しさとチェイニーのしぶとさが。権力おそろし。
      いいね

      良い
    • ナイト&デイ
      『ナイト&デイ』(再鑑賞)話運びには粗さがあるけど、トムの軽薄さとキャメロンの天真爛漫さという2人のチャームに引っ張られる。とにかく軽い。
      いいね

      良い
    • 昔々、アナトリアで
      『昔々、アナトリアで』オープニングから全体的にショットが美しい。長尺でどうでもいいような会話には退屈になりつつも、荒涼とした土地と男たちの疲労、うっすらとした可笑しみを味わう。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....