TOP >MiuraYohマイページ

MiuraYoh

さんのマイページ
MiuraYoh
つぶやいた映画
324 本
総ツイート
513 件
マイページ閲覧数
5,330 view
ウォッチしている
2 人
ウォッチされている
2 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
324 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • イコライザー2
    ミッション:インポッシブル フォールアウト
    ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー
    万引き家族
    レディ・バード
    ファントム・スレッド
    レディ・プレイヤー1
  • 15時17分、パリ行き
    シェイプ・オブ・ウォーター
    ジュピターズ・ムーン
    キングスマン ゴールデン・サークル
    ブライト
    スター・ウォーズ 最後のジェダイ
    オリエント急行殺人事件
  • ジャスティス・リーグ
    KUBO クボ 二本の弦の秘密
    マッドバウンド 哀しき友情
    ノクターナル・アニマルズ
    ゲット・アウト
    ブレードランナー 2049
    バリー・シール アメリカをはめた男
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • トレーニング デイ
      『トレーニング デイ』デンゼル&イーサンの組合せがまずいい。悪徳刑事と新米とのバディものかと途中まで思ってた。そこからの展開が見事。序盤で出てくるアドバイス(正か誤)が後半効いてくるのもナイス。
      いいね

      良い
    • 遊星からの物体X
      『遊星からの物体X』2012年版の後の初見。この同化システムってアイディアがやっぱいい。「こいつも〈生き物〉なのか?」って疑心暗鬼状態が観てる側にも持続する。ラストまで疑心暗鬼。
      いいね

      良い
    • 娼婦ベロニカ
      『娼婦ベロニカ』詩人でもあった実在した高級娼婦だけど、詩人としての描写がわかりづらい。魔女裁判も、男どうしの対立、結局男が解決したかのようにも見える。主役の美しく凜とした感じはよかった。
      いいね

      普通
    • 三度目の殺人
      『三度目の殺人』是枝作品初の法廷サスペンス。福山雅治と役所広司、何もかも違う2人の透明ガラスを挟んだ対話シーンの全てが見物。違う人物どうしで繰り返される台詞や仕草によって何が真実かどんどんわからなくなる作りが見事。
      いいね

      良い
    • イコライザー2
      『イコライザー2』前作より外連味・サイコパス性はややダウン。かわりに人情味がアップ。本や絵がちょっとしたアイテムになってるあたりには好感。敵にはもうちょっと頑張ってもらいたかった
      いいね

      良い
    • 砂上の法廷
      『砂上の法廷』地味で凡庸な法廷劇が続く。都合がいいのは確かだけど、このどんでん返しは好き(ヒントもあるし)。ただ、映画的かと言うと、うーん……
      いいね

      普通
    • ギリシャに消えた嘘
      『ギリシャに消えた嘘』ハイスミス原作。クラシカルな画と全体的な艶っぽさがいい。ヒッチコック的な味わいが強い。男2人の関係性か終盤のサスペンス性か、どっちかがもっと際立っててもよかった
      いいね

      良い
    • ポーカーナイト 監禁脱出
      『ポーカーナイト 監禁脱出』序盤の複数個の単発エピソードに不安になったが一応つながっていく。ツイストが効いた展開はいいとしても、それを成り立たせてるのが主人公か犯人の繰り返されるミスであることに少し白ける
      いいね

      普通
    • ファング一家の奇想天外な秘密
      『ファング一家の奇想天外な秘密』風変わりな家族もの。両親の芸術パフォーマンスの訳のわからなさが目立つけども、あらゆることを犠牲にしてしまう親からの真の親離れを描いていると解釈。話運びがもう少しキレイだといいな
      いいね

      良い
    • 第三の男
      『第三の男』たぶん初見。BGMがあのビール。そこそこ軽妙。主人公の帰国するしないの行き当たりばったり感はともかく、光と影の見せ方がよく、サスペンス性を高めてくれる。ラストシーンはかっこよすぎる
      いいね

      良い
    • ノクターナル・アニマルズ
      『ノクターナル・アニマルズ』高デザイン性のスタイリッシュな現在パート、荒地広がる陰惨な小説パート、青春映画のような過去パートの3つがシンクロしながら進むので、最後の最後まで目が離せない。いろんな読み解きができそう。
      いいね

      良い
    • クローバーフィールド HAKAISHA
      『クローバーフィールド HAKAISHA』主観映像による怪獣パニックもの。この手法アイディア、幸せだった時の映像の上に録画されてるという体には好感。人間ドラマの部分は物足りない
      いいね

      普通
    • 許されざる者
      『許されざる者』自然風景の壮大さと美しさ、バイオレンス描写のエグさ、オリジナルから日本に置き換えた設定には好感。ラストのナレーションは要らなかったかな~。
      いいね

      良い
    • 阿修羅のごとく
      『阿修羅のごとく』いつかの再放送されたドラマ版は鑑賞済。一時代前の女性のいじらしい可愛げと薄暗い闇が味わえる。豪華俳優陣による演技合戦が楽しい。中村獅童さんだけはちょっとキャラ強すぎ。
      いいね

      良い
    • マザー!
      『マザー!』序盤から違和感・不穏感がちょっとずつ膨らみ、終盤には怒濤のカオス展開。そこらへんは楽しめた。聖書メタファーを含めて作り手の意図はどうあれ、人類の愚行の数々やこういう女性(母親)像には嫌悪感。
      いいね

      普通
    • ナイスガイズ!
      『ナイスガイズ!』所々しらけるギャグもあるけど、全体的に笑える凸凹バディ探偵もの。ませた娘がまたいい存在感。わずかだけどたしかにナイスなガイズの2人
      いいね

      良い
    • アイアムアヒーロー
      『アイアムアヒーロー』〈日本らしいゾンビ映画〉ってのが良い意味で当てはまる作品。ゾンビ描写がちゃんとグロいし、一体ずつ個性もあることで、新鮮。かつ、ゾンビものの定石的な要素も踏まえている。
      いいね

      良い
    • 舞妓はレディ
      『舞妓はレディ』舞妓ミュージカル。同時に方言映画。全ては聴き取れない方言での歌と洋風混じりの踊り等が妙な面白さを生んでる。上白石萌音さんが持つ雰囲気でかなり引っ張ってくれる
      いいね

      良い
    • ローン・サバイバー
      『ローン・サバイバー』岩山での落下描写がとにかく痛そう。村人を助ける・助けない選択、それと対になる終盤の展開に、単なる正義や美徳を超えた奇妙なこの世の巡り合わせを感じる。最後の最後のツーショット写真が実に感慨深い
      いいね

      良い
    • アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場
      『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』1つの作戦を描いたシンプルさながら、各部署各ポストを巡って攻撃するしないが続いていくし、観てるこっちも彼らと同じ映像を見てるので緊張感ともどかしさが膨らむ。ED映像にやられる。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....