TOP >Mochina1984マイページ

Mochina1984

さんのマイページ
Mochina1984
つぶやいた映画
1,035 本
総ツイート
1,119 件
マイページ閲覧数
14,044 view
ウォッチしている
3 人
ウォッチされている
7 人
2016年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

Mochina1984さんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
1035 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ボーダーライン ソルジャーズ・デイ
    華氏119
    ヴェノム
    search サーチ
    ウスケボーイズ
    イコライザー2
    フィフティ・シェイズ・フリード
  • バッド・ジーニアス 危険な天才たち
    ザ・プレデター
    3D彼女 リアルガール
    アントマン&ワスプ
    SUNNY 強い気持ち・強い愛
    検察側の罪人
    チャーチル ノルマンディーの決断
  • ブッシュウィック 武装都市
    オーシャンズ8
    7号室
    ブリグズビー・ベア
    オンリー・ザ・ブレイブ
    V.I.P. 修羅の獣たち
    30年後の同窓会
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • フィフティ・シェイズ・フリード
      『フィフティ・シェイズ・フリード』いちおう過去作を観てしまったために、最後までと観たが、105分なのに退屈してしまった。グレイの過去の話とかストーカーの話が取ってつけたような進め方にげんなり。期待のエロシーンにもスリルがないし。
      いいね

      残念
    • 華氏119
      『華氏119』なぜトランプ大統領が登場したか。一人一票になっていない古臭い選挙制度も一因だが、何よりも既存政党と政治家への不信、特にオバマでも国民に期待に答えられなかった失望も原因だ。ヒトラーが出てきたり、焦点が絞れないのが残念だ。
      いいね

      普通
    • ヴェノム
      『ヴェノム』予告編と観た後の感想が全く違う映画。ひたすらしゃべり続ける登場人物たちが微笑ましく、それに乗っかるヴェノムくんも絶妙にいいやつだった。ストーリ/脚本に緊迫感が少なく物足りないが、これくらいの軽い感じがちょうどいい。
      いいね

      良い
    • ボーダーライン ソルジャーズ・デイ
      『ボーダーライン ソルジャーズ・デイ』冷酷無血のアレハンドロ再び!物語とんでもない方向に向かっていき、冒頭とは違う世界になってしまう世界観が楽しめる。今回はビジネスマンと同じように組織に従ったのに守ってもらえない切なさに共感できる!
      いいね

      良い
    • search サーチ
      『search サーチ』仕掛けだらけの無理やりな展開に家族の愛情が最後にくるあたりは近年のシャマランと同じ手法だが、SNSを使う手法は洗練度高く、お得感と映画を見る幸福感に溢れた映画体験。この手の人材がいるアメリカは世界は広い。
      いいね

      良い
    • バッド・ジーニアス 危険な天才たち
      『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』最初は消しゴムに答えを書くやり方に始まり、徐々にカンニング受益者が増えていくところまでは笑って見てられる。アメリカ留学のテストまでカンニングとなると引いてしまうが、教訓的に終わるところがなんとも
      いいね

      普通
    • イコライザー2
      『イコライザー2』最強の殺し屋が再び世の悪を成敗すると思いきや、今度は殺し屋の過去の人たちとの決別が主なテーマ。前作はホームセンター勤務で今回はウーバーの運転手でいい顔しながら運転するマッコリーに萌える。
      いいね

      良い
    • V.I.P. 修羅の獣たち
      『V.I.P. 修羅の獣たち』同情無用の外道たちの争いが逆に爽快感を与えるこれぞ韓国バイオレンス映画。出世第一主義の韓国社会を見事に描く警察の内情に争う主人公を中心に二転三転しつつ、最後は見事に一番のゲスが消されるのですっきり。
      いいね

      良い
    • ウスケボーイズ
      『ウスケボーイズ』これが実話!と驚くのは主人公がワイン作りに取り憑かれてゾンビみたいな姿になってでも続けていくところとか手近な連中が結婚していたところとかあるのだが、安達祐実と和泉元彌が出てくるところに思わず、にんまりしてしまった
      いいね

      普通
    • アントマン&ワスプ
      『アントマン&ワスプ』前作の持っていたオフビートな魅力を見事に引継ぎつつ、シリアス過ぎるマーベル系とは一線を画す娯楽作品でストレスなく楽しめる。特に今作は父と娘の関係が中心となっていて、キャストが変わらなかったことが良い効果となった
      いいね

      良い
    • チャーチル ノルマンディーの決断
      『チャーチル ノルマンディーの決断』ノルマンディー上陸前後のチャーチルを描く映画。かの強面が前の大戦のトラウマから動揺し、上陸作戦後の覚悟を描くまでを描く。役者に演技をさせすぎてテンポが悪く、短い上映時間なのに退屈させる。
      いいね

      残念
    • 3D彼女 リアルガール
      『3D彼女 リアルガール』いい歳した大人が観るには御都合主義とコメディを履き違えた説明台詞とオーバーアクトがとてもきつい。二人の主演がこの酷い話を必死に演じて、それを支える青春映画常連陣も頑張っていたが。
      いいね

      残念
    • ザ・プレデター
      『ザ・プレデター』プレデターの続編として、今までの設定を活かしているので、過去作のファンは安心できる。この製作陣の好みが露骨で次から次へと死ぬ人々が死んでいく様子がブラックユーモアで描かれていくため、とてもグロい。
      いいね

      良い
    • ブリグズビー・ベア
      『ブリグズビー・ベア』映画を作ることで救われることは本当にあるのだとしみじみ感じさせてくれる。架空の映画自体もビデオで撮られた感じを忠実に再現していてひとつも手を抜いていないし、何よりも作り手たちに愛着を持てる素敵な映画。
      いいね

      良い
    • 検察側の罪人
      『検察側の罪人』本当の正義は法の下で下されるべきかを問う、普遍的で解決不可能なこの映画のテーマに対して、妙に芝居がかっている演技が全体のトーンにぴったり。物語の行方が二転三転していくところは素直に楽しめ、ロケもセットも素晴らしい!
      いいね

      良い
    • ブッシュウィック 武装都市
      『ブッシュウィック 武装都市』原因不明の暴動に巻き込まれ、逃げるしかないスリリングな状況で戸惑い逃げながらも女性大生である主役が逞ましくなっていく。NYにこれほどの銃があるとは想定外ってセリフが妙に納得できるアメリカの今。
      いいね

      良い
    • SUNNY 強い気持ち・強い愛
      『SUNNY 強い気持ち・強い愛』90'sのjPOPの特にTKサウンドを見事に活かしきる音楽の使い方にうっとりするが、大根脚本の悪いところでサニーの仲間たちが離れ離れになる事件の差し込み方がとって付けたような雑差で一気に冷める。
      いいね

      残念
    • オーシャンズ8
      『オーシャンズ8』豪華キャストが酒脱に収奪を行うテイストはオーシャンシリーズそのままに、どのキャストも役割を楽しんで演じている感じが伝わってくる。正月とか夏休みにぴったりのストレスのない映画だ。
      いいね

      良い
    • 7号室
      『7号室』漫画喫茶の経営とそれに関わるバイトたちの生活を描きながら、それぞれの背景ににじむ韓国社会の問題点。前半のコミカルな展開と後半のシリアスな展開がどうにも噛み合えていないが、見終わった後には満足できる不思議な展開。
      いいね

      良い
    • 男と女、モントーク岬で
      『男と女、モントーク岬で』覆水盆に返らず。人生の苦い部分を噛みしめる作品。かつての恋人と再開し思い出の地へ一緒に行くことでよりが戻るかっていう展開。その前の会話からして実はずれているっていう点がミソ。過去に浸ってはダメなのだ。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....