TOP >Mochina1984マイページ

Mochina1984

さんのマイページ
Mochina1984
つぶやいた映画
1,026 本
総ツイート
1,110 件
マイページ閲覧数
13,862 view
ウォッチしている
3 人
ウォッチされている
7 人
2016年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

Mochina1984さんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
1026 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ザ・プレデター
    3D彼女 リアルガール
    アントマン&ワスプ
    SUNNY 強い気持ち・強い愛
    検察側の罪人
    チャーチル ノルマンディーの決断
    ブッシュウィック 武装都市
  • オーシャンズ8
    7号室
    ブリグズビー・ベア
    オンリー・ザ・ブレイブ
    30年後の同窓会
    男と女、モントーク岬で
    恋は雨上がりのように
  • フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法
    アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル
    アベンジャーズ インフィニティ・ウォー
    タクシー運転手 約束は海を越えて
    さよなら、僕のマンハッタン
    ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男
    ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • アントマン&ワスプ
      『アントマン&ワスプ』前作の持っていたオフビートな魅力を見事に引継ぎつつ、シリアス過ぎるマーベル系とは一線を画す娯楽作品でストレスなく楽しめる。特に今作は父と娘の関係が中心となっていて、キャストが変わらなかったことが良い効果となった
      いいね

      良い
    • チャーチル ノルマンディーの決断
      『チャーチル ノルマンディーの決断』ノルマンディー上陸前後のチャーチルを描く映画。かの強面が前の大戦のトラウマから動揺し、上陸作戦後の覚悟を描くまでを描く。役者に演技をさせすぎてテンポが悪く、短い上映時間なのに退屈させる。
      いいね

      残念
    • 3D彼女 リアルガール
      『3D彼女 リアルガール』いい歳した大人が観るには御都合主義とコメディを履き違えた説明台詞とオーバーアクトがとてもきつい。二人の主演がこの酷い話を必死に演じて、それを支える青春映画常連陣も頑張っていたが。
      いいね

      残念
    • ザ・プレデター
      『ザ・プレデター』プレデターの続編として、今までの設定を活かしているので、過去作のファンは安心できる。この製作陣の好みが露骨で次から次へと死ぬ人々が死んでいく様子がブラックユーモアで描かれていくため、とてもグロい。
      いいね

      良い
    • ブリグズビー・ベア
      『ブリグズビー・ベア』映画を作ることで救われることは本当にあるのだとしみじみ感じさせてくれる。架空の映画自体もビデオで撮られた感じを忠実に再現していてひとつも手を抜いていないし、何よりも作り手たちに愛着を持てる素敵な映画。
      いいね

      良い
    • 検察側の罪人
      『検察側の罪人』本当の正義は法の下で下されるべきかを問う、普遍的で解決不可能なこの映画のテーマに対して、妙に芝居がかっている演技が全体のトーンにぴったり。物語の行方が二転三転していくところは素直に楽しめ、ロケもセットも素晴らしい!
      いいね

      良い
    • ブッシュウィック 武装都市
      『ブッシュウィック 武装都市』原因不明の暴動に巻き込まれ、逃げるしかないスリリングな状況で戸惑い逃げながらも女性大生である主役が逞ましくなっていく。NYにこれほどの銃があるとは想定外ってセリフが妙に納得できるアメリカの今。
      いいね

      良い
    • SUNNY 強い気持ち・強い愛
      『SUNNY 強い気持ち・強い愛』90'sのjPOPの特にTKサウンドを見事に活かしきる音楽の使い方にうっとりするが、大根脚本の悪いところでサニーの仲間たちが離れ離れになる事件の差し込み方がとって付けたような雑差で一気に冷める。
      いいね

      残念
    • オーシャンズ8
      『オーシャンズ8』豪華キャストが酒脱に収奪を行うテイストはオーシャンシリーズそのままに、どのキャストも役割を楽しんで演じている感じが伝わってくる。正月とか夏休みにぴったりのストレスのない映画だ。
      いいね

      良い
    • 7号室
      『7号室』漫画喫茶の経営とそれに関わるバイトたちの生活を描きながら、それぞれの背景ににじむ韓国社会の問題点。前半のコミカルな展開と後半のシリアスな展開がどうにも噛み合えていないが、見終わった後には満足できる不思議な展開。
      いいね

      良い
    • 男と女、モントーク岬で
      『男と女、モントーク岬で』覆水盆に返らず。人生の苦い部分を噛みしめる作品。かつての恋人と再開し思い出の地へ一緒に行くことでよりが戻るかっていう展開。その前の会話からして実はずれているっていう点がミソ。過去に浸ってはダメなのだ。
      いいね

      良い
    • 30年後の同窓会
      『30年後の同窓会』渋い。イラクで戦死した息子を迎えに行く主人公とベトナム戦争の戦友二人。今のアメリカとかつてのアメリカをうっすらと対比させつつ、3人の過去が浮かび上がる丁寧な作り。ロードムービーというよりは電車ムービーな点も良い。
      いいね

      良い
    • オンリー・ザ・ブレイブ
      『オンリー・ザ・ブレイブ』ヘタレジャンキーの若者が山火事に立ち向かう消防士になる様を描く快作。米国での山火事の多さとそれに立ち向かう消防士たちの訓練や個人の葛藤がうまく表現されている。実話ベースだけに最後の悲劇に唖然する。
      いいね

      良い
    • アベンジャーズ インフィニティ・ウォー
      『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』はじめに言い切ってしまおう、この作品の主役は宇宙最強の生物サノスなのだ。それぞれのヒーローの強さの次元は違うのだが、それぞれの領域でボコボコされるヒーローたちと哀愁すら漂わせるサノス。
      いいね

      良い
    • フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法
      『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』夢の世界のそばに実在するアメリカのド底辺を文字どおり子供視点で描くすごい映画。風呂に入っているシーンなんかは最初は意味がわからないのだが、数回後に全てがわかる構造で全てにおいてよくできた映画。
      いいね

      良い
    • 恋は雨上がりのように
      『恋は雨上がりのように』大人が当たり前のように振る舞う現実的でありながら現実では難しい清々しい映画。夢を諦めきれない二人がその現実にどう向き合っていくかが映画のテーマで恋愛要素との配分も良い。小松嬢の走る姿は神々しいぞ、まじに。
      いいね

      良い
    • さよなら、僕のマンハッタン
      『さよなら、僕のマンハッタン』ニューヨークを舞台に悩める青年と青年を巡る大人たち。最後にはどんでん返しが待っているおまけ付き。なんとも言えない画質に絶妙な編集でお洒落でとんがった都会映画をとるマーク・ウェブ、よくぞ戻ってきてくれた。
      いいね

      良い
    • アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル
      『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』毒親にDV夫に自己中心すぎる主人公と笑えない要素だらけをコミカルに軽くみせる展開が小気味よく、フィギアスケートシーンも気合いの入ったカット割りとエンタメ映画として楽しい。天才少女が再び出演!
      いいね

      良い
    • タクシー運転手 約束は海を越えて
      『タクシー運転手 約束は海を越えて』軍事政権下の民衆運動への暴力的な弾圧と男やもめのタクシー運転手の貧しい生活を絶妙なバランスで見せながら、息を飲む展開がいい。ドイツ人ジャーナリストの職業意識が最近の映画と共鳴しているところも良い。
      いいね

      良い
    • しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス
      『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』不器用な夫婦のドラマ化。荒くれ者の旦那に病気持ちの嫁。話が進んでいくうちに夫婦の愛情がほのかに見えて、出てくる人たちの印象も変わってゆき、主役二人が実際の夫婦にしか見えない。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....