TOP >Mochina1984マイページ

Mochina1984

さんのマイページ
Mochina1984
つぶやいた映画
1,136 本
総ツイート
1,221 件
マイページ閲覧数
16,557 view
ウォッチしている
3 人
ウォッチされている
7 人
2017年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

Mochina1984さんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
1136 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • パリのどこかで、あなたと
    タイトル、拒絶
    スパイの妻
    82年生まれ、キム・ジヨン
    フェアウェル
    TENET テネット
    mid90s ミッドナインティーズ
  • ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー
    糸
    はりぼて
    ディック・ロングはなぜ死んだのか?
    8日で死んだ怪獣の12日の物語
    ステップ
    悪人伝
  • WAVES/ウェイブス
    レイニーデイ・イン・ニューヨーク
    はちどり
    エジソンズ・ゲーム
    デッド・ドント・ダイ
    恐竜が教えてくれたこと
    PSYCHO-PASS サイコパス 3 FIRST INSPECTOR
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • パリのどこかで、あなたと
      『パリのどこかで、あなたと』オンライン試写。仮眠と不眠とそれぞれに悩みを抱えた男女が自分と向き合うことで悩みを乗り越えていき結ばれるという典型フォーマット。倉庫で働いていた従業員がクビ切られたり、いかにも現在な設定がリアル。
      いいね

      普通
    • 殺さない彼と死なない彼女
      『殺さない彼と死なない彼女』キラキラ映画と思いきや、他者との繋がりが主題となる異次元の作品だった。巧妙な時間構成と自然光を利用した彼彼女の物語を軸にそれぞれの人たちの背景を説明したりしなかったりでじんわりと伝わる語り。傑作すぎた。
      いいね

      良い
    • タイトル、拒絶
      『タイトル、拒絶』登場人物たちも認識しているとおり、底辺も底辺のデリヘルの待機室を主な舞台にいろいろな事情からそこで働く人たちの身も蓋もない本音がむきだし、最高に居心地が悪い傑作。ご近所の映画館でやっていたら是非観てくださいな。
      いいね

      良い
    • 82年生まれ、キム・ジヨン
      『82年生まれ、キム・ジヨン』女性でいきていくことはこれ程までに辛いのか。これは韓国が舞台だからとか関係ない。どのシチュエーションも日本の日常だ。心優しき夫の存在も役に立たんし、出てくる男がすべて救いにならない。とんでもない作品。
      いいね

      良い
    • mid90s ミッドナインティーズ
      『mid90s ミッドナインティーズ』映画はディテール命で90年代のLAを再現させる製作陣全体がすげーや。そして、当時の悪い年上にあこがれる主人公を現在の視点からややシニカルでも暖かく描くこの描写力に脱帽。
      いいね

      良い
    • ミッドサマー
      『ミッドサマー』ディレクターズカットの170分版を鑑賞。この監督は心底人間嫌いなのだろう、もともと悪い人間関係が原始的なあちらの世界であらわになり、あちらの世界に救いを求めるもっていう展開を白昼の現実とは思えない世界で展開。それだけ
      いいね

      残念
    • ウィッチ
      『ウィッチ』ダークファンタジーよりのホラーだけど、びっくりさせる演出やグロもそんなにないので安心モノ。黒い羊とか悪魔教の話を少し知っておくと仕掛けが楽しめる。最後の最後のシーンがね、残念なのよ。もっとアニャ嬢には頑張ってほしかった。
      いいね

      普通
    • スパイの妻
      『スパイの妻』とある国家機密を知ってしまった夫とそれを手助けしようとする妻。高橋一生と蒼井優の演技を楽しむ映画。とにかく当時の夫婦の再現を超えたバケモノ2人を大画面で楽しむだけで充分。あと、大根と批判されがちな東出君の使い方がうまい
      いいね

      良い
    • フェアウェル
      『フェアウェル』中国とアメリカの文化の違いモノ映画といえば、アン・リーの初期作で反復されていたが、それをアップデートして米中貿易戦争とコロナでのアジア人差別の時代にやるというのが粋。冒頭のあれが最後にサプライズになるのね。
      いいね

      普通
    • 獣の戯れ
      『獣の戯れ』美しき人妻の思うままに操られているとの疑念に駆られ、人生を棒に振る大学生。が、その人妻があややだったらしょうがないよ。三島の原作にはより倒錯した三角関係があるのだろうが、単に大学生が未熟に感じてしまう。
      いいね

      普通
    • しとやかな獣
      『しとやかな獣』団地映画の不朽の名作。出てくる登場人物がすべて腹に一物を抱えて、あの手この手を使って自分の利益を最大化するブラックユーモア満載の作品。シネマスコープの画面の手前と奥で何か別のことが起きているという構図も素晴らしい。
      いいね

      良い
    • TENET テネット
      『TENET テネット』00的なスパイ好き、アイディアは豊富だが至高のアクション映画に昇華できないノーラン作品は役者依存度が高い。今作は相棒のロブ様があまりにカッコよくて、ホレボレできるので時間の概念が意味不明でも許そう。
      いいね

      良い
    • 糸
      『糸』かの名曲、中島みゆき糸のカラオケロングバージョンを菅田小松のコンビで描くだけのこれ以上ない贅沢で無駄遣いな映画。この二人の前二作が突き抜け過ぎたせいもあるが、いかにも東宝が国内向けに手堅く作った作品感しかない。長いのもねぇ。
      いいね

      普通
    • ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー
      『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』現在の青春映画。悪役を設定せず、人種も性的嗜好も教師と生徒でさえフラットな関係。トイレが男女一緒だからこそのあのトイレトークとか、脚本の作り込みがいいし、それ以上に音楽の選び方が凄い。
      いいね

      良い
    • ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー
      『ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー』チュンリーのプロローグ映画。一応、悪の組織の四天王は揃っていて、それぞれが相応の役割を演じている。もちろん、ストツーの技が出るわけでもないし、ストツーのような何かでしかない。
      いいね

      普通
    • ディック・ロングはなぜ死んだのか?
      『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』はい、タイトルがすべてを表す映画ですね。ファーゴのコミカル版というか。死の真相がブッ飛んでいるのと、男たちの男子校部室感と娘の醒めた態度が対照的。シェリフのおばさん、何飲んでんだ?かも気になった
      いいね

      良い
    • はりぼて
      『はりぼて』スポットライトの富山版。政務活動費を根気よく取材し、裏をきちんと取る報道のあるべき姿と痴呆議会としかいえない醜い議会。すっとぼけた答弁はあまりに酷くて笑うしかなく、これは富山市議会だけでもない問題。最後のオチも強烈。必見
      いいね

      良い
    • レイニーデイ・イン・ニューヨーク
      『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』ウディアレンにはシニカルなときと優しいときがあるが、今回は両方が混ざったいい案配。シャラメくんの美青年にクラクラ、エルちゃん、またしても田舎者もいいし、意外にもいい役者がさらっとしているのもいいね
      いいね

      良い
    • アップグレード
      『アップグレード』オチがぁ~古いなぁ。いい意味で。こういういかにもAIという映画はなにも考えずに90分ちょっと眺めるだけで楽しい。
      いいね

      良い
    • 8日で死んだ怪獣の12日の物語
      『8日で死んだ怪獣の12日の物語』鬼才のはずの岩井新作はなんと、オフビートなリモート時代の映画。樋口監督と武井壮の実在感がとても癒しとなり、のんは相変わらず、期待どおりの役を完徹し、斎藤工と話しているとこなんて現実じゃねと勘違いする
      いいね

      普通
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      sa9237a
      3439movies / tweets

      follow us