TOP >Mock_Turtle99マイページ

Mock_Turtle99

さんのマイページ
Mock_Turtle99
つぶやいた映画
1,549 本
総ツイート
1,661 件
マイページ閲覧数
4,715 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
4 人
2019年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

Mock_Turtle99さんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
1549 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 砕け散るところを見せてあげる
    ある人質 生還までの398日
    ノンストップ
    秘密への招待状
    私は確信する
    マーメイド・イン・パリ
    春江水暖~しゅんこうすいだん
  • すばらしき世界
    ファーストラヴ
    ダニエル
    写真の女
    天国にちがいない
    ヤクザと家族 The Family
    花束みたいな恋をした
  • KCIA 南山の部長たち
    パリの調香師 しあわせの香りを探して
    聖なる犯罪者
    スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち
    ミッション・マンガル 崖っぷちチームの火星打上げ計画
    おとなの事情 スマホをのぞいたら
    Swallow スワロウ
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 私は確信する
      『私は確信する』事実に基づいた話ということだが、警察が調べていない膨大な音声データがあるなんて、そんなことあるのだろうか。法廷劇は、なかなかドラマチックだが、事実だから仕方がないにしても、全てが解決してくれないことにモヤモヤが残る。
      いいね

      良い
    • ノンストップ
      『ノンストップ』北朝鮮によるハイジャックをコメディにしてしまうのは、韓国映画でOKなのか。ドタバタコメディだけど、アクションに手抜きはなし。昔の香港映画を思わせる良質のコメディアクション。実は、が多く、二転三転の展開も良くできてる。
      いいね

      良い
    • 春江水暖~しゅんこうすいだん
      『春江水暖~しゅんこうすいだん』またしても、中国から凄い映画監督が出てきた。きれいごとばかりでない家族の姿。まるで山水画のような映像、驚異的な長回し。昔ながらの庶民の生活の遠景に見える摩天楼は、現代中国の縮図か。続編にも大いに期待。
      いいね

      良い
    • マーメイド・イン・パリ
      『マーメイド・イン・パリ』恋を捨てた男が出会った人魚。どこかおかしくて、美しくて、切ない、大人のメルヘン。人魚に恋をすると死んでしまうなんて、何て残酷なのだろう。これはファンタジー版ローマの休日か、最後の逃避行は、まさに大人版ET。
      いいね

      良い
    • ヤクザと家族 The Family
      『ヤクザと家族 The Family』家族とは、組であり、持てなかった本物の家族でも。「すばらしき世界」と続けて観たら、殺人の懲役を終えて出所した元ヤクザという境遇が見事に被る。両作品に出ている北村有起哉の人物像が違いすぎて笑える。
      いいね

      良い
    • すばらしき世界
      『すばらしき世界』西川美和監督作品は、どれも良くできた映画だと思うが、ここまで心を強く揺り動かされ、涙が出て来たのは初めて。今後は、西川監督自身が作ったオリジナルの話より、本作のように、他の人の原作・原案を映画化した方がよいのでは?
      いいね

      良い
    • 天国にちがいない
      『天国にちがいない』極端に無口な主人公の目の前で起こるシュールな場面にクツクツと笑いがこみ上げる。これを監督自身が演じているのは知っていたが、監督本人役だと分かるのはずっと後。途中で出てくる映画会社の名前がメタフィルムなのが笑える。
      いいね

      良い
    • 秘密への招待状
      『秘密への招待状』オリジナル版のデンマーク映画は観ていない。ミシェル・ウィリアムズが観たくて鑑賞。最初は、ジュリアン・ムーア演じるテレサが、気まぐれに寄付を考える、いけすかない大金持ちだと思ったが、最後には、彼女に泣かされることに。
      いいね

      良い
    • ファーストラヴ
      『ファーストラヴ』原作では我聞と由紀に息子がいるが、映画ではいない。その他、原作から細部が端折られているが、その分、シンプルで分かり易い。難しい役どころの芳根京子の演技も良かった。が、ラストの法廷劇が原作ほど盛り上がらないのが残念。
      いいね

      良い
    • 砕け散るところを見せてあげる
      『砕け散るところを見せてあげる』高校3年生の濱田清澄が、いじめられている1年生の玻璃をかばううちに、やがて芽生える恋心。そんな青春ラブストーリーかと思ったら、そんな単純な話ではなかった。終盤の展開に唖然。まさか、こんな話だったとは。
      いいね

      普通
    • 花束みたいな恋をした
      『花束みたいな恋をした』初めて会った時の初々しさから、段々距離が縮まり、蜜月を迎える。そして、気持ちがすれ違い始める。どこにでもあるような話で、何の驚きもないが、だからこそ、この恋の甘さと苦さを誰もが自分の経験と重ね合わせるのでは?
      いいね

      良い
    • ある人質 生還までの398日
      『ある人質 生還までの398日』試写会にて鑑賞。実話の映画化ということで、これが現実の様子なのか、人質の過酷な扱われ方に目を覆いたくなる。試写会ゲスト、シリアで人質になった経験を持つジャーナリスト、安田純平氏の解説が、心に重く響く。
      いいね

      良い
    • ダニエル
      『ダニエル』現実の世界に空想の世界が入り混じっていく精神的な話と思って観ていたら、昔のクローネンバーグの映画を彷彿させる展開にびっくり。そして、シュワちゃんジュニアがまた、お父さんにそっくり。今後、どんな俳優になっていくのか楽しみ。
      いいね

      良い
    • パリの調香師 しあわせの香りを探して
      『パリの調香師 しあわせの香りを探して』元妻との娘の共同親権を手に入れるため、定職が必要な甲斐性なしの運転手と、有能だが、ある問題を抱えている女性調香師。マイナスから始まった2人の信頼関係が、徐々に深まっていく様子が共感を呼ぶ快作。
      いいね

      良い
    • 聖なる犯罪者
      『聖なる犯罪者』殺人の罪で少年院に入っていた青年が、偽って司祭に成りすますという展開もスリリングだが、時によって悪人に見えたり、全く正反対に人格者に見えたり、印象が入れ替わって見える主人公が、何とも言えない不思議な魅力を持っている。
      いいね

      良い
    • KCIA 南山の部長たち
      『KCIA 南山の部長たち』イ・ビョンホン演じる情報部長の名前を変えているのは、完全な史実ではなく、創作が含まれるから? 今まで、朴大統領の暗殺は、軍事政権内の勢力争いが招いた事件と思っていたが、このような背景もあり得るのだろうか。
      いいね

      良い
    • おとなの事情 スマホをのぞいたら
      『おとなの事情 スマホをのぞいたら』のっけから、昼間の満月に、おかしいだろとつっこみたくなる。イタリア版だと、からりと笑える話も、日本人だとシャレにならない。最後は、皆、スッキリした顔をしているけど、全然、スッキリなんてしないよね。
      いいね

      普通
    • ミッション・マンガル 崖っぷちチームの火星打上げ計画
      『ミッション・マンガル 崖っぷちチームの火星打上げ計画』当然脚色はあるだろうが、インドの火星計画の実話が面白すぎる。笑い、痛快、そして、感動の涙、涙。アメリカ映画「ドリーム」を思わせるが、「ドリーム」より、こちらの方がずっと面白い。
      いいね

      良い
    • スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち
      『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』今まで観た映画の、あのシーンもこのシーンも、彼女たちだったのか。CGでいろいろごまかせるようになった現在の映画より、昔のスタントウーマンたちの本物具合には全く驚かされるばかり。
      いいね

      良い
    • 写真の女
      『写真の女』オンライン試写会で鑑賞。写真と虫にしか興味がなかった写真屋と毎日自分の写真をSNSに上げている女性が、撮る男と撮られる女になり、関係が深まっていく様が興味深い。孤独なオスカマキリは、自分を食べてくれるメスに出会ったのか。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      frodopyon
      2417movies / tweets

      follow us