TOP >MondMasaマイページ

MondMasa

さんのマイページ
MondMasa
つぶやいた映画
801 本
総ツイート
1,727 件
マイページ閲覧数
6,443 view
ウォッチしている
1 人
ウォッチされている
5 人

オールタイム映画ランキング

MondMasaさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
801 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • サムライマラソン
    アイアンガール FINAL WARS
    アクアマン
    ファースト・マン
    七つの会議
    天才作家の妻 -40年目の真実-
    十二人の死にたい子どもたち
  • 二階堂家物語
    サスペリア(2018)
    ミスター・ガラス
    チワワちゃん
    マスカレード・ホテル
    蜘蛛の巣を払う女
    クリード 炎の宿敵
  • こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話
    死体が消えた夜
    グリンチ(2018)
    暁に祈れ
    来る
    ピアソラ 永遠のリベルタンゴ
    へレディタリー/継承
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • アイアンガール FINAL WARS
      アンアンガールかと思いきやSFアクション。ストーリーが練られておりまさかの真実が明らかになってびっくり。明日花キララを中心にキャストも魅力的。ただ台詞が笑えるほど予定調和すぎてベタすぎて、全く工夫がなく残念。
      いいね

      残念
    • サムライマラソン
      原作小説の短編で掘っていた部分を掘らず浅くしてしまったために、焦点がぼやけ中途半端になってしまった印象。各キャラは立っているのに、時代劇ならではの熱くアガるポイントがない。キャラの再解釈も余計で、非常にノイズ。
      いいね

      残念
    • アクアマン
      分裂した家族の話を描くの本当にワンちゃんは上手い。それが作家性なんだろーな。そして、キャスティングに唸らされる。キメ画の連続!王座の話だったり矛の話とか王道なんだけど海という設定に加えてテンポの良さでいいエンタテインメント!
      いいね

      良い
    • アクアマン
      今までのDCで1番怠かったのは鈍重なテンポ。神々の話を説明しなきゃいけない部分とか本当に見るに耐えれない状況だった。それはワンダーウーマンでさえも。しかし、本作はワンちゃん!さすが!濃いのにテンポ良い!師匠との話とか!
      いいね

      良い
    • ファースト・マン
      超寡黙で感情をあらわにしないアームストロング船長がワイングラスや車かっ飛ばして苛立ちを表す中で、この人何考えてるんだ?って思う。宇宙に妻のラグジュアリーを持ってく発言した流れでも、燃料とか言うし。しかし、ラストであれを見て…
      いいね

      良い
    • ファースト・マン
      監督史上1番人死んでる。現実と夢の狭間を撮り続けてきた監督だから、やっぱり月面に降り立った地平線のシンメトリーがその境界を表していて、さらにあの場面は…涙。淡々としてるようで悟りの領域に到達したような傑作。
      いいね

      良い
    • ファースト・マン
      『ファースト・マン』いぃや怖ぇよ!人が作った未知への挑戦の道具であるロケットやら色んなマシーンが当時の技術って事もあり不安定すぎて怖い!前澤社長が見たら宇宙行くのやめちゃう!そして、CG無しの特撮最高!
      いいね

      良い
    • 天才作家の妻 -40年目の真実-
      才能、周囲の評価、結果、クリエイトって何なのか?という事に関する傑作。老夫婦映画でもある。夫婦どちらの気持ちもわかるし…。もう夫は官能小説家になって別の別の作家として生きていくのが解決策!
      いいね

      良い
    • 天才作家の妻 -40年目の真実-
      才能、周囲の評価、結果、クリエイトって何なのか?という事に関する傑作。老夫婦映画でもある。夫婦どちらの気持ちもわかるし…。もう夫は官能小説家になって別の別の作家として生きていくのが解決策!
      いいね

      良い
    • 天才作家の妻 -40年目の真実-
      話はシンプルなのに、ここまで緊張感が途切れないのはスゴイ!家族3人みんなずーっとストレスを抱えてて、妻の爆発で観客もスッキリするが…。その後の展開に妻はどういう決断を下すのか?がカッケェぞ!才能という呪い、嫉妬という亀裂…
      いいね

      良い
    • 天才作家の妻 -40年目の真実-
      同じ問いを夫が妻に投げかけると「わからない…」ってくだりの切なさ。くるみ奪い合い、メダル押し付け合いのリアルな小競り合いに笑かされつつも、女性進出に脅かされる男が滑稽ながらにどの男性にも当てはまる恐ろしさよ…。
      いいね

      良い
    • 天才作家の妻 -40年目の真実-
      官能小説家になった方が良かったんじゃないか?と思えるエロくるみジジイ作家はいつもなんか食べてて、どう見ても凡人で話も面白くない。そこに着きそう明らかに聡明な振る舞いを見せる妻。なんでこんなやつと結婚したんだよ!って誰もが思うけど…
      いいね

      良い
    • 二階堂家物語
      母恐るべし映画でもある。名を絶やしたくないという日本男児独特のプライドとこだわり…。社会という目にも侵食されていく。英題にFALLという言葉が使われているのも興味深い。滑稽で痛々しくもあるけど理解もできる。新たな視点。
      いいね

      良い
    • 二階堂家物語
      名前を絶やさないという日本独自のこだわり、もはや固執といってもいいくらい文化を滑稽に描きつつも、この感覚がわかってしまう自分の葛藤の連続。高圧的な母の呪縛はなくなったのに個人の幸福ではなく家族という大きな歯車の一部に…
      いいね

      良い
    • 十二人の死にたい子どもたち
      『十二人の死にたい子どもたち』真剣佑と死にたい11人の子どもたち
      いいね

      良い
    • サスペリア(2018)
      うーんうーんうーん
      いいね

      普通
    • 七つの会議
      ミッチーとドーナッツ屋さんのコンビは唯一の一般視点で狂言回し役。スターウォーズで言うならC3とR2の立ち位置でたり探偵役。観客はその2人と追体験をして、上で起きてる陰謀や思惑を。ただ、ホテルに匿わられてたのにどうやって出てきた?
      いいね

      良い
    • 七つの会議
      いつもの池井戸展開なんだけれども…。もういい顔といい声した人たちの怒鳴り合い。これはアウトレイジにも近いけれど、そこの気持ち良さをデケェ画面で存分に楽しめる良作。クライマックスが御前会議という会議だったりと映画向きではないが?
      いいね

      良い
    • 七つの会議
      半沢直樹−堺雅人+野村萬斎=七つの会議。演出家、演者も話もこの式が当てはまる!と思いきや、全く予想のつかない前半戦でどう転ぶかわからず。蓋を開けてみたら普段とかわらないんだけど!笑 福澤メソッドにのっとった演技方が面白い。
      いいね

      良い
    • こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話
      フェアに描くという意味ではワンダーも思い起こさせるステキな作りで、ハッとさせられる言葉の数々に涙腺やられる。大泉洋の最初のごめん…でぐっときた。あと、けっこう攻めてて高畑充希とのくだりはヒヤヒヤした。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....