TOP >NEO21thCenturyマイページ

NEO21thCentury

さんのマイページ
NEO21thCentury
つぶやいた映画
268 本
総ツイート
556 件
マイページ閲覧数
617 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

NEO21thCenturyさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
268 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • #ハンド全力
    グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~
    AI崩壊
    mellow
    カツベン!
    ゾンビランド:ダブルタップ
    最初の晩餐
  • スペシャルアクターズ
    メランコリック
    天気の子
    アナと世界の終わり
    レプリカズ
    運び屋
    岬の兄妹
  • グリーンブック
    アリータ:バトル・エンジェル
    ミスター・ガラス
    へレディタリー/継承
    人魚の眠る家
    ボヘミアン・ラプソディ
    ヴェノム
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • #ハンド全力
      自粛明け1発目の映画鑑賞は『囚われた国家』からリスタートします。ずっと前から決めてた。公開直後に劇場が休館という気の毒な作品。必ず観ます。
      いいね
    • グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~
      『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』。ケラさんの戯曲は未見。田島のダメさ加減にイライラな前半から、加速して終盤怒涛の展開にしっかり贖罪も盛り込み爽やかな余韻。小池さんの芝居は過剰だが、実質主人公の難しい役を好演。戯曲に成島監督… https://t.co/NkYus8oFDg
      いいね
    • AI崩壊
      『AI崩壊』。AI設定の構築、混乱の描写等、凄く頑張ってる。黒幕は余りにも分かりやすいが、日本映画のサイバーパニックが漸くスタートを切ったと思う。事態を打開するキーには上手い!と思ったが、この作品の重要な「問い」の向こうにある判断… https://t.co/DgHDJ7rWT4
      いいね
    • mellow
      『mellow』では想い、想われている人との会話を長回しで見せる。メインじゃないキャストも抜かりなくしっかり見せる。それは決して説明的でない。吐き出しでもない。置くようにそっと伝え、そこに行間への想像と多幸感が生まれる。明日への一歩をこんな風に踏み出せたらいいね。 #mellow
      いいね
    • カツベン!
      『カツベン!』。脚本が実によく出来てて、周防監督の人間讃歌と映画愛が溢れまくり。人を救うのは活動写真であり、活動写真を救うのもまた人なんだな。終盤は「上手い!」の連続でニッコリが止まらない。伏線も効いてるし、きっちりケツもふかせて… https://t.co/b5NE97A7Ce
      いいね
    • ゾンビランド:ダブルタップ
      『ゾンビランド:ダブルタップ』。上映時間は潔く、あっという間の99分!前作よりゾンビは添え物感あるけど、ディストピアでの疑似家族の在り方をユーモアたっぷりにフォーカス、楽しく鑑賞。監督も役者もビッグになったけど、また同じ面子でクダ… https://t.co/0y32QXq4Mc
      いいね
    • 最初の晩餐
      『最初の晩餐』。あまり好きじゃないモノローグ多め、正直語り口や構成はつたなく思う。が、人を、生き方を、見つめる様な淡々としたシーン運びや台詞回しは観る者の心を溶かし、己の生活に地続きの物語であることに気付く。隣で大切な人を見送った… https://t.co/dHVni7YHD7
      いいね
    • 最初の晩餐
      『最初の晩餐』で嬉しかったのは、染谷くんと窪塚のしっとりとした芝居が久しぶりに観られたこと。戸田恵梨香の芝居も素晴らしいね。あと子供時代の3兄妹を演じた子役達も凄く良かった。永瀬&斉藤の夫婦も円熟した芝居でグッド。つまりは皆いい。羨ましくなった。
      いいね
    • スペシャルアクターズ
      『スペシャルアクターズ』。ショウビジネスと消費サイクル激早の時代。ヒットした原作でもなく、有名な俳優も不在。上田監督がイチから作り上げた世界が、松竹の配給を受けて大手シネコンで上映される、そこに多幸感を感じる。『カメラを止めるな!』のヒットはこの為にあったのか、と思うほどに。
      いいね
    • スペシャルアクターズ
      『スペシャルアクターズ』。観客が期待する仕掛けは多少のケレン味を与えるだけ。本当の宝物は「虚構の中に心を動かす真実が表れる」ということ。終盤の弟のあの一言でこの作品を肯定した。創り手も観客も、きっと現実社会で自分の信じるものを投影… https://t.co/pHYHeJ7nKp
      いいね
    • メランコリック
      わざわざ田中監督からリプ頂けるとは。こりゃ観なきゃだわ。10月なんでちとまだ待たなきゃだけど。『メランコリック』、楽しみ! https://t.co/9878oKe54o
      いいね
    • メランコリック
      『メランコリック』、福岡はおろか九州でどこもやってねえよ。観た方々はもっとSNSで騒いでほしい。そしたらこっちまで来るかも…
      いいね
    • 天気の子
      『天気の子』、どうすっかなあ…。甘いスイーツに生クリームとハチミツをブッかけたみたいな予告を観た時点で、既に胃がもたれそう…
      いいね
    • レプリカズ
      『レプリカズ』。苦笑・失笑連発のトンデモ作品来たる。とにかく脚本が酷い。ただ悪意は感じず、ダメなだけなので怒りは起きないから、まあいいか…。キアヌは大好きだよ。でもネオやコンスタンティンやジョンのカッコ良さが微塵も無い!ただ無鉄砲… https://t.co/4Y2c5TCyi6
      いいね
    • アナと世界の終わり
      『アナと世界の終わり』は予告より先に劇中の短いワンシーンを観て「すげー面白そう」って思ってたんだけど、福岡近郊は上映が無くてガックリしてたとこだった。 https://t.co/JQNPqI5oeU
      いいね
    • 岬の兄妹
      『岬の兄妹』はラストシーン、ラストカットを観るだけでも価値がある。
      いいね
    • 岬の兄妹
      『岬の兄妹』、生きる為に社会のルールや倫理を犯す様は『万引き家族』に似てるけど、受け取る感触は全く違う。今思えば『万引き家族』は残酷だけど寓話的で、登場人物に歪んではいるが社会性があった。結末は皮肉的だけど、ある種の救いも感じた。… https://t.co/AajGYY8OWC
      いいね
    • 岬の兄妹
      『岬の兄妹』。妹を売春させ生計を立てるという倫理の破壊から導き出されるのは現代社会の暗部、というよりも普遍的な人間の闇だったり。主演二人の芝居が創り出す閉塞感が凄まじい。観賞後には現実の重さと虚しさが波の様に襲う。人生は苦痛の連続… https://t.co/LtFg7YcmlM
      いいね
    • 運び屋
      『運び屋』。予告との落差がすげえ(笑)。こんなにシニカルな作品とは思わなかった。どの登場人物にも、主人公にさえ感情移入させることなく、ただひたすらに凋落と悔恨を描き、虚しさの中に叩き込む。近年のイーストウッドの中では異質だけど、彼… https://t.co/ATRPA2l4Ad
      いいね
    • グリーンブック
      こないだ『グリーンブック』の時に上映中スマホいじってて、エンドロールになった瞬間またいじりだす奴がいて、オマエは常に携帯いじらなきゃ死ぬのか!とブン殴りたくなった。確かに上映中のスマホ問題は重大。しかし、飲食物持ち込みは何故こう議論にならないのだろう。不思議でならない。
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....