TOP >PTwikkieマイページ

PTwikkie

さんのマイページ
PTwikkie
つぶやいた映画
64 本
総ツイート
105 件
マイページ閲覧数
517 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

PTwikkieさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
64 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 背 吉増剛造×空間現代
    秘密の森の、その向こう
    さかなのこ
    彼女のいない部屋
    女神の継承
    たまらん坂
    国境の夜想曲
  • 春原さんのうた
    トムボーイ
    ドライブ・マイ・カー
    愛のように感じた
    返校 言葉が消えた日
    逆光
    ハイゼ家 百年
  • アンモナイトの目覚め
    #フォロー・ミー
    ある画家の数奇な運命
    ボヤンシー 眼差しの向こうに
    凱里ブルース
    37セカンズ
    ディリリとパリの時間旅行
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 背 吉増剛造×空間現代
      『秘密の森の、その向こう』に関する連続ツイートなのだが、キーワード「部屋」で七里圭監督作品を思った。『サロメの娘』以降、七里監督はいかにして部屋から逃れるのかを私は考えていた。ところが、新作『背、吉増剛造×空間現代』で、部屋がますます得体の知れなさを増してきたようだ。唯物的にも。
      いいね
    • 秘密の森の、その向こう
      続き→『秘密の森の、その向こう』の出現を予感させるものがある。だが、本作以前にデュラスの発言を体現させる日本の監督がいる。それは七里圭である。七里監督『サロメの娘』関連の作品にはまさしくそれがあるように思うのだが。
      いいね
    • 彼女のいない部屋
      この映画は、写真を繰り返し見直すことで、時間の秩序からの解放、つまり、家族の死による時間の停止からの解放に迫ろうとしたのだと思う。 『彼女のいない部屋』
      いいね
    • 彼女のいない部屋
      『彼女のいない部屋』におけるポラに、「眼」「明るさ」といった光を見いだすことはできるだろうか。一瞬にしてポラはフレームから消え去るためそれは無理なのだが、冒頭の木漏れ日のような光、白い壁を塗るオレンジ、それらからクラリスが被写体とをつなぐ媒介として光の存在を感知しているのは確かだ
      いいね
    • 彼女のいない部屋
      写真には未来(それは救済かもしれない)へと運ばれる力と過去(それは死かもしれない)へと連れ戻す力が同時にはたらいている。 だから、クラリスがポラを撮っていなかったらと考える。 その時、『彼女のいない部屋』は根源的に違った物語、編集… https://t.co/wO4aqzQCLN
      いいね
    • さかなのこ
      『さかなのこ』 上映はデジタルだと思うのですが、撮影は16mmフィルムなのですね。しかもタングステン・フィルムで統一したとか。 https://t.co/znp70Ke5k3
      いいね
    • 女神の継承
      どのような映画であろうと、終盤に近づくにつれ、どのような終わり方をするのかを観客は想像し、流れに応じて修正を加え集結へと向かう。 『女神の継承』の場合、その修正の加速を要請し幾度も更新せざるを得ない。終盤では時間をも遡行させ、後継者となった次女の衝撃的な告白を耳にすることになる。
      いいね
    • 女神の継承
      バンジョン・ピサンタナクーン『女神の継承』 映画冒頭、タイ東北部、森に囲まれた秘境イサーン地方を俯瞰で捉える。瘴気に包まれたかのような怪しげな空気感、何かが皮膚に纏わりつく不穏な光景を映し出す。本作のプロデューサーであるナ・ホンジン『哭声/コクソン』の冒頭を彷彿とする映像である。
      いいね
    • たまらん坂
      古谷忠典『たまらん坂』 「急に身長が伸びて…部屋にぬうっとはいって来た」 と朗読。これは七里圭『眠り姫』へのオマージュなのかと思ったのだが、原作にこの一節があった。 原作のある映画は原作を読んだ方がいい。ましてや、原作読まないで映画撮ったなんて豪語する監督の映画は見ない方がいい。
      いいね
    • たまらん坂
      小谷忠典『たまらん坂』 外から差し込む電車内の光。姿を見せない声だけのバー。マッチ擦る。ひな子の読む世界の再現。身長が伸びぬーと部屋に入ってくる。顔を見せない後ろ姿の女。ターンテーブル背後に黒猫。 掌の石片、清涼な水、変容した石。土地の名、そして自己。 本当に良くてたまらん。
      いいね
    • たまらん坂
      小谷忠典『ひびのゆえに』『たまらん坂』 『ひびのゆえに』にも七里圭『眠り姫』の片鱗がありましたよ。ブランコのひな子、地面に伸びるひな子の影。この陰影はたまらん。 『たまらん坂』、いいですね 。 世界の大きな賞はいらないから、こうい… https://t.co/S4hzbzC0Rj
      いいね
    • 国境の夜想曲
      ジャンフランコ・ロージ『国境の夜想曲』 戦争は国境をめぐる欲望の露出である。国境とは曖昧で、国を確定するラインのことでもあるのだが、そこにはラインを超えて往来する人々や物資が存在する。そして、ロージ監督にとっては自己と自分を演じる自己の境界、監督と被写体との境界、(承前)→
      いいね
    • 国境の夜想曲
      『国境の夜想曲』 来週見ようと思っていたんだけど、今夜で終映と知ってビックリ。 今夜は行きたくないけど、行く?
      いいね
    • 春原さんのうた
      『春原さんのリコーダー』 じゃなかった 『春原さんのうた』 いつ見れるのやら
      いいね
    • 春原さんのうた
      『春原さんのうた』 すぐにでも見に行きたいけど、 今のわたしには無理だな。 お願いだからロングランを。 そのためには多くの集客を望みたいけど、 これは自己中のわたしの矛盾。
      いいね
    • 春原さんのうた
      アパートのどこかの窓で風鈴が今年も夏を測り始める (櫻井朋子) コロナ禍の上映『春原さんのうた』 作品は初夏まで待ってくれるだろうか
      いいね
    • 春原さんのうた
      『春原さんのうた』 どこでも見ようか
      いいね
    • トムボーイ
      セリーヌ・シアマ『トムボーイ』@出町座 湖での水遊びやペットボトルの水で戯れる子どもたち。水の中では社会の重力からひととき解放される。 2人の少女の何かが変わったわけではないけど、何かとの邂逅はあった。 夏の終わりを告げる新学期前日までの物語。 久しぶりに出町座に足が向いた。
      いいね
    • 愛のように感じた
      タップミスで再打ち込み エリザ・ヒットマン『愛のように感じた』 ライラと3人の男たちの応答。ここに批評性を読み取ることは容易なのだが、それよりも浜辺に倒れ込むライラの姿。そこには外の世界にどうしようもなく溶解する彼女の姿が明確に描かれており、私はその姿にすごく共感を覚えた。
      いいね
    • 愛のように感じた
      『愛のように感じた』のライラを自己執行カテゴリーの見地から見ると…。
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      GD_momoco
      2543movies / tweets

      follow us