TOP >Pooh_kuru_sanマイページ

Pooh_kuru_san

さんのマイページ
Pooh_kuru_san
つぶやいた映画
1,530 本
総ツイート
1,675 件
マイページ閲覧数
11,687 view
ウォッチしている
10 人
ウォッチされている
10 人
2017年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
1530 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ひとよ
    人生、ただいま修行中
    トスカーナの幸せレシピ
    真実
    クロール ―凶暴領域―
    15ミニッツ・ウォー
    英雄は嘘がお好き
  • ボーダー 二つの世界
    空の青さを知る人よ
    イエスタデイ
    ブルーアワーにぶっ飛ばす
    細い目
    ホームステイ ボクと僕の100日間
    毒戦 BELIEVER
  • エンテベ空港の7日間
    ジョーカー
    ジョン・ウィック:パラベラム
    ヒキタさん! ご懐妊ですよ
    蜜蜂と遠雷
    エセルとアーネスト ふたりの物語
    ハミングバード・プロジェクト 0.001 秒の男たち
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 真実
      『真実』字幕版。毒気と温もりの混在する家族の物語は深まる秋に射す木漏れ日のような穏やかな心地良さ。女優と母親の異なる性質を体現した実存するドヌーヴと、会話で骨格から輪郭まで示される不在のサラの2人の存在感。創作の枠を超えた脚本が見事
      いいね

      良い
    • トスカーナの幸せレシピ
      『トスカーナの幸せレシピ』素行不良な名シェフとアスペルガー症候群の青年との料理が繋げる絆。扱いづらい題材を健常と障害、厄介者と純真者の綯交ぜな人物描写でボカし、ハートフルな挿話で徐々に枠を取り除く手法は、ある種のイタリア的な人誑し術
      いいね

      良い
    • 15ミニッツ・ウォー
      『15ミニッツ・ウォー』76年フランス植民地ジブチでのバスジャック事件を描いた実話ベース。凄腕スナイパー達の人間味あるやりとりの軽妙さと渇いた質感。そして護る為に殺すという矛盾への葛藤。テロ対策が確立される以前の鬩ぎ合いを堪能。
      いいね

      良い
    • ブルーアワーにぶっ飛ばす
      『ブルーアワーにぶっ飛ばす』逃げるように走り続け、傷つきやさぐれた私の自己否定感をも受け入れるのはキライだった心の原風景。日常の悲喜に揺さぶられている自分を認識する客観性の尊さ。過ぎ去り続ける時間を生きる女のハナシを夏帆と果歩が好演
      いいね

      良い
    • ボーダー 二つの世界
      『ボーダー 二つの世界』社会と自己の乖離に始まるこの映画の旅路は、あらゆる境界を曖昧にしながら悲しくも美しい予測不能な航路を進む。子孫繁栄という抗えない本能に対峙し、孤独なアウトサイダーはこのグロテスクな世界で獰猛な笑みを浮かべる。
      いいね

      良い
    • ヒキタさん! ご懐妊ですよ
      『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』生々しいシーンは無いのに妊活に取り組む夫婦の悲喜交々が痛いくらいに伝わる。不妊治療の実態や女性の負担の大きさを認識する中年男性ヒキタさんの思考が、不謹慎ながら笑えてしまう軽妙さも。松重さんを愛でる作品
      いいね

      良い
    • 英雄は嘘がお好き
      『英雄は嘘がお好き』ほんのちょっとしたことから始まる大騒動とロマンスは、フランスらしくエスプリの効いたユニークさとブラックさを併せ持つ軽快な上質コメディ。ジャンの芸達者ぶりは相変わらずだけど、意外にも?コメディ向きなメラニーが可愛い
      いいね

      良い
    • クロール ―凶暴領域―
      『クロール ―凶暴領域―』ハリケーンもワニも恐ろしいけど、最大の恐怖と脅威は押し寄せる水。日常を呑み込み、我が家が血の海へと変貌していく姿は圧巻。ワンシチュエーションを飽きさせないジワジワ恐怖演出と音の繊細さ。リアルワニワニパニック
      いいね

      良い
    • 人生、ただいま修行中
      『人生、ただいま修行中』看護実習生を追うドキュメンタリー。扇動することなく、人の役に立ちたいという崇高な精神を捉えるカメラの真摯さ。そこに写る失敗と戸惑いこそが学びで、医療に関わらず成熟へと繋がる人生の全シーンに通ずる普遍性を感じる
      いいね

      良い
    • 空の青さを知る人よ
      『空の青さを知る人よ』後悔を抱え、理想を置いて前に進んだ大人。夢を遠ざけ、幸せと共に生きる大人。10代を遠い過去に感じる全ての大人への青春エピローグ。囚われる閉塞感を取り払う美しい作画とパワフルな音楽が、そこに広がる空を知らしめる。
      いいね

      良い
    • ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん
      『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』②気品と柔和を兼ね備えるサーシャと作風、細部に宿るリアリティは81分の尺をシンプルにして無限の奥行きも感じさせる。現在のアニメーションとは一線を画し、嘗ての名作劇場の趣きが原初の記憶に触れる
      いいね

      良い
    • ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん
      『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』①19世紀ロシア。北極点を目指し遭難した祖父を捜索する貴族の少女サーシャの大冒険活劇。霞んだパステル調でベタ塗りの画、簡素に見えるかと思えば、色彩と陰陽による驚くほど繊細で緻密な動的描写。
      いいね

      良い
    • スティング
      『スティング』コンゲーム映画の最高峰は劇伴の旋律そのままに弾ける様に軽快に踊る。用意周到で臨機応変な詐欺師たちの騙し合いを眺める観客が気づけば1番騙されている快感。命のやり取りよりも相手を出し抜く爽快さが全編を覆うエンターテイメント
      いいね

      良い
    • レディ・マエストロ
      『レディ・マエストロ』女性指揮者のパイオニア アントニア・ブリコの伝記は、社会が型に嵌めたがる「女」のカタチの打破。偏見や差別、出生の謎や複雑な恋の行方といった困難に対し、時代はずれのダイナミックさで旗手となる彼女の純真さに惚れる。
      いいね

      良い
    • ある船頭の話
      『ある船頭の話』茂る森やゆったりとした川の流れと対をなす、激しく押し寄せる近代化の波と移ろう人の心。日本人が忘れた日本の原風景を捉える景観と音色に身を委ねると、悠久の時間を生きる自然を前にして、人の命の長さや重さに対する想いが巡る。
      いいね

      良い
    • 毒戦 BELIEVER
      『毒戦 BELIEVER』濃密な狂気はやがて、立場の境界を越えて疑と信の混沌を生む。オリジナルが持つ領域を軽く突き抜けた傑作リメイク。異質なキャラ祭りの中で端正なジュンヨルの実像の無さが不気味に際立つ。同化していくジヌンの揺らぎが◎
      いいね

      良い
    • ホームステイ ボクと僕の100日間
      『ホームステイ ボクと僕の100日間』国や風土を超越し転生する物語に息づく、生命と人生の普遍性。瑞々しい若者の現実に塗りたくられる濃淡の効いた色が、時にホラーに、時にロマンスに、美醜に彩る。波に呑まれる様な経験の果ての表情が胸を打つ
      いいね

      良い
    • エンテベ空港の7日間
      『エンテベ空港の7日間』誰かが始めた紛争が互いの正義を哀しく交差させる。テロリスト側からの描写は臨場感と焦燥感たっぷりで、ドラマは徐々に虚しさを加速させ終幕へ突き進む。要所で登場する前衛的な舞踏に込められた意味が両陣営を激しく皮肉る
      いいね

      良い
    • 蜜蜂と遠雷
      『蜜蜂と遠雷』個性や背景の異なるピアニスト達が対立せず其々が持つ夢に互いの火をくべることで音楽の深遠な力を呼び起こす。音響の良い演奏シーンに圧倒されたかと思えば、不安を掻き立てる心象表現にも引き込まれる。見事に音色を感じ取れる1本
      いいね

      良い
    • ジョン・ウィック:パラベラム
      『ジョン・ウィック:パラベラム』敵味方問わず惜しみない敬意と殺意をありったけの弾丸に込めた殺人オリッンピック。殺し、休憩、殺し…の耐久レースは殺しのアイデアと創意工夫に溢れ、製作側の正気を疑うレベル。無論、こちらも狂気に酔い痴れよう
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....