TOP >Pooh_kuru_sanマイページ

Pooh_kuru_san

さんのマイページ
Pooh_kuru_san
つぶやいた映画
1,173 本
総ツイート
1,306 件
マイページ閲覧数
6,976 view
ウォッチしている
10 人
ウォッチされている
9 人
2017年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
1173 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • アマンダと僕
    リアム16歳、はじめての学校
    サタデーナイト・チャーチ -夢を歌う場所-
    THE GUILTY/ギルティ
    半世界
    女王陛下のお気に入り
    サマー・チルドレン
  • アイ・ビロング
    ルールズ・フォー・エヴリシング
    氷の季節
    イート・スリープ・ダイ
    アマチュアズ
    マイ・アーント・イン・サラエボ
    ウィンター・ブラザーズ
  • ナポリの隣人
    洗骨
    リーサル・ソルジャーズ
    コントロール 洗脳殺人
    ちいさな独裁者
    We Margiela マルジェラと私たち
    アクアマン
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • イート・スリープ・ダイ
      『イート・スリープ・ダイ』働けない父を抱えたラーシャの解雇から再就職への歩みを通して見る福祉大国スウェーデンの実情。自身の出自がハンデになろうとも、受け入れ難い現実にも、泣き言も恨み言も言わず明朗なラーシャの日常と瞬間爆ぜる歓喜に涙
      いいね

      良い
    • アマチュアズ
      『アマチュアズ』スウェーデンの過疎化した小さな町で企業誘致PRを製作する2人の少女のカメラが捉える光と影。貧困や移民国家、グローバリズム、見えてくるのは見ないようにしてきた多様化が生んだ功罪。そんな中でも根付く母の愛。切れ味イイ作風
      いいね

      良い
    • 半世界
      『半世界』いつの間にか何かと向き合う事を忘れてしまった40歳を迎えるかつての少年たち。どんな世界にいても、気づかないうちに緩やかに壊れていくし、壊れても続いていく。静かに沁みて哀愁漂う良い映画。泥臭い稲垣吾郎もいい味出してた。
      いいね

      良い
    • 女王陛下のお気に入り
      『女王陛下のお気に入り』愛と権力をめぐる三つ巴の泥仕合。虚栄を纏う嫉妬と執着が曇らす自身の胸の内。豪華な宮殿の暗がりや兎のモチーフとのマッチングも嵌る。醜悪な人の内面も女優陣は魅力的に演じ、衣装や美術も煌びやかなアートなコメディ作品
      いいね

      良い
    • イップ・マン 継承
      『イップ・マン 継承』木人椿を打つ姿がこんなに悲しく写るとは思わなかった。異種格闘技を含めた爽快なアクションとイップマンを静かな達人たらしめる最愛の家族とのドラマ。シリーズが積み重ねたものが、ラブストーリーとしても妙味を齎す快作。
      いいね

      良い
    • ウィンター・ブラザーズ
      『ウィンター・ブラザーズ』無限に広がる雪景色と石灰の白と、坑道と将来を覆う闇が作り出す閉塞感と圧迫感に人はどこまでも孤独を募らせる。細く鋭く研ぎ澄まされた心の刃の攻撃性と脆さがヒリヒリと伝わる。清濁併呑とした撮影が真に迫る危険な作品
      いいね

      良い
    • マイ・アーント・イン・サラエボ
      『マイ・アーント・イン・サラエボ』紛争から逃れ異国で暮らす父は、過去を知らない娘と共に20年ぶりに故郷を訪れる。国を出た者と残った者の邂逅が、サラエボの哀しい歩みを浮き彫りにする。トラウマと対峙し、前を向く父娘の笑顔が陽だまりに咲く
      いいね

      良い
    • 洗骨
      『洗骨』粟国島の洗骨という風習を当初、奇妙で怖さすら感じていたが、とても神秘的で死は決して無に還る事ではないと実感した。重なる様に描かれる特異な家族の絆と再生もまた、温かく優しい。クライマックスの見せ方や緩いユーモアも随所で光る。
      いいね

      良い
    • アイ・ビロング
      『アイ・ビロング』不器用だが慎ましく生きる3人の女性を其々主人公にしたオムニバス。向き合おうとするが故に起こる齟齬、些細な行き違いが人生をネガティブに侵食。ミスコミュニケーションというミニマムな地獄。当人にだけ積もる澱が遣る瀬ない。
      いいね

      良い
    • ルールズ・フォー・エヴリシング
      『ルールズ・フォー・エヴリシング』万物には法則がある。この異分子だらけの世界も、不意に訪れる哀しみも、そう思えたら・・・。10歳のストームの鋭利な感受性でみる俯瞰した世界を、アーティスティックな絵作りとサウンドで日常に挿し込む野心作
      いいね

      良い
    • サマー・チルドレン
      『サマー・チルドレン』夏の間だけ親元を離れ施設で暮らす「夏の子供たち」。その健気さと勇気、子供ならではの空想力が、アイスランドの寂寥とした自然に映える。ローアングルのカメラと淡くトーンを落とした色彩が現実と虚構の狭間を描写した良作。
      いいね

      良い
    • 氷の季節
      『氷の季節』極貧からの脱却の為、最愛の娘とモラルを差し出す父親の葛藤。貧者に支えられる富者の繁栄を様々なメタファーで表現した冷たく、暗く、硬質なドラマ。差し出す度に越える境界線、豊かさと喪失の相対性にどこまで愚鈍でいれるかを問われる
      いいね

      良い
    • ぼけますから、よろしくお願いします。
      『ぼけますから、よろしくお願いします。』認知症を患う高齢の母と、更に高齢な父の暮らしを収めた娘によるドキュメンタリー。忘れてしまう事で湧き上がる感情に悶えるほど苦しむ姿は親子だから表現できたのだろう。厳しい現実よりも愛に溢れる日々。
      いいね

      良い
    • リーサル・ソルジャーズ
      『リーサル・ソルジャーズ』CIAのテロ殲滅作戦に従事する傭兵たちの輪舞曲。敵味方の相関や無慈悲なアクションは見応えあるが、人物の奥行きが感じられないシナリオで二転三転させるから捻れて絡まった印象。勧善懲悪な爽快アクションでいいのに。
      いいね

      良い
    • コントロール 洗脳殺人
      『コントロール 洗脳殺人』双極性障害を患うC.リッチが幻覚、幻聴に悩まされ、過去のトラウマもフラッシュバックし、真実と妄想が乱立するスリラー。高速サブリミナルな映像表現がしんどい。無駄に多いモブキャラと無駄遣いされるJ.キューザック
      いいね

      普通
    • ナポリの隣人
      『ナポリの隣人』愛と幸せを求め生きてきた筈が近づいて傷つき、離れて傷つき離散した家族。個となって更に色濃くなる愛憎に人生の容赦なさが滲みる。交わらない視線、伝わらない意志だけど、父娘の重ねた掌とその距離感に欲した全てがおさまっていた
      いいね

      良い
    • ライトスタッフ
      『ライトスタッフ』米ソの宇宙開発競争の源流は未知への領域へと踏み込む命知らずな男達の浪漫。資質を備えた高みを目指すマーキュリーセブンとその影で記録と自分へ挑み続けるイェーガー、子供じみてるけどどちらも夢を追う姿がバカカッコいい。
      いいね

      良い
    • ちいさな独裁者
      『ちいさな独裁者』権威を盾にエゴを爆発させ独裁者へ変貌するヘロルトよりも、その力を盲従し、肖ろうとする者の心理が現代社会にも通じて恐ろしい。ホロコーストを生んだ全体主義という仕組みを垣間見た。E.Rはコメディではなく監督からの警鐘。
      いいね

      良い
    • We Margiela マルジェラと私たち
      『We Margiela マルジェラと私たち』希代のデザイナー マルタンと共にあった〝私たち〟が作り上げた時代を回顧するドキュメンタリー。関係者が口々に語る楽しく破滅的な日々に、やはり真の創作とはこういう自傷の世界だと痛感した
      いいね

      良い
    • アクアマン
      『アクアマン』S.Wやインディー・ジョーンズの影響ありありだけど「2つの世界の架け橋」として、過去と現代を繋げるアメコミ版アーサー王として納得。海底世界やクリーチャーのビジュアル面でのクリエイティブさは見事。女性が添え物でないのも◎
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....