TOP >Pooh_kuru_sanマイページ

Pooh_kuru_san

さんのマイページ
Pooh_kuru_san
つぶやいた映画
1,269 本
総ツイート
1,408 件
マイページ閲覧数
7,607 view
ウォッチしている
10 人
ウォッチされている
9 人
2017年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
1269 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • アマンダと僕
    長いお別れ
    アメリカン・アニマルズ
    僕たちは希望という名の列車に乗った
    リアム16歳、はじめての学校
    ザ・バニシング−消失−
    マローボーン家の掟
  • 魂のゆくえ
    ビューティフル・ボーイ
    芳華-Youth-
    ハンターキラー 潜航せよ
    荒野にて
    12か月の未来図
    ザ・プレイス 運命の交差点
  • マックイーン:モードの反逆児
    ビッチ・ホリデイ
    孤独なふりした世界で
    バイス
    希望の灯り
    私の20世紀 4K レストア版
    リヴァプール、最後の恋
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • アメリカン・アニマルズ
      『アメリカン・アニマルズ』②視点によって変わる印象と現実の中で、現在の彼らの心情だけが作中、唯一の「本物」に思える。誰かや何かと比べ自らの人生の価値を見誤り易い現代的な風刺の効いた痛快作。と、笑っている人は既にあちら側にいるかも。
      いいね

      良い
    • アメリカン・アニマルズ
      『アメリカン・アニマルズ』①人生の転換を求める平凡な大学生4人が起こした実際の強奪事件。本人達の証言の齟齬すらも取り込んだオーデュボンの図録さながらの写実性とメタフィクションを更に捻った虚構性の新感覚はこちらを見事に巻き込んでいく。
      いいね

      良い
    • ザ・バニシング−消失−
      『ザ・バニシング−消失−』忽然と姿を消した恋人の捜索に3年を費やす男と、その存在を知り新たな悪意を抱く犯人の邂逅。性質は違えど両者ともにぽっかりと穴が空いている。悪い事をしたい。という無垢な欲求が醸すズレに理解が及ばずひたすらに恐怖
      いいね

      良い
    • 12か月の未来図
      『12か月の未来図』堅物ベテラン教師と問題児達の交流を描いたドキュメントタッチのドラマ。移民、貧困、学力低下、多人種国家フランスの直面する問題を現実的に捉える中に、現場目線ならではの人間らしさが溢れる。人は人によってより良くなれる。
      いいね

      良い
    • プロヴァンスの贈りもの
      『プロヴァンスの贈りもの』敏腕トレーダーとして利益だけを求めるマックスが、幼少を過ごしたプロヴァンスの思い出に人生の意義を見出していくコメディ。偏屈で狭義的な男と豊潤な人間性の女達の対比や、仏、英あるあるが予定調和に深みを与える。
      いいね

      良い
    • マローボーン家の掟
      『マローボーン家の掟』古く大きな家が不気味なのは万国共通。そんな人間の根源的な恐怖と兄妹愛とが入り混じる切ないおとぎ話。伏線と違和感の積み重ねで高まる緊張の臨界で訪れるファンタスティックな事実に哀しみが止まない。ラストショットが救い
      いいね

      良い
    • 芳華-Youth-
      『芳華-Youth-』激動の70年代中国で軍歌劇団に属する若者の恋愛叙事詩。青春の輝きと残酷さは傷ましくも愛おしい思い出になるのに、それすら時代の唸りが呑み込む無情さ。革命と情熱の赤は、時を経て鮮血の赤へ。誰もが必死に生きた事実に涙
      いいね

      良い
    • 魂のゆくえ
      『魂のゆくえ』欺瞞に満ちた現代は真っ当な善人が生きるには余りにも受難の多い世界。キリストの苦悶を体現する牧師をE.ホークが迫真。!徐々に蝕まれ美しく壊れていく様はトラヴィスが重なる。死んで天国へ。は救済か?ラストがそっと問いかける。
      いいね

      良い
    • ハンターキラー 潜航せよ
      『ハンターキラー 潜航せよ』全体的な大味さは否めないが、潜水艦内の閉塞感、ネイビーシールズのアクション、司令部の焦燥感が上手く融合し骨太さを演出。場面転換も的確で各パートを飽きずにハラハラしながら鑑賞。M.ニクヴィストの遺作。合掌。
      いいね

      良い
    • 孤独なふりした世界で
      『孤独なふりした世界で』2度目。其々が持つその人にとっての終末が4人の人物によって暗喩的かつ叙情的に。独りで持て余す平穏な孤独を描く前半と、IからWeへの切望へと進む後半への転調。豪華なキャストがじんわりと響かせる人心の底の底。
      いいね

      良い
    • マックイーン:モードの反逆児
      『マックイーン:モードの反逆児』陽気な青年の孤独や暗部を具現化した様な美醜に満ちたデザイン。刺激的なスタイルは改めてファッションが総合芸術だと知らしめる。長けた先見性の果てに、自分の幸せを見出せなかった天才の末路が切なすぎる。必見。
      いいね

      良い
    • ショーン・オブ・ザ・デッド
      『ショーン・オブ・ザ・デッド』今更の劇場公開。責任とはほど遠い自堕落な生活を送るショーンが、反転した日常の中で(微かな)輝きを放つB級ゾンビコメディ。後半の失速感は否めないが、オマージュだけに終止しないアイデアを絞った感がやはり好き
      いいね

      良い
    • 希望の灯り
      『希望の灯り』2度目。整然と画一的に並べられた商品と、不均衡な心を宿した人物たちの対比。蕭条の大地に降り注ぐ淡い光ではその奥底は照らせない。慎み深い恋愛の「寂しさ」と「温もり」を伝える映像と音楽が、私の最深部へ浸透する恍惚たる感覚。
      いいね

      良い
    • マダム・マロリーと魔法のスパイス
      『マダム・マロリーと魔法のスパイス』仏と印、道一本隔てただけの向かいのレストランとの本当の距離は?ハッサンの異文化を受け入れようとする素直さも、マダムの品格を重んじる誇りも共に気高い。H.ミレンが頑なな人物を愛嬌たっぷりに好演。
      いいね

      良い
    • ザ・プレイス 運命の交差点
      『ザ・プレイス 運命の交差点』2度目。自分の欲望が誰かの犠牲の上に成り立つ事実に、其々が真理に辿り着いた様に変容。巨悪でも異常者でも無い、いたって平凡な人物達が持つ、良くも悪くも頭を抱えてしまう程の複雑怪奇な人間らしさに魅了される。
      いいね

      良い
    • 孤独なふりした世界で
      『孤独なふりした世界で』世界でただ1人生き残ったデルが築く静寂の楽園に侵入するグレースという混沌。孤独な安寧から踏み出さない男の揺れる心情が、終末映画とは思えない美しい映像で綴られ不思議な感情に漂う。白黒、影と陽光、闇夜の花火。好き
      いいね

      良い
    • ビッチ・ホリデイ
      『ビッチ・ホリデイ』マフィアの大物に愛人として「飼われる」サシャが直面する人道と拝金との瀬戸際。愚かな女性に降りかかる不条理劇にみえて、男性優位思想や女性軽視を前面に押し出し、男どもの居心地の悪さを炙り出す女性監督のフェミニズム炸裂
      いいね

      良い
    • バイス
      『バイス』欠陥だらけの若者が最恐の副大統領へと登り詰める伝記。政治の裏表を学び、狡猾に掌握していく様に怒りや嫌悪を抱かせない、喜劇屋らしいA.マッケイのユーモラスな手腕に脱帽。ディックやラミーの内外面の造形も見事。不思議と笑える作品
      いいね

      良い
    • ちいさな哲学者たち
      『ちいさな哲学者たち』フランスのある幼稚園で行われる哲学の時間を追うドキュメンタリー。多種多様な背景の子供達が画一化された教育を超え、自ら考える力と相手との語りを学ぶ。革新的かつ、真理とも言える発言にハッとさせられ、こちらも学ぶ。
      いいね

      良い
    • 長いお別れ
      『長いお別れ』認知症を患い嘗ての面影を無くし何者でもなくなっていく父と、喪失感と愛おしさから自身を奮い立たせる家族の姿を描いた愛のドラマ。日常の些細な出来事への心情描写と自然な画づくりが心を掴む。これ以上ない完璧なキャスティングが◎
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....