TOP >Pooh_kuru_sanマイページ

Pooh_kuru_san

さんのマイページ
Pooh_kuru_san
つぶやいた映画
1,822 本
総ツイート
1,975 件
マイページ閲覧数
16,643 view
ウォッチしている
10 人
ウォッチされている
11 人
2018年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
1822 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 21世紀の資本
    山中静夫氏の尊厳死
    コリーニ事件
    ルース・エドガー
    デッド・ドント・ダイ
    ようこそ、革命シネマへ
    【Netflix映画】タイラー・レイク -命の奪還-
  • 悲しみより、もっと悲しい物語
    白い暴動
    暗数殺人
    在りし日の歌
    人間の時間
    幼い依頼人
    世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ
  • PSYCHO-PASS サイコパス 3 FIRST INSPECTOR
    サーホー
    馬三家からの手紙
    ナイチンゲール
    三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実
    CURED キュアード
    弥生、三月 -君を愛した30年-
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • サーホー
      『サーホー』ある犯罪組織の跡目争いを軸にしたアクション巨編。筋を追うのは途中でやめ、飛び込んでくる娯楽の波にただ、飲み込まれた。エンターテイメントとしてこれ以上付け加えるものがない上に、上映時間の半分はプラバースのイメージビデオ。
      いいね

      良い
    • ようこそ、革命シネマへ
      『ようこそ、革命シネマへ』独裁政権下で奪われた文化と自由を取り戻す為、老年の映画人達が映画館を復活させようと奮闘するドキュメンタリー。政府は容認せず、上映は困難。けど極めて明るくユーモアも失わない。そう、芸術の探究こそしなやかな革命
      いいね

      良い
    • ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -
      『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -』美しい景観の中で反復され、やがて手紙を通して往復する姉妹の絆。言葉を超えて、重ねた手が、郵便配達員が届ける静謐な想い。時に名前はどんな言葉よりも温かな魔法になる。
      いいね

      良い
    • コリーニ事件
      『コリーニ事件』黙秘を貫く殺人犯に対峙する新米弁護士の正義が、閉ざされたその心と国の闇に光をあてる。重い法廷劇、深いドラマでありながら、テンポと切り口の良さに引き込まれる。不変の過去と法律という生き物に向き合う彼の国の姿勢に敬服する
      いいね

      良い
    • 真昼の決闘
      『真昼の決闘』無情に刻まれる決闘までの時間と非情な人間のエゴを描いた異色のリアルタイム西部劇。絶対的な正義だった保安官というヒーロー像の崩壊と猜疑心を抱く人々は、大戦後のアメリカの暗喩か。孤独な葛藤を続けるG.クーパーの重厚な渋味。
      いいね

      良い
    • タグ
      『タグ』30年以上鬼ごっこをやり続ける大人達の実話ベース友情劇。勝ち負けよりも、お互いが楽しめるルールが、人生の浮き沈みに関係なく其々を平等に童心に還す優しい仕様でほっこりする。いくつになってもバカになれる関係性が素敵で微笑ましい。
      いいね

      良い
    • ハーモニー
      『ハーモニー』原作未読。印象的な暖色系のカラーと無機質な未来のコントラスト等に見る相反する徹底的な矛盾を、映像に落とし込み表現した斬新さ。ただ、モノローグと説明過多の演出は、待てど暮らせど平熱を維持し、さしたるカタルシスもなく終幕。
      いいね

      普通
    • 【Netflix映画】『スペンサー・コンフィデンシャル』
      『スペンサー・コンフィデンシャル』ストーリーもアクションも並みだが、粗野なのに正義漢のM.ウォールバーグと、脇を固めるキャラクターとのコメディパートが推進力。硬軟のバランスが取れた万人受け感は、80´sのバディものみたいなノリで良い
      いいね

      良い
    • SUPER 8/スーパーエイト
      『SUPER 8/スーパーエイト』スピルバーグの庇護を良い事に、J.J自らの郷愁を具現化。傷ついた少年、2度と無い瞬間を刻む8㎜、仲間たちとの計画、未知の存在etc。それらしいモチーフが渋滞を起こし、其々の良さを消す愚昧。引き算を!
      いいね

      普通
    • 10人の泥棒たち
      『10人の泥棒たち』10人の思惑と、心の奥の愛憎が幾重にも絡み合う。その結末がダイヤの行方より気になるアクション、復讐、コメディ、ノワール全部盛り映画。韓国映画の懐の深さと底力に見事に心を攫われる。変わらぬチョン・ジヒョンが嬉しい。
      いいね

      良い
    • 暗殺者の家
      『暗殺者の家』元祖巻き込まれ系サスペンス。後の様々な映画に影響を与えたであろうコンサートでの暗殺シーン。そこからの怒涛の展開は圧巻。それなりの粗さもあるが、それらが却ってシュールに見えてくる可笑しく不思議な味わいを堪能した。
      いいね

      良い
    • ロープ
      『ロープ』全編1つの部屋でのワンカット風で、作中の時間がそのまま上映時間となる実験作品。トリックを暴くよりも、犯人たちの異常とも言える誇大妄想的な思想を穿つスリル。その特異な関係性を主に据えた構成は従来のサスペンスの域を超えている。
      いいね

      良い
    • バルカン超特急
      『バルカン超特急』戦前の時代背景や英国人への皮肉めいた自虐をふんだんに盛り込んだヒッチコック初期の群像劇。サスペンスとゆるいコメディの黄金比が終始、軽快に駆け抜ける。「なぜ、人はウソをつくのか?」娯楽作に忍ばせたテーマが興味深い。
      いいね

      良い
    • レベッカ
      『レベッカ』メリハリの効いたストーリーテリングと其々をジワジワと追い詰める粘着質な演出、美しいのに無力感に吸い込まれそうなカメラワーク。ヒッチコックの手腕が冴え渡る。珍しくユーモアなし。アルファベット1文字で圧力を掛ける純正スリラー
      いいね

      良い
    • イン・ザ・トール・グラス -狂気の迷路-
      『イン・ザ・トール・グラス -狂気の迷路-』身の丈を超える草原で起こる時間、距離、生死も曖昧な超常現象の迷宮。土着神的な人外の力で正気を失っていく様は、ホラーでありスリラーであり見応え充分。少ない演者とワンシチュエーションの良佳作。
      いいね

      良い
    • 狩人の夜
      『狩人の夜』神の伝道師を名乗る真性の悪につけ狙われる幼い兄妹の逃避行を描いた童話的フィルムノワール。白と黒のみで描かれる現実と幻想を跨いだ詩情の極みの様なショットに感じる畏怖と陶酔。R.ミッチャムの超怪人っぷりはサイコパスの原点か。
      いいね

      良い
    • ルース・エドガー
      『ルース・エドガー』米国という枠の中でマイノリティに対し、人々が無意識に嵌め込んでしまおうとする役割。自由と多様性の新しいステージへ到達した国の光と影。その圧力、その重みはどれだけの速度で走れば振り切れるのか?O.スペンサーの存在感
      いいね

      良い
    • 死刑台のエレベーター
      『死刑台のエレベーター』完全犯罪の先にある2人の夢見た幸せが、指先をかすめ落ちていく情愛の無常サスペンス。2つの逃避行を包みこむ、夜の街とマイルスのjazzの艶に酔い痴れる。既存のシステムを棄てた、25歳⁉のL.マル早熟の名作。
      いいね

      良い
    • 第十七捕虜収容所
      『第十七捕虜収容所』凄惨さとはほぼ無縁な内容が設定として破綻していないのは、其々のキャラ付けの自然さや、そこにある装置のみでユーモラスに展開する演出の妙。そこにスパイ探しのスリルが加わりエンタメの境地へ。ラストの落としどころも渋い。
      いいね

      良い
    • 逆光の頃
      『逆光の頃』京都の原風景をバックに、そこで日々を送る高校生の成長、特有のモヤモヤや恋心が美しく浮かび上がる映像作品。ロケーションや爽やかなキャストが絵になる上に、アニメーションを加える遊び心も楽しく、全てのカットに目を奪われた。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....