TOP >RyosukeKiseマイページ

RyosukeKise

さんのマイページ
RyosukeKise
つぶやいた映画
340 本
総ツイート
605 件
マイページ閲覧数
725 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

RyosukeKiseさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
340 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ボヘミアン・ラプソディ
    ヴェノム
    search サーチ
    クワイエット・プレイス
    プーと大人になった僕
    愛しのアイリーン
    万引き家族
  • デッドプール2
    ゲティ家の身代金
    犬ヶ島
    孤狼の血
    アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル
    アベンジャーズ インフィニティ・ウォー
    レディ・プレイヤー1
  • トレイン・ミッション
    ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書
    リメンバー・ミー
    シェイプ・オブ・ウォーター
    ブラックパンサー
    ナチュラルウーマン
    スリー・ビルボード
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ボヘミアン・ラプソディ
      まったくリアルタイム世代じゃないので臭いことは言いたくないが、『ボヘミアン・ラプソディ』は真の傑作だった。フレディ・マーキュリーという天才の孤独にフォーカスすると同時に神格化させ、クイーンの軌跡を衒いなく「神話」へと昇華した脚本が大正解。ちゃんと貴種流離譚になっているのが凄い。
      いいね
    • ヴェノム
      『ヴェノム』酷かった。ジョン・カーペンターを彷彿するSFホラーチックなオープニングこそ期待させるが、その後はグダグダな脚本と「バイオ7」のパクリみたいなCGにうんざり。はっきり言って主演がトム・ハーディじゃなかったら観れたもんじゃ… https://t.co/7j9SGtvm3K
      いいね
    • search サーチ
      PCやスマホのディスプレイ上だけで物語が進行していく実験作『search/サーチ』。とはいえ内容自体はよくある「お前だったのかよ」系どんでん返し映画で、実は撮影の手法よりも主人公一家をアジア系で固めたキャスティングこそが何より新鮮… https://t.co/OfGkdlg1mx
      いいね
    • 愛しのアイリーン
      脚色が良くないのかそもそも原作が悪いのか、『愛しのアイリーン』こんなにも面白くないなんて……。ムラ社会における移民というテーマ自体はご立派だが、その描き方があまりにも類型的すぎるし、その象徴たるババアを演じる木野花の全時代的なオーバーアクトはそれに輪をかけて酷く、見るに耐えない。
      いいね
    • ヴェノム
      今月から来月にかけて『1987、ある闘いの真実』『ヴェノム』『止められるか、俺たちを』『search/サーチ』『華氏119』『ボヘミアン・ラプソディ』『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』と観たい映画ばかりで困る。明日は『タリーと… https://t.co/WG2UZw8DtZ
      いいね
    • クワイエット・プレイス
      『クワイエット・プレイス』完全なるバカ映画だった。音出すなっつってんのに玩具でピロピロ鳴らすクソガキ、音出すなっつってんのに大声で叫ぶ謎のジジイ、そしてあんな状況になってもなお中出しセックスをする色ボケ夫婦ども全員バカすぎる。同じ… https://t.co/3IjPUihXvt
      いいね
    • プーと大人になった僕
      昨年からずっと楽しみにしていた『プーと大人になった僕』を観てきた。内容的には『メリー・ポピンズ』直系の心温まる「仕事よりも家族が大事」映画であったが、如何せん実写化された100エーカーの森の仲間たちの「Five Nights at… https://t.co/J7fYO7S9Ur
      いいね
    • プーと大人になった僕
      『プーと大人になった僕』は去年の時点でめちゃくちゃ観たかったけど、それ以上に『さよならクリストファー・ロビン』が観たくなる話だった。/ アメリカ流れ者 https://t.co/3UOfUCpLRf
      いいね
    • 万引き家族
      カンヌでの歴史的快挙も束の間、頭の足りないバカ発見器となってしまった『万引き家族』であるが、いざ観てみると、信頼と実績のいつもの是枝作品であった。つまり、子役の名演と、美味そうな食事と、樹木希林の映画。ゴダールは「男と女と車」で映画を撮ったが、コレエダはガキとメシとババアなのだ。
      いいね
    • デッドプール2
      噂に違わぬ仁義なき庭戦争っぷりに仰天の『ピーターラビット』。『デッドプール2』かと見紛うような暴力ネタ・メタギャグの数々も痛快だが、何と言ってもドーナル・グリーソンが最高! 女好きする“英国男子”の筆頭だが、その美形を逆手に取った… https://t.co/MRnxIAS7zF
      いいね
    • アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル
      『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』を観て「あぁ、やっぱりホワイト・トラッシュっていいなぁ!」と。バカとクズしか出てこないのは『スリー・ビルボード』同様だが、この信じがたい底の抜け方のほうがよりアメリカ的で、完全に『ペイン&… https://t.co/7GwZTQL1Ml
      いいね
    • ゲティ家の身代金
      『ゲティ家の身代金』期待外れだった。序盤、やたら時制が行ったり来たりするせいで、肝心のサスペンスへの導入までが非常にかったるい。もちろん人物描写が必要なのはわかるし、誘拐犯と被害者との謎の友情も見所ではあったけど……。やはり俺にとって「身代金」つったらメル・ギブソンなのであった。
      いいね
    • 孤狼の血
      東映なんだから、このままプログラム・ピクチャー化すればいい。役所広司をまったく別人のヤクザとして出演させたりして。/ 「孤狼の血」続編製作決定、「凶犬の眼」がベースに(コメントあり) - 映画ナタリー https://t.co/NDx0I6XB0a
      いいね
    • アベンジャーズ インフィニティ・ウォー
      一見には容赦なくぶぶ漬け突き出す小料理屋のババアみたいな映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』。遂にヒーロー勢揃い!とか抜かしつつ、終始ジョシュ・ブローリン顔のおっさんが淡々と人を殺しまくるのが笑える。膨大なキャラを無理くり絡ませること自体が目的化したピタゴラ脚本も馬鹿。
      いいね
    • レディ・プレイヤー1
      『レディ・プレイヤー1』、ちゃんと面白い映画で本当によかった! マーク・ライランスがただただキモい駄作『BFG』を観た時は「あぁ、もうスピルバーグもコドモの心を忘れてしまったか」と一種の諦めを覚えたが、まだまだ全然中二病真っ盛りだ… https://t.co/D7TbXXslTr
      いいね
    • ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書
      皮肉にも、現在の日本の政治状況とのシンクロニシティを呈している『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』。昭和特有の脂ぎったブン屋に扮するトム・ハンクスの柄の悪さがこれまた痛快。 『大統領の陰謀』ではなく、なぜか吉本浩二先生の『ブラック・ジャック創作秘話』を彷彿したのもそのせいか。
      いいね
    • トレイン・ミッション
      「午後のロードショー」のラインナップを量産し続ける男、ジャウマ・コレット=セラの『トレイン・ミッション』は当然快作。「最近のニーソンこんな役ばっか」だの「てかほとんど『フライト・ゲーム』と同じ話」だの「そもそもタイトルが馬鹿っぽい」だの、うるせぇから。いいんだよ、面白いんだから。
      いいね
    • ゲティ家の身代金
      "MeToo"で何かと話題のこちらも、大好きな『身代金』のメルギブ的なキチガイ(しかも実在する)が出てくるってだけで楽しみ。ああいうサイコパスを見ると「うわぁ~、アメリカだなぁ~!」と胸が高鳴る。/ 映画『ゲティ家の身代金』予告編… https://t.co/ARf2WpvLci
      いいね
    • 犬ヶ島
      『グランド・ブダペスト・ホテル』がもう4年前だなんて......。この日本に対する愛も敬意もない、半笑いで小馬鹿にしきった感じが堪らねぇ。/ 野田洋次郎も参加!ウェス・アンダーソン最新作『犬ヶ島』日本オリジナル版予告… https://t.co/dUaSFWrsU8
      いいね
    • ナチュラルウーマン
      評判も予告編も良かったのでかなり期待していた『ナチュラルウーマン』だが、これが退屈で退屈で。編集はタルけりゃ主人公の追い詰めも甘く、何より作りは“スライス・オブ・ライフ”なのに各エピソードが収斂しないから「えっ、これで終わり⁉︎」… https://t.co/0mbdU5CoPW
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....