TOP >SARUCO1013マイページ

SARUCO1013

さんのマイページ
SARUCO1013
つぶやいた映画
301 本
総ツイート
301 件
マイページ閲覧数
6,622 view
ウォッチしている
4 人
ウォッチされている
3 人
2017年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
301 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • サンセット
    ビール・ストリートの恋人たち
    THE GUILTY/ギルティ
    ねことじいちゃん
    あなたはまだ帰ってこない
    女王陛下のお気に入り
    ちいさな独裁者
  • フロントランナー
    バーニング 劇場版
    ジュリアン(2017)
    シークレット・チルドレン 禁じられた力
    バジュランギおじさんと、小さな迷子
    蜘蛛の巣を払う女
    世界一と言われた映画館
  • それだけが、僕の世界
    シシリアン・ゴースト・ストーリー
    家へ帰ろう
    マイ・サンシャイン
    暁に祈れ
    パッドマン 5億人の女性を救った男
    ゴッズ・オウン・カントリー
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • サンセット
      『サンセット』彼女が最初に泊まった安宿の窓から見えた黄昏。これが、この国の、終わりの始まりだった。ヨーロッパでは、第一次大戦は非常に大きな歴史の転換点。あの塹壕は第一次大戦だと一目でわかる印ですね。イリス=カルマン、だったのかな。
      いいね

      良い
    • ちいさな独裁者
      『ちいさな独裁者』最後の裁判の立会人の言葉が真実だと思う。戦時中はなんでもあり。それが戦争のホントの悲劇であり残酷さである。彼は嘘を突き通したが、ひとつだけ本当のことを呟いた。でもそれは受け止められない。そこまで行ってしまったのだ。
      いいね

      良い
    • あなたはまだ帰ってこない
      『あなたはまだ帰ってこない』これは…共感されない、待つ女。夫の不在が悲しいのか、その状況に苦悩する自分がかわいいのか、と、好きなオトコに問われていた。モチロン、後者である。夫の不在も肥やしとする、作家の性(さが)なのだろうか。
      いいね

      良い
    • ねことじいちゃん
      『ねことじいちゃん』現在の日本が抱える問題てんこ盛りで、見た人各々が、自身を振り返る事でしょう。たまさんは芸達者。いわごーさんが監督したのは、ねこ達ですね。ねこは何かを施すわけではない。ただそこにある。それをニンゲンが解釈するだけ。
      いいね

      良い
    • ディア・ハンター
      『ディア・ハンター』あの結婚式までの長さはなんなん?あとの泥沼の凄惨さが際立つ…ゴッドファーザーみたいだねん。鉄工所では武器も作ってたかもしれんのに、戦争に行ってしまった。鹿を外した弾は、友に放たれた…ワンショット…慟哭ですよ。
      いいね

      良い
    • THE GUILTY/ギルティ
      『THE GUILTY/ギルティ』閑職に追いやられた彼がたまたま受信した緊急コールから事件の予感と確信。電話のやりとりだけで解決に導こうと彼の本領発揮ときたが、それは彼の正義ではなく贖罪だったのだ。ギルティ 、って誰の罪?って事ね。
      いいね

      良い
    • ビール・ストリートの恋人たち
      『ビール・ストリートの恋人たち』柔らかな、光。優しい音楽。世界がこんなに美しいと良いのに。独特の、リズム感があるよなあ。よろこびも悲しみも。キュート、というのはこの少女の事を言うのだなあ、と久しぶりな人物像。お洋服がカワユイ!
      いいね

      良い
    • 世界一と言われた映画館
      『世界一と言われた映画館』何が楽しくて映画館に行くかって、非日常に浸ることよ、と改めて思うに、このオーナーが一生を捧げた、エンターテイメントの提供というお仕事に、感銘を受けずにはいられない。百の映画館があれば百の物語があるんだよね。
      いいね

      良い
    • バジュランギおじさんと、小さな迷子
      『バジュランギおじさんと、小さな迷子』ここには沢山の願いが、込められている。印パの確執、異なる宗教、大人と子供、自分を取り巻く世界にどう対峙していくか、ひとつの道を示してくれる。「だって、先生、英語でスイスって書いてあります〜」笑!
      いいね

      良い
    • 女王陛下のお気に入り
      『女王陛下のお気に入り』見たくもないもの見せられた、でも魚眼レンズで覗き見たりして。アレは自分自身でもあり、普遍的な関係性かも。あなたの為にホントの事を忠告する友も、偽りかもしれぬが優しい言葉をかける友もお気に入り。何という孤独。
      いいね

      良い
    • バーニング 劇場版
      『バーニング 劇場版』劇場版を先に、NHKのドラマ版を後に見た。後者は、イ・ジョンスが書いた(はずの)小説そのもので、前者はそれを俯瞰する描写が加わったものなのかな。ベンは、イ・ジョンスの一部で、彼の中のベンを焼いたのではないか。
      いいね

      良い
    • ゴッズ・オウン・カントリー
      『ゴッズ・オウン・カントリー』神の地と呼ばれるには厳しく荒涼たる場所。豊穣、という言葉からは遠いこの地で生まれる愛は衝撃的で胸を衝く。大きな手で羊の子をとりあげたり料理をしたり、ヒトを殴ったりもするゲオルゲに、惚れないワケが、ナイ。
      いいね

      良い
    • ジュリアン(2017)
      『ジュリアン(2017)』離婚、DV、親権問題…コドモは悪くないのだ。ドメスティックな問題は、取り扱い方にお国柄がでる。いや、そんなのんきな事は言ってられないのが現実なのだと襟を正す。家族互いの負の感情のぶつかり合い方がリアルガチ。
      いいね

      良い
    • それだけが、僕の世界
      『それだけが、僕の世界』ああ、その世界だけで、一生が終わるかもしれない事もあるんだな。それは幸なのか不幸なのか。けれど時に残酷。弟から時折こぼれる光を見い出す兄の眼差しが、切なく素晴らしい。韓国のオモニはいつも哀しいな。良き、映画。
      いいね

      良い
    • フロントランナー
      『フロントランナー』ケネディって、圧倒的存在なのだなぁ、と米大統領絡みの映画を見るたびに思う。まだ候補者選びの段階なのだよ。選挙史の変遷を思い、何が問われるのか、難しい時代だと感じ。光り輝かないヒュー・ジャックマンも、いいですねぇ。
      いいね

      良い
    • シークレット・チルドレン 禁じられた力
      『シークレット・チルドレン 禁じられた力』瞬間移動という特殊能力を持つ美しい兄妹。塀の中にいさえすれば、平和で安寧な生を受けられるのに。美しい緑とささやかな糧を得られるのに。自分はここにいるのに、世界に存在しないようなもどかしさ。
      いいね

      良い
    • シシリアン・ゴースト・ストーリー
      『シシリアン・ゴースト・ストーリー』赤いコートがこんなに悲しく映るとは。不謹慎かもしれないけど、好きな男の子がいて(片恋ですが)毎日が幸せだった事を思い出したな。水の映画は息苦しい。村ごとマフィア、みたいな映画もあったけど。鎮魂。
      いいね

      良い
    • セルジオ&セルゲイ 宇宙からハロー!
      『セルジオ&セルゲイ 宇宙からハロー!』キューバという国も、他国に翻弄された歴史を背負ってきたけれど、ソ連崩壊は激震が走ったんだろう。でも人は繋がれる。屋上でののどかな風景は優しい記憶となる。語り手が宇宙飛行士になるのかと思った!
      いいね

      良い
    • 家へ帰ろう
      『家へ帰ろう』戦後が長くなり、こういうご老人もいなくなって行く。伝えられるべき事はまだまだあって、こんな映画もホロコーストを語る表現の一つなんだなあ、と思う。友よ、また会えた。今はただ泣かせてほしい。生きて今日までたどり着いた事を。
      いいね

      良い
    • 蜘蛛の巣を払う女
      『蜘蛛の巣を払う女』シリーズ初めて。疾走感、緩急の加減、リスベットの天才加減に、ココロ持っていかれた。常に様々な可能性に対して対応策を持つこと。少年とのチェスは、まさに彼女から彼への教え。生き抜く術。針葉樹の美しい風景がたまらない。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....