TOP >SARUCO1013マイページ

SARUCO1013

さんのマイページ
SARUCO1013
つぶやいた映画
416 本
総ツイート
416 件
マイページ閲覧数
9,048 view
ウォッチしている
4 人
ウォッチされている
3 人
2018年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
416 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ストレイ・ドッグ
    朝が来る
    靴ひも
    ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ
    異端の鳥
    オン・ザ・ロック
    イル・ヴォーロ~世界遺産マテーラ・ライブ
  • フェアウェル
    マティアス&マキシム
    鵞鳥湖の夜
    おかえり ただいま
    ブリング・ミー・ホーム 尋ね人
    TENET テネット
    ソニア ナチスの女スパイ
  • スペシャルズ! ~政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話~
    シチリアーノ 裏切りの美学
    オフィシャル・シークレット
    はりぼて
    瞽女 GOZE
    大海原のソングライン
    剣の舞 我が心の旋律
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 靴ひも
      『靴ひも』状況はハードだけど何故か安心できる。ガディをめぐる人々が、ちょうどいい熱量なせいかと思う。「力持ちなのね」「彼の洗車は評判が良いんだ」「彼が好きよ、ユニークだわ」…何より父と息子の関係が不器用で試行錯誤なのに肯定的なのだ。
      いいね

      良い
    • 瞽女 GOZE
      『瞽女 GOZE』興味深かったのは、全くない人、少しない人、の程度の差こそあれ、旅の一座がみな光を失った人達であるということ。雪深い国で、ただでさえ仕事を失う時期が長い中、彼女たちの自活の道を、実質は富裕層が後援していたという事。
      いいね

      良い
    • ストレイ・ドッグ
      『ストレイ・ドッグ』見てる間ずっと胃が痛かった。潜入捜査に入る前から、彼女が何かを抱え続けていたように。それを見抜いたのは潜入先のリーダーで。解けないのはその因縁だったのかな。クリスとの潜入前の打合せシーン、恋の始まりのようで好き。
      いいね

      良い
    • 朝が来る
      『朝が来る』久しぶりの河瀬監督作。ストレートで分かりやすく綺麗だった。人としての痛みは沢山散りばめられていたけれど。広島の海と横浜の海は繋がっている。親としてできるのは、ただ、自分の子供の味方になること。そして浅田美代子さんの怪演!
      いいね

      良い
    • イル・ヴォーロ~世界遺産マテーラ・ライブ
      『イル・ヴォーロ~世界遺産マテーラ・ライブ』ハンサムとお茶目とまじめの三人(私称)ヴォーカル!彼らを知らなかったけれど、虜に。慣れてくると、目を閉じて誰の歌声だか聴き当ててみる。至福…しかし、心地よいからといって誰も寝てはならぬ!
      いいね

      良い
    • オン・ザ・ロック
      『オン・ザ・ロック』俳優をパパに持つ娘は大変なのですかね。クリントイーストウッドの『運び屋』みたい。でも結局、父の思うツボ…人生の猛者には勝てぬ。そういえば昔、父とお酒を飲むのが大人になってからの楽しみだったな。ああ、そういえばね…
      いいね

      良い
    • マティアス&マキシム
      『マティアス&マキシム』待ってた〝ドラン節〟とは少し違って肩透かし。でも何か遠くを懐かしむような、切ない気持ちになる。パーティばかりしてるこの子達は、それほど仲間時代が幸せだったの。言葉の応酬はその証?二人の恋落ちは自然の成り行き。
      いいね

      良い
    • ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ
      『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』弾き出されてどこにも行けない。でも声高には主張しない。友に寄り添う優しい友。大人たちはどこかネジが外れてしまっている。かつて住んだ家は幸せの記憶。サンフランシスコって坂の町なんだね…
      いいね

      良い
    • 異端の鳥
      『異端の鳥』残酷で美しい映像。幻想的な歌声が耳に残る。人生の通過儀礼としては過酷すぎる…農村、湖、呪い師、教会、軍隊、市街地…少年と共に世界の縮図を渡り歩く。コサックや軍用機で何となく時代を感じ、父の腕に彫られた番号で私は我に返る。
      いいね

      良い
    • フェアウェル
      『フェアウェル』鼻ピアス、猫背の冴えない(失礼)彼女の案内で中国現代史を垣間見る。一人っ子政策、奶奶のいう戦争って?李さんのような存在。ルーツは大切。私は嫉妬する。世界が見ているのは中国。日本はアイコさんのようにとるに足らない存在?
      いいね

      良い
    • おかえり ただいま
      『おかえり ただいま』最高裁判決、2015年の執行を知らなかった。事件当時は震撼した。地縁や血縁の怨恨ではなく事件は起こるのだ。2960…りえさんの強靭な精神とそれを抱えて生きてきたお母様に敬意。加害者の彼にも人生があったのだとも。
      いいね

      良い
    • ブリング・ミー・ホーム 尋ね人
      『ブリング・ミー・ホーム 尋ね人』暴力描写が容赦ない。女性が紙のように吹っ飛ぶ。そしてリベンジ。ベタだが観る者を連れ去ってくれる。さすがの韓流。子は宝、か。食べさせ、生きさせたことにかわりはない、のか。爪に爪なし、瓜に爪あり…
      いいね

      良い
    • 鵞鳥湖の夜
      『鵞鳥湖の夜』再開発のエアポケット。こんな場所があるのか。物憂げな娼婦は、ショートカットが良い。夜、雨にけぶる色とりどりの灯りの物悲しさ。追う者追われる者途切れない緊張感。突発的な暴力。ビニール傘の使い方には恐れ入ったなぁ…
      いいね

      良い
    • スペシャルズ! ~政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話~
      『スペシャルズ! ~政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話~』ワオ!ヴァンサン・カッセルがレダ・カティブが、ワンボックスカーを乗り回すオッチャンに!「彼らはお前に居場所を与えてくれたんだ」人は人と共にある、その尊さよ。
      いいね

      良い
    • TENET テネット
      『TENET テネット』上から読んでも下から読んでも〝TENET〟。行ったり来たり(行ったり行ったり?)の展開にも、スパイ稼業の生き様を堪能。私は、ニール。それでひとつの物語を紡げる。久々に沢山の人が観る映画、百家争鳴もまた楽しい。
      いいね

      良い
    • ソニア ナチスの女スパイ
      『ソニア ナチスの女スパイ』邦題に戸惑う。物語はナチスのスパイではなくスウェーデンのスパイだったから。でも、そうか、邦題は反語だったのか。長く彼女はナチス側のヒトだと認識され続けて。それがやっと真実を明かしてもらえたってことかと。
      いいね

      良い
    • オフィシャル・シークレット
      『オフィシャル・シークレット』誰がどうリークしたか、ってのが問題じゃないんだな。このリークがもたらした、市民の国家への信頼や疑心はどうだったのか、そこが肝なんだな。市民活動家、新聞社、弁護士、家族…それぞれの奮闘が胸に響く。
      いいね

      良い
    • シチリアーノ 裏切りの美学
      『シチリアーノ 裏切りの美学』マフィア稼業も時代と共に変容していく。ファミリーの絆とか血で血を洗う抗争とか王道なのだけど何か違う。ドン・マシーノは司法でもって何を為そうと?法廷第三幕が始まり、ああこの映画はここからなのか…と思った。
      いいね

      良い
    • はりぼて
      『はりぼて』チューリップテレビさん頑張ったな、と思う。市会議員ってやることないんやろか…。議会事務局にチェック機能は課せられないだろう…〝制度的〟に。でもさ、当選者は有権者の鏡なのでもある。報道に圧力(か自己規制)がかかったのかな。
      いいね

      良い
    • 剣の舞 我が心の旋律
      『剣の舞 我が心の旋律』ハチャトゥリアンってアルメニア人だったのね…ソビエト連邦の強大な支配下で、その才能は十分に発揮されていたけれど、彼の真価はそれとは関係なく存在した。『仮面舞踏会』も『剣の舞』も変調の旋律に持っていかれるよね。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      eri1_10bit
      1764movies / tweets

      follow us