TOP >Styro4merマイページ

Styro4mer

さんのマイページ
Styro4mer
つぶやいた映画
224 本
総ツイート
304 件
マイページ閲覧数
1,756 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

Styro4merさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
224 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • アメリカン・アニマルズ
    ドント・ウォーリー
    バースデー・ワンダーランド
    ビューティフル・ボーイ
    荒野にて
    希望の灯り
    大脱出2
  • ブラック・クランズマン
    運び屋
    スパイダーマン:スパイダーバース
    シンプル・フェイバー
    ヨーゼフ・ボイスは挑発する
    岬の兄妹
    アリータ:バトル・エンジェル
  • 女王陛下のお気に入り
    ちいさな独裁者
    バーニング 劇場版
    天才作家の妻 -40年目の真実-
    サスペリア(2018)
    ミスター・ガラス
    TAXi ダイヤモンド・ミッション
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • アメリカン・アニマルズ
      『アメリカン・アニマルズ』、いや本当にバカなんだけどさ。彼らの考えてることって、あのくらいの年代の人間ってみんなそうっていうか。思い至ることがなくは無い普遍的な感情でグサグサ来た……。前半の何者でも無い若者の焦燥感とか後半のケイパー物の緊張感とか映画的な画作りもちゃんとしてるよね
      いいね
    • ドント・ウォーリー
      ガス・ヴァン・サント監督の新作『ドント・ウォーリー』良かった。21歳の時に交通事故で胸から下が麻痺してしまったポートランド出身の風刺漫画家ジョン・キャラハンの半生を描く。元々ロビン・ウィリアムズが友人のクリストファー・リーヴの為に作ろうとしたが最終的にガス・ヴァン・サントが映画化
      いいね
    • バースデー・ワンダーランド
      『バースデー・ワンダーランド』はオトナ帝国やカラフルの原恵一監督の最新作で、元々は児童文学。丁寧で静的なアニメ作りが光る前半、ロシア出身で日本のサブカルに影響されたイラストレーターのイリヤさん手がけた美術が美しい後半と、いびつなバランスだが質自体は高い映画。音楽も良いしね
      いいね
    • 希望の灯り
      『希望の灯り』はクレメンス・マイヤーが書いた短編小説"通路にて"をトーマス・ステューバー監督が映画化。共に東ドイツ出身で、旧東ドイツのスーパーを舞台に、社会の片隅で助け合う人々を描く。主演はハネケのハッピーエンドで息子を演じていたフランツ・ロゴフスキ。とにかく画作りの良い映画
      いいね
    • ビューティフル・ボーイ
      『ビューティフル・ボーイ』観た。したり顔で薬物にコメントするバカは全員観るべき映画。美化や御涙頂戴に全く流れないので、とにかく観ているとこちらも疲弊する薬物依存症描写が辛い。主人公と父親の心が磨り減る様子も辛いし、すれ違う様子も辛い。ラストのブコウスキーの詩が沁みる
      いいね
    • 荒野にて
      『荒野にて』良いね。アンドリュー・ヘイらしい緩やかな日々に唐突に訪れる変化を捉えた馬と青年のロードムービー。美しい風景は青年の張り詰めた心を写すかのよう。ゲティ家の身代金で誘拐される息子役で、スパイダーマンHCで最終選考に残ったチャーリー・プラマーが良い佇まいなんだわ
      いいね
    • 大脱出2
      『大脱出2』観た。前作が知恵の輪を筋肉で捻じ切るタイプの映画だとしたら、今作は「知恵の輪放っぽり出して始めたオーバーウォッチで初心者をたててあげる」みたいな映画でした。何を言ってんのかわからないと思うが、とにかく「そうなの……?」と「お、おう……?」って思い続けたよ 笑
      いいね
    • ブラック・クランズマン
      「ブラック・クランズマン」観た。オスカーも"グリーンブック"も所詮はマジョリティのもんだって、最初の映像からスパイク・リーの魂が燃えてるよ。ディテールを読み取るなら歴史の知識は必須。彼らしい軽妙な作りで笑えるんだけど、KKKやシンパのなんも考えてない具合に全然笑えなくなる映画だ
      いいね
    • シンプル・フェイバー
      「シンプル・フェイバー」色々入ったお得パックみたいな映画で楽しかったよ。ポール・フェイグの作家性としか言いようがないしょうもなさも力のある役者がキュッと締めてる感じ
      いいね
    • 岬の兄妹
      「岬の兄妹」シネコンよく上映したな、カメ止め効果か。ポン・ジュノの助監督経験故か、テーマに真っ直ぐで良い。オフビートな笑いは北野武の初期作品っぽさも。画作りは巧みな反面、演出にやや古臭さがあり、現代劇っぽく見難い場面も。細かいけど靴が綺麗過ぎるのと自閉症描写の安易さは気になった
      いいね
    • 運び屋
      「運び屋」思った以上にコメディで、予告詐欺だった。一応イーストウッドらしい多人種国家の中で白人男性が生きることを描いてるけど、基本は「人生色々っつーか、ジジイ楽しそうだな、おい」っていう映画。ブラッドリー・クーパーってイーストウッドの系譜を継ぐんだろうか
      いいね
    • ヨーゼフ・ボイスは挑発する
      「ヨーゼフ・ボイスは挑発する」観た。若い頃に観たかったなぁ。奇才と称されがちだけど、その実とても理知的で真っ直ぐな芸術家なんだなぁと。変容する社会の中で今なお輝きを失わないアティテュードに、バンクシーと比較してる人がいるのも理解できる映画だった
      いいね
    • ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー
      「ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー」観た。監督ダニー・ストロング。大統領の執事の涙やハンガーゲームの脚本家で初監督。主演ニコラス・ホルト、助演ケビン・スペイシーら。ライ麦畑誕生前から隠遁後までを描く。役者が抜群だが、脚本と演出がイマドキっぽくてなんかチャラめ
      いいね
    • 迫り来る嵐
      「迫り来る嵐」は中国映画でドン・ユエ監督。韓国映画だと思って観に行った殺人の追憶的なノワール映画。発展と共に中国からこういう映画が出てくるようになったんだなーと思った
      いいね
    • スパイダーマン:スパイダーバース
      「スパイダーマン: スパイダーバース」最高だった。ピクサー的3Dや日本アニメ的2Dとアメコミの最適解な融合。物語は整理してあり、画面の情報量も多いのにめちゃ見やすく、動きやキメの爽快さもある。最初の映像からして新しい物を生み出す気… https://t.co/nvIoKCXdGB
      いいね
    • アリータ:バトル・エンジェル
      「アリータ:バトル・エンジェル」はアリータのキャラ造形が良い。目は小動物的趣き。アクションは漫画に目配せした画作りをしつつ、生き生きとした爽快感がある。それをぶった切るノリが軽いんだか重いんだか分からん話で相殺してある。あとアリータ以外の人物に魅力が全く無くて困惑した
      いいね
    • ちいさな独裁者
      「ちいさな独裁者」観た。邦題のシンプルさは良いが、白黒映画を「日本ではカラーの方が良いと言われてカラーにした」と監督自ら言っててキレそう。脱走兵が打ち捨てられた軍の車から階級を示す勲章や軍服を手に入れたことで本物の独裁者になる実話ベースの映画。サウルの息子辺りと違うベクトルの怖さ
      いいね
    • 天才作家の妻 -40年目の真実-
      「天才作家の妻 40年目の真実」は素晴らしい脇役に固められて、グレン・クローズが女優としての全てを注ぎ込んだと言えるほど静かに熱演している。71歳にして、未だ向上し続ける凄み。お話としては結末がちと甘口で気に食わんが、細かい演出とか凄い気が利いてて映画らしい映画になってるのよな
      いいね
    • 女王陛下のお気に入り
      「女王陛下のお気に入り」は奇才ヨルモス・ランティモス監督作。前作の聖なる鹿殺し同様、画作りが最高。映画全体に垣間見せる不快度も変わらず高くて良い。脚本やらなくなったからか、映画として見やすくなってる。ありがちなテーマを変わった切り取り方させたら世界でも五指に入ると思う
      いいね
    • バーニング 劇場版
      「バーニング 劇場版」良かった。イ・チャンドン監督はいい作品作るよねぇ、好きだわ。結構指摘されてるけど「アンダー・ザ・シルバーレイク」っぽい感覚あるね。映画全体に漂う不穏な空気と村上春樹のいけすかねぇ人物描写が上手く合わさってて、人に進めづらいが観ると気持ちいい映画になっている
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....