TOP >TaulNcCarマイページ

TaulNcCar

さんのマイページ
TaulNcCar
つぶやいた映画
1,433 本
総ツイート
1,674 件
マイページ閲覧数
16,911 view
ウォッチしている
24 人
ウォッチされている
41 人
2017年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
1433 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • シャザム!
    荒野にて
    バイス
    ダンボ(2019)
    ブラック・クランズマン
    バンブルビー
    キャプテン・マーベル
  • 運び屋
    スパイダーマン:スパイダーバース
    岬の兄妹
    グリーンブック
    ビール・ストリートの恋人たち
    THE GUILTY/ギルティ
    翔んで埼玉
  • あの日のオルガン
    アリータ:バトル・エンジェル
    女王陛下のお気に入り
    ちいさな独裁者
    ファースト・マン
    バーニング 劇場版
    メリー・ポピンズ リターンズ
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • シャザム!
      『シャザム! 』鑑賞。ザッカリー・リーヴァイが中身が子どもでスーパーヒーローという難しい役を軽やかに体現。見てて飽きない。ヒーロー活動も家族への思いもすべて少年目線の応援したくなる話。プロットや悪役、アクションのユルさは気になるが、そんな甘ささえもバランスよく感じて心地良かった。
      いいね

      良い
    • ジョーズ
      『JAWS/ジョーズ』午前十時の映画祭。この作品をスクリーンで見られた感動。28歳の天才の演出と汗と潮の香りがする創意工夫の賜物。CGとカット割に安易に頼ったものがどれほど不味いか分かるご馳走だ。じっくり焦らされてからの海洋アクションは面白過ぎる奇跡的ショットの連続。最高でした。
      いいね

      良い
    • 荒野にて
      『荒野にて』鑑賞。『さざなみ』の英国のアンドリュー・ヘイが米西部を旅する少年をどう撮るのか。雄大な自然もやはり叙情性に走らず心の機微を描く。またも邦題がよく「荒野」とは心象風景。過酷だし現実を突きつけるが自己を表し関係性を作れば風景は変わるのだろうか。忘れられない1本になりそう。
      いいね

      良い
    • サッドティー
      『サッドティー』DVDで初鑑賞。これはよく出来た恋愛群像劇。絶妙にユルく冷めたキャラがもつれあって進む構成が抜群。コメディと恋愛ホラーとシリアスにちょっとシュールさをふりかけた独特の味わい。そしてラストに向い走るセンス。見返すとまた違う見方も出来そう。初の今泉力哉、面白かった。
      いいね

      良い
    • ダンボ(2019)
      『ダンボ (2019) 』鑑賞。ティム・バートンは事務処理っぽく進めるがバットマンリターンズ同窓会だし「虐げられし者」に火がつくとやはり勢いがある。エヴァ・グリーンが役目を理解してとてもいい。エモーショナルさは小波ばかりも象は可愛くて「飛ぶ」ということは何て素晴らしいんだろう。
      いいね

      良い
    • バイス
      『バイス』鑑賞。アメリカの政治の闇とここまでして描くエンタメ文化に改めて驚く。悲劇と喜劇、事実と作劇の交錯に感情も思考も追いつかない。あらゆる手法で茶化すアダム・マッケイ。安っぽいコントにならずにしっかりとした映画になるのがさすが。そしてクリスチャン・ベールにはまたも脱帽です。
      いいね

      良い
    • ブラック・クランズマン
      『ブラック・クランズマン』鑑賞。名作を使った超ブラックな掴みに身構えるが物語に入ると実に面白い潜入捜査ものに。のらりくらりとしながらも対比や皮肉、緊張と緩和が冴えまくる。ただやはりスパイク・リー、怒りは爆発。作品さえ壊しかねない表現まで飛び出すがここまでさせる現在の状況が刺さる。
      いいね

      良い
    • バンブルビー
      『バンブルビー』鑑賞。黄色いビートルを見ると幸せになるという迷信が叶った気分。孤独な少女とエイリアンとの心のふれあい。映画は80年代とE.T.の香りいっぱいにお約束を突っ走る。音楽の使い方や決めの演出にもっとこうしたらと思っちゃうがそれも楽しいノスタルジーか。ヘイリー&ビー最高。
      いいね

      良い
    • 特捜部Q Pからのメッセージ
      『特捜部Q Pからのメッセージ』VODで初鑑賞。第3段はある手紙から辿る異常な犯罪で宗教を絡めてきたのがポイント。大がかりな見せ場やアクションもあってエンタメとしてはいいが犯人側と噛み合ってない感じも。壊れたカールと仏のアサド、今回ややポンコツもコンビ感はいよいよ安定だ。
      いいね

      良い
    • 岬の兄妹
      『岬の兄妹』鑑賞@イオンシネマ茨木。予想より劇映画的に描かれるこの兄妹の赤裸々な姿。ハードだがユーモアや夢がありそれがまた苦しくイ・チャンドンも思い出す。周囲の人物に心の置き所を探すがそれも抉られ逃げられない。舞台挨拶付きで片山慎三監督のシーンなどの意図も伺えプレゼントもあり。
      いいね

      良い
    • キャプテン・マーベル
      『キャプテン・マーベル』鑑賞。窮屈な展開の中魅力的なキャラクターの誕生だ。鈍重な中盤もブリー・ラーソンと若サミュエルのコンビが楽しい。解放された後半は見もの。感情を抑えろ、証明しろ、無理だという男社会みたいな中立ち上がり自由に飛び回るニューヒーロー。EGへの期待も高まる。
      いいね

      良い
    • ROMA/ローマ
      『ROMA/ローマ』の感動はアート的な高みがドラマの劇的さと一体になってるところ。主人公の境遇に浸ってからの衝撃シーンの連続。キュアロンの表現は凝った見世物的とも言えるが感情移入してると驚く程の臨場感で迫ってくる。テーマである死と生、象徴である水と光が生み出す奇跡。堪らない。
      いいね

      良い
    • 運び屋
      『運び屋』鑑賞。巨匠が自己のイメージを重ねて撮りここに来て完璧なスター映画を誕生させた。孤独な旅で仕事を決め運転席なら動かずカッコいい。単純な展開も身内よりの配役もベタな台詞も全てイーストウッド翁のためという心地よさ。サスペンスに贖罪の泣きを絡ませ学んで歩き出すお姿。見事です。
      いいね

      良い
    • ROMA/ローマ
      『ROMA/ローマ』鑑賞。ほんわかした家庭ものかと思っていたらなんてスペクタクルに富み劇的なドラマなんだろう。豊穣な記憶の具現化に圧倒され我が事のように懐かしみ泣く。その映像、音といいこれこそ映画館で鑑賞すべき映画。出会いが劇場で本当に良かった。配給元、イオンシネマさんらに感謝。
      いいね

      良い
    • ちいさな独裁者
      『ちいさな独裁者』鑑賞@新宿武蔵野館。実話ベースが信じられないが敗戦間際のナチスなら有り得ると思ったし、登場人物の振る舞いに自分や知人の似た部分を見てゾッとする。演出がやや回りくどく感じたがエンドクレジットで作家性が全開に。新宿武蔵野館は良いこじんまり感で展示が凝っていた。
      いいね

      良い
    • あの日のオルガン
      『あの日のオルガン』鑑賞@アップリンク吉祥寺。初めて知った「疎開保育園」の保母さんの話。実話ベースということでエピソードひとつひとつに重みを感じる。芝居がかった台詞回しが気になったが、いろんな人に真っ直ぐに届けるためか。UPLINK吉祥寺はお洒落かつ個性的で音が良かった印象。
      いいね

      良い
    • 特捜部Q キジ殺し
      『特捜部Q キジ殺し』VODで初鑑賞。未解決事件を扱う部署の2作目。今回は解明というより関連する人間ドラマが中心。内容の割に登場人物が多く時間も長く感じた。ただチームの魅力が出来てきたのと、このシリーズの特長だろうか、猟奇的な雰囲気と過去から現在に連なる大罪への執着心が印象深い。
      いいね

      残念
    • 特捜部Q 檻の中の女
      『特捜部Q 檻の中の女』VODで初鑑賞。シリーズ最新作が面白かったので第1作目を。やはりテンポがよくて骨子がシンプルなので見やすい。主人公達の紹介描写も手短でクールだ。事件の真相に迫るにつれスリリングさがアップし浮かび上がってくるドラマ。よくまとまったバディ&部署の誕生譚だった。
      いいね

      良い
    • 特捜部Q カルテ番号64
      『特捜部Q カルテ番号64』鑑賞。シネ・リーブル梅田「未体験ゾーンの映画たち2019」。とにかく面白くてドキドキする展開。シリーズ初見だが無問題で全て話しに絡めて見せていく手際の良さ。アクション演出は野暮ったいがちゃんと入れ込むエンタメ魂を感じたし人間ドラマ、社会性もあり大満足。
      いいね

      良い
    • スパイダーマン:スパイダーバース
      『スパイダーマン:スパイダーバース』先行上映鑑賞。IMAX3D字幕。映像もだが話しもスピード感も異次元レベル。種々のコミックの質感もあり途中その情報量に頭がクラクラするもクライマックスでは普遍的なエモーショナルさに心踊る。新世代のヒーロー誕生。今度はじっくり2D吹替で見てみよう。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....