TOP >TaulNcCarマイページ

TaulNcCar

さんのマイページ
TaulNcCar
つぶやいた映画
1,318 本
総ツイート
1,546 件
マイページ閲覧数
15,307 view
ウォッチしている
24 人
ウォッチされている
39 人
2016年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
1318 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • オーシャンズ8
    ミッション:インポッシブル フォールアウト
    インクレディブル・ファミリー
    ウインド・リバー
    未来のミライ
    ジュラシック・ワールド 炎の王国
    バトル・オブ・ザ・セクシーズ
  • ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー
    女と男の観覧車
    ブリグズビー・ベア
    オンリー・ザ・ブレイブ
    ワンダー 君は太陽
    それから
    30年後の同窓会
  • 万引き家族
    レディ・バード
    ビューティフル・デイ
    デッドプール2
    男と女、モントーク岬で
    ファントム・スレッド
    ゲティ家の身代金
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • キートンのカメラマン
      『キートンのカメラマン』(1928)VHSで初鑑賞。「見る、見られる」の映画的な視点が話を締める完成度の高い作品。ヤンキースタジアムでの一人芝居がいい。恋愛と仕事の成就を楽しく描くラブコメの傑作であり、デートのために疾走するキートンが素晴らしい。ストーンフェイスが生んだ愛の物語。
      いいね

      良い
    • 拳闘屋キートン
      『拳闘屋キートン』(1926)VHSで初鑑賞。お坊ちゃま紳士バトラーが恋をして同名のボクサーに。チャップリンが得意な成り済ましものだが捻りがあってファイトシーンに胸打たれる。原題は「戦う執事」ともとれてSエドワーズ演じる執事も込みか。キートンの筋肉質なボクサー姿にちょっと驚き。
      いいね

      良い
    • 滑稽恋愛三代記
      『キートンの恋愛三代記』(1923)VHSで初鑑賞。旧題『滑稽恋愛三代記』。3つの時代を同じテーマで貫くサイレント喜劇。『イントレランス』やセシルBデミルらの大作を皮肉りながら愛に集約していく素晴らしさ。ビル間ジャンプアクションの原形やチャップリンに影響を与えたドラマ性もあった。
      いいね

      良い
    • 君と別れて
      『君と別れて』成瀬巳喜男のサイレント時代の傑作。当時のアイドル女優水久保澄子が可憐すぎる。海辺で想いを語るシーン、きらめく水面の上に字幕が!
      いいね

      良い
    • 血と砂
      『血と砂』VODで初鑑賞。岡本喜八。軍楽隊の少年兵の運命と戦争の虚しさ。上官に反する三船敏郎に彼の軍隊時代のエピソードがよぎる。単純な反戦映画でなく性と笑い、独特の活劇やミュージカル要素も絡めて、憤怒と鎮魂の喜八節が炸裂する。映画館の暗闇と音で体感したかった迫力に満ちた作品。
      いいね

      良い
    • いしぶみ
      朗読劇『いしぶみ』録画鑑賞。綾瀬はるか朗読、是枝裕和演出。原爆投下の朝、本川の土手に集まっていた広島ニ中の一年生321人、その手記。綾瀬の凜とした読みに引き込まれ、夏の朝の今との地続き感と一瞬からの悲惨さに胸痛む。杉村春子と松山善三らによるオリジナル69年版も見てみたい。
      いいね

      良い
    • ミッション:インポッシブル フォールアウト
      『M:I/フォールアウト』鑑賞。3回目は吹替版で。タレント吹替はノイズだが情報量も多くシーンの意図は分かりやすい。疑問が浮かぶとアクションに飲み込まれていく笑 パリでのチェイス、ロンドン疾走、NZランドのヘリ。街や土地の魅力とそこで本当にやってる感。惚れ惚れするアクション映画だ。
      いいね

      良い
    • カメラを止めるな!
      『カメラを止めるな!』2テイク目@TOHOシネマズ梅田スクリーン1。満席が嬉しい鑑賞。隣の人もリピーターっぽくて笑いをこらえるのがシンクロしてる感じを初めて味わう 笑。改めて本当によくできてる映画。主役はカメラであり、見てる我々も巻き込んで成立してるような感じがして楽しかった。
      いいね

      良い
    • オーシャンズ8
      『オーシャンズ8』鑑賞。サンドラブロックはオーシャン家っぽいし、ケイト様は安定のケイト様だし、アンハサウェイは自虐ノリで楽しい。オークワフィナが芸達者で光ってた。お話しや演出は残念。豪華百合感キャストとメイクドレス宝石ら要素で、百貨店女子フロアにいるみたいで眩しいけど馴染めず 笑
      いいね

      残念
    • インクレディブル・ファミリー
      『インクレディブル・ファミリー』吹替版鑑賞。やっぱりBバードによるこの世界は大好物だ。米黄金期50'sと近未来のミックス感。今回はエロ、いやイラスティガールの魅力が爆発。CGやアクションも良くてずっと目が楽しい。現代的テーマの畳み方が雑だが、家族ものヒーローエンタメとして大満足。
      いいね

      良い
    • ミッション:インポッシブル フォールアウト
      『M:I/フォールアウト』初の監督続投で話に繋がりもありそうで前作のような味わいを期待(時に懸念)したがトム&マッカリーが同じ所に留まるわけがない。雰囲気をダークに変えヒーローの内面も描き、シリーズ集大成的な感動をアクション込みでもたらすという離れ業。またも違う風味の傑作だった。
      いいね

      良い
    • ミッション:インポッシブル フォールアウト
      『M:I/フォールアウト』キートン、007、マックイーン、フリードキン、フランケンハイマー、スピルバーグ、ジャッキー、マン、ノーランそして本シリーズと映画の様々なアクションをトムが体を張って再現し直していたような感じも。その一人アクション映画史総ざらい感に頭がクラクラし涙が出た。
      いいね

      良い
    • ミッション:インポッシブル フォールアウト
      『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』2回目鑑賞。エキスポレーザーIMAX2D字幕。手に汗握りっぱなしの2時間半。特にヘリアクションのIMAXシーンの素晴らしさよ。これが本当のリアルな臨場感とばかりに美しくかつ恐ろしかった。ありがとうトム・クルーズ。最高の映画体験でした。
      いいね

      良い
    • ミッション:インポッシブル フォールアウト
      『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』パンフレットを読みメイキング映像を見まくる。凄まじい。やはり本当にやってるんだな。映画を観た後にも感じたんだけど、そのクレイジーぶりに『地獄の黙示録』を、虚実の曖昧さにキアロスタミを思い起こした。
      いいね

      良い
    • ミッション:インポッシブル フォールアウト
      『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』鑑賞、というより生還したという感覚。凄すぎるよトム&マッカリー!アクションも展開も圧倒的過ぎて、身も心もフォールアウト。最後はもう気を失いかけた。こんな映画一回じゃ受け止めきれない。明日はレーザーIMAXだ。
      いいね

      良い
    • 風の歌を聴け
      『風の歌を聴け』鑑賞。ATG大全集@シネ・ヌーヴォ。原作 村上春樹、監督 大森一樹。まだ新進気鋭だった巨匠二人の瑞々しい感性と、当時の風景や文化を伝える貴重な作品。個人的にも芦屋や神戸の思い出が蘇り、時代の風を感じられて憧れと懐かしさが。フィルムで見られて良かった。
      いいね

      良い
    • ウインド・リバー
      『ウインド・リバー』鑑賞。見終わって舞台の土地と歴史をいろいろ調べたくなる。本当にアメリカは若く力が支配する国だ。テイラー・シェリダンの本格的な監督デビュー。アクションなど演出はつたないが、現在も続く社会の闇をそのままじゃないかと言わんばかりに西部劇で語る。さすが真骨頂だった。
      いいね

      良い
    • Mr.インクレディブル
      ‪『Mr.インクレディブル』VODで初鑑賞 。バード監督がM:Iに招かれたのを改めて納得。懐かしのスパイムービー(秘密基地にロケット!)とヒーロー物の風味が絶妙。ジアッキーノの007風スコアも楽しい。話は先が読めるがここまで家族の冒険が面白いとは。吹替版だが声も皆良かった。‬
      いいね

      良い
    • カメラを止めるな!
      『カメラを止めるな!』鑑賞 @イオンシネマ京都桂川。単なるギミックでないしっかりとした作りに驚くと同時に笑いと感動に包まれた。何だろう、ジャンルや思い込みを次々と飲み込んでいくような記憶と新鮮さが交錯する興奮。1粒で3度、いやさらに味わっていけそうな美味しさだった。
      いいね

      良い
    • 未来のミライ
      『未来のミライ』鑑賞。好きな設定だし映像やディテールに惹かれるところもあるが、脚本がグダグダぶつ切りで映画にうねりが起こらない。主人公の声は「認識」が自然な子供が良かったのでは。福山雅治パートや東京駅のシーンは印象的。アニメだからこそか、作家性とエンタメ性の両立って難しい。
      いいね

      普通
      もっと見る Loading...
      Loading.....