TOP >ToNewShoresマイページ

ToNewShores

さんのマイページ
ToNewShores
つぶやいた映画
15 本
総ツイート
19 件
マイページ閲覧数
163 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

ToNewShoresさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
15 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 嵐電
    レディ・プレイヤー1
    ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書
    パディントン2
    散歩する侵略者
    ギミー・デンジャー
    パターソン
  • 名探偵コナン から紅の恋歌
    人生タクシー
    アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場
    ナショナル・シアター・ライヴ 2016 「戦火の馬」
    ハドソン川の奇跡
    BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント
    レッドタートル ある島の物語
  • シン・ゴジラ
    × 絞込みを解除する
    • 嵐電
      映画『嵐電』を見た。大西礼芳が素晴らしい。あがた森魚の歌が素晴らしい。不意にフレームインするおじさんが素晴らしい。
      いいね
    • ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書
      スピルバーグベスト 1.A.I.(の前半) 2.未知との遭遇 3.アンブリン 4.ミュンヘン 5.最後のミッション 6. ペンタゴン・ペーパーズ 7. 続・激突! 8.宇宙戦争(の前半) 9.レディ・プレイヤー・ワン 10.シンドラーのリスト
      いいね
    • レディ・プレイヤー1
      『レディ・プレイヤー1』を観て、『新・新ドイツ零年』だと思ってしまった。今や国家は資本家の頭の中よりも狭くなり、デジタルのグーニーズはドン・キホーテならぬアイアンジャイアントを連れてそれぞれの歴史を生きるだろう。
      いいね
    • パディントン2
      『パディントン2』。優れた喜劇役者は空気抵抗が大きそうな、固有のシルエットを持つものだ。南米からの不法移民である本作の熊紳士も然り。
      いいね
    • ギミー・デンジャー
      ジャームッシュ『ギミー・デンジャー』。傑作を生むのは独創的な構成や構図の美しさではない。話者イギー・ポップの巧みな語りを引き出す被写体との共犯関係、そして時制を超えて「繋げようと思えば何でも繋がる」映画の野放図さ。
      いいね
    • 散歩する侵略者
      日本語を解さない人間は周到に画面から排除されている『散歩する侵略者』より、『パターソン』の方がブレッソンに繋がる宇宙的な薄気味悪さに満ちていました。屋外場面の数ショットはやはり美しくない。
      いいね
    • パターソン
      『パターソン』でノートに綴られた書き文字と、画面に嵌め込まれる文字は、酷似しているが違う。だからノートが失われる挿話はさほど重要ではない。
      いいね
    • 人生タクシー
      ジャファル・パナヒ『人生タクシー』、『拳銃魔』の例の場面を連想させる名シーンの連続だが、やはりJ.H.ルイスは凄かったのか。車から世界を覗くということは低い目線になるということだが、そのお陰で子供が初登場するシーンなど冴えに冴えている。
      いいね
    • 名探偵コナン から紅の恋歌
      静野孔文『名探偵コナン・から紅の恋歌』の堂々たるプログラムピクチュアぶり。今日なお映画番組が地上波で延命している理由の数%は、コナン君の活躍のせいである。しかしだ、感情と行動の爆発は少しズラした方が効果的だと思うのだ。これは藝術的理由ではなく、純粋に商業的な手練手管として、だ。
      いいね
    • アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場
      ギャヴィン・フッド『アイ・イン・ザ・スカイ 』これが映画だと言いたくなる傑作。フラフープ、パン、ボール、そして少女の顔。あらゆる円い物による、安全地帯から矩形のスクリーンを観る者への意義申し立て。
      いいね
    • ハドソン川の奇跡
      クリント・イーストウッド『ハドソン川の奇跡』を観た。『バード』で空中に放り投げられたシンバルが96分間漂い続けるような映画だった。要するに、異様な傑作ということだ。
      いいね
    • ナショナル・シアター・ライヴ 2016 「戦火の馬」
      スピルバーグ『戦火の馬』。ばらばらの登場人物が馬に魅入られる『未知との遭遇・馬編』。美しい馬は美しい。それが映画という夢の論理である。ウォルシュやフォードならラストで主人公の父親のアップを入れるような不手際はするまい。それでも馬が単独で全力疾走する場面はただたた感動する。
      いいね
    • レッドタートル ある島の物語
      『レッドタートル ある島の物語』モノクロの夜景が色づく瞬間。硝子瓶の中の水と水平線が重なる息を呑むイメージ。重力から解放されたようにスクリーンを自由に横切る蟹たち。饒舌な波や風の音。君の名を問う必要すらない線と光のエロティックな戯れを、いま劇場で体験せずしていつ体験するのか。
      いいね
    • BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント
      スピルバーグ「BFG」で巨人をヘリで吊り下げるのって、よく考えたら「007は二度死ぬ」と同じだな。ロアルド・ダールだし
      いいね
    • BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント
      スピルバーグ「BFG」、巨人と人間の関係を「キングコング」的なモンタージュではなく、アンドレ・バザン的な、連続した時間と空間のなかで見せるのは高畑勲が「ホルス」でやりたかったことですね。
      いいね
    • BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント
      スピルバーグ「BFG」、「ET」との最大の違いは宮崎駿を通過してきた点かと。世界樹のイメージ、「ハウル」的な夢を捕まえる場面、落下するソフィー。
      いいね
    • BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント
      スピルバーグ「BFG」、女王との食事会場面はやはり傑作だと思う。「ドノバン珊瑚礁」「カリフォルニアドールズ」「未知との遭遇」がそうですが、閉じた空間に人々が次々入ってくると、世界のタガが外れていくようで単純に興奮するんですね。あれで「ガメラ2」的な怪物と軍隊の共闘が活きてくる。
      いいね
    • シン・ゴジラ
      「シン・ゴジラ」は、生理的に気持ちがいい破壊場面だけでなく、「合衆国最後の日」「ピラミッド」のような〈複数の正義〉が激突する様が見たかった。「太陽を盗んだ男」に迫って欲しかった。せめて非常事態に便乗した◯◯隊過激分子によるクーデター未遂劇程度はあってもよかったと思うのだけど
      いいね
    • シン・ゴジラ
      「シン・ゴジラ」は都市破壊描写の現代基準をクリアした上で、そこから爆発的な想像力で飛翔するあたりが素晴らしい。しかしだ、あそこまで描くなら○○隊過激分子によるクーデター未遂劇も観たかった。自衛○の協力は得られないだろうが、それが「太陽を盗んだ男」に達する道だと思うのだ。
      いいね
      Loading.....