TOP >WaseiGマイページ

WaseiG

さんのマイページ
WaseiG
つぶやいた映画
3,769 本
総ツイート
3,769 件
マイページ閲覧数
11,900 view
ウォッチしている
2 人
ウォッチされている
11 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
3769 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 聖☆おにいさん
    ブリグズビー・ベア
    デッドプール2
    犬ヶ島
    華氏451
    リムジン
    ランペイジ 巨獣大乱闘
  • ピーターラビット(2018)
    サバービコン 仮面を被った街
    ロンドン、人生はじめます
    レディ・プレイヤー1
    ラブレス
    ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル
    ちはやふる -結び-
  • リメンバー・ミー(2018)
    15時17分、パリ行き
    さよならの朝に約束の花をかざろう
    あなたの旅立ち、綴ります
    絵文字の国のジーン
    グレイテスト・ショーマン
    ダークタワー
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ミス・サイゴン 25周年記念公演 in ロンドン
      『ミス・サイゴン 25周年記念公演 in ロンドン』鑑賞。ミュージカルで歌が始まると作中の時間がストップしてしまうことが多いが、本作は音楽が台詞に追従してきて、音楽と台詞の力関係が他の作品とちょっと違う。けれど素直にキャラクターの心に寄り添わされてしまうのは、音楽の力だろうなぁ。
      いいね

      良い
    • デッドプール2
      『デッドプール2』鑑賞。デップーってもっといかれたヤツじゃなかったかしら。特殊性はかなり薄くなっていて残念。
      いいね

      普通
    • ソング・オブ・ザ・シー 海のうた
      『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』鑑賞。きっと土地の風習や伝承に根付いた物語なんだろう、それが事前に共有できていれば印象は変わったかも。そしてデザインももっとピーキーにした方が雰囲気に合ったんじゃないかな。もしくはもっとお兄ちゃんの内面に近づいて普通の作品にするか。
      いいね

      普通
    • ファンタスティックMr.FOX
      『ファンタスティックMr.FOX』鑑賞。『ピーターラビット』と違って、ちゃんとキツネたちに感情移入できる作りになっていて安心した。ひょうひょうとした物語は村上春樹のジョークのようで、ワイワイした雰囲気もとても楽しかった。
      いいね

      良い
    • PLANET OF THE SHARKS 鮫の惑星
      『PLANET OF THE SHARKS 鮫の惑星』鑑賞。このタイトルを聞いて、どんなパロディで大笑いさせてくれるのかと楽しみにしていたが、その期待は裏切られた。バカスカ無茶をやってという風でもなく、変にシリアスで楽しくない。
      いいね

      普通
    • マザー!
      『マザー!』鑑賞。巻き込まれ型かわいそうな女性主人公。そこからどう展開していくんだろうと思っていたが、「裏の裏をかいてやったぜ」的エンディングは個人的にはあんまり好かない。不快な出来事もちょっと雑に感じたので、もっとじわじわ来て欲しかったかな。
      いいね

      普通
    • ダージリン急行
      『ダージリン急行』鑑賞。画面は美しく、そしてキャラクターたちの行動以上の何かがばしばし伝わってくる。悲しくないはずなのに、もの凄く悲しい。そういった空気のコントロール能力の高さに舌を巻く。物語が真面目すぎると受け手の反発が生まれるから、ギャグシーンで観客を素直にさせてるのかな。
      いいね

      良い
    • ライフ・アクアティック
      『ライフ・アクアティック』鑑賞。ウェス・アンダーソンらしい断面図カットはいつもながら面白い。なにがしかよく分からないものが伝わってくる、空気感の作り方も巧みなのだけど、アクションは光らない。
      いいね

      普通
    • 沖縄10年戦争
      『沖縄10年戦争』鑑賞。アクションの量は多いのだけれど、演出にしろBGMにしろ、ちょっと間が抜けているように感じた。唐突にヤクザの息子から孫を取り戻すおじいちゃんなど、展開が唐突で頭に残らない。どうでもいいけど『琉栄会』が『竜平会』に空耳され、いっそう雰囲気が台無しだったw
      いいね

      普通
    • リメンバー・ミー(2018)
      『リメンバー・ミー(2018)』鑑賞。メキシコの風習に根付いた興味深い作品。その結びつきを肌で理解できれば、もう少しのめり込めたのかなぁ。音楽禁止だったり、子供向けらしい童話っぽい設定と物語のテーマ部分を、同時に処理していく過程で幾分興味が失われてしまった。
      いいね

      普通
    • ブリグズビー・ベア
      『ブリグズビー・ベア』鑑賞。心の綺麗な大人がふっと一休みするための、大人向け絵本的な物語。全体のリアリティはうまくコントロールされていて、それゆえ「リアルじゃない」的批評は無粋で無意味。あとは完全に好みの問題。直前に観た別の映画が悲しい作品だったので、それに評価が引っ張られた。
      いいね

      普通
    • シドニー・ホールの失踪
      『シドニー・ホールの失踪』鑑賞。時間が入れ代わり立ち代わりして洒落ていて、また悲しい雰囲気がよく出ていると思う。核心の部分は「ありふれた事件的な不幸」なんだけど、一気にやってくるのもあってとてもとても悲しい。そっと差し出されるボブ・ディランが、この作品の全てを表している。
      いいね

      良い
    • ランペイジ 巨獣大乱闘
      『ランペイジ 巨獣大乱闘』鑑賞。ロック様が出ると作品が安くなって分かりやすい。だったらもっとバカっぽくした方が楽しかったと思うけど、友情とか必要かしら。遺伝子という設定を何でもありに出来るものだと今でも思っているおめでたさを含め、しょうもないなとは思う。
      いいね

      普通
    • 犬ヶ島
      『犬ヶ島』鑑賞。引っかかりのある日本語と外し感のある筋で、結果睡魔と戦う羽目になった。凝っているのは分かるし、十分に愛情を注がれた作品であることは分かる。きっとくり返し観れば印象が変わっていくタイプの作品なんだろう。
      いいね

      普通
    • 聖☆おにいさん
      『聖☆おにいさん』鑑賞。しょっぱなから言い訳がましく製作者のインタビューで始まるのに嫌な予感がしたけれど、むべなるかな。佐藤二朗の怪演はギャグの流れを妨げているし、そもそも染谷将太のブッダも空回っている。漫画で読んで笑ったギャグが大滑りしているのは本当に辛い。
      いいね

      残念
    • 祇園の暗殺者
      『祇園の暗殺者』鑑賞。ときおりハッとするほど美しいカットが入ってくる。追い詰められた末に斬り合いになるのを屋根の上からパンしていく場面はため息が出た。杉田正二というカメラマンは寡聞にして知らなかったが、名人はいるものなんだなぁ。
      いいね

      良い
    • 否定と肯定
      『否定と肯定』鑑賞。ホロコーストがあったという証明ではなく、否定論者の人間性などを攻撃材料にして、裁判という別のゲームに勝つ物語。逆の証拠が出てきて主人公が困り、歴史がねじ曲げられていたことを知る……みたいな流れかなと思っていたので、ある意味びっくり。
      いいね

      普通
    • 日本フィルハーモニー物語 炎の第五楽章
      『日本フィルハーモニー物語 炎の第五楽章』鑑賞。高邁な思想をぐだぐだ述べ感動を要求してくる、いかにも新劇、いかにも左翼って感じの作品。理屈っぽい物語が延々続くと、さすがにうんざりしてくる。思想的な根で共振していないと、ちっとも入り込めない作品だった。
      いいね

      残念
    • スター・ウォーズ/最後のジェダイ
      『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』吹き替え鑑賞。ヒューマノイド型のキャラしか活躍してなくて寂しい。長い割に物語は単調で、アクションも場当たり的。もっと短くまとめられる物語じゃないかなぁ。文字が送られていく例のOPはフォントが酷くて苦笑い。
      いいね

      普通
    • DOGLEGS
      『DOGLEGS』鑑賞。字幕がないことに驚いた。障害のために言葉は聞き取りづらいんだけど、確かに彼らは日本語を話しているのだから、本来は必要ないはずだ。字幕を入れないという積極的な選択がそこにあって、それも受け手の心の中に自然とある差別を照らしている。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....