TOP >WaseiGマイページ

WaseiG

さんのマイページ
WaseiG
つぶやいた映画
3,733 本
総ツイート
3,733 件
マイページ閲覧数
11,666 view
ウォッチしている
2 人
ウォッチされている
11 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
3733 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 華氏451
    リムジン
    サバービコン 仮面を被った街
    ロンドン、人生はじめます
    ラブレス
    ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル
    15時17分、パリ行き
  • あなたの旅立ち、綴ります
    絵文字の国のジーン
    グレイテスト・ショーマン
    ダークタワー
    ジオストーム
    68キル
    キングスマン:ゴールデン・サークル
  • バーフバリ 王の凱旋
    フェンス
    勝手にふるえてろ
    オレの獲物はビンラディン
    ビジランテ
    オリエント急行殺人事件(2017)
    奇跡の絆
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • フランケンシュタイン アダム・ザ・モンスター
      『フランケンシュタイン アダム・ザ・モンスター』鑑賞。世の中に愛の存在を知った人造人間が、愛を求めて不幸を生み続ける物語。ホラー要素は薄く、いささか退屈でもある。
      いいね

      普通
    • 贅沢な骨
      『贅沢な骨』鑑賞。裏山死刑という感想が心の一番大きな所を占めてしまい、共感も感想も有ったもんじゃなかった。いっそ美男美女でない俳優を使った方が物語が届くのではとも思ったが、だったらだったで「勝手にしなはれ」としか思わなさそう。
      いいね

      残念
    • 月と雷
      『月と雷』鑑賞。尋ね人を捜索するテレビ番組や、妊娠が発覚するつわりなど、異様にチープな部分があって、結果物語から重くなりそうなリアリティを消している。きっと意識的なコントロールだと思うんだけど、ブンガクっぽい雰囲気があまりに充満していると個人的には思う。
      いいね

      普通
    • ビー・バップ・ハイスクール
      『ビー・バップ・ハイスクール』鑑賞。中山美穂と自分たちの釣り合わなさにやさぐれて暴れてるの最高にダサい。周囲へ迷惑がかかっていることを隠さないのは、表現者としての良心……なのかしら? かならずヤンキーたちに感情移入できるような作りにはできなかったものかね。
      いいね

      普通
    • サバービコン 仮面を被った街
      『サバービコン 仮面を被った街』鑑賞。人種差別という教科書に載るような派手で大きな問題の影で、一つの家庭にも事件が起こっていた。その対比が見所なのかな、と思うがよく分からない。
      いいね

      普通
    • スイス・アーミー・マン
      『スイス・アーミー・マン』鑑賞。ワケの分からない作品だが、いい話風にまとめることで昨今の感動物語に対する皮肉にもなっている……ようにも感じるが、やっぱりよく分からない作品。
      いいね

      普通
    • 女神の見えざる手
      『女神の見えざる手』鑑賞。主人公のキャラクターと脚本の起伏が密接に絡み合っていて、気持ちよく振り回された。銃規制についてもいい塩梅に示唆できていて、頭脳戦を彩るに相応しい社会性。惜しむらくは、それが問題提起という感じにはなっていないところか。
      いいね

      良い
    • 15時17分、パリ行き
      『15時17分、パリ行き』鑑賞。みんなに愛されるヒーローの映画ではない。容姿はゴツすぎるし、子供時分の素行にも好かれる要素はない。鬱屈にしろ挫折感にしろ、共感を持って受け入れられはしないだろう。真に「一般人」であり、「隣人」でもある。その描きっぷりは興味深かった。
      いいね

      普通
    • 英雄の条件
      『英雄の条件』鑑賞。なんだかモヤッとした後味の作品だった。軍部の自己賛美色が強く、批判的な視線が作品の中にない。他人を殺すという行動を全面的に擁護するのは、大佐はともかく制作陣はやり過ぎなんじゃないかなぁ。作りが甘いのは2000年の作品だからか。
      いいね

      普通
    • ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル
      『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』鑑賞。ボードゲームだった前作がコンピュータゲームになって、「ゲームの中に入っちゃった」とよくある感じになってしまった。スクールカーストを描こうとしたんだろうけど、前作の兄弟間のような関係性のリアリティがなくなってしまったのは残念。
      いいね

      残念
    • ホーム・アローン4
      『ホーム・アローン4』鑑賞。少年が知恵と発想で悪い大人とやり合うのが見所だったはずだけど、強盗が愚かすぎて笑いが成立しない。ブルジョアの警備システムを攻略するにせよあまりに荒唐無稽で白けてしまう。唐突に金銭的裕福さよりも家庭的な雰囲気を良しとしたラストも謎だなぁ。
      いいね

      残念
    • 二代目はクリスチャン
      『二代目はクリスチャン』鑑賞。つかこうへいのハチャメチャさよりも高倉健的な任侠映画の流れが強く、楽しさに欠ける。一方で深作欣二みたいなアクションがちょっとチグハグ。「よく分からないけどめちゃくちゃで楽しい!」というつか作品を期待すると肩すかし。
      いいね

      残念
    • KUBO/クボ 二本の弦の秘密
      『KUBO クボ 二本の弦の秘密』鑑賞。エンドロールで映された作品の制作風景が一番楽しかった。技術的に凄いことをやっているのはよく分かるんだけど、物語に流れがなくてカタルシスに繋がらない。主人公の内面の描写がもう少し欲しいなぁ。
      いいね

      残念
    • スクランブル
      『スクランブル』鑑賞。あまりに強い主人公補正に笑う。良くも悪くも非常に趣味的で、景色のいいところを旧車が走っていることに価値を見出す人には、余計な部分があんまり無くていいのかな。だったらもっとバカっぽくしてもいいと思うんだけれど。
      いいね

      残念
    • GAMBA ガンバと仲間たち
      『GAMBA ガンバと仲間たち』鑑賞。出崎アニメの出来が恐ろしいほど高いので、それと比較するとどうしても…… せめて技術的な見所があれば良かったのだけど、『トイ・ストーリー』にも及ばない。出崎版を知らない子供が見るには悪くないかもしれないが、だったら出崎版を観せてあげたい。
      いいね

      残念
    • 力道山の世界征服
      『力道山の世界征服』鑑賞。あまた制作された力道山フィルムの一作。内容は海外旅行する力道山(映ってもいないカットも多い)とプロレスの様子がわずかに。これで一本の作品として完成なのだから、当時彼がどれほどのスターだったかが偲ばれる。フォルムもスーパーマンみたいだものね。
      いいね

      残念
    • 奇跡の絆
      『奇跡の絆』鑑賞。実話もののうえに、最終的に死で御涙頂戴されると、感動のヘドロ沼のようだ。実話にしてもこうまでもクドいと、もう少し見せ方を工夫して欲しい。戦中の教育映画みたいで辛かった。
      いいね

      残念
    • 勝手にふるえてろ
      『勝手にふるえてろ』鑑賞。ポップでコミカル、それでいてものすごい痛々しさが観客をぶちのめしに来る作品だった。松岡茉優の個性的な輝きと、気持ち悪さがすごい渡辺大知。二人をコントロールした大九明子にただただ拍手。ただヨシカの受けたショックをもう少し上手く伝えられてたらなぁとは思う。
      いいね

      良い
    • グレイテスト・ショーマン
      『グレイテスト・ショーマン』鑑賞。物語の中にはダウナーな場面も当然あるのに、楽曲からはネガティブな印象を極力減らしてあって、思わず唸った。ミュージカルとしてはもっと振り幅があってもいいのかもしれないが、何度も聴き直すことを考えるとこっちの方がいいと自分は思う。
      いいね

      良い
    • 長靴をはいた猫
      『長靴をはいた猫』鑑賞。東映動画のシンボルキャラクターにもなった猫シリーズの第一作。口先と知恵で物語を進めた原作と少々異なり、アクションシーンが多く見栄えはする。一方で猫と少年の出会い(父の遺産)は原作準拠で良かったような気がする。藤田淑子の歌がもの凄く上手くてビックリ。
      いいね

      普通
      もっと見る Loading...
      Loading.....