TOP >WaseiGマイページ

WaseiG

さんのマイページ
WaseiG
つぶやいた映画
3,857 本
総ツイート
3,857 件
マイページ閲覧数
13,628 view
ウォッチしている
2 人
ウォッチされている
11 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
3857 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 劇場版 SHIROBAKO
    シェルブールの雨傘
    天気の子
    メン・イン・ブラック:インターナショナル
    ゴジラ キング・オブ・モンスターズ
    シャザム!
    キングダム
  • 運び屋
    スパイダーマン:スパイダーバース
    翔んで埼玉
    アリータ:バトル・エンジェル
    映画刀剣乱舞-継承-
    劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」II.lost butterfly
    シュガー・ラッシュ:オンライン
  • 来る
    GODZILLA 星を喰う者
    ボヘミアン・ラプソディ
    ヴェノム
    ビブリア古書堂の事件手帖
    search/サーチ
    劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • GODZILLA 星を喰う者
      『GODZILLA 星を喰う者』鑑賞。順調に下がったレビュアー満足度に納得。怒濤の回想と心象風景描写で、いったい今何が起こってるのかも分からなくなる。ポエムよりもアクションが見たかったなぁ。冒頭の宗教ポエムは「この先一切の希望を捨てよ」と観る者に地獄門をくぐらせるようで良かったw
      いいね

      残念
    • GODZILLA 決戦機動増殖都市
      『GODZILLA 決戦機動増殖都市』鑑賞。今作の鑑賞中に考えたのは「守られるべきゴジラ映画像とは何だろう?」だった。ロボットアニメに名前だけ出演した作品はゴジラ映画なんだろうか。前作には意外性を武器にしていたが、今作にはそれもなく。三部作にすべきでなかったのでは。次作に期待。
      いいね

      残念
    • GODZILLA 怪獣惑星
      『GODZILLA 怪獣惑星』鑑賞。アニメでしか出来ない奇を衒った設定は、そういうゴジラ作品を求める人にはドンピシャなのかもしれない。そうでない自分には、いったいなぜこれがゴジラである必要があるのか、映画とは何なのか、首をひねってしまう。三部が完結したら分かるのかな。
      いいね

      普通
    • ゴジラ キング・オブ・モンスターズ
      『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』吹き替え鑑賞。映画には人間ドラマが必要だ、なんてことは全く思わないが、出てくる人間がほぼキ印で何をしたいのかも分からないのは論外。笑いのない腹筋善之介の一人コントのようで、それはちょっと笑った。結局母の思想を否定しないラストにビックリ。
      いいね

      残念
    • メン・イン・ブラック:インターナショナル
      『メン・イン・ブラック:インターナショナル』鑑賞。目黒のサンマで家臣が用意した、丁寧に調理されたサンマのような作品。どこにもトゲがない。完全にファミリー向けの作品になったことにちょっと驚いた。物語の振幅にせよキャラクターにせよ、どこまでも子供が見ることを踏まえているように感じた。
      いいね

      普通
    • 来る
      『来る』鑑賞。ホラーからサスペンスそしてオカルトSFと、時間ごとにジャンルが変わってゆき、どう作品を受け止めればいいのか時々に混乱した。個人の裏の顔だったり、ホラー作りに適した設定をあっさり捨てているので、きっと作為なんだろう。妻夫木さんの無神経な夫役の出来に感心した。
      いいね

      良い
    • ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男
      『ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男』鑑賞。市井の声を真とするのは衆愚政治に見えるが、ヒトラーは衆愚政治からの脱却を唱えて民主主義を否定したわけで、きれいな描写……なのか? 戦い抜くことを決意したところで終わられると、その後の戦いを軽く見ているような気になる。
      いいね

      普通
    • 映画ドラえもん のび太の宝島
      『映画ドラえもん のび太の宝島』鑑賞。のび太としずかちゃんはどこかのタイミングですでに出来ていることになったんか? そういう色んな解釈違いがけっこう発生して辛かった。脚本にF先生のエッセンスを感じない。作画は目のハイライトとか旧ドラのような部分が懐かしかったな。
      いいね

      普通
    • 劇場版 SHIROBAKO
      『劇場版 SHIROBAKO』鑑賞。業界の光だけを描いたというTVシリーズに対する批判に対するアンサーのために作られたような作品になってる。劇場作品の分析分解をちゃんとやってほしかった。作中言われていた「終盤の盛り上げが足りない」がまんま本作のことなのはジョークなんだろうか。
      いいね

      普通
    • 君の膵臓をたべたい(2018)
      『君の膵臓をたべたい(2018)』鑑賞。原作既読。実写版は観ていられなかったが、こちらは最後まで観ることができた。主人公の演技が残念だった。全体的にキャラクターの内面に観客は触れづらく、もう少し匂わせる演出があった方が良かったと思う。
      いいね

      普通
    • アリータ:バトル・エンジェル
      『アリータ:バトル・エンジェル』吹き替え鑑賞。原作には触れたことがあるがあんまり覚えていない。アリータの容姿に最後まで慣れなかった。演出がいちいちダサくって、もっとスタイリッシュにもできたろうにと思う。そういうのを愛するマニア向けの作品ってことだとすれば、悲しいの一言。
      いいね

      普通
    • 翔んで埼玉
      『翔んで埼玉』鑑賞。未完の物語を納得できる結末に導いてくれただけで功績といっていい。マンガ掲載時のギャグを使うためなのか、過去編と現代編に分かれているが、物語的には無意味なので脚本を直したほうがよかったかなぁ。関東圏のギャグでいっぱいで、もっと埼玉をフィーチャーしてほしかったな。
      いいね

      良い
    • 劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」II.lost butterfly
      『劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」II.lost butterfly』鑑賞。もっともっとエログロい描写を期待していたのだけど、いささか肩透かし。アクションはかっこよくなったし、桜のヤバいやつ感も十分に出ていて、ファンなら歓喜するんだろうな。
      いいね

      普通
    • 劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel I. presage flower
      『劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel I. presage flower』鑑賞。「もうお話は知ってるよね?」と言わんばかりのスキップ。Ctrlキーがはかどるぜ。アクションシは見事なのだがどこか間が抜けていて、自分はあんまりかっこよくは思わなかった。
      いいね

      普通
    • キングダム
      『キングダム』鑑賞。王騎将軍とかやけに小柄に感じるけど、人間が演じるのでしょうがないか~と思っていたら、ワイヤーアクションで人間離れしたものを見せられて、作中のリアリティが自分にはつかめなかった。俺たちの旅はこれからだエンドだが、続編の予定があるのかね。
      いいね

      普通
    • 運び屋
      『運び屋』鑑賞。筋に抑揚のない作品。予想を超えるような危ない目にも特に合わないし、犯罪の結果得たものも失ったものも「そうだろうな」というもの。『15時17分、パリ行き』もそうだったが、物語と観客の間に距離があって、過剰な感情移入させない作りは……どういう意図なんだろう。
      いいね

      普通
    • スパイダーマン:スパイダーバース
      『スパイダーマン:スパイダーバース』吹替鑑賞。あまたの分岐によって増えたため分かりにくくなった設定を武器にするのはすごいアイデアだと思う。その展開にもっと早く入れたろうが、それはギミックを最大限に効果的に使ったからかな。楽しさを出すのに工夫が必要で、大変そうな作品だった。
      いいね

      良い
    • スターリンの葬送狂騒曲
      『スターリンの葬送狂騒曲』吹替鑑賞。コミカルさもあって重くなりすぎず、見やすい作品になっている。一方でスターリンやベリヤ、フルシチョフについてのバックボーンの説明が少なく、作品外の知識がある程度必要になっているかな。政治的な配慮も親ソ連国の上映禁止という結果は残念なところ。
      いいね

      良い
    • シャザム!
      『シャザム!』吹替鑑賞。物語としては文科省推薦的で正統派。最近の物語らしくSNSなどを物語に取り入れるも、全体の古臭さは隠せない。きっと郷愁感を出したかったのだろうから、目論見は成功したのだろうけど、効果のほどはやや疑問。また悩める少年に緒方恵美さん……に限界を感じた。
      いいね

      普通
    • いつだってやめられる 7人の危ない教授たち
      『いつだってやめられる 7人の危ない教授たち』鑑賞。いろんな人が何かを思い出したようだが、自分は『七人のおたく』を思い出した。ギャグにしろ物語にしろ、今ひとつハネないなというのが素直な印象。オチが圧縮されすぎていて、それまでボーッと観ていたので、整理が大変だったなぁ。
      いいね

      普通
      もっと見る Loading...
      Loading.....