TOP >WaseiGマイページ

WaseiG

さんのマイページ
WaseiG
つぶやいた映画
3,661 本
総ツイート
3,661 件
マイページ閲覧数
11,249 view
ウォッチしている
2 人
ウォッチされている
11 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
3661 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ロンドン、人生はじめます
    あなたの旅立ち、綴ります
    バーフバリ 王の凱旋
    フェンス
    ジャスティス・リーグ
    We Love Television?
    ゴッホ 最期の手紙
  • IT イット “それ”が見えたら、終わり。
    ブレードランナー 2049
    ゴッド・セイブ・アス マドリード連続老女強姦殺人事件
    暗黒街
    猿の惑星:聖戦記
    スピルバーグ!
    レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー
  • ドリーム
    ダンケルク
    散歩する侵略者
    関ヶ原
    ワンダーウーマン
    ベイビー・ドライバー
    打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 楠公父子 桜井の訣別
      『楠公父子 桜井の訣別』鑑賞。牧野教育映画製作所謹製、大日本帝国民のために作られた教育映画。内田吐夢が俳優として出演していて美しい。子役時代のマキノ雅弘の姿も。字幕には旧字や崩し字が多く、じつに教育的な作品だった。
      いいね

      普通
    • 踊る大紐育
      『踊る大紐育』鑑賞。ジーン・ケリーのスター感が半端無くて、仲の良い三人組に見えない。ダンスシーンはあんまり技巧的にも見えず、にぎやかで王道なんだけどちょっと薄く感じる。どこかの劇場のレビュー公演のようだなと思った。
      いいね

      普通
    • 三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船
      『三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』鑑賞。2時間に納めたことは評価するが、Howが欠けた描写が多いうえ展開が早くて混乱する。それでも筋が大雑把だから、なんとなくは分かるんだけれど。半端に終わらせてあるが続編の構想があったのかね。
      いいね

      普通
    • I'M FLASH!
      『I'M FLASH!』鑑賞。陰謀やアクションなどを盛り込めそうな題材だが、哲学的なポエムで満たされた作品だった。題材はとても面白そうなので、肩すかしは否めない。役者の演技はとても良かったが、出来事が少ないためにキャラの掘り下げもなく、もったいないかなぁ。
      いいね

      普通
    • エンド・オブ・キングダム
      『エンド・オブ・キングダム』鑑賞。一昔前の大統領は飛行機まで操縦していたというのに、昨今ではもはやピーチ姫。続編ゆえ約束されたテロも街中にと規模が拡大することで、ちゃんと驚かせてくれるのは良かった。実行犯と対峙するだけで裏側は他が処理してしまうため、カタルシスは今ひとつ。
      いいね

      普通
    • インサイド・マン
      『インサイド・マン』鑑賞。容疑者を取り調べている時間軸と、立てこもりに対応している時間軸でちょっと混乱した。犯人と刑事の頭脳戦はとても楽しかった。大オチがナチスの……というのはさすがに自分には苦しく感じる。欧米だとまだまだそうじゃないのかしら。
      いいね

      良い
    • ジャスティス・リーグ
      『ジャスティス・リーグ』鑑賞。DCのヤングヒーローたちが活躍するアメコミムービー。アトランティスとか2010年代も半ばを過ぎて耳にする設定だとは思わなかった。そのあたりは『ワンダーウーマン』とかと近そう。ファンの方々の熱が羨ましい。
      いいね

      残念
    • バーフバリ 王の凱旋
      『バーフバリ 王の凱旋』鑑賞。前作のおぼろげな記憶が残っていたので、ツッコむことが出来た。「回想シーン長っ!」 物語もキャラもとてもわかりやすく、前作のようなトリッキーさがないぶん観やすかった。大資本が投下された作品なので、変に小難しくする必要もなかったんだろうな。
      いいね

      良い
    • 恋は緑の風の中
      『恋は緑の風の中』鑑賞。青少年の性をどぎつく、しかし画はそこまで扇情的でもなく描いたコメディ。あるあるを目指したのかもしれないが、母親を押し倒したり恥垢を見せたりはかなり限定的だろう。とはいえタブーに踏み込まれて、ギョッとはした。台詞回しの古めかしさは監督の青春時代の影響かな?
      いいね

      普通
    • やるぞみておれ為五郎
      『やるぞみておれ為五郎』鑑賞。前作で拾った子役がフランキーと似てるなと思っていたので、今作で共演してくれたのが嬉しい。シナリオは筋があっちゃこっちゃ行くし、見所は非常に少ない。このシリーズで谷啓がモテまくっているのは何かのギャグなんだろうか?
      いいね

      残念
    • トラスト・ミー
      『トラスト・ミー』鑑賞。テレビへの反発や手榴弾などいわゆる芸術っぽいモチーフと、エイドリアン・シェリーの魅力がうまくマッチしている。とはいえ周囲と軋轢を生んでわが世を憂うのは若者にはよくあることだとはいえ、毒親だらけの今作は一般化しづらい。
      いいね

      普通
    • ザ・ビーチ
      『ザ・ビーチ』鑑賞。危ういモラトリアム。ちっぽけな人間の良心と利己心。タイタニックのヒットの直後のディカプリオが入念に選んだ作品だそうだが、ブンガク的なぶん浅く感じる。エロにしろグロにしろ、もっと描写を頑張って欲しかったなぁ。
      いいね

      普通
    • なにがなんでも為五郎
      『なにがなんでも為五郎』鑑賞。前作とは設定を変えた別世界。前作のようなお祭り感を感じない出演陣。テレビやグループ、同時上映作など色んな所をもじって賑やかなのだが、やはり寂しい。しかし同時上映の男はつらいよより、男が辛い物語にしたのはなんでなのか。
      いいね

      普通
    • アッと驚く為五郎
      『アッと驚く為五郎』鑑賞。流行語になったギャグから生まれた映画。シナリオはかなりメタメタ。ヒッピーがフューチャーされてるのは、もともとのギャグから来ているだけかな? ときおり入る前田勝之助の浪曲語りがとても良かった。このカタチは日本的な喜劇っぽく、後に残したいなと思う。
      いいね

      普通
    • 七番目の密使
      『七番目の密使』鑑賞。舞台は古めかしいが、追跡者との攻防は『逃亡者』よろしく未だ色褪せぬ題材。事件の細部だけを描くのも、古式懐しい。ピンチに見えたが実は既に対策がなされていて主人公が上手だった、みたいな展開じゃなくちゃんと瀬戸際に追い込まれているのが緊張感があって良かった。
      いいね

      良い
    • 聖杯たちの騎士
      『聖杯たちの騎士』鑑賞。大きな力を使って作られた内省的な映像美。芸術性は受け取る方の状態いかんで評価は変わるだろうが、商品としては大物が出演する以外にキャッチーさがなく、売りが少ない作品だと思う。
      いいね

      残念
    • この愛の物語
      『この愛の物語』鑑賞。俳優が受け止めてきたつかこうへいの狂気が、スタントに向かった。それにより鑑賞しやすく、それなのに異常なつかの世界がフィルムに焼き付いている。チープな二重写しの箇所もあるが、マそれははそれw あと確かにつかの台詞なのに普通に聞こえる中村雅俊の巧さもすごい。
      いいね

      良い
    • ロンドン、人生はじめます
      『ロンドン、人生はじめます』鑑賞。法廷劇はヌルく、シナリオもよく分からない。岐路でひどいことを口にした男を許せるなら、浮気した亡夫も許せ……ないか、借金もあるし。現実的なところではあるんだろうが、それゆえ個人的な物語になってる。が、それにしても相変わらずD・キートンは美しい。
      いいね

      普通
    • ウェディング・テーブル
      『ウェディング・テーブル』鑑賞。良い方向に特別な人が出てこない、ハートウォーミングコメディー。めでたしめでたし的に終わるんだけど、劇中で描かれる化学変化がちょっと微妙でスッキリしない。ナニーの婆ちゃんの犬がダイナーの二人の足下にいるのは良かったかなぁ。
      いいね

      普通
    • 悲しきヒットマン
      『悲しきヒットマン』鑑賞。みんな大好き山一抗争。追い詰められた状況で家族でレストランへ行き楽しげに振る舞う、やせ我慢的ハードボイルドさ。主人公の活躍ちょっと古臭いし、事件の描写も甘いが、事件の映像化がまだあまりなされていない時分だし、及第点だと思う。
      いいね

      普通
      もっと見る Loading...
      Loading.....