TOP >adabana_x_xマイページ

adabana_x_x

さんのマイページ
adabana_x_x
つぶやいた映画
44 本
総ツイート
44 件
マイページ閲覧数
431 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

adabana_x_xさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
44 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ブリグズビー・ベア
    オンリー・ザ・ブレイブ
    ワンダー 君は太陽
    ビューティフル・デイ
    パティ・ケイク$
    レディ・プレイヤー1
    心と体と
  • ラブレス
    聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア
    しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス
    デトロイト
    ゲット・アウト
    ブレードランナー 2049
    あさがくるまえに
  • ダンケルク
    ザ・ウォール
    エル ELLE
    ウィッチ
    ライフ
    ありがとう、トニ・エルドマン
    パトリオット・デイ
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • オンリー・ザ・ブレイブ
      『オンリー・ザ・ブレイブ』@109シネマズ川崎 実話ベースのディザスターものか〜と軽い気持ちで観に行ったけど鑑賞後ごめんなさいとなりました。 ジョシュ・ブローリンの頼れるリーダー感やチームが結束して行く過程をを丁寧に描いていたのでその後の展開に緊張感,etcが出ていて良かった
      いいね

      良い
    • ブリグズビー・ベア
      ‪『ブリグズビー・ベア』@ヒューマントラストシネマ渋谷‬ ‪架空の作品だった「ブリグズビー・ベア」の映画制作を通して…、笑って泣ける素敵な映画だった。特撮や音楽も映画愛に溢れていてとても良かった。‬ ‪ブリグズビー・ベアのチープなんだけど愛おしい造形がとても素敵だ。
      いいね

      良い
    • ワンダー 君は太陽
      『ワンダー 君は太陽』@横浜ブルク13 主人公の少年オギーと彼を取り巻く家族や友人の話。とりわけ姉のストーリーが琴線に触れてグッときた 現実は劇中みたくうまく行くわけではないけれど、現実がこうだったら・こうしていけたら世界は素敵だねというメッセージが込められた良い作品だった。
      いいね

      良い
    • ビューティフル・デイ
      『ビューティフル・デイ』@ヒューマントラストシネマ渋谷 トラウマ持ちで苦悩する殺し屋を演じるホアキンさんが素晴らしい。 主人公にリンクして、白昼夢を見せられている様な作品なので原題「You Were Never Really Here」はとてもしっくりくる。
      いいね

      良い
    • パティ・ケイク$
      『パティ・ケイク$』 どん底からラップで這い上がる王道ストーリーだけど、うまく母娘の話も盛り込んでいて良かった。 豪気なおばあちゃんキャラは無条件で格好良い。 デジタルハードコアやってた繊細な黒人青年のトラックがゆるめに変えられたのが少し悲しい。
      いいね

      良い
    • レディ・プレイヤー1
      『レディ・プレイヤー1』@109シネマズ川崎 元ネタが分からないと楽しめないのではないかと敬遠していたが、きっちりとしたメッセージも込められた王道展開で飽きることなく楽しめた。 ホラー映画キャラクター強い!
      いいね

      良い
    • 心と体と
      『心と体と』@新宿シネマカリテ 同じ鹿の夢を見る、食肉処理場勤務の不器用な男女のラブストーリー。殺伐とした現実と静かで幻想的な夢のシーンの対比が印象的だった。 現実と夢が溶け合うようなラストシーンはとても良い余韻を残す。
      いいね

      良い
    • ラブレス
      『ラブレス』@横浜ブルク13 幸せを求めるあまり利己的になっている夫婦の姿は、少なからず自分にも当てはまるところがあるのではないかと考えさせられた。ラストの夫婦それぞれの姿と森のシーンがとても印象的だった。
      いいね

      良い
    • しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス
      『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』@新宿ピカデリー 不器用な二人が徐々に打ち解けていく様が鮮やかに彩られていく小屋とシンクロするように丁寧に描かれていてとても良かった。切ないラストシーンからのエンドロールがとても印象的だった。
      いいね

      良い
    • 聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア
      『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』@新宿シネマカリテ 全編通して不穏な空気が漂う映画。巧みなカメラワークと鋭い音楽が恐怖を煽る不条理スリラーだった。
      いいね

      良い
    • デトロイト
      『デトロイト』@横浜ブルク13 フィクションものだったら出来る漢感溢れるボイエガさんの英雄譚になりそうなものだけど現実は非情だった。散々言われてるけどウィルポールターの憎たらしい悪役感が凄かった。
      いいね

      良い
    • ブレードランナー 2049
      『ブレードランナー 2049』@横浜ブルク13 30年以上も経っているので続編というのも変な感じだけど、前作リスペクトな演出も多くて良かった。流石に映像、音楽は凄かった。 少し長すぎな感じはした。 リアルタイムで見てた人はどう感じたのだろう?
      いいね

      良い
    • ゲット・アウト
      『ゲット・アウト』@横浜ブルク13 不穏な空気が漂う中で主人公の親友のお約束的なお笑いポジションが良いアクセントになっていて、良いエンタメホラーだった。 トレイラーでも印象的な使用人の不気味な泣き笑いの効果は抜群だ。誰かに似ているなこの人・・・。
      いいね

      良い
    • あさがくるまえに
      『あさがくるまえに』@ヒューマントラストシネマ渋谷 臓器移植にまつわる群像劇。リアリティある医療現場のシーンと時折差し込まれる夢のように幻想的なシーンの対比がとても良かった。コーディネーターのドナーの青年に対する真摯な対応が印象深い。
      いいね

      良い
    • ダンケルク
      『ダンケルク』@ 109シネマズ二子玉川 映像が深い青色で統一されているシーンが多くて綺麗だった、海や並んでいる兵隊のヘルメットとか。音響も音楽合わせて緊張感出てて良かった、音がやたら大きかった!
      いいね

      良い
    • ザ・ウォール
      『ザ・ウォール』@横浜ブルク13 戦場舞台の箱物スリラー。 低予算な一発ネタ映画だけど緊張感はありそこそこ楽しめた。 設定を活かしてもう一捻り欲しいところではあったけど。。 稲川淳二のトレーラーはヒドい
      いいね

      良い
    • エル ELLE
      『エル ELLE』@渋谷シネパレス 主人公ミシェル含め登場人物が変人ばかりなのでスリルがあってとても面白い。 所々で大胆不敵にニヤつく顔がとても良い。
      いいね

      良い
    • ウィッチ
      『ウィッチ』@新宿武蔵野館 悪夢を見ているかのような不条理なホラー映画。 ウサギやヤギなどの動物が効果的に使われていた。 自分には特に信仰がないので、見終わった後にたまたま通りかかったキリスト教団体に見せたらどんな感想を持つのかが気になった。
      いいね

      良い
    • ライフ
      『ライフ』@ 109シネマズ川崎 正統派SFホラーな感じでツッコミどころはあるがそこそこ楽しめた。真田広之みたいなアジア系俳優が出てるな〜と思ってたら本人だった。 本国版ポスターシンプルで良い。
      いいね

      普通
    • ありがとう、トニ・エルドマン
      『ありがとう、トニ・エルドマン』@ 109シネマズ川崎 ちょっとウザいけど、娘にしつこくちょっかいだす親父さんが可愛い。娘が吹っ切れたところはさすが親娘だなと感じた面白いシーンだった。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....