TOP >adusan31マイページ

adusan31

さんのマイページ
adusan31
つぶやいた映画
223 本
総ツイート
319 件
マイページ閲覧数
5,066 view
ウォッチしている
2 人
ウォッチされている
1 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
223 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 砕け散るところを見せてあげる
    MISS ミス・フランスになりたい!
    この世界に残されて
    ニューヨーク 親切なロシア料理店
    魔女がいっぱい
    ヒトラーに盗られたうさぎ
    PLAY 25年分のラストシーン
  • 靴ひも
    マルモイ ことばあつめ
    コリーニ事件
    シェルブールの雨傘
    パラサイト 半地下の家族
    1987、ある闘いの真実
    祝福~オラとニコデムの家~
  • 焼肉ドラゴン
    ムーンライト
    皆さま、ごきげんよう
    ミス・シェパードをお手本に
    この世界の片隅に
    溺れるナイフ
    手紙は憶えている
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • MISS ミス・フランスになりたい!
      『MISS ミス・フランスになりたい!』ー。自分は何者なのかと自問し、何者かになりたいと切実に願った。女性らしさとはー。なりたい自分になるために、勇気をもって歩き出す姿は、誇り高く眩しい。音楽もいい。ミスコンは女性への抑圧か、解放かという議論も興味深い。
      いいね

      良い
    • 砕け散るところを見せてあげる
      『砕け散るところを見せてあげる』ー。前半と後半で印象が全く変わる。その転調にどこか強引さを感じてしまった。気になる箇所もいくつかあり、なにがなんだか。大好きな清原果耶ちゃん、もっと観たかった。
      いいね
      評価
      なし
    • 魔女がいっぱい
      #魔女がいっぱい 魔女たちの容姿が気になり、正直そこからは無邪気に楽しむことはできなかった。ストーリー自体は特別なものではないが、終始漂う居心地の悪さ。予想外なラストも含めて、しかしそれが狙いなのだろうなとか。アン・ハサウェイの… https://t.co/wzkw8pmTon
      いいね
      評価
      なし
    • ニューヨーク 親切なロシア料理店
      愛を押しつけ、恐怖で支配する夫。彼が家族に対して何をしたのか、子どもたちの反応がすべて。芸達者な俳優さんたちの中で、2人の子役は印象に残る。大都会の片隅で、不器用に、しかし懸命に生きる愛おしい人々の物語。 ビル・ナイの存在感、ただ… https://t.co/VSsr6D1Nvk
      いいね
      評価
      なし
    • この世界に残されて
      『この世界に残されて』ー。愛する人を喪った少女と寡黙な医師。行き場のない不安や喪失感。クララは父と同じ匂いのするアルドに心の拠り所を求める。痛みがあまりに大きすぎるから、求めずにはいられなかったのだろう。ふたりの表情や視線が一つ一… https://t.co/bNPZw35YTy
      いいね

      良い
    • この世界に残されて
      ホロコーストのその後を生きる人々を描く作品はあまり多くはないのではないかと思う。『この世界に残されて』このタイトルの切なさにどうしようもなく胸が締めつけられる。
      いいね
      評価
      なし
    • ヒトラーに盗られたうさぎ
      『ヒトラーに盗られたうさぎ』ー。ヒトラーの台頭により、亡命を余儀なくされる家族。言葉や慣習の違い、そして友だち。少女はたくさんの「さようなら」を重ねる。しなやかに逞しく。どこに行ったって、またチーズから始めればいい。家族がいる場所… https://t.co/3PmiqoAv75
      いいね

      良い
    • PLAY 25年分のラストシーン
      『PLAY 25年分のラストシーン』ー。ある男性の13歳から38歳までの、25年分のホームビデオをつないで描いた作品。おバカで、くだらなくて、危うくて。知らない人のホームビデオほどつまらないものはないけれど、その切り貼りを延々と見せられている感じ。広がりを感じられなかった。
      いいね
      評価
      なし
    • 靴ひも
      『靴ひも』ー。ガディと父はもちろん、まわりの人々も含めて、人物描写がとても丁寧で、雑さがない。靴ひもを結ぶという行為を通して、親子の戸惑いや、葛藤、成長を丁寧に、繊細に、そしてとても人間味豊かに描く。抱きしめたくなるくらい愛おしい作品。
      いいね

      良い
    • 靴ひも
      『靴ひも』ー。2年前のTIFFで見逃したことをずっと後悔していた作品。噂に違わぬ良作でした。
      いいね

      良い
    • コリーニ事件
      『コリーニ事件』ー。法治国家とは何か。違う国の話ではなかった。違う時代の話でもなかった。今の日本の姿を思い、同じだと思った。
      いいね
      評価
      なし
    • コリーニ事件
      『コリーニ事件』ー。なぜ今だったのか。その切なさに涙が止まらなかった。どれだけ時が経とうと、彼にとってあの戦争はまだ終わっていなかったのかもしれない。
      いいね

      良い
    • コリーニ事件
      『コリーニ事件』ー。良き祖父、良き父は戦場で何をしたのか。時は戻せない。だからせめて目を背けずに、真摯に向き合い続けることが大切なのだと改めて思った。
      いいね

      良い
    • マルモイ ことばあつめ
      すごく気になる 早く観たい 映画『マルモイ ことばあつめ』予告編 https://t.co/Qb9I1OVp7w
      いいね
    • パラサイト 半地下の家族
      『パラサイト』に打ちのめされて、頭ぐちゃぐちゃで、カラダふらふら。。
      いいね

      良い
    • 1987、ある闘いの真実
      若い2人の恋。どんな政治状況だって人は恋をする。そしてその恋はラストの彼女の意思へとつながり、強さになっていく。そんな彼女を通して観る者は映画の一部となる。
      いいね

      良い
    • 1987、ある闘いの真実
      パク所長、彼を鬼にしたのはなにか。単なる悪役にとどまらない。豊かな俳優さん。
      いいね

      良い
    • 1987、ある闘いの真実
      こういう闘いがあって、こういう映画が作られて、そして大ヒットする国。すごい国だなと改めて思う。
      いいね

      良い
    • 1987、ある闘いの真実
      『1987、ある闘いの真実』ー。たくさんの血を流して獲得した民主化。前大統領を大規模なデモで、声の広がりで退陣に追い込んだことはまだ記憶に新しい。1987年の闘い、その記憶があるから、それが危ぶまれたとき韓国の人たちは声をあげるのだと思う。
      いいね

      良い
    • 1987、ある闘いの真実
      日本による植民地支配、朝鮮戦争、アメリカによる統治、軍部独裁政権。さまざまな国の思惑に振り回された国の国民は自分たちで立ち上がる。いろんなひとがそれぞれの場所で闘っていたということ。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      sa9237a
      3673movies / tweets

      follow us