TOP >akafundosiマイページ

akafundosi

さんのマイページ
akafundosi
つぶやいた映画
1,332 本
総ツイート
1,721 件
マイページ閲覧数
13,560 view
ウォッチしている
5 人
ウォッチされている
6 人
2017年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
1332 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 月夜釜合戦
    シャザム!
    ザ・バニシング−消失−
    Mr.&Mrs.フォックス
    アンデッド/ブラインド 不死身の少女と盲目の少年
    ハロウィン(2018)
    ビッチ・ホリデイ
  • 孤独なふりした世界で
    Be With You ~いま、会いにゆきます
    美人が婚活してみたら
    コンジアム
    バンブルビー
    マリオネット 私が殺された日
    ふたりの女王 メアリーとエリザベス
  • キャプテン・マーベル
    君は月夜に光り輝く
    イップ・マン外伝 マスターZ
    ウトヤ島、7月22日
    シンプル・フェイバー
    グリーンブック
    Noise ノイズ
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 清須会議
      『清須会議』どうした?三谷監督?コメディを撮りたかったのか 時代劇を撮りたかったのか 愛憎劇を撮りたかったのかなぁんか全部詰め込みすぎてそれが全部中途半端なんでこちらも半端にしか観れなかった。今までの三谷作品結溝好感だったんですっげ残念。群集劇らしく総勢を使って演ってほしかった。
      いいね

      残念
    • 洗骨
      『洗骨』@ 塚口サンサン劇場観!予告から予想した展開を大きく裏切ってきたその展開に脱帽!!"ゴリ"さん凄げっ!もぅこの作品「信子」と「リョウジ」を配した時点で勝ち!この弐人のおかげで主参人+壱人が生きる活きる!終盤の「アレ」はこちらもイキんだ!観了時の涙は感涙か笑い泣きか?傑作!
      いいね

      良い
    • E.T.
      『E.T.』@ TOHO西宮OS、午前十時の映画祭10FINAL観!全くの「初」観賞!当時社会現象を巻き起こし暫く世界興行成績壱位の座に君臨していた(事は知っていた)今作を漸くに!なる程、異星人交流ファンタジ~で家族の別れをメタファ~にした素直なほぼ直球作品。今観れて良かった!
      いいね

      良い
    • 老人Z
      『老人Z』@ 塚口サンサン劇場観!劇場再観(リアルタイム以来)改めて今回観て先見の着眼に驚いた!創られた時代のせいで中の物は古臭いが話はまさに今、現代が抱えている問題点をSFとコメディフルな融合で描く!老人でなくともあの「Z」は欲しい!w江口寿史の絵、好きだったわと懐かしむ。
      いいね

      良い
    • Be With You ~いま、会いにゆきます
      『Be With You ~いま、会いにゆきます』@ シネマート心斎橋観!原作も邦画未読未観。終幕の展開に「やられた!」感がデカい!出会った頃は…の進展を「両」視点で観た時の若い時の素直に成れない照れた意地っ張りさにホッコリ、ジワぁ~ンと♥「会いにゆきます」の意味にジワッときた!
      いいね

      良い
    • シャザム!
      『シャザム!』@ 109エキスポ、IMAXレーザーGT観。謳い文句通りで楽し面ろし!自身も子供自分欲求し妄想し憧れた特殊能力を保持した時の様相を具現化しスクリ~ン向こうで展開する。「俺○○と知り合いなんだぜぇw」も良く解る!笑いも随所に配置し"家族"の構築もなかなかグッとする…が
      いいね

      普通
    • ディア・ハンター
      『ディア・ハンター』@ 塚口サンサン劇場観!久方ぶりの再観。劇場は初。戦争と云えど過酷な状況に陥ったり人を殺めたりして普段の生活に戻れるはづもなく…正しい戦争は無いのだが特にベトナムは…あのロシアン・ルーレットは自我の"生"を確かめんが為の行為か?終幕の画は何度観ても辛く切ない。
      いいね

      良い
    • アンデッド/ブラインド 不死身の少女と盲目の少年
      『アンデッド/ブラインド 不死身の少女と盲目の少年』@ シネ・リーブル梅田、未体験ゾーンの映画たち2019観。そう成らざるを得なかった"少女に何が起こったか?"見えない少年はその本質を視る。他人が異性が居て初めて自身の存在が女で在る事に気付き成る様が愛おしい。ダ~クラブスト~リ~
      いいね

      良い
    • ハロウィン(2018)
      『ハロウィン(2018)』@ TOHO西宮OS観!ホラ~界のスタ~の壱人"ブギーマン"!シリ~ズ壱作目の正統続編!?怖さは薄いがアクションは凄い!闘うグランドマザ~!闘う女達!男ぉ!wマイケルの物言わぬ処や迎え撃つローリーでまさにホラ~版『TⅡ』!カレンのあの壱言と所作に痺れた!
      いいね

      良い
    • 操作された都市
      『操作された都市』観!うおぉ~めっさくさ面ろかったこれ!何で?何で公開時劇場観せんかったん?!SFって思ったん?!ぶっちゃけ荒唐無稽ながらもしかしてあるんじゃ無い?と妙に思わせ畳みかけるテンポバッチグ~な展開に胸ワク上げ上げ!ムカつく悪党も良い!くっそぉ~口惜しい!
      いいね

      良い
    • Mr.&Mrs.フォックス
      『Mr.&Mrs.フォックス』@ シネ・リーブル梅田、未体験ゾーンの映画たち2019観。OPがなんとなしに"タランティ~ノ"風味(?)で期待高まる…が…まぁふっつぅ~に楽しかった?よな…謳い文句通り"豪華キャスト"な女優陣!おふざけテンポの中でマギーはんのハ~ドさが妙に痛々しいw
      いいね

      普通
    • 孤独なふりした世界で
      『孤独なふりした世界で』@ シネ・リーブル梅田、未体験ゾーンの映画たち2019観。世界滅亡(?)した世界で生き残った男女壱人つづ。「壱番孤独を感じたのは周りに人が居る時だ…」居心地良い世界に侵ってきた異性。説明殆ど排除した劇中の着地点は…世界観を楽しんで居た分すっげ惜しい!
      いいね

      残念
    • ビッチ・ホリデイ
      『ビッチ・ホリデイ』@ シネ・リーブル梅田、未体験ゾーンの映画たち2019観…悪党壱味(?)のバカンスを延々としら~っと観せられ、まぁその内なんか起きるだろぅと…ボカシ!でも何か"白い"の飛んでます!w…で待って待って起きた"衝撃の事件"があれ?へぇ~…船酔いしそうな終幕…
      いいね

      残念
    • ザ・バニシング−消失−
      『ザ・バニシング−消失−』@ シネマート心斎橋観!これまった怖ぇ~!「何故?」の動機は不純極まりない!壱歩タイミング合えば自身が…"謎"は凝り固まり当事者の欲求を固執させる魅惑な麻薬。解けない限りその呪縛は付きまとう。諦めが肝心。出来るか?淡々と行う準備作業に薄ら怖さ漂う衝撃作!
      いいね

      良い
    • ヘンリー
      『ヘンリー』@ シネマート心斎橋観!敢えて云うと"胸糞爽快"(?)作品。何が怖いかってぇと動機もへったくれも無い点。「んなら試そうか?」で殺る!まだスプラッタ~の奴らはその領域に侵らなければ…のル~ルみたいな物が在った。特にあの兄貴!「…成るだろうな」の結末を裏切って欲しかった…
      いいね

      普通
    • オアシス
      『オアシス』@ シネマート心斎橋観…十何年振りの再観。歪んでおかしいのは当人達か世間か?多数に沿わない、沿えない弐人。正直以前は全然解らなく響かなかったし「だからどうした?」とさへ感じた。当事者なら劇中の周りの人々だろう。自身の審美観が変わったのか?同族嫌悪の極みを斬り刺す傑作!
      いいね

      良い
    • サスペリア
      『サスペリア(1977)』@ 塚口サンサン劇場観!劇場初観!今観るとそうどぎつく無く血の色ももろ"インク"!ただゴブリンの音楽が聴かせる!不気味、不穏、不協和音劇場音響の醍醐味!正体判るまでの雰囲気はゾクゾクする!アルジェント監督使う美人女優に冒頭「あの顔」演せただけで百点満点!
      いいね

      良い
    • ノーザン・ソウル
      『ノーザン・ソウル』@ 塚口サンサン劇場、特別音響"弐"箱観。ある時期我が自身にビタッと嵌まる音楽に出会える。ジャンルは人それぞれ。三つ子の魂百まで!そんな作品。若さを持て余し夜な夜な酒と女と音楽で朝を迎える(作中ではドラッグも)!劇中音楽は自身の趣向からはづれるが昔を懐かしむ。
      いいね

      普通
    • マリオネット 私が殺された日
      『マリオネット 私が殺された日』@ シネ・リーブル梅田、未体験ゾーンの映画たち2019観!実話が元と云うのに驚愕する…「魔利悪ネット」操り人形。若気の至り?将来自分の娘が同じ目に…と云う想像力が働かないのかこの手の犯罪を犯す輩共は?冒頭から胸糞爆発だが時系列交差で終幕まで魅せる!
      いいね

      良い
    • Noise ノイズ
      『Noise ノイズ』@ シネ・リーブル梅田観。秋葉原の「あの事件」を軸に参者の若人とその親との明日を探して足掻く物語。新人監督さんはこの手のテ~マを撮りがちだが今作は演者と背景、撮影のリアルさで引っ張る。片親…ではなく親に成れない大人の所行がその子に宿る。響く不協和音。妙作。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....