TOP >akafundosiマイページ

akafundosi

さんのマイページ
akafundosi
つぶやいた映画
2,345 本
総ツイート
2,793 件
マイページ閲覧数
30,612 view
ウォッチしている
6 人
ウォッチされている
6 人
2021年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
2345 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ピンク・クラウド
    野獣の血
    キラーカブトガニ
    パーフェクト・ドライバー 成功確率100%の女
    恋のいばら
    真・事故物件パート 2/全滅
    子猫をお願い 4Kリマスター版
  • ケイコ 目を澄ませて
    ハッピーニューイヤー
    母性
    シャーマンの娘
    ファイブ・デビルズ
    サイレント・ナイト
    ザ・メニュー
  • ペルシャン・レッスン 戦場の教室
    奈落のマイホーム
    左様なら今晩は
    犯罪都市 THE ROUNDUP
    君だけが知らない
    警官の血
    貞子DX
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ピンク・クラウド
      『ピンク・クラウド』@ シネ・リーブル梅田観。今まさに皮肉とも取れる様に時代が重なった。桃色の雲がもたらした事は災厄と"他人との距離感"と云う人間の"業"だった。更に"その人々"を生かす為に見知らぬ人々が犠牲になっている裏が暗喩されている様で主人公達に全く肩入れ、共感出来ず。
      いいね

      普通
    • 警官の血
      『警官の血』@ シネマ神戸観。…壱応再観w警察の闇、善悪の境界線。巨悪を倒す為なら"黒"にも染まる凄腕デカを内定捜査する"白"を突き進もうとする若手デカが混合するバディ。幕引きと云い否応にも某邦画を思い出す。正直目新しさは無いが目まぐるしく展開する牽引力に喰い入る様に魅入った!
      いいね

      良い
    • 暴力脱獄
      『暴力脱獄』@ シネマ神戸観。初観賞。なんと意外と快適な刑務所!wおっさん連中の"囚人特有"の鼻息荒い「ルシ~ル、ルシ~ル!」や茹で卵は大いに笑った!何事にも我が道を行くルークにP・ニューマンの漢笑みも在り男惚れする。コメディの様に観せた愛切漂う作品。我なら「映画観ます!」だなw
      いいね

      良い
    • パーフェクト・ドライバー 成功確率100%の女
      『パーフェクト・ドライバー 成功確率100%の女』@ 大阪ステーションシティシネマ観。壱定の面ろさはあったが今ではもぅ手垢まみれの題材で新し味は薄いしやはり後半は同じ道を辿った。ただ色恋部を無くした所や韓国映画のバイオレンス部は良。題名がまさか"万能七つ道具"と洒落てるとはっ!w
      いいね

      普通
    • 恋のいばら
      『恋のいばら』@ TOHO梅田観。何故フラれたのか解らない元カノと「ワタシが壱番なら(浮気とか)どうでもいい」と嘯く今カノの共同戦線。面白い言動の中で始終纏わり付く気持ち悪さと不自然さが、ある時点でその様相を変えて着地点にあった違和感の正体が"姫"麗しい裏切りだった!ニンマリ。
      いいね

      良い
    • キラーカブトガニ
      『キラーカブトガニ』@ シネ・リーブル梅田観。まさしくジャンルをブっ越えたケッサク!グロぃホラーパニックを観ていたはづが何とっ!口ポカ~ン状態wしかしまさか今作でキュンっとさせられるとは思わなかった!少年少女の青春も良いが中年部も負けてないっ!愛すべき愛溢れる壱品に大満足!w
      いいね

      良い
    • 野獣の血
      『野獣の血』@ シネマート心斎橋観。てっぺんかドン底か?!誰が味方で誰が敵か?!誰が生きて誰が死んで誰が居なくなるのかっ?!煙草に火を着けるのはZIPPOなスマホの無い時代の古臭く脂の匂い立つ様な硬質な韓国「任侠劇」ノワール炸裂!中盤からは大ド壺過ぎて奮ちながら凝視していた!
      いいね

      良い
    • あしたのジョー2
      『あしたのジョー2』@ 塚口サンサン劇場観。激拳闘映画の金看板の劇場版第弐弾。冒頭の握手の交差にあの頃の衝撃の痺れが蘇る。TV版ダイジェストながらも細かい部分は自身忘却してるので良い端(処理)折具合だと感づる。燃えると云うより画通りに血反吐でゲッソリと真っ白に干からびる思いだ!
      いいね

      良い
    • 子猫をお願い 4Kリマスター版
      『子猫をお願い』@ シネ・リーブル梅田、4Kリマスター版観。初観なのに何処かで何かで観た作品に自身が受けた感触が類似だった。何だろう?世界は自分達が中心で夢を持ち何でも出来るはづだったのに「こんなはづでは…」の社会の現実に立つ彼女達に目を細め懐古した。子猫がまるでバトンに視えた。
      いいね

      良い
    • シャーマンの娘
      『シャーマンの娘』』@ 十三シアターセブン観。上映前挨拶でハードルが上がる。タイトルオープニングの画と音でテンション騰がったっ。去年観た作品と類似してその先を逝った「好き」「友達になって」の台詞の真意の展開が面ろい。ポスターと着衣の作品の邪で物騒な女子高生祓魔伝。良い設定だった…
      いいね

      残念
    • ケイコ 目を澄ませて
      『ケイコ 目を澄ませて』@ なんばパークスシネマ観。凄かった、良かった、面白かった。拳闘を始めた動機も彼女の心情もあの表情も正直"聴こえる自身には"解らない。ただ会長の言葉「人間がね…」が響き激的では無い描写が心地良かった。16mmのせぃ?ミット打ちの軽快なリズムに何故か泣いた。
      いいね

      良い
    • 犬も食わねどチャーリーは笑う
      『犬も食わねどチャーリーは笑う』@ 塚口サンサン劇場観。事情ある、ある種の倦怠期を迎えた夫婦のラブゲ~ムで昔の「亭主元気で留守が良い」を地で行く【旦那デスノート】に苦笑いやら呆れるやらw女性陣のHNに大笑い。夫婦でも距離間は大事…か?香取慎吾の巧い情けなさの好中年の安定感が良!
      いいね

      普通
    • ハッピーニューイヤー
      『ハッピーニューイヤー』@ なんばパークスシネマ観。2022年観逃しで2023年年明けに相応しい色男、美女が御都合良ろしく豪華なホテルを舞台に繰り広げるハッピ~な群像劇。まー見事に転がる可愛いぃ多幸感な作品。この歳に成るとあの中年の恋に惹かれ捲りますなーwホッコリこちょば良い。
      いいね

      良い
    • 真・事故物件パート 2/全滅
      『真・事故物件パート 2/全滅』@ シネ・リーブル梅田観。前作が大好物で期待した…何故こぅ成った、したん?冠の意義は?"貞伽椰"映りたかったん?劇場の音響のせぃか兎に角音が唄が煩い。耳障りだった。ゴアはまぁ頑張ってた…けどやっただけ?はっちゃけ全面押しの嫌いな指向性作品たった。
      いいね

      残念
    • HiGH&LOW THE WORST X
      『HiGH&LOW THE WORST X』@ 塚口サンサン劇場、初観が無発声応援上映観!前作が良く嵌まっての今作。顔付きがガラリと"青年"っぽく成長したフジオ(中身は変わらずw)流石ダンス達者な役者陣達のダンスとも思えるバトルシーンはグッ!轟と小田島の釣り設定はづるい!(褒)w
      いいね

      良い
    • ペルシャン・レッスン 戦場の教室
      『ペルシャン・レッスン 戦場の教室』@ シネ・リーブル梅田観。文字通り言葉壱つ違えただけで死の"言葉遊び"の個人授業。本当の恐怖は、本当の必死は人の"脳"力を躍進させるのかっ?!綱渡りの毎日に明日は…の恐怖から閃いた奸計が結ぶ締めの記録無き死んで逝った者達の魂の浄化に激震したっ!
      いいね

      良い
    • 母性
      『母性』@ 梅田ブルク7観。原作未読。作品中身は予告以上の物は取り立てて無かったが俳優陣の良演合戦を愛でる。戸田恵梨香と永野芽郁が段々親子に視えて来るし大地真央と高畑淳子の各々の女帝演技の凄さ!お腹に居る赤ちゃんの形容詞に生々しさを感じてゾクっとした…男って奴ぁほんと…(自省)
      いいね

      良い
    • 秘密の森の、その向こう
      『秘密の森の、その向こう』@ 塚口サンサン劇場観。感嘆…!この手法…まさに引き算、削除の超絶技の大傑作!ファンタジーとリアルを自然に淡々と描きながらも壮大にも感じ緩やかに流れる画の時間に酔い浸る。少ない台詞だがなんと饒舌な事か!期待してて漸く観たがまさにその上を軽々越えて行った。
      いいね

      良い
    • ザ・メニュー
      『ザ・メニュー』@ TOHO梅田観。傲慢を画に描いた様なシェフと虚栄心と不遜満点な客が織り成し繰り広げるフルコースの暗黒コメディスリラー。壱品壱品と運ばれる食材と不穏さに固唾を呑んだ…が、ある展開から魅離れた。面ろかっただけに惜しい気持ちで壱杯。ただ終幕の落とし前には心踊った。
      いいね

      普通
    • ファイブ・デビルズ
      『ファイブ・デビルズ』@ なんばパークスシネマ観。まず題名の名指す所を勘違いしていたが意外と"そぅ"掛けているのでは?昔ながらの寒村の性と欺瞞の愛の価値観。覗き視た大好きな母の秘密と自己の出生。これは辛くないか?過剰な説明を廃し色々余地を遺した考察しがいの在る展開と結末。力作!
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      writelefthand
      2221movies / tweets

      follow us